プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

津波に流され寸断された線路や道路、船の入港を阻む大量の

がれき、東日本大震災は被災地の交通網に大打撃を与えました。




現在、空のルートは福島、山形、岩手の花巻空港が運用時間を

いずれも24時間に拡大しています。 唯一閉鎖されていた

仙台空港では、自衛隊機や緊急ヘリが離発着できるように

なりましたが、旅客機の運行再開の見通しは未だたっていません。 




甚大な被害を受けた多くの港で、復旧したのは15の港の内

12に留まっています。 陸路では被災地周辺の高速道路など

緊急交通路においては22日から大型車や緑ナンバーの車は

標章が無くても全て通行可能になりました。 太平洋側に向かう

15本のルートは復旧しているものの、被災地周辺部に向かう

多くのルートは依然寸断されたままです。





大震災の被害に見舞われた地域は広範囲にわたり、2千箇所を

越える避難所の多くではまだ水や燃料、食糧、医薬品が充分に

行き届いていません。 厳しい寒さにより被災者の間では体力

低下、衛生状態の悪化でインフルエンザなど感染症の広がりも

懸念される中、大津波を生き抜いた方々の命を支える為にも

必要な物資を早急に届ける物流ルート作りが緊急課題です。





昨夜 ( 3月22日 ) 20時よりNHK総合テレビで

放送されたクローズアップ現代では、 『 被災者に届け

緊急支援物資
 』 と題し、被災地における上記の交通状況、そして

厳しい避難生活を強いられている東日本大震災の被災者の方々に

必需品を率先して届けようとする企業の活動が紹介されました。




更にはガソリンの供給がいまだ被災者個人へ行き渡らない理由

また医薬品不足による避難所での深刻な現状などを、阪神淡路

大震災の被災者でもある九州大学院教授、星野裕志さんら

専門家を迎え詳しく紹介、対策が話し合われました。





まーりたんがメモをとった範囲内で順次ご紹介させて頂きます





番組内では宮城県気仙沼市の避難所、鹿折 ( ししおり ) 

中学校と中継が結ばれました。 鹿折地区は大津波のあと火災に

見舞われ、現在気温2度の中 470人の方が避難生活中です。




避難所のとりまとめをしている方によれば、ようやく温かい食事が

届けられたのが19日。 それまでは乾パン、おにぎり、パン一切れ

といった食事が続いていたそうです。 足りていないのは燃料。 

一般車両へのガソリンの販売はまだ行われておらず、隣県にいる

親族の安否も確認しに行くことができず、身動きがとれない状況。




“ 皆同じだから ” と我慢が強いられているそうです。

ストーブの灯油も不足しており、近所の方々が廃材を集めて燃やし、

ドラム缶でお湯を沸かし、そのお湯をペットボトルに詰めて湯たんぽを

作っています。 ガソリンを始め軽油、灯油が今も足りていません。






スムーズな物流システムの構築が早急に必要

物流に詳しく、自らが阪神淡路大震災被災者の一人でもある

番組ゲストの九州大学院教授、星野裕志さんの話は以下の通りです。




『 今回の震災では、物流の基本である必要なものを必要なタイミングで

必要な場所に届けるという物流のシステムが完全に崩壊した。 加えて

被災地の広域性、孤立集落の多さ。 新潟中越沖地震や阪神大震災とは

到底比較にならない規模の中、この物流システムがなかなか回復できずに

いる一方で、21日にはJR貨物が燃料輸送を盛岡まで開始、また宮城県

塩釜港に石油タンカーが入港したなど良いニュースもある 





状況は今後、好転していくとは思うが、なかなか一般の家庭や避難所

まで必要な物資が届くにはまだまだ時間がかかる。 阪神淡路大震災の

際、自衛隊機の出動が遅れた事が教訓として活かされ、今回の地震では

自衛隊の出動が早かった。米軍のバックアップ体制もでき異例ながら

民間空港である山形空港を活動拠点にヘリによる物資輸送も開始。





大動脈は復旧しつつあるものの、2000箇所以上の避難所が

広範囲に点在している。 キメ細かく物資を運んでいくには

いくつも問題はあるが、一番大きいのが避難所あるいは被災地の

ニーズがまだ把握できていない事にある。必要な情報をまず

把握し、仕分けをして送り届ける物流システムの構築が必要。





企業ではあたりまえのシステムが崩壊しているため、自治体や国、

色んな民間企業それぞれが各避難所へ直接物資を運んでいる現状で、

そうなってくると当然交通渋滞が起き、ガソリンが不足するなど

色んな問題がでてくる。 避難所かその周辺に巨大な物流センターを

置き、そこに必要な物資をまず集約し、各避難所から必要な物資の

情報を集め、配送するシステムをいち早く作り上げる必要がある。





物流センターは東北地方にある企業所有のものが良い

今回のような大規模な震災の場合、体育館等を利用して一般

ボランティアが梱包作業などに携わるには無理がある。

理由は、物流センターであれば基本的な1㎡辺り1.5トンの

加重が求められるが、体育館ではせいぜい300キロぐらい。





体育館などでは物資を積み上げると床が抜ける危険性がある

更に日本中から集められた物資を的確に仕分けして梱包するのは

素人には難しい。 これらの理由からこの部分は、物流企業に

完全にアウトソースすべき。 不況の今、東北ではかなりの空き

物流センターがある。そこを借り上げ、物流の専門家を集め、

仕分けをし、各避難所へ配送するというシステムを作り上げる。






流れとしては、まず大型トラックで各地から被災地に設けられた

物流センターに物資を持ち込む。 そこから別の小型輸送車や

様々な輸送手段を使い避難所までキメ細かく配送。 物資の輸送に

対しては緊急車両並みの優先権を設けたり、ガソリンの優先的な

割り当てをする。そういった仕組み作りが早急に必要。





物資については避難所ごとに人数分だけ必要な、

標準化した必要物資リストをつくり、一方で妊婦さんや

高齢者など個別のニーズリストも作成。 被災地の各避難所で

2通りのリストを作り上げ集約、それに基づいて配送をする 』




1、必要な情報を把握する

2、必要な物資をそこに集積する

3、需要に応じて供給する


・被災地の負担にならないようなシステム作りが最重要課題。

・優先順位をつけ絞り込んだ品目を標準化した梱包で届ける。

・企業の専門性を活用しつつ、企業と行政との連携が必要。








今回は昨夜のクローズアップ現代番組内で紹介された、

物資の流れをスムーズにする案について引用させて頂きました








「 被災地の皆様、全国の物流専門家の皆様、東北地方に

空き物流センターを持つ企業の皆様、ご参考にされて下さい 」

ご参考にしてくださいニャ♪

「 最後まで読んでいただき、ありがとうございますニャ 」










●平成23年東北地方太平洋沖地震への対応状況( 道路、鉄道、

住宅、河川、港湾、自動車等 ) は国土交通省のHPで公開中です。

国土交通省ホームページ : http://www.mlit.go.jp/





●宮城県 岩沼市在住のブロ友さん “ yossi さん ” が、

東日本大震災後、急きょご自身のブログを震災掲示板として

宮城県内の震災情報を随時発信されています。


yossi さんのブログ 『 オルゴールCDマニア♪ 』

URL : http://orgelbox.blog129.fc2.com/




関連記事

2011/03/23(水) 17:43 | コメント:7 | トラックバック:0 |
コメント

なかよし物流センター

そうですよねー。
物流センターを ・・・。
まず確保ですよねー。
さすがNHK。
私のいる延岡市は 被災地の いわき市と
姉妹都市なので・・・延岡は いわき市に 送っている様です。
早く 普通の 生活が なされる事を 祈ります。

香奈子 : すごい!

すごいなあ~って読みながら唸ってばかりでした。
先ずは詳細に伝えてくれる、まーりたんさんの“ソウル”が
毎日加速して私の心にビンビン来て熱く日本を、人を、地球を
愛する気持ちがブゥワァ~っと沸き上がり“みんな大丈夫!”って
希望の光が大きくなってます!
そして“専門家”ってすごいですね!
今回の震災で思ってきた“できること”はそれぞれあると思います。
こういった“専門家”の方々の“できること”をどんどん広げて繋げて
欲しいですね!!
今日も一日が送れたことが感謝できる今、みんなで頑張って日本を元気に
したいですね!高校野球の開会宣言にあった「頑張れ日本!」ですね(^^)d

Lily : クールな情報分析を熱意をこめて発信するまーりたんさん

こんばんは。
救援物資も届ける手段も着実に整ってきているのに、うまくいっていないというのはもどかしいです。
こうすればいいという専門家の意見をいち早く実行する、できないならアウトソーシングする決断も必要なんですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : なかよしさんへ

なかよしさん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますv-421
とても励みにさせて頂いていますe-446
宮崎の延岡は、いわき市と姉妹都市だったのですねv-238
今朝のNHKあさイチe-288でも早速、スムーズな物流についての
意見が交わされていましたv-410 さすがNHKさんですねv-392
きっと早急に対処が進む事と思いますe-343

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
いつも温かく、心強いコメントをありがとうございますv-421v-238
香奈子さんにそこまで言って頂けると、本当に自分にも
何かできそうな気がしてきますe-271心よりお礼申し上げますv-410e-266

香奈子さんの仰るように、やはり専門家の方は的確ですねv-426
物流システム案について述べられる言葉がどれも重要で、
一言一句逃さないように、ほぼ全てしっかとメモりましたv-295v-410

それぞれが自分のポジションで役割をこなしたり、
知恵をしぼったりし合えば、きっと大きな力になると
私も思いますv-398 高校野球の開会宣言、良かったですねv-238

まーりたん : Lilyさんへ

Lilyさん、ようこそ♪
ご訪問下さり感激ですe-349 また先日はLilyさんの
素敵なブログe-420で、yossiさんの活動もご紹介して頂き、
心よりお礼申し上げますv-421 はるかフランスにまで
yossiさんの声が届いたかと思うと、自分の事のように
嬉しくe-266、同時にちょっぴり自慢です、ウフフv-410e-343

今朝もNHKの番組内でe-288、物流システムについての
意見交換がなされていました。 きっと早急に対処が
進む事と思いますe-454 東北地方は夜間は氷点下になるとの事。
一刻も早く、被災地で効率良く物資が流通しますようにv-421
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。