プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
ご訪問ありがとうございます。


県内最古の豪商のお屋敷 『 草野本家 』 のあった

御幸 ( みゆき ) 通りに平行して奔る上町 ( うわまち )

通りへと、日田市 豆田町を引き続き散策中です♪

豆田町16

ここ上町 ( うわまち ) 通りもまた御幸 ( みゆき ) 通りと

並び、商人や文化人が活躍し、町人文化の花開いた地区です。 



盆地ならではの身にまとわりつくような じっとりとした暑さ。

そんな中、カフェ しろくま屋さんを発見!  

ついつい目が行くのは、やっぱりこういうお店バイ(笑)。

豆田町18

軒先には 『 白々 ( パイパイ ) 』 。 ここにもありました♪

通りに面した お店の壁一面に、豆田町の手書き散策マップ。 

ご親切にありがとうございます。



かつて江戸幕府の直轄地として栄え、京や大阪の文化の影響を

大きく受けたことから、『 小京都 』 とも呼ばれるようになった

日田市 豆田町。 歴史の匂いと情緒漂う石畳の街並みだけでなく、

独特な夏の暑さも、リトル京都気分を盛りあげてくれます。 

豆田町17

古くから杉の産地としても知られる日田市。

木材関連産業が発展する中、とりわけ 『 日田下駄 』 は

日田が天領だった時代に、殖産興業のひとつとして奨励されて

いました。 今では日田の伝統的特産品となっています。




下の画像は、江戸時代末期の儒学者、漢詩人そして教育者でも

あった 『 廣瀬淡窓 ( ひろせたんそう) 』 の生家。

豆田町15

現在は資料館として遺品、古今雛ほか淡窓にまつわる品々、

資料などが展示されています。


廣瀬資料館(ひろせしりょうかん)

住所:大分県日田市豆田町9-7   電話:0973-22-6171

開館時間:9:00~17:00  休館日:無し 年中無休

入館料:大人¥350 小・中・高校生 ¥250

入館料団体割引(30名以上)大人¥300 小・中・高校生¥200

豆田町19

大分銀行 豆田支店のシャッター ( 上の画像 ) には、

日田を代表する三大祭り 『 日田天領まつり 』 『 日田祇園 』

『 川開き観光祭 』 が描かれ、広く紹介されています。





上町 ( うわまち ) 通りの北端、花月川に沿って建つのが

江戸時代から続く 『 薫長 ( クンチョウ ) 酒造 』 です。

薫長酒造01

建物を入ってすぐ左手の アイスクリームカフェ&ギャラリー

『 旅の舎 sakabayashi 』 では、薫長酒蔵のオリジナル

アイスクリーム 『 吟醸酒アイスクリーム 』 を販売。

薫長酒造02

薫長の生酒と大吟醸酒粕がブレンドされた、ここでしか

食べられないアイスです♪ アルコール度数は0.3% 。 

飲めない方でも安心して召し上がることができます。

お酒が全くダメな方は他のアイスもありますよ、ご心配なく♪

薫長酒造23

アイスの他にも吟醸ケーキや吟醸ボンボン ( チョコレート )、

酒ゼリーなどのスイーツ、ガラスや陶器の酒器、また日田出身の

クリエイターさんによる可愛らしい手作り雑貨なども販売中です。 

薫長酒造25

こちらが薫長酒造オリジナルの吟醸酒アイスです。

生酒と酒粕を練り込んで、お酒で炊き上げたという赤米入り。

薫長酒造30

しっとりとした赤米の食感、ほんのり広がるお酒の香りが、

とても上品に感じます。 炎天下、散策を続けてきたまーりたんと

しましては、もう2つはイケそうなのですが、ここは小京都 日田。

景観を損ねないよう?おちょぼ口で、一つを楚々と頂きました(笑)。

お酒の仕込み水でいれた 旅の舎コーヒー(350円)もお奨めです。

薫長酒造28

上の画像は 日田、天瀬 ( あまがせ )、大山 ( おおやま ) 、

津江 ( つえ ) エリアのグルメ&ショッピング&宿泊ガイド

小冊子 『 日田町歩きマップ 』 ( 無料 ) です。

『 コーヒー旅の舎 sakabayashi 』 に置いてありました。 




薫長酒造の敷地内にある煉瓦造りの煙突。 

薫長酒造14

花月川沿いに建つ薫長酒造の この煉瓦の煙突は、遠くからでも

よく見え、昔から日田のシンボルのような役目も果たしてきました。


立派な 『 杉玉 』 。 またの呼び名を 酒林 ( さかばやし )。

軒先に小ぶりな杉玉を提げている居酒屋さんも時々見かけますね。

薫長酒造15

“ 古くから酒屋の看板として知られる杉玉。もともとは杉の葉を

束ねただけのものだったそうです。日本の酒造りの神様とされる

大物主大神(おおものぬしおおかみ)と少彦名神(すくなひこ

なのかみ)を祀る三輪明神、奈良桜井市にある大神(おおみわ)

神社の神木である杉にちなんでいるとされています。



また、中国では酒屋の看板を「 酒家望子(ぼうし) 」と言い、

この「 ぼうし 」が「 はやし 」に訛ったという説、酒の異名

掃愁箒(そうしゅうそう)から「酒箒」が転訛したという説などが、

酒林(さかばやし)と呼ばれるようになった由来と言われています ”

(現地解説板より抜粋)

薫長酒造12

酒蔵では、当時の蔵を使い清酒や焼酎の製造が現在も

行われており、階段を上がった酒蔵資料館には、昔実際に

使われていた酒造りの様々な道具が展示されています。

薫長酒造06

ここ薫長酒蔵では、元禄15年(1702年)に建てられた最古の

蔵を始め、5棟の蔵すべてが建築当時の姿で残っている

全国的にも大変珍しい酒蔵群を自由に見学する事ができます。

薫長酒造19

資料館に隣接する酒蔵の一部では、酒造りの工程や

昭和30年ごろの酒造りの様子を伺い知ることができる

「 お酒の学習室 」 も設けられています。

薫長酒造20

日田祇園の山鉾華台の模型も展示されていました。

「 白々(パイパイ) 」 のモチーフになったといわれる

華台両脇の飾りも。 ちょっと確認し辛いかしら?


また、毎年秋には酒蔵を会場にした、ジャズ、クラッシック、

ポップスなどのコンサートも開催されているんですよ♪

薫長酒造21

●薫長(クンチョウ)酒造株式会社 清酒薫長醸造元

大分県日田市豆田町6-31  電話 : 0973-22-3121

営業時間 : 9:00~16:30  入場料、駐車場 :無料




それでは豆田町をあとにして、今回の真夏の日田探訪記 

いよいよ最後の目的地、 『 小鹿田 ( おんだ ) 焼き 』 の

里へ
と向かいます。 よろしければ次回もどうぞご一緒に、

水郷、天領日田めぐりを のんびりとお楽しみ下さいませ。


 


応援クリック いつもありがとうございます♪
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ
にほんブログ村
関連記事

2010/08/23(月) 13:05 | コメント:8 | トラックバック:0 |
コメント

なかよし天領の地

やはり天領の地ですね。昔ながらの家々やその軒並みが良く わかります。本当に日田に来てる感じです。杉玉は文化財ですね。
お酒も有名ですよね。もう 鵜飼もはじまるのでは?本当にいい所拝見できて嬉しいです。街全体が文化財ですね。

香奈子 : 行ってみたいです!

こんばんは(^^)d
今回も素晴らしい説明をありがとうございます(^o^)/
九州は、よく耳にする繁華街や温泉町以外なにも知らなかったなあ~って
まーりたんさんの所へお邪魔する様になってつくづく思うこの所です。

私は大阪ですから京都は何度も行っていますが、昔に比べ今は
人を見にいくようなものなので随分行ってません。
この天領の地はどこも素晴らしいですね。
これまで全く知りませんでした(^^;
九州には、きっとこんな素敵な所が沢山あるのでしょうね!
いつか行ってみたいです!!
“吟醸酒アイス”美味しそう~~飲まない私でも大丈夫そう(*^-')b

まーりたん : なかよしさんへ

なかよしさん、ようこそ♪
ご訪問、そしていつも温かいコメントを、ありがとうございますv-238
真夏の日田探訪記、楽しんでご覧下さっているご様子で、
本当に嬉しく思いますv-238頑張って取材した甲斐がありますv-410

三隈川の鵜飼いは幼い頃に一度、父の知り合いの方から5月の
日田川開き観光祭に招待され、屋形船の上から見物した思い出が
ありますv-410 機会があれば夏の鵜飼いも見てみたいですv-238

なかよしさんのおっしゃる通り、日田は町全体が文化財ですねv-238
街並みや風景、どこを撮っても趣があって絵になり、
ズバリその通りだと私も感じていますv-410
唐臼の軋む、小鹿田焼きの里も素晴らしい所でしたv-238
次回も是非のんびりとお楽しみ頂ければ幸いですv-238

“本当に日田に来ている気分です”
こちらこそ大変嬉しいお言葉を頂き、心よりお礼申し上げますv-410

すみこ :

こんんちは♪
日田市 豆田町本当に素敵な街ですね(^.^)
ブログを拝見させていただいているだけで、とっても静かな、落ち着いた気持ちになる感じがします(^^)y-.。o○

まーりたんさんのお人柄も出ているんですよね。。❤
本当に素敵な方なんですね(^^)v
あぁ・・・ 今日もたくさん癒やして頂きました♡
ありがとうございます(*^^)v

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
頂いたコメントから、香奈子さんのお元気なご様子が
伝わってくるようで本当に嬉しく、安心していますv-410
くれぐれもお体に気をつけて、ご自愛くださいませv-238v-238

北部九州といえば、やっぱり博多の中洲v-373や、大分では
別府温泉v-48や湯布院といったイメージでしょうかv-410
全国的にあまり知られていない大分のマイナーな観光地、
大分の裏街道?(笑)事情も、続々とご紹介して行く
予定ですv-411 乞うご期待下さいませ~v-238

大阪や京都も本当に素晴らしい所v-353だと思いますv-10 まあ
なにせ大都会ですからね、まさに“人を観にいく”感じで
しょうか?v-410 しょっちゅう賑わっている観光地へ行くのは私も
限界がありますが、人からパワーe-271を沢山貰えそうな気がしますv-238

以前、一度香港へ旅行したときは特にそう感じましたv-410
香港の人はよく食べるし、大きな声で会話するし、ホテルの
冷房はガンガン効いているし、商売も強引で中途半端が無いv-411
仕舞いには現地の女性ガイドさんが、私たち観光客の注文を
間違えた食堂のウエイターさんと大声で口ゲンカを始めたりv-359
人が沢山いる都会もすごく魅力的ですv-410

日田を褒めて下さって嬉しいですv-238九州へ旅行される
機会がありましたら、日田の情緒ある街並みも是非、
楽しまれてみて下さいv-238吟醸酒アイスもお忘れなくv-219
食べられるのは薫長酒蔵さんだけですよ、ウフフv-410

まーりたん : すみこさんへ

すみこさん、ようこそ♪ 
いつもご訪問、そして温かいコメントをありがとうございますv-238
今日はブログ記事を書き終えた後、午後は灼熱の残暑v-278の中、
またまた歯医者さんへ行ってきました~v-356いくつになっても
歯医者さんは緊張して疲れますv-393(笑)。

豆田町の散策記事、今回もご覧下さってありがとうございますv-238
閑静な町の空気感が、お届けできたようで嬉しいですv-410
まあ、お人柄だなんて~v-10 すみこさんったら、照れます(爆)。

こちらこそ、チャーミングなふぅちゃんと、すみこさんの
前向きな一言に、いつも癒されv-22、元気e-271を頂いていますv-238
心よりお礼申し上げますv-410

Ayana' : まーりたんさん、こんばんは♥

まーりたんさん、こんばんはーーv-10
今日もゆっくり素敵な旅を拝見させて頂いていますv-10
お邪魔しますね。。。i-234

上町通りは、どこかモダンな雰囲気を感じることが出来る、素敵な通りなのですねi-233
こちらを拝見させて頂き、当時の商人たちが活躍した様子が伺えるようですi-228

そして暑い中、まーりたんさんが見つけた、カフェ『しろくま屋』さん。。。i-175
ここにも、例の『白々』を見つけることが出来たとはi-175
ウフフi-175 白々さんは色々な場所で大活躍されていらっしゃいますねi-189

お店の壁一面に描かれた、手描きの散策マップからは、手描きの温かさや、ここのお店の方の優しさが覗えましたi-175
ここの皆さんは、きっと素敵なお方なのでしょうね。。。i-233

暑さも京都似の日田市豆田町i-1は、杉の産地として知られていたのですねi-265
『天領日田げた』は、伝統的特産品i-189
杉から作られた履き心地の良さや、杉が持つ優しい香りが、私にも何だか分かるような、そんな気がしましたi-175

大分銀行のシャッターには、三大祭りの絵が大きく描かれていたのですねi-220
三大祭りの一つ、『日田祇園』がとっても気になりましたi-175
こちらも、少し京都を感じますねi-175

また、アイスクリームカフェ&ギャラリー『旅の舎sakabayashi』さんでは、ここでしか食べることが出来ない、吟醸酒アイスが頂けるとのこと、羨ましく思いますi-175
『限定』と言う所が、とっても貴重に感じ、また嬉しいものですよねi-233
その他にも、ケーキやチョコレートもあって素敵です絵文字:e-239] 私も頂きたいなぁe-51ウフフe-51

そして、ご紹介して下さった、日田出身のクリエーターさんによる、何ともかわいらしい動物の手作り雑貨たちは、どれだけ眺めていても飽きないなぁi-175と、どこか温かいものを感じましたi-228
木にぶら下がった、素敵なストラップや、おうちのインテリア、シマウマさんに、バク君の置物まで。。。i-175
一つ一つ、とっても丁寧にお作りになられたのだな、と感動してしまいますi-175
素敵なご紹介をして下さって、ありがとうございますi-233

そして、『日田町歩きマップ』に描かれた、趣のあるグリーンのキャラクターi-233
頭の上には鳥さんもいますねv-521

酒蔵では、当時の蔵を使っての製造、及び毎年秋にはジャズなどのコンサートも開催されて、楽しい催し事ばかりなのですねv-344
ジャズは最近、『ヒーリングジャズ』という形で聴き入っていますi-175

今回も素敵な様子を見せて下さって、幸せ気分で村へ帰りますねi-175
まーりたんさん、今日もありがとうございますi-233

まーりたん : Ayana’さんへ

Ayana’さん、ようこそ♪
お忙しい中、いつもご訪問下さりありがとうございますv-238
毎回とても細やかで温かなコメントを頂き、大変嬉しく
励みにさせて頂いていますv-238心よりお礼申し上げますv-238v-238
今回もどうぞ、ごゆっくりとお楽しみになって下さいませv-410

草野本家のあった御幸通りと並んで、町人文化が栄えていた
豆田町のメインストリート上町通りv-238
Ayana’さんがおっしゃる通り、アールデコ調というか
洋風建築の影響を受けた様な、モダンな建物も目立ちましたv-238
特に丸い窓の画像のお家は、とても素敵だなあと感じましたv-238v-238 

カフェしろくま屋さんの軒先の白々、画像ではかなり小さく
写っていますが、ご覧下さってありがとうございますv-238
通りに面した壁には豆田町の散策地図v-238 きっとここの
お店の方が描かれたのだと思いますv-238温かさを感じますねv-410

『天領日田げた』のミニチュアを、日田に住んでいた父の友人から
小さい頃、プレゼントして貰ったんですv-238とても気に入って
いたのに、今はどこかへ仕舞い込んだか失くしてしまったかで、
その事をすっかり忘れてしまってましたv-356このお店の前を
通りかかった時に当時の事をふと思い出し、とても懐かしく
感じましたv-238日田も中津に並んで思い出の詰まった場所ですv-398

『日田祇園』にも注目して下さってありがとうございますv-238
江戸幕府の直轄地だった日田市は、京都v-335や大阪との交流も盛ん
だったそうですv-238そういった中で山鉾も奉納され、日田の
代表的なお祭りとなって、今に残っているようですよv-410

日田のお雛祭りで一般公開される、かつての豪商、草野家所有の
豪華な雛人形や雛飾りv-335も、京や大阪から買い付けたものらしい
ですv-238以前ご紹介させて頂いた臼杵市の紙雛とは対照的ですねv-238

豆田町で最後に訪れた『薫長酒蔵』の吟醸酒アイスv-238ここでしか
食べられない限定中の限定アイスです、ウフフv-410 上品な日本酒v-305
香りにウットリしながら頂きましたv-10ワガママを言わせて貰える
なら、ちょっと量が少なめで物足りなかったですv-411

そしてそして、日田出身のクリエイターさんによる可愛らしい
雑貨の数々v-10 きっとAyana’さんに楽しんで頂ける様な
気がして写真に納めましたv-238 手作りの品は眺めているだけで
温かい気持ちに包まれますねv-398 Ayana’さんの手から
魔法のように生み出される素敵なハンドメイド作品をいつも
拝見させて頂いている私は、本当に幸せだなって感じましたv-410

『 日田町歩きマップ 』 の表紙の不思議なキャラクターは、
『 ぼんタン 』 という名前で、日田盆地を表現したものの
ようですv-410 のどかで味のある風貌ですねv-238

Ayana’さんは、『ヒーリングジャズv-266』を
お聴きになるのですねv-238 癒し系の
ジャズミュージックセレクトv-410v-236
きっと心の休まる素敵な曲集なのでしょうねv-22

毎回とても長い記事になってしまっている日田散策記v-356
今回も丁寧にご覧下さって、こちらこそ本当に嬉しく、
感謝していますv-410
心よりお礼申し上げますv-238v-238
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。