プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

ご訪問ありがとうございます(*^^*)


杜のワイナリー 『 安心院 ( あじむ ) 葡萄酒工房 』 で

今年の新酒ワインを 心ゆくまで堪能した まーりたん。

すっかり良い気色で、帰りのクルマの中では ゴジラもびっくりの

高いびきをかいて眠りコケていたそうな・・・(恥)。




そんな まーりたんが目を覚ますと、なんと

目の前に昔懐かしいボンネットバスが姿を現しました。

60ボンネットバス

ウチのクルマ、デロリアンだったかな?


いえいえ、ここは 『 安心院葡萄酒工房 』 のあった

大分県宇佐市の東隣の町、『 豊後高田 ( ぶんごたかた )  』 市。

平成22年、2010年10月の豊後高田市ですよ、念のため(笑)。





大分県の国東 ( くにさき ) 半島 北西端に位置する

ここ、 『 豊後高田 ( ぶんごたかた ) 』 市には、

昭和30年代をテーマにした 『 昭和の町 』 と呼ばれる

地区があり、昔ながらの商店街や財閥屋敷跡などをそのまま保存。




昭和30年代の民家や学校などを再現、復元したゾーンもあり、

町全体が まるごとテーマパークのようになっています。

98昭和の町案内図

近年、昭和を舞台にした映画も公開されるなど、昭和ブームが

再燃する中、2009年からは ボンネットバスも運行を開始。 



記事の最初でご紹介したボンネットバス 『 いすゞBX141 』 は

『 昭和ロマン号 』 と呼ばれ、短時間の “ 昭和の町周遊コース ” から

国宝や文化財、仙境の秘湯、中世の荘園村落など、約3時間半を

かけて国東半島の歴史を巡る “ くにさき千年ロマンコース ” まで、

遥か時空の旅へと誘ってくれる 夢のバスとして人気を集めています。

( いずれのコースも無料 ・ 昭和の町周遊コース以外は要予約 ) 

94田んぼとボンネットバス

( 豊後高田市 観光PRポスターより )


問い合わせ先 : 大分県豊後高田市観光協会 

電話 : 0978-22-3100 ( FAX : 0978-22-0955 )




そんな素敵な時空旅行へと誘ってくれる “ 夢のバス ” も、

ちょっと前までは、下の画像の様な姿だったんですよ。

97ボンネットバス『昭和ロマン号』ポップ

ボディは穴と錆びだらけ。 現地のポップを見た時、その

あまりの痛々しい姿に、ちょっと驚いてしまいました・・・。



昭和44年に抹消登録されてから、35年以上も眠り続けていた

ボンネットバス 『 いすゞBX141 』 ですが、

レストア職人、榎 茂 ( えのきしげる ) 氏を筆頭とする

職人さん達の技術と情熱で平成21年7月、昭和の町に蘇りました。

71ボンネットバスポップ

温かみと懐かしさ溢れる木の板張りの床に、モケット張りのシート。

座席前部は横向き、後部は前向きの配置になっています。





車体外側面は銅リペットを手打ちして鉄板を結合し修復。

原動機 ( エンジン ) は、もともと搭載されていた

DA110が修理不能であったため、次型式のBX341の

ものと同型のDA120を整備し搭載。




腕木式方向指示器 ( 通称アポロ ) は、現在では

製造されていないアポロ製の新品を取り付け。 方向幕は

透光性のある白色フィルムで。 痛みの激しかった側面の

引き違い窓、上げ下げ窓下部には新材の鉄板を補い、

オリジナル通りの形状に修復。




屋根灯 ( 別称マーカーランプ、ロッケット ) は

前部5個、後部2個の全てを新材の鉄板により手作業で形成。

失われていたリアエンブレムは、いすゞオリジナルの

配色により復元。 バンパー等、飾り類にはクロムメッキが

施され、フロントグリル下部のモールはステンレスにより

手作業で形成。 顔となるフロントエンブレムは、いすゞ

オリジナルの七宝の施されたものが取り付けられています。





70歳のレストア職人、榎 茂氏 ( 画像上・左下の写真の男性 ) は、

『 今まで手がけて来た中で一番こだわりぬいた 忘れられない

バスが出来ました。 このボンネットバスは自分の孫のようなもの。

手塩にかけて一所懸命育てて ( 整備して ) きたので、

豊後高田に嫁入りしても末永く大切に、皆さんに愛されるバスで

あってほしい 』 とおっしゃっています ( 現地ポップより )。




ボンネットバス『昭和ロマン号』

『 いすゞボンネットバス 』

型式 : BX141   年式 : 1957年式 ( 昭和32年 )

全長 : 8310mm  全幅 : 2430mm  全高 : 2960mm





豊後高田市 『 昭和の町 』 商店街の一角で見つけた本です。


『 海を抱いたビー玉 』  森沢明夫 著 ( 小学館発行 ) 

61海を抱いたビー玉

運転手の親子に愛されたことで 『 心 』 を持ったボンネットバス。

運命に導かれるまま旅をする少年とボンネットバス、

そして少年の心を持つ魅力的な大人たちが優しく

『 生きることの素晴らしさ 』 を語りかけてくれる

事実をもとに描かれた、奇跡と感動のストーリーです。





こちらは 『 昭和ロマン蔵案内所 入り口 』 前。

65ターミナルでバスを待つ人

ボンネットバスは、この蔵の向かい側から発車します。

画像左下には、小さな小さなバス停。 そして時刻表。






あら、待合所のベンチには忘れ物の杖が。 杖が要らなくなる程

お元気に若返って、帰って行かれたのかしら? ウフフ♪

64ボンネットバスのりばとステッキ

年内のボンネットバス運行日程、行先をご案内します。

参考までにどうぞ♪  ( 現地 運行表より )


1、昭和の町周遊コース ( 予約不要 ) 
  
  運行日:10月30日(土)、31日(日)

       12月25日(土)、26日(日)

  出発時刻:10時~15時 30分おきに運行

        ( 12時~13時休 ) 

        2~6各周遊コースの前後にも運行



2、国宝探訪コース ( 田染周遊 ) 要予約
  
  コース内容:国宝富貴寺大堂、熊野磨崖仏、真木大堂

  重要文化財的景観の田染荘と歴史ファン必見の4大名所
  
  運行日:11月28日 

  出発時刻:10時~13時30分 ( 所要時間3時間40分 ) 

 

3、文化財修復見学コース ( 都甲周遊 ) 要予約
  
  コース内容:天念寺(川中不動)、鬼会の里、花の寺長安寺

  こっとん村など国東半島独特の奇岩や紅葉が楽しめるコース
  
  運行日:10月23日(土)、24日(日)

       11月6日(土)、21日(日)

  出発時刻:10時~13時30分 ( 所要時間3時間30分 )



4、仙境の秘湯&紅葉コース ( 香々地周遊 ) 要予約

  コース内容:雲仙寺、実相院の参拝と仙境の秘湯

  『 夷谷温泉 』 や夷耶馬と呼ばれる絶景が楽しめるコース

  運行日:12月4日(土)、11日(土)、12日(日)

  出発時刻:10時~13時30分 ( 所要時間3時間30分 )



5、温泉湯ったりコース ( 真玉周遊 ) 要予約

  コース内容:六郷温泉の古湯 『 真玉温泉 』 と

  弘法大師ゆかりの椿堂参拝

  運行日:12月18日(土)、19日(日)、23日(木)

  出発時刻:10時~13時30分 ( 所要時間3時間30分 )



6、くにさき千年ロマンAコース ( 杵築周遊 ) 要予約

  コース内容:昭和の町から江戸の城下町、中世の荘園村落

  つかの間の時空旅行が楽しめるコース

  運行日:11月3日(水)、23日(火)

  出発時刻:10時~13時40分 ( 所要時間3時間40分 )



7、くにさき千年ロマンBコース ( 国東周遊 ) 要予約

  コース内容:昭和の町から国東半島の中心に位置する

  両子寺、瑠璃光寺と国東半島の霊山を巡るコース

  運行日:11月20日(土)、27日(土)

  出発時刻:10時~13時40分 ( 所要時間3時間40分 )


※各コースともボンネットバスの乗車は無料ですが、拝観料などは

 各自ご負担となります。 『 昭和の町 』 周遊コース以外の

 各周遊コースは4日前までに予約が必要です。

 問い合わせ先:大分県豊後高田市観光協会 

      電話:0978-22-3100 ( FAX:0978-22-0955 )
      



次回は、ボンネットバス停留所に隣接する 『 昭和ロマン蔵 』 

建物内に設けられた、昭和30年代の民家や商店を再現したゾーン

67昭和ロマン館

『 昭和の夢町三丁目 』 、そして今もなお古き良き面影を

残す、豊後高田 『 昭和の町 』 商店街をご紹介させて

頂きたいと思います。 どうぞお楽しみに♪

76昭和の夢町三丁目


応援クリック いつもありがとうございます♪ 
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ
にほんブログ村


こちらからも足跡・URLを辿り、応援に伺わせて頂きます(*^^*)
関連記事

2010/10/22(金) 12:02 | コメント:16 | トラックバック:0 |
コメント

香奈子 : 昭和ですね!

こんにちは(*^_^*)
ボンネットバス!復活させた皆さんの暖かい
気持ちが伝わるご紹介に、私もしばし昭和の時代へ・・・
何かいいですよね。落ち着きます。
周遊している写真がまた、ほのぼのでいいですね(*^^)v

次回がこれまた楽しみ~“昭和の町”!
“ボンタンアメ”懐かしい~小学校の遠足のおやつや
地域の子供会のおやつには必ず入っていました!
あまり好きでなかったけど、今見るとあの頃を
懐かしく思い出します!ありがとうございました☆

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
ご訪問、そして温かいコメント、いつも感謝していますv-238

ボンネットバス 『 昭和ロマン号 』 のご紹介、
楽しんで頂けたご様子で嬉しいですv-410e-266 現地でポップを
拝見していて、見事にここまで蘇らせた職人さん達の
情熱e-271に思わずこちらまで胸が熱くなりましたv-406

復活したボンネットバスBX141は、見るからに
ほのぼのとした愛くるしいデザインe-446で、本当に心を持って
再び誕生したんじゃないかしらe-3とさえ思えましたv-238
山間v-281の田んぼの道を走る写真は、何とも言えませんねv-398

次回は昭和の姿で未だ現役の『 昭和の町 』 の商店街、
そして建物内に復元された昭和30年代の風景をご紹介
させて頂きますねv-410 楽しみにして下さって嬉しいですv-238

香奈子さんは 『 ボンタンアメ 』 に素敵な思い出が
詰まっているんですねv-238 歯にくっつくけど、私もよく
食べていましたよ~v-411 懐かしいですねe-266

歳三 : う~~~む!

行動範囲v-105がひろいな~~まーりたんはv-10

おいらは、チマチマ別府のv-48を巡るとするか・・でもな~気候がいい時は遠出したいな~~

う~~ん・・人のを観ると行きたくなし・・

すみこ :

いつも、ふぅに暖かいコメントを頂きまして本当にありがとうございます♡
ボンネットバス・・・・昭和の街のバスだったのですね・・・(^。^)y-.。o○

記事を読ませて頂いてるだけで、ムンムン昭和の色んな匂いが漂ってきました。。
バスを再現するときのいろんな風景・そして
息遣い。。

また記事を楽しみにしています・・
なんかホットします。。
庄和の匂い ホットする香りです(^.^)

まーりたん : 歳三さんへ

歳三さん、ようこそ♪
歳三さんe-465のご主人様、ヒジカタくんもご一緒でしょうかv-410v-236
ご訪問、そしていつも温かいコメント感謝していますv-238

歳三さんのように専門的に、またユーモアもタップリと
混ぜ込んで温泉はもちろんe-224、別府界隈のレポをされv-295
ご自身のサイトv-216で紹介されていた方を私は知ってますよv-410
たいへん尊敬できる男性でしたv-353

カテゴリ 『 別府ドライブ日和v-448 』 の中の記事、
“ 忘れられない人 ” で、その男性について
書いているので、宜しければご覧下さいませv-238

あ、でも温泉マイスターe-224e-69の資格をお持ちの歳三さんなら、
とっくにその方の事をご存知かも知れませんね、ウフフv-410

歳三さん色e-251を盛り込んだ温泉レポe-224、これからも楽しみに
していますv-238 私の方は、今のところは夫婦二人の
お気楽v-395 暮らしですから、週末ごとにあっちフラフラ、
こっちフラフラv-411 先立つものe-233がないので遠くへの
旅行v-43 は無理ですが、大分県は知れば知るほど良い所ですよねv-410v-426
歳のせいか最近は地元再発見ツアーが楽しくて仕方がない感じですe-266

まーりたん : すみこさんへ

すみこさん、ようこそ♪ 
こちらこそ、お忙しい中いつも足をお運び頂き、また
温かいコメントも残して下さり、心より感謝していますv-238

ボンネットバスの謎、解けましたでしょうかv-410v-236
昭和の色んな匂いを感じて下さったんですねv-398
ありがとうございますv-238次回も楽しみにして下さり
嬉しいですe-266 懐かしさを覚えるものは
心に安らぎもプレゼントv-25 してくれますねv-410v-426

びくたーぐろあ :

高田にそんなところがあったのですね。

ドドメ : 今更だけど、

こんばんは

今更ですが、「昭和ブーム」が起こる程、昭和が昔の話になったんですね。
月日の流れるのは早いなぁ~しみじみ
ボンネットバスって私が子供の頃も走っていたのかな?って思ったら末梢登録の年を見て納得。
生まれてはいたけど・・記憶はあまり無い年でした。
たまに、昭和の街に帰ってノスタルジックに浸るのも良いですね。最近なんでも便利になり、スリムになり・・余裕っていうか無駄というか、街中にゆったりした隙間が無くなってしまったような気がします。

まーりたん : びくたーぐろあさんへ

びくたーぐろあさん、ようこそ♪
豊後高田、良いですよ~v-238
こちらに帰られた際は是非、訪れてみて下さいv-410
ゆったりとした素敵な時間e-420が流れていますv-398
いつもご訪問、温かいコメント感謝していますe-446

まーりたん : ドドメさんへ

ドドメさん、ようこそ♪
ご訪問、そしていつも温かいコメントを頂き感謝していますv-238

『 平成 』 が始まってもう20年以上経ってますからねe-330
私って、どんだけ長生きしてるの~v-361って感じですv-411

ボンネットバスの記憶については、ドドメさんと同じですv-410v-426
入れ替わりに生まれてきたv-511ようなものですから、記憶には
全く残っていませんv-393 でもあの丸みがあって、ほのぼのv-22とした
デザインは魅力的ですよねv-398e-266 一見無駄に感じるものって、
心の調子を整えるビタミン剤v-379的な役割を持ってる気がしますv-238

『 昭和 』 が注目e-317されるということは、それに気づく
方々も増えているという証拠かもしれませんねv-410

歳三 : おはようございます(^^)/

この週末は どこ行くの~~ん?

おいらは、しっかりお仕事・・・・
ググ・・

楽しんで来てちょ(^^)ノシノシ

なかよしボンネットバス

懐かしいですね・・・。
私が小学生の頃は後ろに石炭を積んで走るバスでした・・・。
その後のボンネットバスが登場したんです・・。
いや~懐かしいやらで・・・。
豊後高田は妻が高校生の1~2年生まで住んでいた所ですので・・・又行きたくなりました。
本当に懐かしい写真と記事 有難う御座います

まーりたん : 歳三さんへ

歳三君、ようこそなのだニャv-286
昨日は招き猫e-465のお仕事だったのかニャv-236お疲れ様ですニャv-286
まーりたん、昨日はダンナさんと一緒に別府e-224へ行っていたゾv-286
週末は、こだぬき君と留守番v-258させられてばかりなのだニャ~v-286
歳三君e-251は、いつもヒジカタくんとお出かけe-125できて良いニャ~v-286e-266

コラッv-359マンジ君v-237勝手にコメント打っちゃダメでしょっe-330

まーりたん : なかよしさんへ

なかよしさん、ようこそ♪
いつもご訪問、そして温かいコメントを頂き感謝していますv-238

ボンネットバスのご紹介、楽しんで頂けたご様子で光栄ですv-410
そうですかv-238なかよしさんの奥様は、豊後高田で青春時代e-420
お過ごしになられたのですねv-238 豊後高田、素敵な町ですねe-446

ボンネットバスは丁度、私が生まれた頃v-511に姿を消したようで、
残念ながら実際に見たりe-317、利用した記憶は無いのですが、
懐かしさと強烈な憧れを感じますe-266

ボンネットバスの前身は 『 石炭バス 』 だったのですねv-238 
全く知らなかったので調べてみましたv-216 
戦時中、石油が無い時代に活躍していたバスなのですねv-410

画像検索したところ、絵本v-513に登場する機関車のように
カラフルv-348で、可愛らしいデザインの石炭バスも出てきましたv-238
なかよしさん、素敵な情報をありがとうございますv-410e-266

Ayana' : まーりたんさん、こんばんは♥

まーりたんさん、こんばんはv-10v-238
今夜は、『ボンネットバスv-261』へ
ゆっくり伺わせて頂いていますv-351
お邪魔しますね。。。i-233i-175

あの『安心院葡萄酒工房i-52』の帰り道、
昔懐かしいボンネットバスに遭遇されたのですねe-446i-189
豊後高田市には、昔ながらの商店街などが、
そのままの形で保存されている『昭和の町e-419』があり、
まーりたんさんがおっしゃる通り、本当に町全体が
『まるごとテーマパークe-420』のようだと
思いましたi-175i-189

そして、歴史ツアーv-353をしてくれるボンネットバスは、
2009年から運転がスタートv-344
無料でツアーに参加が出来るだなんて、
まさに『夢のバスi-175』ですねe-144i-189

レストア職人の方が拘りぬいたバスのフロントエンブレムには、
いすゞオリジナルi-189の七宝が。。。e-69
職人さんがバスに懸けた想いが、私にも
伝わってくるかのようでしたi-175i-175

バスにちなんだ『海を抱いたビー玉』も、
とっても興味深いですv-351

ボンネットバスの行き先で、特に2番の『国宝探訪コースv-267』や、
4番の『仙境の秘湯&紅葉コースv-34』には、
思わず目がハートv-10になってしまいましたv-238
私も『夢のバスi-189』に乗って
旅をしたいです~~v-43i-189

次回の昭和30年代ゾーンi-189
楽しみに伺いますねi-175
今日も素敵なツアーに参加をする事が出来、
幸せ気分ですe-446e-415
まーりたんさん、ありがとうございますv-351

まーりたん : Ayana’さんへ

Ayana’さん、ようこそ♪
お忙しい中ご訪問、そして温かいコメントをいつも
ありがとうございますv-238今回から3回に渡り大分県の
国東半島の付け根に位置する豊後高田市、昭和の町の
ご紹介をさせて頂きますv-410 今回もお時間の許す限り、
ごゆっくりと小旅行気分を楽しんで頂ければ幸いですv-398e-266

懐かしく趣のある昭和レトロの雑貨や食品類等を収蔵した
愛知県の博物館を以前、びすきぃ君やとらちゃんの
どきどきワクワクv-345の楽しいエスコートで
ご紹介して下さり、ありがとうございましたe-343

ここ豊後高田市、昭和の町は、もともと多く残っていた
昭和の建物や看板などが、未だ現役で機能している所で、
“ 昭和 ” の博物館みたいな町なんですヨv-238

近年の昭和ブームに乗った町起こしとして、あえて
街並みを昭和風にリメイクv-353したり、また昨年からは
ボンネットバスv-261も運行を始めたりと、町全体がまるごと
“ 昭和のテーマパーク ”みたいな雰囲気ですv-410v-426

なかでも今回は、昭和の町に昨年復活したボンネットバスに
スポットを当てて記事を書いてみましたv-238 私が生まれた頃に
消えてしまった乗り物なので、実際に見たり利用したことは
ないのですが、懐かしさと愛着を凄く感じますe-446 

現地のポップを読めば読むほど、ボンネットバスが愛しく
思えてe-349、ついつい記事の内容もマニアックに・・・v-411
レストア職人さんの言葉には、胸が一杯になりましたv-406
物を作られる方々、Ayana’さんもきっと
こういう思いで、作品を送り出されているんだろうなと
感じ、改めて物を大切にして行きたいと思いましたv-410

“ 海を抱いたビー玉 ” にも興味を持って下さり
ありがとうございますv-238 私は あらすじしか知らないの
ですが、心を惹かれる内容ですよねv-398 そのうち本屋さんで
探して、是非読んでみたいと思っていますe-266

ボンネットバスの運行表にも目を通して下さったのですねv-238
無料にはびっくりですねe-451 出発時間v-249がキッカリと
決まっていないのも、のんびりとした気ままな時空の旅を
予感させるかのようで、良いなあv-238と感じましたv-410

田染周遊と、仙境コース、きっと素敵でしょうねv-10
観光PRポスター写真のような、山あいの田んぼ道を
走る姿v-104は、実写版『となりのトトロ』みたいでしょうねe-266

次回の記事も楽しみにして下さって嬉しいですv-238
こちらこそ、本当にありがとうございますv-421e-266
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。