プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

「 みニャさま、息災ですかニャ? 余は息災ニャのだ 」

官兵衛くんとお揃いですニャ

「 中津城の見学用パンフレット、少しは読んだのかい?マンジ君 」







官兵衛くんとお揃いの赤漆塗り兜を被ってゴキゲンなマンジ君

プラスチックの杯だと気づかないみたいだから、このまま黙ってよっと










1587年( 天正15年 )、 秀吉の軍師・黒田官兵衛孝高( 如水 )が

築いた中津城 ( 黒田官兵衛については前回の記事をご覧下さい ) 。 



中津城は黒田氏が関ヶ原後に筑前へ移った後、細川氏、小笠原氏、

奥平氏によって大きく改修されて、ほぼ現在の形に完成しますが、

官兵衛が縄張りをした城の原型は、そのまま引き継がれています。 



模擬天守下の石垣の半分は、官兵衛が築いた当時のものが残っていて

黒田の石垣 ” と呼ばれてます。

中津城・黒田の石垣へ


画像下、中央部分から向かって右側の石垣が黒田時代の石垣で、

古代山城の石垣を再利用しているため、四角く整ってます

黒田如水の石垣は右側

中央より左側半分の石垣は、黒田氏の後、京都より32万石で入封の

細川忠興が、慶長15年に増築した 『 打ち込みはぎ積 』石垣。

で、これよりご案内させて頂く中津城模擬天守は、最後の城主一族・

丹後宮津より入封の奥平家が、昭和39年に造営したものです








北に周防灘を臨む中津川河口に建つ、中津城天守閣からの眺め

中津川河口、周防灘





西には奥平家の祖を祀る奥平神社( 画像下、右手前の建物 ) 。

天守閣からの眺め

奥平神社の先には、豊前の国総しづめの杜として崇められていた

中津大神宮。 ほかにも本丸には松の御殿跡に建つ中津神社、

黒田氏に討伐された豊前の地頭・宇都宮鎮房とその家臣らを祀った

城井神社、扇城神社など、中津城内には神社がいっぱい








戦国の兵乱を鎮め、世の太平を来たすパワーがあったと伝えられる

第一代奥平貞能、第二代奥平信昌、第三代奥平家昌が祭神の奥平神社。

中津城と奥平神社

奥平神社は中津城本丸上壇に在ります ( 画像上、左側の建物 )。 

この日はちょうど工事が入ってました





戦国時代 天正3年 ( 1575年 ) 、長篠の戦で1万5千人もの

武田軍に攻められた奥平の軍勢5百人は、長篠城でタニシを食べ籠城。

徳川、織田の連合軍を待ち、武田勢を破り勝った故事に因む

“ たにし祭 ” が、毎年祭礼日の5月21日に城内で開催されます








今回も登場。 天守閣入り口の売店です。 官兵衛くんグッズの隣では

“ おっくん ” と “ ひーじじ ” 缶バッジも販売されてました 

タニシ祭に由縁の長篠の戦図も

“ おっくん ” の本名は 奥平忠昌。  宇都宮城 第26代城主

( 奥平氏としては初代 )奥平家昌の長男で、徳川家康の曾孫にあたり、

大叔父である秀忠から一字をもらいうけ、忠昌と名乗ります。
 
したがって、隣の “ ひーじじ ” とは、徳川家康公の事。 



豊前中津における おっくん( 奥平忠昌 )のポジションは、

奥平時代の初代中津城城主 奥平昌成の曾祖父


おっくんが持つ槍は、中津城天守閣に収蔵展示されている

天下御免白鳥の槍。 元和2( 1616 )年、おっくん( 忠昌 )が
 
駿府へ出向き、 ひーじじ( 家康 )を見舞った際に授けられたのだそう。






中津城天守閣には 天下御免白鳥の槍 のほかにも鎧や陣営具、

長篠合戦図、藩臣録、馬術や剣術等の師範奥伝書、吉宗花押領地目録、

また当時、華麗なる一族のステイタスだったと思われる鷹狩り道具など

奥平家所蔵、由緒あるセレブなお宝が数多く展示されています  

徳川家康公の真蹟

徳川家康の直筆レターも発見!

横向きのダルマみたいなマークは家康の印かしら




そして、中津城の記念スタンプにもなっているのが鳥居強右衛門磔図

( 記念スタンプは中津城天守閣バージョンと、このスネエモンさんの2種類 )

画像はとてもアップできません 小学校の頃、中津城でスネエモンさんの

磔図を見た夜と、山国川の人柱になった母子を祀る鶴市神社へ参拝した夜、

まーりたん、金縛りに遭いました~ 今回は平気でしたけど 









こちらは最後の藩主となった十五代、奥平昌邁( まさゆき )公。

中津藩最後の藩主・奥平まさゆき

あらま シュッとしたお顔立ちで麗しゅうございますこと ポッ

奥平昌邁 ( まさゆき ) は、慶応義塾に入学した年、

家臣だった福澤諭吉にアメリカ留学を勧められ、

帰国後は東京府会議員や芝区長も務められたそうです。

享年は何と30歳! イケメンも薄命







中津城の城郭面積は23,287坪。 

中津川( 山国川の支流 )河口に建ち、濠の水かさが潮の干満で

上下する “ 水城 ” です。 また、黒田官兵衛が縄張りをした城郭が

扇の形に似ていることから、 “ 扇城 ” とも呼ばれます。

城郭は扇型

まーりたんが中津で暮らしていた頃、バレーボールが強いことで

有名だった 『 中津扇城( なかつせんじょう )高校 』 。 

『 如水( じょすい ) 』 という名の梨もありました。

箱には可愛らしい河童みたいなキャラクターが描かれてたっけ

土地や名産品の名は、歴史の砂に埋もれた貝殻みたい・・・

拾い集めたくなっちゃうナ






防火用水としても使用されていたという池、ほとりには藤棚のベンチ。

噴水のある池


たおやかな杜の樹々たち。 陽射しも柔らかくて心地よいです。

木漏れ日

城内の神社に参拝する時は官兵衛も時折り、こんな風に仰いだりしたの

でしょうか・・・。 こうしてると官兵衛の面影に会える様な気が








中津城をあとにしたまーりたん一行が次に訪れたのは、コチラのお店。

蛤志る古本舗・武蔵屋総本店

中津銘菓 “ 蛤志る古( はまぐりしるこ ) ” の本舗、

大正13年創業の 『 武蔵屋総本店 』 さんです 





『 武蔵屋総本店 』 のお嬢さんとまーりたん、

実は小学校時代クラスメイトでした。 彼女の苗字は一木( いちぎ )さん。 

創業者、一木武十郎氏のお孫さんです  

武蔵屋総本店店内

前回 ( といっても20年近く前か ) 立ち寄った時は

お店にいたのだけど、今回いらっしゃったのは女性の従業員の方2名。

一木さんは、あれから間もなく横浜に嫁がれたとの事。


許可をいただき、記念に店内をパチリさせてもらいました

まーりたんのことは帰省したときに伝えておいてくれるそうです

 





懐かしの蛤志る古、もちろん買いました~

蛤志る古買いました

蛤の形をした、素朴で可愛らしい即席しるこです










これがハマグリシルコですニャ

これがその蛤しるこですニャ

蛤志る古については次回、マンジ君が実演を交え解説してくれる・・・

のかな? ね、マンジ君



関連記事

2011/05/26(木) 15:01 | コメント:14 | トラックバック:0 |
コメント

香奈子 : 静かな流れ…

こんばんは(^^)/
中津城のレポを楽しく拝見しました!ありがとうございました!
神社が多いのに驚きました!土地や情勢を鎮める為だったのでしょうね。
緑が多く、とても静かな佇まいだなと感じ、まーりたんさんが言われる様に
官兵衛さんみたいなんだなあ…と思いました。
ドラマ“江”での柴俊夫さんの演じられている雰囲気とピッタリはまりました!
ありがとう!まーりたんさん!

“イケメン城主”…ほんと写真を拝見してドキドキしました~~(*^^*)

蛤しるこのお店…お友達とお逢いできなくて残念でしたね。
次回マンジ君によるレポを楽しみにしていますね~♪

piglet01 :

マンジ君、一杯ご馳走になっている見たいで可愛い、カワイイ!!
確かに、天守台の石垣は萩城に似ていますが、天守は松本城に似ているのかなって感じです。

大分の城攻めは、楽しみに残っていますので、中津城にもぜひ立寄って見たいと思います。 (^O^)/

【クメゼミ】塾長 : まーりたん

まーりたん
中津城懐かしいですね
中津といえば
福沢諭吉
一万円札の番号1番を見ましたよ(o^~^o)ν
そういえば
先日大阪堂島の福沢諭吉誕生地に行ってきました
中津藩の藩邸があったところです

それにしても
官兵衛が
あっかんべえ
なんともはや(;~∧~;)
びっくりしゃっくりクィックリーです…o(゜◇゜)o

サインは花押(かおう)ですね
花押は
武将のオリジナルサインです

まーりたんは好奇心いっぱい
探究心は にはいくらい
素晴らしいヾ(○゜▽゜○)ゞ

今奈良から⇒島根県松江へ移動中
携帯からコメント入れてます

はぎ :

まーりたんさんこんばんは、はぎといいます。

足跡がいつもついているのでレスしちゃいました(^^

中津城は中々いいですね~こういうお城は風情があります。

自分は千葉に住んでいますが千葉城という
お城があります・・・マイナーですが(笑

ではまた時間がありましたらレスしますね。

なかよし中津城

中津城は 非常に 良いところですねー。
こんなに神社に 囲まれた 城も 珍しいんじゃー ないですかー。
良い所ですねー。
マンジ君や こだぬき君 に お土産は あるのかな・・・・!

ぱと :

鉄筋コンクリなんですか!?すごい~♪♪

見どころ沢山の素敵な場所ですね~!!楽しませて頂きました(^-^)行きたいなぁ

「薄皮まんじゅう」大好きですよ~!!そして、ハマグリシルコ!!ナイスチョイス!!
懐かしい~!!以前食べたことがありますよ♪♪ハマグリの形をした薄皮が、パリっと割れて、おしるこに違う触感を与えて、楽しめるんですよね~♪♪(先に言うなって!笑)
マンジ君の実演、楽しみにしてます~ヽ(^o^)丿

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

イケメン城主e-80e-420、香奈子さんもドキドキv-345されたんですねe-349
私もですv-411 写真の前で暫くポワワ~ンv-10となってましたe-266

本丸に神社が多い理由、各神社の解説ボードをいつくか
読んでみたのですがe-317、さすが香奈子さんe-454お察しの通りですv-426

豊前国の “ お伊勢様 ” として中津の人々から愛された
中津大神宮の他に、謀略により中津城内で亡くなった方々e-263
対しても、それぞれに神社を建て、祀っていたようですv-410 

官兵衛さんについては、勝手に “ 頭脳派武将 ” と
ご紹介させて頂きましたが、ただ頭が良いのではなくて、
先見の明v-21と物事の本質を見抜く力に長け、きっと時代に
左右されない “ 真理 ” を熟知していた人なのかも
しれませんv-410 『 江 』 で官兵衛を演じられている
柴俊夫さん、私も黒田官兵衛のイメージにピッタリだと
感じてますe-343 今度の放送が待ち遠しいですねe-288e-266

マンジ君v-286による、蛤しるこの調理実演 ( 怪演e-451v-236 )、
楽しみにして下さり嬉しいですv-398 しっかりやるのよv-403e-267v-286e-291
・・・と、マンジ君にプレッシャーをかけてみたりe-257 

香奈子さん、こちらこそお忙しい中いつも丁寧に記事を
見て下さり心から感謝していますv-421v-238 また、香奈子さんが
24日にアップされていた記事e-337を先日、じっくりと
読ませて頂きましたe-454 香奈子さんは他人にだけでなく、
ご自分にも大変誠実な方だなあe-414と改めて感じましたv-410
香奈子さん、こんな私ですが今後とも宜しくお願いしますv-421v-238

まーりたん : piglet01さんへ

piglet01さん、ようこそ♪
温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

piglet01さんから褒めて頂いて、マンジ君v-286はすっかり
気を良くしたのか、今度は黒田節を舞ってますe-400e-276e-291e-350
お調子者の性格は一体誰に似たのかしらe-351

長野県の松本城e-496、まだ観た事がないので画像検索して
みたんですがe-337、どっしりとして威厳を感じる立派な
お城ですねe-420 石垣についてはなるほど、荻城ですかe-317v-238

私は石垣まではなかなか区別がつきませんが、
中津城e-496を見た翌日に、これまたウン十年ぶりに訪れた
熊本城v-490 の石垣には驚きましたe-451 テトリスみたいな緻密さで
組み合わされてますよねe-330 天守閣も優雅さv-254と強さe-271
融合したデザインで、見惚れてしまいましたe-349

中津城攻めに大分e-224 へお越しになる際は、
piglet01さん興味津々e-454v-236の、別府の貴船城もお忘れなくv-411e-266

まーりたん : クメゼミ塾長さんへ

クメゼミ塾長さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

この度はご移動中v-456、携帯から投稿して下さったとの事e-330
恐縮ですv-421 島根県へは随分昔、一度行ったっきりですv-410
先日は福澤諭吉誕生の地へも足を運ばれたのですねe-451
お忙しい中お立ち寄り頂き、心よりお礼申し上げますv-398v-238

“ 官兵衛で、あっかんべぇ~e-264 ” いかがでしょうかe-454 
ダジャレは大好きなもので、私は目まいがしそうなほど
ウケまくってしまったのですがe-275、クメゼミ塾長さんは、
思わず韻を踏んでしまわれたのですね~v-411 お見事e-266

横向きのダルマみたいなマーク、これが “ 花押 ”
なんですねv-237ありがとうございますv-421 私ったら
展示物のご紹介をしておいて、自分が理解できてないe-443
イケメン藩主e-80e-420の写真ばかり眺めてたのがバレバレですねe-257

クメゼミ塾長さんのお庭は素敵なお花や可愛い木の実達e-241
いっぱいなんですねv-410 毎回、ウットリ拝見していますe-349e-415
奈良へお帰りの際は、どうぞお気をつけてv-410

まーりたん : はぎさんへ

はぎさん、ようこそ♪
ご挨拶が遅くなってしまい申し訳ありませんv-421e-330
こちらこそいつもお立ち寄り下さり感謝していますv-410v-238
今回は温かいコメントまで頂き心よりお礼申し上げますv-398

はぎさんがご紹介して下さる世界名作劇場の数々は、
世代的に自身の道徳観を育ててくれたアニメe-288でもあり、
毎回はぎさんの記事e-337を楽しく拝見させて頂いてますe-446e-266

中津城e-496を褒めて下さってありがとうございますv-410
私はどちらかといえば歴史オンチでv-394、お城についても
まあまあ知っているのは地元の中津城ぐらいですv-411

はぎさんは千葉の方なんですねe-417
千葉城、早速調べてみましたヨe-337e-454 
淡い色で、見事に均整のとれた美しいお城e-420ですねe-349 

千葉城内には博物館もあるんですねe-451 
以前はプラネタリウムもあったとかe-75
知る機会を下さり、ありがとうございますv-410

お手の空いた時にはまた是非、どうぞ
お気軽にコメントされて行かれて下さいe-287e-266
心よりお待ちしていますv-410

まーりたん : なかよしさんへ

なかよしさん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

中津城e-496、褒めていただき嬉しいですv-410
敷地内には緑が沢山ありv-22、憩いの場所も設けられて
いますのでe-360、休憩しながらゆっくり散策が楽しめますヨe-266

神社の数の多さには、私も今更ながら驚きましたe-451
謀略等により城内で亡くなられた方e-263の姓がついた神社が
ふたつほどあり、珍しいものでは多分、日露戦争かなv-236
大きな砲弾が奉納されている神社もありました。

中津城e-496のお土産は、官兵衛くんマスコットe-414を自分用に
購入したのですが、いつのまにかマンジ君v-286のお友達に
なってますe-351 こだぬき君は中津城e-496のパンフレットや
記念スタンプe-331に興味津々みたいですよe-454

マンジ君v-286とこだぬき君へも毎回優しいお言葉を頂き、
ありがとうございますv-410v-238

まーりたん : ぱとさんへ

ぱとさん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

中津城天守閣e-496、木造っぽい風情を醸していて
ちょっと見は鉄筋コンクリートには見えませんよねe-330
こちらへ旅行される機会がありましたらe-379、是非お立ち寄りに
なってみて下さいませv-410e-343 そうそうe-451、中津へ来たら
名物 “ 中津から揚げe-78 ” のチェックもお忘れなくe-454e-343

わあe-349ぱとさんv-237蛤しるこにお詳しいんですねe-451
蛤しるこ、私は伊勢と中津のものしか知らないんですが、
ぱとさんが召し上がるのは伊勢の名産品かなv-236 
でも “ 貝合わせv-471 ” など雅v-335な遊びが古くからあった
古都、京都e-420なら独自の懐中しるこがありそうな気もe-330

中津の蛤しるこの調理実演、マンジ君やたら張り切ってますe-351v-286e-266
マンジ君が張り切るときは何かが起こりそうな予感が・・・e-350

楽しみにして下さってありがとうございますv-410e-415

エムオーツーなかつおはようございます

中津のことをイッパイ書いていっらいしゃいますね、ときどき訪問させていただきます
よろしくです、

まーりたん : エムオーツーなかつさまへ

エムオーツーなかつさま、ようこそ♪
当ブログへご訪問頂き、ありがとうございますv-410
中津は私にとって大切な思い出の詰まった大好きな街ですv-398v-238
宜しければまたいつでもお気軽にお立ち寄り下さいませe-287e-266
こちらこそ宜しくお願い致しますv-410
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。