プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

大分県にとって最も身近な原子力発電所、四国の 『 伊方原発 』 。

皆様もご存知の通り伊方 ( いかた ) 原発は、関サバや関アジで

全国的にも有名な大分市 佐賀関 ( さがのせき ) と豊予海峡を

挟んだ愛媛県の佐多岬半島にある、四国電力の原子力発電所です

ビジターセンターより望む伊方原発

ビジターセンターから望む 『 伊方 ( いかた ) 原発 』

( 画像は福山オート観光さんのツアーページよりお借りしました )





伊方原発は、佐賀関の高島からはおよそ40キロ、大分市 中心部からは

80キロの位置にあります。 2011年3月11日に起きた東日本大震災。 

福島第一原発では、これに伴う大津波を受けた事で 非常用ディーゼル

発電機が稼動せず爆発事故が起き、放射性物質が外部に漏出しました。




この事態を受け、伊方原発では震災から3日後、3月14日に非常用

ディーゼル発電機の緊急点検が行われました。 同日これを伝えた

テレビ大分のローカルニュースによれば、緊急点検の結果 問題は

見られず、今後より一層の安全確保に努めていくとのことでした。




それから3週間余り経った昨日 ( 4月6日 ) 、 NHK総合テレビで

放送された 『 ろーかる直送便 四国羅針盤 ( 15:15~16:00 ) 』 

番組内で “ 巨大地震 四国はどう備えるか ” と題し、伊方原発の

安全性、多重防護への取り組み等の取材報告がなされました 




番組内容をメモした範囲内でご紹介させて頂きたいと思います





連日の福島第一原発に関する報道は今、愛媛県の伊方原発から

半径20キロ圏内で暮らす住民の方々に動揺をもたらしています。




「 同じ原子力発電所を運転している事業者としては、極めて深刻な

事態だと考えている。 今とり得るべき施策をひとつひとつ着実にとり、

少しでも安全レベルを上げたい 」 と四国電力社長 千葉昭氏。




福島第一原発では、非常用発電機が全て海沿いにあったため、

大津波を受け使えなくなりました。 四国電力では発電機が

浸水しないよう扉の隙間を埋める、新たに3台の電源車を配備する等、

様々な対策を実施、検討中
との事。 しかし、これだけでは非常用

発電機が被害を受けた場合の応急処置にしかならず、大震災に

対応していくためには、より抜本的な対策が必要とされます。




 
現時点での ( 敷地前面海域の断層群による ) 伊方原発の想定は 



地震の大きさ マグニチュード 7.8 
 
揺れの強さ  570ガル

津波の高さ 最大4.25メートル



 570ガルの揺れとは、東日本大震災の震源に近い

女川原子力発電所の岩盤でとれた記録と、ほぼ同レベルだそうです。

( 内閣府の原子力安全委員会専門委員・入倉次郎氏の話 )




女川原子力発電所では、この570ガルの揺れについて原子炉は

安全に止まり、冷却装置も正常に働き、放射能を安全に閉じ込める

事ができました。 福島第一、第二原発に関しても揺れに対しては

安全に原子炉が停止し冷却装置も正常に機能。 ところが想定外の

大津波により福島第一原発、第二原発は共に被災してしまいました。




福島第二原発は津波で停電になったものの、自家発電装置が

地上と地下の両方にあったため、地上の自家発電装置は生き残り

事なきを得ました。 しかし福島第一原発の方は自家発電装置が

全て地下にあり全滅。 それが今回の大事故に繋がりました









四国では、30年以内に南海地震が起きる確率は60%と言われている

そうです。 伊方原発の目の前では活断層が頻繁に動いている事も確認

されています。 明治38年、昭和21年には、瀬戸内海の西部や豊後水道

付近で、マグニチュード8クラスの地震も実際に発生しています。


参照 : 過去の被害地震 松山地方気象台





「 明治時代に起きた地震では130キロぐらいの断層が動いたが、

兆候路線は全長600キロにも及ぶ長大な断層。 40キロ程度の

短い断層がバラバラに、あるいは連動して動くといった想定では

なく、最低でも130キロぐらいは一気に動いてしまう事も

考えておく必要があり、それを踏まえれば現時点での想定は

少し小さいと思う ( 高知大学理学部教授・岡村眞氏の話 ) 」





これらを教訓に今、伊方原発に対しては揺れの強さや津波の

想定をできる限り最新の知見でやり直す事は勿論、想定以上の

災害が来ても大丈夫な多重防護システムが求められています





「 三陸は津波常襲地帯で、非常に防災意識が高い地域であるにも

関わらず、東日本大震災で多くの被害者が出たのはとても残念。

我々は災害から命を守ることの難しさを認識する必要がある。 そして

我々が今までやってきた南海地震対策というものを再点検する事が重要。

その中で行政と住民、大学が連携して対策を進めていく事が大切だ。

( 愛媛大学防災情報研究センター長・鳥居謙一氏の話 ) 」






番組の最後では以下の通り、視聴者からの意見も紹介されました





・原発は、地震国日本にはやはり相応しくないと改めて感じる。

自分は伊方原発から30キロ圏に住んでいて、福島原発事故から

学んだのは、自然は人間の想定を超えた力を見せつけるものだという事。

想定を超える災害が起きた時、原発はそれで終わりではなく

放射能汚染という新たな災害が始まる ( 愛媛県 60代男性 ) 





・伊方原発、絶対安全は無いと改めて感じた。 自分には小さい子供が

いる。 妊娠する可能性もある。 放射能の心配の無いエネルギーを

子供達の未来の社会には残してあげたい、と強く感じるようになった。

ドイツのようにエネルギー政策を早急に見直すべきではないか?

持続可能な自然エネルギーでの電力自給が現実的になりつつあるのが

世界の情勢だと思う。 事故が起きてからでは遅い。 絶対の安全が無い

まま進められた結果が今回の事故ではないか? ( 愛媛県 30代女性 )





・必ずいつかは起きる東南海、南海地震。 想定範囲を設置する事で

その範囲内の対策さえしておけば大丈夫と安住していてはいけない事も

教えて貰った。 地域の実情に応じて見直すべき箇所は見直して

いくべきだと思う ( 香川県 30代女性 ) 








番組内容については以上です。  読んで下さり、ありがとうございました

東日本大震災は甚大な被害と、それに匹敵する課題を私たちに

投げかけている様です。    ・・・で、突然ですが









まーりたんは ちょっとだけ 見た!

おおいたのエコな発電所
 








昨年夏、日田鮎やな場へ向かう途中の大分自動車道より撮影した、

“ 阿蘇くじゅう国立公園 ” 内に設けられている風力発電所の風車群。 

久住・風力発電

阿蘇、久住山一帯は、水力、地熱資源の宝庫とされ、エコな発電所が

点在しています。 近年では地球に優しいエネルギーとして、風力発電の

開発も進められており、風景に違和感を生まないようにと風車の色も

ご覧の通り、雲の色に溶け込むホワイトグレーが採用されています










コチラは竹田市の棚田を利用した小水力発電 『 城原井路発電所 』  

国道442号沿い道の駅 『 竹田 』 のうらにあります。

竹田・棚田発電

農業用水路の落差、約8mの高低差を活用して発電する仕組みです。

発生電力は農業用ハウスの暖房や発電施設の保安灯に使用され、

余剰電力は九州電力に売電するという九州でも初の試みで、

二酸化炭素の削減、農業生産コストの軽減、クリーンエネルギーの

利活用PRや、地域の活性化等にも繋がる事が期待されています




ウチのダンナさんの会社もちょっぴり関わっているため、昨年春

緒方町のチューリップ祭りへ出かけた帰り、見学に立ち寄りました  

小さな小さな水力発電所です。 最大出力は36世帯分の電力量に

相当する25kw。 試しに水路に葉っぱを落とし、追いかけていたら

足がもつれて転びかけました 『 豊かな生活を支える力強い産業づくり

ふれあいトーク~低コスト発電設備実証事業 』 より説明文一部引用。










おやおや? ここにも小さな小さな発電所?が・・・ 









「 ややっ、不覚にもまーりたんのチェブ菓子を完食してしまったニャ 」

ややっ、これは大変ニャ


「 少し残してコッソリ戻しておくつもりが、うかつだったのだニャ~ 」

うかつだったのだニャ


「 ひとまずダミーのビックリボールでも詰めておくとするかニャ 」

とりあえずはダミーを詰めるのだニャ

「 マンジ君のイタズラのエネルギーも発電に使えるといいのになぁ 」












●宮城県岩沼市在住のブロ友さん “ yossi さん ” が

東日本大震災後より、ご自身のブログを急きょ震災掲示板として

自らの近況と東日本大震災関連情報を随時、発信されています


yossi さんのブログ名 『 オルゴールCDマニア♪ 』

URL : http://orgelbox.blog129.fc2.com/

関連記事

2011/04/07(木) 10:06 | コメント:8 | トラックバック:0 |
コメント

なかよし発電所

未来の (jこれからの)発電所は 風力や 水力岳で いいですねー。 風力発電は 見た目もいいですねー。
マンジ君も いたずらが・・・。
やめないマンジ君・・・・!

まーりたん : なかよしさんへ

なかよしさん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446
風力や太陽光v-278、水力など自然任せのエネルギーは不安定で、
それだけで電力v-21を賄うのも無理とは分かっているのですが、
安全が保障されない原発は、もう怖くてたまりませんv-393

また主人にも訊いてみたのですが、原発は火力発電e-269を抑える
ための政策的な理由も絡んでいて、便利で安全だからという
理由だけで、ここまで普及した訳ではないらしいですe-441

それでも原発を廃止e-464すれば失業する方も大勢でるでしょうし、
一番困るのは、電力会社の下請けで、最前線で働いている
方々です。皮肉なことですよねe-263 マンジ君v-286の懲りない
イタズラのエネルギーe-277、何かの役に立たないかしらe-351

香奈子 : 考えないとね。

こんばんは!
まーりたんさんの所の記事は本当に詳しくて
分かりやすくて素晴らしいなあとつくづくと思います!

原発のこと、今は作業している方のご無事を
祈ることしかできませんが、今後のことは
国民みんなが、考えなければならないことだと思います。
日本はどこで地震がおきてもおかしくないですもんね。

原発自体に関して、なくすという考えも今後
議論されるでしょうが、色んな問題があまりにも有り過ぎて
難しいですね。。。

あまりにも原発に頼り過ぎてきたんですね。
将来的には、安全な供給源がなされていることを
願うのみですが・・・

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
いつも温かく心強いコメントを本当にありがとうございますe-446
また、記事についてもお褒めの言葉を頂き、恐縮ですv-421v-238

専門知識が無いもので、自分でも納得出来る文章に変換しつつe-337
読み返しては理解していますv-410 この番組を観るまではe-288
福島第一原発と第二原発のシステムの違いすら殆ど知らずe-351
今回の震災をきっかけに多くの事を学ばせて頂いてますe-395v-410

原発の今後については、皆で考えて行かなければならないよう
ですね。 色んな思惑もあるようで、計画停電=節電対策だけ
とも言えないようですe-351 最前線で作業されている方については、
私もただ祈るばかりですv-421 今は絵空事かもしれませんが、
いつか原発を極力使わず、自然のエネルギーをメインにv-485e-420 安心
安全に暮らせる時代が来れば素晴らしいですねv-410 

温泉ZZR : 原発いらないですね~。

まーりたんさん、こんにちは。^^
伊方原発や日本の電力事情のとてもわかりやすい解説ありがとうございます。

海を挟んだ地域に原発があることは本当に杞憂ですね。おっしゃる通り日本のような地震国は原発は作るべきではなかったと思います。
地球温暖化防止でCo2を出さない原子力が電力の安定供給をもたらすそうですが、私を含め、人間は便利な生活に慣れすぎたのかもしれませんね。
50年前の生活は戻れないにしろ、もう少し電力依存の生活から思い切って抜け出すことが求められているのでしょうか。

まーりたん : 温泉ZZRさんへ

温泉ZZRさん、ようこそ♪
いつもご訪問、そして温かいコメントをありがとうございますe-446

伊方原発については以前から知りたいと思っていて、皮肉にも
今回の震災をきっかけに、こうして少しだけ学ぶ機会が得られ
ましたe-395 記事も褒めて下さり恐縮ですv-421 世の中は思惑で動いて
いるとも言えるような出来事ばかりで、この場に及んでまだv-236
と歯がゆい思いですe-443 原発はこれ以上増やして欲しくありませんe-464

温泉ZZRさんがおっしゃるように、電力に依存する生活を
見直すことも重要ですねv-410 子供の頃、私は中津市の古民家で
暮らしていたんですが、お風呂はオガライト ( 大きな
エンピツe-149みたいな木質系固形燃料 ) で沸かしていましたe-224

少々不便でしたが、毎日夕方になると、各家庭のエントツから
木の焼ける匂いが漂い、とても心地良かったのを憶えていますv-398v-238 
そういった生活に戻るのも、意外と悪くないかもしれませんネv-410

Lily : こんばんは

まーりたんさん、いつも情報ありがとうございます。

今は福島原発の沈静化をみな祈りながら待っています。 その後、原発に関しては情報が開示されてきちんと議論されていくはずと信じています。
日本の原発依存は代替えが可能なように見えますが、フランスは80パーセントも原発に頼っていて、経済にも大きく関与しているので議論がされるのかどうかすらあやしいと感じています。もし事故が起こったら、地続きのヨーロッパ、フランスだけの問題ではありません、私たちは世界的規模で基本的なことの見直しを迫られているようです。

まーりたん : Lilyさんへ

Lilyさん、ようこそ♪
こちらこそいつもご訪問下さり、温かいコメントも頂き
心より感謝していますe-446 また、当ブログの過去記事も
楽しんで下さったとお聞きし、大変嬉しく思っていますv-410e-266
パエリアに似た大分の郷土料理も、もし宜しければどうぞ
試してみて下さいe-287 素朴な味でなかなかイケますよe-454v-426

昨日の朝は、BSのワールドニュースe-332も観ました。
Lilyさんが暮らすフランスからの同時通訳ニュースではe-499
日本での原発事故についてのコメントe-289を記者から求められて
いた偉い方が口をつぐみ、忙しそうにそそくさと立ち去る映像が
丁度流れていましたe-351 Lilyさんの仰る通りだと思いましたv-388

原発の普及は政策的な理由も大いに絡んでいるようですし、
廃止すれば多くの方が職を失いますv-390 普通に考えてみても
やはり一筋縄にはいかない問題のようですv-393 関東エリアの
計画停電も単に電力の節約だけではなく、原発の必要性を
国民に知らしめるという思惑もどうやらありそうな・・・v-236

福島第一原発の最前線で大量被ばくの危険を覚悟の上、
復旧作業に携わっている作業員の方々の現状も、未だ公表
されておらず不透明なままですe-351 今朝の地元紙によれば
ようやく昨日、国民の知る権利に応える事をモットーとする
共同通信の取材で、その人数や内訳が分かった様ですv-22  
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。