fc2ブログ

プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます。


薫長酒造のあった日田市中心部から、県道107号線を北上。

木漏れ日の降り注ぐ山道をひたすら走っていくと、

ぽっかりと空が開け、のどかな陶郷集落が姿を現します。 

小鹿田焼きの里02

ここは、一子相伝により 伝統の技法を約300年もの間

受け継いできた、国の重要無形文化財にも指定されている

『 小鹿田 ( おんだ ) 焼きの里 』 です。

小鹿田焼きの里01

クルマを降りると、どこか遠くの方から

馬の嘶 ( いなな ) きにも似た音が聴こえてきます。



キュルルルル~ゴトン、ブルルッ


キュルルルル~ゴトン、ブルルッ



馬が嘶いた後に蹄を打ち付けて 鼻をブルブルッと鳴らす。

それに良く似た一連の音が規則正しく、繰り返し 繰り返し。




不思議な音のする方へ歩いていくと、なんとまあ。 音の正体は、

水力によって陶土を粉砕する 『 唐臼 ( からうす ) 』 でした。 

小鹿田焼きの里03

『 ししおどし 』 のメカニズムで、まるで

お餅をつくように陶土を砕く唐臼が、ここには3基。 


キュルルルル~ゴトン、ブルルッ


キュルルルル~ゴトン、ブルルッ


小鹿田焼きの里04

清閑な山里に響き渡る 穏やかで、どこか懐しい唐臼の音は、

『 残したい日本の音風景100選 』 にも選ばれています。

小鹿田焼きの里06


キメ細やかでコシが強く、粘り気を持つ小鹿田焼の陶土。

伸ばし難いうえ、耐火度も強いほうではないそうです。

小鹿田焼きの里05

またキメが細かいことで収縮率も大きく、特に成形時に

底部が割れやすいなどの難点があり、それらをカバーする

ために、小鹿田焼きは深い傾斜を持ち、底部が小さめで

重心の高い独特の形になったと言われています。

小鹿田焼きの里09

装飾技法も独特です。 簡単にご紹介すると、主に茶壷類に

施される装飾で、ひしゃくで水をまく様な動作で 部分的に

付けられる三日月模様を 『 打ち掛け 』 。 蓋付の壺などに

多く施される、連続したストライプ模様を 『 流し掛け 』 。

小鹿田焼きの里08

お皿では、小菊にも似た素朴な可愛らしさと力強さのある

リズミカルな模様を 『 飛び鉋 ( とびかんな ) 』 。

茶巾の様な、ねじり模様は 『 打ち刷毛目 ( うちはけめ ) 』 。

小鹿田焼きの里10

まーりたんの姑息知識ですが、覚えておくと楽しいですよ♪

小鹿田焼きの里22

見学させていただいたのは、10軒の小鹿田焼き窯元のうちの

一軒、坂本正美窯元の卸売所。 小鹿田焼きは、窯元共有の

ブランドとして成り立ち、個人の名を入れる事はしません。

小鹿田焼きの里11

弟子をとらない、職人を雇わない、機械を使わないという

しきたりを守り続けてきた 『 小鹿田 ( おんだ ) 焼き 』。

小鹿田焼きの里12

不測の事態で仕事が滞るようなことがあれば、窯元同士で

協力し、補い合う体制も 昔からの習慣なのだそうです。

小鹿田焼きの里20

小鹿田焼きの里、中央部にある 『 登り窯 』 。

小鹿田焼きの里16

山の斜面を利用して、細長い部屋がいくつも並んでいます。

第一室の燃焼余熱を各室へと伝えながら、焚き上げていきます。

小鹿田焼きの里17

小鹿田焼きの里で毎年開催される、小鹿田焼唐臼祭 ( 5月 ) 

小鹿田焼民陶祭 ( 10月 ) には、小鹿田焼きの熱心な

ファンをはじめ、各地から多くの陶芸愛好家が集まります。

小鹿田焼きの里19

そうだ、ここ 『 小鹿田焼きの里 』 は、片平なぎささん、

船越栄一郎さん主演の 火曜サスペンス劇場のロケ地として

使われたこともあるんですよ。 雰囲気ありますしね~♪


『 小京都ミステリー 』 シリーズで、タイトルはズバリ

“ 豊後(ぶんご)一子相伝殺人事件 ” ! 

まーりたんはテレビの前で正座をして観ました(笑)。

小鹿田焼きの里15

シンプルで奥深い 『 小鹿田焼き 』 。

小鹿田焼きの里の ゆるキャラ “ おんタン ” も

とってもシンプル。 きょとんとした表情がたまりません(笑)。

しかも、まーりたんとは、タンつながり。 これもご縁かしら?

小鹿田焼きの里23

今回の真夏の小京都、日田探訪記は これにてお開きです。

のんびりとバーチャル散策気分を楽しんでいただけたなら、

これ以上嬉しいことはありません。



地元民でありながら、初めて見聞きする事も多かった日田市。

写真を撮り、現地解説ボードを読み、ブログ記事に仕上げる事で、

私自身も楽しみながら、本当に良い勉強ができました。 

お付き合い下さった皆様、ありがとうございました。

小鹿田焼きの里14

大分県日田市には今回ご紹介した他にも、素敵な観光名所や伝統的な

グルメ、お祭りが数多くあります。 皆様も機会がありましたら是非、

水郷、天領日田めぐりを 楽しんでみて下さいね。

小鹿田焼きの里 最寄りのバス停は 『 皿山 』 ですよ♪



●小鹿田焼きの里( 小鹿田焼皿山 )

所在地 : 大分県日田市源栄町皿山

※日田市から北へ約17キロ



●小鹿田(おんだ)焼き陶芸館

入場料 : 無料  電話 : 0973-29-2403(黒木富雄)

営業時間 : 9時~17時  休館日 : 年末年始




応援クリック いつもありがとうございます♪
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ
にほんブログ村

関連記事

2010/08/24(火) 18:26 | コメント:16 | トラックバック:0 |
コメント

なかよし小京都

小鹿田焼きの里。
実に細かく紹介して下さり、勉強になりました。
まるでじぶんがそこに いるみたいです。
有難う御座います。
また素晴らしい便りお待ちしております。

mikurin :

こんばんは^^
陶芸楽しそうですね
粘土を作る所からやってるんですね~
そこそこで違うから当たり前ですよね。
あのお皿の模様好きです
私も煙突のみえる所を通った覚えがあります
でも ここだったかどうかはわかりません。
とっても楽しませていただきました ありがとうございます(*^_^*)p

まーりたん : なかよしさんへ

なかよしさん、ようこそ♪
今回の日田探訪連載、最後までお付き合い頂き、
こちらこそ、ありがとうございましたv-238また毎記事ごとに
温かなコメントまで残して下さり、とても励みになりましたe-271

臨場感も楽しんで頂けたご様子で、本当に嬉しく思いますv-410
心よりお礼申し上げますv-238 今後も機会あるごとに
なかよしさんをはじめ、ご覧下さる皆様に 楽しんで
頂ける様な記事を書いて行ければと思ってますv-238
今後ともどうか宜しくお願い致しますv-410

まーりたん : mikurin さんへ

mikurin さん、ようこそ♪
ご訪問、そしていつも温かいコメントをありがとうございますv-238
小鹿田焼きは粘土採掘から全ての工程を、ここで行っている
ようですv-410 焼き物はその土地々々によって個性があり、興味
深いですねv-238私が初めてここを訪れたのは、幼稚園にあがる前
だったかもしれませんv-410 その頃は当然道路も整備されておらず、
山道を延々と走り、地の果てに来たような記憶として残ってますv-411

mikurinさんの記憶に残っている日田でご覧になった煉瓦の
煙突は、小鹿田焼きの里か、クンチョウ酒蔵のどちらかかなv-410v-236

小鹿田焼きのお皿の独特な模様、気に入って下さって嬉しいですv-238
私は素朴さと安心感を覚えますv-22グレーとピンクのグラデーションが
美しい荻焼きも好きですよv-10 ウチにコーヒーカップがありますv-238

日田探訪連載、楽しんで頂けたご様子で嬉しいですv-238
最終回までお付き合い下さって、こちらこそお礼申し上げますv-410

香奈子 : ありがとうございました(^^)d

こんばんは(^^)d
日田の旅を私もまーりたんさんの目を通して見て来たような…
そんな気になれる素晴らしい解説をありがとうございました!
“小鹿田焼き”すみません初めて聞きました。
古くからのしきたりを守り受け継がれてきた所なんですね。
そしてすごく素晴らしい所ですね!
“おんタン”も可愛い(^^ゞ
自然あり食あり芸術ありの日田の旅を届けて下さり、とても楽しかったです♪

Lala :

こんにちは
焼き物好きなんですよ~。
中学校のとき陶芸部だったんですよ~。(部長でした)私の住む地域にも小さいですが釜があって~。あ~思い出します♪
またやりたくなってしまいます。こちらでは難しいですかね。あってもすごくお金がかかりそう。。。
和食器のぬくもりが懐かしいです。
日本の懐かしい風景をありがとうございました~。

すみこ :

おはようございます(*^^)v
いつも暖かいコメントをありがとうございます♡

小鹿田焼きの里、映画に出てきそう・・・って思っていたらやはりそうなんですね♪
風情ありますもんね(^.^)
ホント・・・シンプルで素敵な焼き物です♡
私も叔母が焼き物をやっていて、1回叔母の助けをもらいながら作ってみたのですが・・・
本当に難しかったです(+o+)
自分が作った暖かさはあるのですが・・・
見た目はやはり(~_~;) です。。

でも自分で作ったお皿で食べると美味しいおのがますます美味しくなったり・・・
活けたお花もなんか生き生きしてるように感じます♡
う~~~~ん。。
こういう場所で作るとまた素敵ですよね♪

今日も癒やしの記事を本当にありがとうございます(*^^)v
素敵な風景で
心の底から優しくなれる一日になりそうです(^_-)-☆

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
ご訪問そして温かいコメント、いつも感謝していますv-238
日田の探訪記、楽しんで頂けたご様子で嬉しいですv-10

私が『小鹿田焼きの里』を初めて訪れたのは、確か幼稚園
ぐらいの時で、とんでもなく遠かったこと以外、殆ど何も
覚えていませんでしたv-410 40歳を過ぎて再度、
地元を見つめてみると、あらゆるものが新鮮に映りますv-353

『唐臼』のくだりもホントなんですよv-238
不思議な音の正体を確かめようと、ダッシュしたりv-355
探訪というより、探検気分でしたv-411小鹿田焼きの器を
割るような粗相はどうにか免れましたけどv-356

香奈子さんから嬉しいお言葉を沢山頂き、とても幸せな
気持ちですv-398 こちらこそ、心より感謝申し上げますv-238

リンクの件も ご快諾頂き、ありがとうございましたv-238
『海のトリトン』に『みなしごハッチ』、勿論観てましたよv-410v-426
“そのあたり”おいおいに是非、お話いたしましょうv-237
私を守ってくれている動物はきっと・・・v-238 
長くなりそうなので、この続きは後ほど香奈子さんの
ブログへお伺いして、お話しますね、ウフフv-410

まーりたん : Lalaさんへ

Lalaさん、ようこそ♪
ご訪問、そしていつも温かいコメントをありがとうございますv-238
まあv-238Lalaさんは陶芸部の部長さんを務めてらしたんですねv-237
『 小鹿田焼きの里 』、取材v-212して良かったですv-238v-238
凄く喜んで下さっているご様子で、頑張った甲斐がありましたe-271v-410

そちらでも趣味として気楽に陶芸e-423を楽しむ方は、かなり
いらっしゃるようなイメージが私にはあったのですが、
( 映画 『 ゴースト~NYの幻 』 の影響を受けすぎv-411?)
それほどポピュラーでは無いんですね。 勉強になりましたv-295

Lalaさんは少女時代からアートに造詣が深かったのですねv-238
ブログの写真や、対象物からも本当にそれが窺えますv-410

和食器e-423の温もりを感じて下り、私の方こそ感激ですv-10
心よりお礼申し上げますv-238v-238

まーりたん : すみこさんへ

すみこさん、ようこそ♪ 
こちらこそ いつも温かいコメントを残して下さって
心から感謝していますv-238そうですよ~v-238『小鹿田焼きの里』は、
火曜サスペンス劇場の舞台になったことがあるんですv-221v-411

静閑な山里v-281で、先祖代々の慣習や伝統技術を頑なに守りながら
生きる窯元の人々。船越さんが登場しそうな雰囲気ですよねv-410
脚本は書けなくても、創作ミステリーのアイデアぐらいなら浮かんで
きそうな気がしますv-238気分は片平なぎさですv-411

まあv-238すみこさんの叔母様には陶芸の嗜みがv-10素敵ですねv-353
もしかして陶芸の先生をされているのでしょうかv-410

ろくろを回しながら、柔らかい陶土を器e-423の形にしていくのは
なかなか難しいですよねi-201私も体験教室でチャレンジした事が
ありますが、見事にイビツな形に仕上がってしまいましたi-282
イビツさも、違う角度から見れば“ 味わい ”ですけどv-410v-426

ご自分で造られた器で、食べるお料理の味は格別だったで
しょうねv-238すみこさんは花器も作られたんですねv-238 
陶芸はメンタルトレーニングにもなりそうですし、あ~また
私の気まぐれな『チャレンジ虫』が、ウズウズとv-411

すみこさんから、もったいない程の素敵なコメントを頂き、
本当に嬉しく思ってますv-238こちらこそ可愛らしいふぅちゃんv-530
そして、推進力に溢れたすみこさんの一言詩v-353に毎回癒され、
勇気付けられていますv-410 心よりお礼申し上げますv-238v-238

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ローズ :

こんばんは~^^
わ~陶芸大好きですv-10
少しだけ習ったことがありますが
ほとんど先生任せで形をつくるところだけ・・・^^

それと・・・火曜サスペンス劇場
むふふふv-238小京都ミステリー
大好きです~~~ウフv-238
私もそれ見たような・・・
でもリンク先のストーリー見に行ったら
ちょっと記憶と違うような・・・
・・・ま、かなり率で見ています(笑)

陶器を見ていたら欲しくなっちゃいませんか~?
あれもステキこれもステキv-238
私は写真を見ているだけでワクワクしちゃいます~

歯医者さん・・・i-282
お疲れ様です~^^
私も先送り先送りになってしまいます
だってだってだって~i-282

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
鍵コメントでのお心遣い、ありがとうございますv-238
満月の夜に、とても素敵な贈り物を頂いた気分ですv-25v-353

胸がいっぱいになり、お話したいことも溢れてきましたv-238
お返事は、香奈子さんの所へ伺ってさせて頂こうと思いますv-238

自分自身を振り返り、これからの心のあり方を考える
本当に良い機会を与えて頂き、心より感謝していますv-410

まーりたん : ローズさんへ

ローズさん、ようこそ♪
お忙しい中、いつもご訪問頂き、ありがとうございますv-238v-238

ローズさんも陶芸、お好きなんですね~v-10
ちなみにLalaさんは元、陶芸部の部長さんだったそうですv-238
私は文化センターや旅先の体験コーナーで、
かじったことがあるくらいですが、面白いですよねv-238
小鹿田焼きの里、頑張って取材v-212v-295した甲斐がありましたv-238
ありがとうございますv-410

『火曜サスペンス劇場』、BSで再放送もよくしてますねv-55
ついつい見ちゃいます~v-238 『豊後一子相伝殺人事件』が
初めて放映されたのは、10年以上前だったような気がv-410
調べてリンクを張ってみたものの、ストーリーは
殆ど忘れてましたv-356ただ、大皿で前田吟が撲られた(笑)
シーンは覚えていますから、多分コレだと思いますv-411v-426
卸売所には片平なぎささんのサインと写真がありましたv-238

先日、エヅきながら型を取った奥歯の銀、明日入りま~すv-266
歯医者さんって、行くまでがおっくうですよねv-393

厳しい残暑、もう暫く続きそうですねv-278
ローズさんも、お体にはどうぞお気をつけてv-22
いつも温かいコメント、ありがとうございますv-238v-238

Ayana' : まーりたんさん、こんばんは♥

まーりたんさん、こんばんはーーv-10v-238
明日は、遂に楽しみにしていたお子様対象のイベントの当日で、今からワクワクしていますv-10
今日もまーりたんさんがご紹介をして下さる、とっても素敵な旅を楽しませて頂きますねv-238
お邪魔します。。。i-175

国の重要文化財にも指定されている、『小鹿田焼きの里』i-260は、変わった読み方をするのですねi-189
既に、お勉強になりましたi-220i-175

馬の音によく似た一連の音の先には、水力によって、陶土を粉砕する『唐臼』が。。。i-197
ししおどしのような感じなのかな?i-175と想像していましたが、まさにそうなのですねーーi-233
素敵な音がするのだろうな、と想像が膨らみますi-175

趣がある、とっても素敵な『唐臼』i-175
『残したい日本の音風景100選』に選ばれるだけあって、歴史を感じる風景に思いましたi-175

『弟子をとらない、職人を雇わない、機械を使わない』しきたりを守り続けてきた小鹿田焼き。。。i-225i-189
そんな小鹿田焼きは、キメが細かく、形成が難しいのですねi-189
以前、陶芸に何度かチャレンジをしたことがあるのですが、その難しさは私にも何となくでも分かるような気がしましたi-175

連続したストライプの模様の『流し掛け』技法は、特に美しいなぁv-10と思って見ていたら。。。v-237
何とv-237このお皿、私のおうちにもあります。。。v-405
以前、友人から頂いたものなのですが、あまりの美しさに、もったいなくて飾ってある、あのお皿ではありませんか。。。i-189
意外な発見に、胸が高鳴りましたe-328
また、その他の技法も丁寧に説明をして下さって、お勉強になりましたよe-419
本当にありがとうございますi-175

まーりたんさんと、共通点がある、小鹿田焼きのキャラクター、『おんタン』i-175
こういった感じの、愛おしいキャラクターたちが、本当に大好きですi-175
前回の『日田町歩きマップ』に登場をした、どこか不思議なキャラクターは、『ぼんタン』というお名前があるのですねi-265
これも『タン』繋がりで、とってもキュートだと思いましたi-233
日田盆地を表現されているとのこと、更に素敵に感じますi-175

今回も素敵な旅へ連れて行って下さり、心よりお礼申し上げますi-175
また、細やかでとっても丁寧なお返事も下さり、本当にありがとうございますi-175

明日も一日頑張れそうな、そんな気持で、今日も村へ帰りますねi-175
今日もありがとうございましたe-343

まーりたん : Ayana’さんへ

Ayana’さん、ようこそ♪
お忙しい中、いつもご訪問下さりありがとうございますv-238v-238
今日はAyana’さんの工房が参加されるイベントの当日
なのですねv-238きっと今回も素敵な ちくちく村の作品作りを
楽しく手軽に制作体験できる教室等も催されるのでしょうねv-10
子供さん対象のイベントとお聞きし、私もワクワクしてますv-410

今回の日田旅行記、最終回までご覧下さって、心よりお礼
申し上げますv-238毎回温かく素敵なお言葉を沢山下さり、
とても嬉しく、励みにさせて頂いていますv-238

最後に訪れた陶郷 “ 小鹿田焼きの里 ” の読み方に
ついて興味を持って頂き、嬉しいですv-238 “小鹿田”は
まず“ おんだ ”とは読みませんよねv-356 私も不思議に
感じていますv-410 小鹿田焼きについて書かれているサイト
http://www.keiseikan.net/about/index.html
にも載っていますが、“小鹿田”の発音は、この地に
伝わる伝説に登場する人物の名前に由来しているようですv-410

唐臼の音は、のどかで、生き物の声の様にも聴こえましたv-238
味わい深く、聴く人によってきっと色んな音に変化するの
ではないかな?と感じましたv-410 Ayana’さんの
ご想像通り、唐臼の仕組みは、“ししおどし”そのもの
ですv-426巨大な“ししおどし”v-533「アリエッティ」になった
気分を楽しめるかもしれませんよ、ウフフv-410

Ayana’さんも陶芸の嗜みがおありなんですねv-238
陶土の特色を生かしたり、難点をカバーしたりしながら
独特の形に辿りついた小鹿田焼きv-238各地に伝わる焼き物も、
きっとそうなのかなあv-236と奥の深さを感じましたv-410

なんと小鹿田焼きのお皿が、Ayana’さんのお宅にv-237
ヒマワリみたいな放射状の模様の大皿、存在感があって
素朴で、一度見たら忘れませんよねv-238 お土産としても
比較的気軽に購入できるお値段ですv-238私も小さい頃から
うかがった先のお宅に飾られている壺やお皿の中にも、
よく小鹿田焼きのお皿を発見してきましたv-410 

「 おんタン 」を気に入って下さって嬉しいですv-10
「 ぼんタン 」 然り、なぜか私と「 タン 」繋がり
ですねv-411 私は今回日田を訪れるまで、このふたつの
キャラは知らなかったのですが、なぜが共通点がv-356

Ayana’さんだけにコッソリお話させて頂くと、
「 まーりたん 」は、私の亡くなった実父が、いつも
私をこう呼んでいたんですv-410「8時だョ!全員集合」を
私と一緒に観て、楽しんでくれるような父でしたv-398 

こちらこそ、毎回Ayana’さんからとても丁寧で
素敵なコメントを頂き、心から感謝していますv-238
日田の旅、楽しんで下さり本当にありがとうございましたv-238
本日のイベントの成功、心よりお祈りしていますv-410
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索