プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


夕暮れ時になると、かつて豊後岡藩の両替商や豊後街道を利用する旅人相手の

商家として栄えた屋号を持つ家々の軒灯や常夜灯に灯が入り、往年の喧騒が

聴こえて来そうな風情を醸す坂梨宿。 阿蘇東外輪麓、阿蘇市一ノ宮に在ります。

木製軒灯の灯る坂梨宿・東仲組・仲虎屋

現在は地域振興を兼ね、地区の方々が厚意で灯して下さっているんですが、

昔ながらの木製の軒灯に、柔らかいオレンジ色の明かりは、今でも旅の疲れを

心身共にほぐしてくれる様 坂梨宿を訪れたのは今年5月、熊本城を見学した

帰りです。 日没前滑り込みセーフの散策で、写真はあまり撮れませんでしたが、

豊後街道の坂梨宿( さかなしじゅく )を訪れるなら、やはり夕暮れ時ですネ






豊後街道は国道57号線に付かず離れず並走する旧道で、熊本市新町一丁目

御門前・札の辻と、大分市の鶴崎地区とを結ぶ江戸時代の参勤交代路です 

全長は31里( 約124Km )。 大分県側では肥後街道とも呼ばれています
 
豊後街道・坂梨は夕暮れ


慶長6( 1601 )年2月、関ヶ原の恩賞として豊後国の海部、大分、直入三郡の

内2万石を飛び地として領した熊本城主・加藤清正公が整備した事でも知られる

豊後街道。 坂梨宿は熊本から大分方面へ13里程行った三番目の宿場町です。
 
豊後街道・距離と所要日数1


加藤清正公は、豊後鶴崎に瀬戸内海へ通じる港を造り、街道には野津原宿ほか

5つの宿場町を設置。 東から西へ向けて肥後街道の整備を進めて行きますが、

慶長16( 1611 )年に病没します それから4年後の元和元( 1615 )年、

豊臣家が滅亡した2か月後に発布された武家諸法度で、参勤交代が義務づけ

られた事もあって、肥後街道( 豊後街道 )の整備改良維持 は、加藤氏の後に

肥後へ入国・熊本城主となった細川忠利公以降の藩主により引き継がれます。
 

参勤交代路・豊後鶴崎~大坂、江戸

しかし、熊本から江戸まで片道一ヶ月強の長旅を強いられる参勤交代制度

藩主やお供をするお侍さんたちは勿論のこと、各宿場町や街道周辺の人々も

さぞ大変だった事でしょう 豊後の今市宿場町では、藩主が休憩で立ち寄ると

藩から役人を呼んで極上のお蕎麦を献上していた、という話も伝わっています

  




それでも労苦ばかりではなく、参勤交代路の整備保護が進むにつれて、庶民や

宿場町にも、大いにメリットが発生します まずは旅の世界が拡がり、人々の

間では寺社参詣がブームに そして豊後街道を利用する旅人をターゲットに、

旅籠にはじまり食料やお酒、生活用品を生産、販売する屋号持ちの商家が増え、

街道周辺の農家も潤います。 さらに文化や産業の伝達も早まり、中央政治の

一緊一緩に至るまで知る事ができたとか 人々の心に文化を愉しむゆとりが

生まれた江戸時代、豊後街道の坂梨宿は、こうした中で発展して行きます


頼山陽も坂梨を通りました

坂梨宿には伊能忠敬さんも宿泊されている様ですネ

また、文久4( 1864 )年に長崎へ向かうため、大分市の佐賀関に上陸後、

豊後街道( 肥後街道 )を駆け抜けた龍馬さんと勝先生の碑もありました

現地解説板 豊後街道・坂梨の宿 には、耶馬渓の余りの美しさに筆を投げた

エピソードでも知られる儒者で詩人の頼山陽翁も、坂梨を訪れたとの記述が


天神めがね橋駐車場

大きな水害にも耐えて150年前の姿で現存する石橋・天神めがね橋の袂に

湧き水を発見 他にも数か所あり、これはなんと阿蘇外輪山の伏流水。 

阿蘇の伏流水が湧き出ています

坂梨地区の方々は、昔から阿蘇のミネラルウォーターを生活用水として利用し、

その恩恵にあずかってきたそうで、これで毎日お米を炊き、お酒を製造し・・・

うーん、羨ましい限り 造り酒屋が3軒も在ったという坂梨宿を訪れる旅人は、

阿蘇伏流水使用の地酒も、豊後街道を旅する愉しみの一つだった事でしょう







坂梨宿場町の豊後方面出口には、阿蘇外輪山の東壁・高低差200m余りの

滝室坂が待ち構えていて、昔は豊後街道随一の難所と呼ばれていたそうです。

坂梨宿・綿屋

上の画像でもお判りの通り、昨年7月の北九州豪雨に続く豊肥水害で、阿蘇

一ノ宮の滝室坂が一部地滑りを起こして崩落したものの、被害は坂梨宿場町内

には及んでなく、とりあえずホッとした次第です。 それでも露わになった山肌は

自然災害の怖さを伝えています 滝室坂はまだ復旧工事の途中ですが

立派な仮橋が渡されていて、通行には全く支障ありませんのでご安心を


坂梨宿・滝室稲荷大神

では最後に、坂梨宿の公式サイトより、往時の坂梨宿妄想に浸れる素敵な

文章を抜粋、掲載させて頂きます 時代小説気分でお楽しみ下さい









 肥後熊本の御城下から豊後街道を東へ十三里、豊後の国境から西へ

約三里半の所にその宿場はあった。 坂梨の宿内を抜けている豊後街道の

長さは十丁( 約1100m )であって、その左右に人家が密集している。

家々の屋根は茅葺きか、板葺き若しくは杉皮葺きといった処であるが、これらの

殆どが屋号を持つ商家であって、主な相手は旅人と周辺農家であった。

東仲組・山内家

宿屋( 旅籠屋、木賃宿屋 )、料理屋、米屋、酒屋、煮売屋、荒物屋など

それ以外に宿民と周辺農家の日常生活に必要な商工店が勢ぞろいしている。

ほかにも造酒屋、精米所、質屋、薬種屋、植木屋、炭屋、鍛冶屋、桶屋、

医者といったところが軒を連ね、欠けるものはない。






宿場の朝は早い。 夜明けと共に旅籠の玄関先は新しい草鞋を履いた

出立ちの客で賑やかになる。 豊後街道を西へ向かい肥後方面へは、

次の内牧宿へ向かう商人が大きな行李を背負い朝霧の中を歩き始めた。 

日向往還・脇街道発端の追分から古町を抜け、箱石峠を目指す旅人もいる。

江戸時代は酒造業や竹田岡藩相手の両替商で財を成した虎屋

関所の門が開くのは明け六ツ。 夜明けの早い夏は先を急ぐ旅人にとっては

遅いと感じる時刻である。 緊張した面持ちの旅人が番所役人に通行手形を

渡している。 雑貨屋の軒先には束になった真新しい草履がぶら下がり、風に

ゆっくりと揺れて、その下で新しい草履に履き替えた旅人はまた歩きはじめる。


滝室稲荷大神

陽も高くなると宿内の童たちが街道に出てきて子犬を追い回したり、近くの川に

小魚を捕りにでも行くのか、笊を持ち数人で砂埃を巻き上げ駆け出している。


荷駄を背負った牛馬も時折行き交う。 近隣の農家がとうきびやヒエ、栗、そば、

米などを水車を動力とした製粉、精米所に持ち込んで、できあがるまで座り込み

のんびりと話し込んでいる姿もある。 豊後街道随一の難所を控えた宿場には、

無事下ってきて安堵の表情や、これから向かう顔には不安と緊張が入り混じる。
 

天神めがね橋(坂梨下町区)

道の両側の水路には清水が流れ、豊後街道を行く旅人はこの水に

手ぬぐいを浸し、汗を拭いたり、茶屋の店先の縁台に腰をおとし、

お茶と名物の饅頭で一息入れたりしている。 宿内を通り過ぎる風が

蕎麦屋や、めし屋の暖簾や旗竿をたおやかにゆらしている昼下がりであった。


東仲組・仲虎屋

夕刻ともなると旅籠の客引き女の声や、旅籠を選ぶ旅人とのやりとりで

通りはさらに賑やかになる。 陽が落ちると、旅籠や商家の常夜灯や軒灯に

ほのかな灯りが入る。 煮売り屋の軒灯の灯りを頼りに、暖簾をくぐり近所の

働き者がやってきて、見慣れた顔や旅人を交え自慢話や旅の話に花が咲き、

良い米と美味しい水でつくられた一杯の地酒に一日の疲れを癒す、

当時の坂梨宿は、こんな風景だったことでしょう  ( 引用はここまで )


坂梨下町区

坂梨宿探訪の楽しさを倍増させてくれる素敵なお話、いかがでしたでしょうか?

もうじき日没、タイムアウトです。 それでは、まーりたんはこれにて失礼

皆様はどうぞお時間の許す限り、心行くまで時空の旅をお楽しみ下さい 








本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

スポンサーサイト

2013/08/03(土) 10:29 | コメント:8 | トラックバック:0 |
HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。