プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


ひょろりと長い茎の頂に、淡紫色をした房状の花をつけるフジバカマ( 藤袴 )

姫島の山間に自生する中国原産の帰化植物で、毎年10月に花を咲かせます。

姫島・フジバカマ畑

「 優しい思い出 」「 ためらい 」「 あの日を思い出す 」。 なんとも詩的な花言葉に

惹かれ近づいてみると、ローズヒップティーに似た甘酸っぱい香りがしました 







このフジバカマが咲く頃の姫島は、もうじき冬を迎える北の国から温暖な南の島へ

日本縦断 最大2千キロの旅をする蝶 アサギマダラの休息地となるんです。

姫島・アサギマダラとフジバカマ畑

影絵のように薄い羽根で海原を渡るんですよ、この方は

針の手足と可愛い水玉ボデェの一体何処にそんなパワーが隠されているのか、

それとももしやフジバカマの蜜に、製鉄マンを支えた八幡餃子に勝るスタミナが





空へ向かって真っ直ぐ、しなやかに伸びる逆柳を後に、県道・稲積姫島港線を

更に西へ 登り坂ハードな長尾トンネンル手前では、足漕ぎ前進がお手上げ

となり自転車を押してエッチラオッチラ そうして辿り着いた場所は、原生林に

囲まれたフジバカマ畑。 逞しきアサギマダラ御一行様の休息地でございます

姫島・フジバカマ畑で乱舞状態のアサギマダラ

フジバカマ畑の上すれすれを浮遊している ぼやけた水色の小さな物体は、

乱舞するアサギマダラです。 3 匹程なら、どうにか判別して頂けるでしょうか






調査の為、蝶の羽根に印をつけることをマーキングと云うのですが、

( 一般の方が勝手に蝶を捕まえてマーキングをすることは厳禁です

このマーキングをして姫島から飛び立ったアサギマダラが、1200キロ先の

北海道上ノ 国町で、道南虫の会の方々によって確認されてるんだそうです

姫島のアサギマダラ移動分布図

また、フジバカマ畑に設置されていた案内板には、雄雌の見分け方 

羽根の下半分に大きな黒い班が一つ有るのがオス、無いのがメス。

あっ、このコは男の子ですネ 分かりやす~い

姫島・フジバカマ畑とアサギマダラの雄


ときに、こうして蝶を眺める度に浮かんでくる言葉があるんです。

幸せは蝶の様なものである

19世紀アメリカの小説家 ナサニエル・ホーソーン氏の名言なんですけど、

それを知ったのは最近で、ずっと前に雑誌か何かでこの言葉を目にして、

あまりの鮮烈さに、前後の文章がすっかり抜け落ちた状態のまま記憶

ナサニエル・ホーソーンさん曰く、捕まえようとすればするほど逃げて行くのが

幸せだから、幸せになりたいのなら、それとは逆のスタンスで いなさいという事。





だけど、幸せが蝶だとするならそれは生き物であり、生き物なら寿命があります。

肩にとまってくれていた蝶も、プラスチックではないから何時までも同じ状態では

居てくれないし、或る日突然 折りからの風に乗り 飛び立ってしまうかもしれない。 

その時に自分はどうすればいいのか。 ここからが肝心な気がするんです。


姫島・10月のアサギマダラ

幸せ、つまり蝶にとって居心地の良いフジバカマ畑を、自分の中にも造ってみる。

そうすれば、やがてそこに世代交代した蝶や、以前と姿形は違っても、また

必ず蝶がやってきます。 それに気づくこと、同じ様に迎え入れる事ができれば、

幸せはいつでも傍にいてくれるし、無くなりません。 それどころか増えていく




開発や護岸工事で生育できる場所が年々減少し、絶滅危惧種になりかけという

フジバカマの畑で、過酷な旅の疲れを癒し、安心しきって美味しそうに蜜を吸う

アサギマダラにカメラを向けていたら、アレコレ物思う中年になっておりましタ





アサギマダラを休ませて元気にする姫島の花は、フジバカマだけではありません。

毎年5月には、10月とは逆ルートで、南から涼しい北国へ向かうアサギマダラが

姫島で休息を取ります。 その際、幸せさん御一行様を迎え入れる姫島の宿泊

保養施設は、北側海岸のスナビキ荘。 あ、違った スナビキソウです。

スナビキソウ畑を乱舞するアサギマダラ(5月)

こちらスナビキソウの上を乱舞するアサギマダラの写真は、

姫島村企画振興課発行のパンフレット・おおいた姫島ジオパーク構想より拝借

そういえば、明日から5月です 

スナビキ荘、今頃は団体様の受け入れ準備に大忙しの頃でしょうかネ



つらつらと綴っていたら長くなりましたので、6つ目の姫島七不思議は

次回とさせて頂きます 


 



本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

スポンサーサイト

2014/04/30(水) 20:02 | コメント:21 | トラックバック:0 |
HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。