プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

熊本城登城記、最後にご紹介させて頂くのは、熊本城で唯一、創建当時

四百年前の姿を今に残す多層櫓  “ 宇土櫓( うどやぐら ) ” 

宇土櫓へ

熊本城天守閣と本丸御殿が全焼した明治10年( 1877 )の

城内火災時、宇土櫓は風上( 天守閣の西側 )に位置していたため

難を逃れました。 外観は3層からなり、内部は5階建てに地下1階。

重要文化財に指定されてますが、外観だけでなく内部も自由見学できます

宇土櫓内部

昭和60年に修理が施されているとはいえ、櫓の内部は独特の空気が漂い、

ひんやりとしています。 裸足で歩く床の感じ、心なしか傾いている気が 





今回の熊本城登城記を書くにあたり大変お世話になりました お城王子こと

piglet01さんのブログ 『 日本百名城の旅 』 熊本編によれば、
 
宇土櫓の名前は、関ヶ原の戦いに敗れた宇土の大名・小西行長の家臣を

加藤清正が召し抱え、櫓を管理させたことに由来しているとの事




また宇土櫓は、普通のお城であれば天守閣ほどの大きさを誇る事から

宇土城天守閣を移築したとも考えられていたようですが、その後の

調査により、熊本城内で造られた櫓である事が明らかになったとか。







櫓内には “ 狭間 ” や “ 石落とし ” と呼ばれる小窓が

設けられています。  ここから鉄砲や矢を放ったり、石を落として

身を隠しつつ敵を攻撃 これらは櫓だけでなく塀や天守にも見られます

宇土櫓の挾間

現地解説板によれば、宇土櫓内の柱には黒光りする手斧痕も

残っているとか。 この柱の黒いライン、もしかしてそうなのかな?


因みに使用されている木材は主にマツで、ほかには( つが )や

( くす )、の木なども使われているとの事。





ハシゴに手すりを付けただけみたいな狭くて急勾配の階段を登り

宇土櫓展望スペースから東の方角、熊本城大小天守閣を眺めてみました

宇土櫓から天守を臨む

天守閣の向こう側には大銀杏のある広場と櫓群、その先は断崖絶壁。 

熊本城天守閣は、ここ茶臼山一帯の最も高い位置にそびえています。









そしてこちらは今回、熊本城へ登城する際に歩いてきた西側の眺め。

宇土櫓から西大手門を臨む

上の画像左手前、木々の間からノボリがチラチラ見えている辺りが

麗しき門番さんが声をかけてくれた頬当御門、 同じく画像上、

中央よりやや右上の長塀に隣接している建物が、西大手櫓門

加藤家改易後、熊本城主となった細川忠利が入城の際、この門で

清正に敬意を表し深々と頭を下げたとされる最も格式高い櫓門です






宇土櫓もまた絶好のビューポイント その数4万6千枚とも云われる

屋根瓦の中には四百年の歳月に耐えた加藤家の桔梗紋入り瓦

残っているそうですヨ。 探してみるのも楽しいかもしれません

加藤家の御紋は、蛇の目紋と桔梗紋の2種類があるようです。
 









「 黒田官兵衛( 如水 )の赤漆塗合子形兜もインパクトアリアリだが、

蛇の目紋がデザインされたワシの長烏帽子兜も、なかなかであろう 

更には武勇伝を物語る 片鎌槍で、皆の視線をロックオンぢゃ~ 」

あっ、加藤清正?

「 この槍は朝鮮の役で虎と戦った際に片方噛み折られてしまったが、

あえて “ 片鎌槍 ” と名付け、アピールアイテムにしたのじゃ。

関ヶ原の戦いでは黒田官兵衛とタッグを組み、九州の西軍を制圧、

52万石の大名となったワシの名は 加藤清正であるぞ~ 」





ウンチクを垂れ、エバり散らかしているニセ清正公の右手後方では、

ニセ清正公の悪ノリぶりを心配そうに見つめ、寄り添う夫婦の姿が・・・








私は明智光秀の娘、 細川ガラシャ ですのよ

麗しの?ガラシャ

加藤家のあと熊本城主となった細川忠利は、大分県の中津城、

細川時代の初代城主・細川忠興様と私、ガラシャの息子なの、ウフ

ご縁を感じるわ~



細川ガラシャになりきっている人は、ウチのダンナさんです。

天守閣前の広場では、少しの勇気さえあればこのように楽しく遊べます






ニセガラシャの背後には、朱色の羽織り姿に勇ましく剣を構えたお侍さん

その名は剣豪、宮本武蔵。  武蔵は57歳の時、細川忠利から客人として

熊本へ迎えられ、旧隈本城 “ 千葉城 ” で余生を送ったそうです。 







( 熊本城天守閣前広場から、古城のあった茶臼山東側一帯を臨む )

東側の眺め
東側は絶壁です

( 緩やかな城郭西側とは異なり、東側は断崖絶壁です )







4回に渡ってお届けして参りました まーりたんの熊本城登城記

お楽しみ頂けたでしょうか 改めてパンフレットで確認したところ、

今回探訪&ご紹介したルートは偶然にも “ 大手門コース ” でした。

熊本城正面玄関から登城する、所要時間90分のスタンダードコース 




東京ドーム21個分の広さを有する熊本城の見所はこの他にも

まだまだ沢山あり、有名な二様の石垣飯田丸五階櫓も見学する

所要時間120分の石垣コースや、城内に49あるという重要文化財

櫓群を巡る所要時間130分の櫓、石垣コースもあります。








( お城から出る時に撮影した頬当御門 ) 

頬当御門はんぶんだけど帰りは撮影成功

( 閉園時間直前で、甲冑姿のイケメン門衛さんはもういませんでした )






40歳を過ぎて突如、名城・熊本城に再登城 小6の修学旅行以来です。

学生時代はお城や日本史には興味薄弱だったのに、どういうわけか

今回は、まるで魔法にかけられた様に すっかり魅了されてしまいました

お城王子piglet01さんが仰るには 「 熊本城はそういうお城 」 との事

機会がありましたら皆様も是非、熊本城の魔力を体感されて下さい









( 再び、西大手櫓門をくぐり・・・ )

再び西大手門をくぐります
再び二の丸広場へ

( 右手に 西出丸を眺めつつ、西日に向かい木立の中を 二の丸広場へ )









復路、二の丸広場に立つ大木の傍に史跡らしきものを発見!

大木の前に史跡らしきもの発見

西南戦争にまつわるものかな? 

ウチのダンナさん登っちゃいました

ウチのダンナさん、樹と化した大木の根っこに登っちゃってます


他にも大木があちこちに

二の丸広場の大木たちは、きっと物知りなんだろうな~



 












「 ひごまる君、官兵衛君、まーりたんはキッチンに籠城中ニャのだ。

キッチンは主婦の本丸ニャのだ。 さぞ油断をしているに違いニャい 」

まーりたんはキッチンに籠城しているのだ

「 その隙を突いて、これより皆で奇襲攻撃をかけるのだニャ 」














「 イタズラをする度にまーりたんから小言を言われてはたまらニャい! 」

攻め込むチャンスは今ニャのだ!

「 驚いて腰を抜かせば、小言も少しは減るであろうからニャ 」














「 ではこれより突撃するニャ。 ひごまる君、官兵衛君、後に続くのだゾ 」

マンジ君、何を話してるんだろう

「 マンジ君はさっきから官兵衛君とひごまる君に何を話してるんだろう? 」














「 名軍師官兵衛くんと難攻不落のひごまる君がいれば天下無敵ニャ! 」

いざ討ち入りニャ~

「 敵はキッチンにありニャのだ! いざ討ち入りニャ~ 」















「 ニャ~!! 」

独りで攻め入るなんて

「 キッチンへ討ち入りだって? まーりたんさんは

換気扇やレンジまわりのお掃除で今、手が放せないんだよ、マンジ君 」













「 まーりたんさんが忙しい時に正面から単独でイタズラを仕掛けるなんて、

官兵衛くん、ひごまる君

無謀にもほどがあるよ ひごまる君と官兵衛君もそう思わないかい? 」










熊本城登城レポ、最終回までお付き合い下さりありがとうございました

関連記事

2011/06/09(木) 13:29 | コメント:12 | トラックバック:0 |
コメント

☆カーナ☆ありがとうございます♪

まーりたんさま、ご無沙汰していますv-352
我が故郷熊本の事をこんなに愛情込めて書いて頂き本当に嬉しく思いますe-420

しかし、実を言うと長年熊本に住んでいながら小学生くらいの時に行った郊外学習でしか登ってなく…二の丸広場にはしょっちゅう行ってたんですがv-390
通勤時には、バスで熊本城の下を毎日通っていたので、あの光景が大好きでした。
まーりたんさんのレポを読ませて頂き初めて知った事が沢山あり感無量です。
今度、じっくり時間をかけて行ってみよう!と思いました。
熊本は他にも素晴らしい所が沢山ありますので是非是非またお出かけくださいねっ♪
私は、すぐ近くの大牟田に住んでいますが
熊本へは、いつも実家と仕入れに行くだけでバタバタと帰っています…v-355
明日からまた雨になるようなので
どうぞお体ご自愛くださいませ…

まーりたん : ☆カーナ☆さんへ

☆カーナ☆さん、ようこそ♪
いつもご訪問下さり感謝していますe-446v-238 この度はお忙しい中、
熊本城レポをご覧頂き、また温かなコメントも残して下さり
心よりお礼申し上げますv-398 熊本城、素晴らしかったですe-349

私は不器用な上に凝り性みたいでe-351、見聞きしたり感じたことを
あれもこれも書こうv-237と欲張っていたら、時間が足りなくなりe-330
翌日v-278に持ち越したりしつつ、アップアップe-350しながらどうにか
書き上げましたv-411 喜んで頂けたご様子で私こそ感無量ですe-266

同じく私も地元のお城e-496 については知らない事ばかりでe-443
この歳になって気の向くままフラリと中津城→熊本城v-490 と巡って
みたところ衝撃波を受けた様にe-451面白くなってしまいましたe-454e-343 

この日はフードパルで腹ごしらえをしてから熊本城へ登城しましたv-410
ウチのダンナさん、桂花ラーメンv-373が大好きで、フードパル内にある
桂花ラーメンの工場見学もしたんですよv-411 帰りは林檎の樹に
寄ってv-378、究極のメロンパンをお土産に買いましたe-266

次回熊本へ行く際は、☆カーナ☆さんのブログe-337e-420で大牟田情報を
しっかりチェックしてから参りたいと思いますe-271 ブログの
コメント欄の方へも是非また、ゆっくりと伺わせて頂きますv-410

今日の大分市は梅雨の晴れ間で洗濯日和でしたv-278
明日からは暫くぐずつくそうですねv-279
お気遣い、ありがとうございますv-421v-238
☆カーナ☆さんもどうぞ、ご自愛くださいませv-398

なかよし熊本城

精細な 説明で 昨年行った 時の 事を  思い出しています・・・。
写真が そんなに 撮影してませんでしたので・・・・ ま~りたんさんの 写真付き説明で 懐かしんで おります・・・。
有難う御座います。
マンジ君に 家来!?が 出来たんですねー・・・。
こりゃーたいへんだー・・・・。

まーりたん : なかよしさんへ

なかよしさん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238
熊本城レポv-490、最終回までお付き合い頂き恐縮ですv-421e-343

なかよしさんが昨年登城された際はe-496、今回ご紹介させて頂いた
基本コースの他にも色々と見学されたのでしょうかv-410v-236
懐かしんで頂けたご様子で嬉しいですv-398 

マンジ君v-286は何だかすっかり武将気分で、
官兵衛くんとひごまる君を家来にした気になってますがe-351

マンジ君、後ろを振り返ってごらんなさいv-403e-276
官兵衛君もひごまる君もマンジ君の家来になる気は
まるで無いみたいよv-411

香奈子 : ありがとうございました!

こんにちは(^^)d
いつもに増して、今回の熊本城の全てのレポートは素晴らしかったです!!
まーりたんさんが熊本城の魅力にドップリとはまったのが伝わり
私も伝染してしまいました~(^o^)/
大阪城は何度か行ってますが好きになれなかったけど、何だか行ってみようかと
本気で思ってます!!

しかし熊本城は圧巻でした!いつか行ってみたいです!

☆カーナ☆さんと、よくメールしあっているのに、“熊本”のことを
あまり話題にならなかったから彼女が熊本出身だと忘れてたわ~
彼女もまーりたんさんのレポートに感動したみたいですね☆
素敵なレポートをありがとうございました♪

miumiu美雨 : ニセガラシャとひごまる君最高❤

まーりたんさん、先だっては拙ブログに素晴らしいコメントをありがとうございました。こんなに有名で人気があるブロガーさんなのに、お忙しい中リコメントくださるなんて、なんて優しいかたなのだろうとまーりたんさんのお人柄が偲ばれます。(涙)ニセガラシャとひごまる君、すごーくかわいいです(#^.^#)

宇土城の宇土櫓の大きさ・・・というか全てにおいてグレートで、清正の権力といかにお上と領民たちに信頼されていたかが、まーりたんさんの文面から読みとれました。
昨日の屏風の記事では政府にふたごころあったかもしれない側面も感じましたが清正は策士ですよね朝鮮兵役の三つ矛、すごくリアルです。本物!?ひとつ欠けているところがまた、感動しますネ。ロマンです。

ひごまるくんメチャかわいいです~~(悲鳴)でも、ニセガラシャ??の後ろに立つお姉さんももっと可愛いです~~!!(^_-)-☆☆かわいいお二人を応援

kainohidesan楽しませて頂きました。

こんばんは。
熊本城登城記、良かったです。毎回読むたびにその規模に驚くばかりでした。あれだけ詳しく解説され、遠い地にあるお城ですが、現地に行って居るように勉強になりました。
何時の日か、私も訪れたく思います。
まーりたんさん、ブログでの紹介お疲れ様でした。 最後に、マンジ君の兜、似合ってました。

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238
熊本城レポv-490、最終回までお付き合い頂きありがとうございましたv-421e-343

香奈子さんから、そして香奈子さんの大切なお友達であり、
プリフラのお師匠(ですよねv-410v-236)☆カーナ☆さんからも
身に余る嬉しいお言葉を沢山頂いてe-415、稚拙ながら今回
記事にして本当に良かったなぁv-398 と幸せ気分に包まれてますe-266
こちらこそ、心よりお礼申し上げますe-414

ええっe-451e-330香奈子さんもお城病に感染をv-236
それはおめでとうございますv-314ようこそお城病棟へe-287e-376e-420
(人聞き悪~v-411

熊本は☆カーナ☆さんの御膝元ですし、
香奈子さんの熊本城v-490 登城の日はそう遠くないかもe-454e-343

大阪城e-496は遠くから眺めたことしかないのですがe-317
梅園もあって、春は梅の名所でもあるんですよねv-410
高層ビルv-482 で囲まれた大都会の真ん中に飄々と建つ姿e-496
個人的には何だかロックe-292なイメージですe-266

聞くところでは好きな方、嫌いな方がはっきり別れる
お城みたいですねe-496 かなり個性的なのかなe-3
来年は義叔母の法事で大阪に行くと思うのでe-379
今度こそは大阪城へ登城しなきゃe-454e-343

まーりたん : miumiu美雨さんへ

miumiu美雨さん、ようこそ♪
いつもご訪問、そして温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

宇土櫓は美雨さんの仰る通り、天守閣e-496としても充分な規模なのに、
櫓なんですよね~e-330 熊本城の姿はv-490、ガテン系であり策士でも
あった清正のイメージそのものだなあe-349なんて事も感じましたヨv-410e-343

秀吉v-14を心から慕い、忠誠を尽くしていたと言われる清正も、
秀吉の側近で理論派v-236の石田光成は気に食わなかったみたいでe-455
その確執から関ヶ原では東軍についてしまったようですe-351
かといって豊臣を裏切った訳ではなく、徳川との和睦に
奔走するんですがv-355、志半ばで亡くなってしまうんですよねe-263

片鎌槍e-267、片方の刃が折れても捨てずに使い続けるなんて、
清正はエコな人だったんでしょうかねv-411 一方ではそれを
トレードマークにしちゃうユーモアもあってe-451 凄いですねe-454

ひごまる君v-490、美雨さんのツボでしたかv-410v-236 天守閣前の広場で
ひごまる君を発見した時e-317v-21は思わず駈け寄り 「 お~ヨシヨシe-266 」 と
ムツゴロウさん風に?ナデナデしてしまいましたv-411

ウチのダンナさんは、ニセ細川忠興になる選択肢も
あったでしょうにe-351、自分から進んで細川ガラシャv-335のほうに
お顔をはめ込み、ニセガラシャとなりましたv-411 

昨日は美雨さんの韓国旅行記を拝見させて頂き、
感心しきりでしたe-330あれほどの記事を仕上げられるまでには、
きっと情報収集や構想も含め、かなりのお時間を費やされて
いらっしゃるんでしょうねe-446韓国のお城e-497や龍v-531をモチーフにした
電車なども凄く新鮮でしたe-266フエラムネ、ウケましたv-411v-426
またゆっくりと伺って拝見させて頂きますねe-343
美雨さん、こちらこそありがとうございますv-421v-238

まーりたん : kainohidesan さんへ

kainohidesan さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

熊本城登城記v-490、稚拙なご紹介ではありましたが
楽しんで頂けたご様子で光栄ですv-398 大変嬉しく励みになる
お言葉を頂き、こちらこそ心よりお礼申し上げますv-421v-238 

熊本城v-490 には今回ご紹介したポイント以外にも見所が多くe-317e-266
その歴史もまた壮大でしたe-330清正が熊本城v-490 を築く以前の
古城時代には、豪族や武将達のすったもんだエピソードがありv-87
大分の大友宗麟も絡んでましたe-257 それも “ 古城歴代城主
すったもんだ編v-411 ” としてご紹介したかったぐらいですe-343

これまで熊本城v-490 は加藤清正から始まったと思い込んで
いたのですが、熊本城は新城v-353で、その前身にも長~い歴史と
歴代城主v-20 がいた事を今回、熊本城へ足を運び、天守閣内の
展示資料を読んでe-317、初めて知った次第ですv-410

山梨からは少々遠いかもしれませんが、kainohidesan さんも
機会がございましたら是非、熊本城v-490 へ登城されてみて下さいe-287e-266
まさに圧巻のお城ですe-454

マンジ君v-286は何やらすっかり武将気取りですがe-351
早くも家来達?からそっぽを向かれているようですv-411
マンジ君v-286のチラシ製合子形兜?姿、褒めて頂き恐縮ですv-421v-238

ぱと :

すごいですね~!!私も熊本城には、是非行ってみたくなりました!!
それにしても、これだけ充実した内容で「基本コース」なんですか!!??すごいですね~

記事を拝見して思い出したのですが、私が「見ごたえあるなぁ」と思ったのは、二条城です~
規模も大きいし、見ごたえあります!!
って、あまり歴史背景等々詳しく知らないし、まーりたんさんにレポして戴きたいなぁ~(^^ゞなんて・・

まーりたん : ぱとさんへ

ぱとさん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

熊本城レポv-490、最終回までお付き合い下さり恐縮ですv-421v-238
そうなんですよ~e-330今回ご紹介したコースは基本コースで、
他にもまだまだ見所があるんですe-266 私もびっくりですe-451

京都の二条城、確か大昔 ( 小学校低学年の頃だったかなv-236 ) 、
いつもの関西汽船e-379の団体ツアーで行った憶えがありますよv-410
天下の徳川家にゆかりある名城e-420なのに、当時はガイドさんの
説明もうわの空で、鴬張りの廊下を歩いてキャッキャe-266
面白がっていた記憶しか残っていませんe-351

今度京都へ行く時はe-412、二条城見学が組み込まれたコースを
探してみますe-343さすがに40歳を過ぎた今ならばっe-330
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。