プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

名島城址を後にしたまーりたん一行は、次の目的地 立花山へ向け

ただいま福岡市東区を北上中です ここは東区唐原一丁目にある

JR鹿児島本線 九産大前駅(きゅうさんだいまええき)。 

九産大前駅

なのに、道路を隔て斜向いのファミリーマートは九産大駅前店

ファミマ九産大駅前店

ん?JR九産大前駅の前にあるから九産大前駅前店ではないの

あ、そっか 『  』 が二つも付いちゃ、ややこしや~だもんネ

などと、どーでも良かれな事を巡らせつつ九州産業大学方面へ右折








福岡県糟屋( かすや )郡 新宮( しんぐう )町に入りました

立花山の中腹に位置する明治6年創立の 新宮町立 立花小学校 

新宮町立・立花小学校

標高367mの立花山は新宮町、久山町、福岡市東区にまたがり

山頂には中世、豊後府内( 大分県大分市 )を拠点に九州6か国

( 豊前、豊後、筑後、筑前、肥前、肥後 )を治めていた大友宗麟

代表される大友氏6代貞宗の次男 大友貞載が1330年に築城した

立花城跡があります  歴代城主の中でも有名なのは大友家重臣 

立花道雪( たちばなどうせつ ) = 戸次鑑連( べっきあきつら )。

立花城古地図(新宮町)
( 立花城古地図・画像は新宮町のホームページより )




永禄期、旧領地継承を理由に広島の戦国大名・毛利元就が九州へ侵攻

反大友の豪族らと手を組んで合戦となり、立花道雪( 戸次鑑連 )さんら

豊州三老と呼ばれる大友氏の重臣たちが活躍し、毛利軍を撃退。

その武功を讃え、宗麟は立花道雪さんを、博多湾を見下ろす筑前一の要城、

立花城督に任命したのでした 戦国時代は日々こうした領地の

切り取り合戦の連続 宗麟公が心の安らぎを求め、

フランシスコ=ザビエルの言葉にウットリしたのも解る気がします









立花山 登山口近くの立花酒店 ここら辺はやはり立花姓が多い

立花酒店

立花道雪は宗麟と共に出家の折、名を 鑑連から 道雪 へ。 

立花城督を任されると同時に、宗麟から立花姓を許されてます







実の父親から廃嫡を企てられた宗麟を支え、大友家に謀反を起こした家臣を

討ち、宗麟に21代目家督を継がせ厳しく教育更に周防大内氏の弔い合戦と

銘打ち、毛利氏・龍造寺氏と戦い、 宗麟に付き合って出家まで

大友氏の義烈な重臣で、名将としても名高く、宗麟にとっては間違いなく

肉親以上の存在だっただろう道雪さんも1585年、73歳で病没します






道雪さんは死の間際においても忠実で 「 我が躯に鎧を着せ、

島津に首(こうべ)を向け埋葬せよ
 」 と家臣に命令 


「 島津に勝つ為には、羽柴秀吉に援軍を頼む

しかありません
 」 と 宗麟にアドバイスしたのも道雪さんらしい...。 


史跡文化財・梅岳寺

立花山登山口に建つ曹洞宗 立花山 梅岳寺(ばいがくじ)

創立は1385年、室町幕府の三代将軍・足利義満の時代。

立花道雪は このお寺で、母親と一緒に眠っています

梅岳寺


九州征伐の際、秀吉が豊後( 大分県 )へ派遣した先発隊を活かせず、

島津軍に本拠地の府内( 大分市 )まで侵攻を許した大友氏は宗麟の没後、

22代義統の代で改易となりますが、対照的に大友氏重臣・立花家は

道雪の娘( ぎん千代 )の婿・立花宗茂( たちばなむねしげ )が立花城にて

島津軍に応戦、撃退したために、大友氏から独立した大名に取り立てられ、

筑後十三万石のお殿様として柳川城へ栄転 立花城には秀吉さんの

お気に入り大名・小早川隆景が入城、名島城へ移る迄の居城とします 

ようこそ立花山へ

しかし関ヶ原では、秀吉さんへの恩義から立花宗茂は西軍に付きます。 

京極高次の大津城攻めに時間をとられ本戦に臨めず、柳川城へ戻り籠城

東軍・佐賀の鍋島氏に攻められる中、黒田官兵衛加藤清正の説得工作で

宗茂は命を落とす事無く開城降伏。 官兵衛くんも清正公も、だからスキ





しかも、立花宗茂は後に家康さんからその器量を買われ、若干23歳で

天下無双の大将として太鼓判を押された上、柳川城主に返り咲くという

なんともラッキーというか、ご加護ある生涯を送った方の様です 

大友氏についても官兵衛くんが宗麟の孫・義乗をサポートし、徳川家の

大臣旗本に推した事で、改易はされたけど名門の名は遺せたんですネ 











立花道雪が出陣前に必ず参拝したという六所宮( ろくしょぐう )

六所宮鳥居

筑前風土記による由来は太古、伊邪那岐命の禊祓いによるもので、

神代の昔から天照大神が鎮座していたそうです

のち、春日大神、熱田大神、賀茂大神、宇賀大神、貴船大神等近くの

産土神をあわせ祀り、六所大権現と称されるようになったとか。








大きな鳥居をふたつ潜って、石段を上がった所に拝殿があります

六所宮拝殿


拝殿の後ろには更に急こう配の長い階段があり、その上が神殿。

すでに神殿にお参りを済ませ、階段を降りていく家族連れをパチリ

階段を降りて行く家族連れ

う~、目眩がしそう










小ぶりながら気品漂う六所宮の神殿です

六所神社神殿

立花道雪さんが信仰した六所宮の神様、初めまして。 こんにちは

私は大友宗麟公と同じ 府内( 大分市 )生まれで

黒田官兵衛くんがお城を築いた福岡県と大分県の県境 豊前国

( 中津市 )で育った者です  ・・・とアピールしつつ、ご挨拶

ここまで無事に導いて下さってありがとうございます








福岡城  名島城  立花城 と、関ヶ原後の

慶長時代から中世へ時間を遡りながら、大分県と繋がりの深い

先人の方々が築城されたお城や史蹟レポを、稚拙ではありますが

連載でご紹介させて頂きました 楽しんで頂けましたでしょうか 



このあとは福岡市内へ戻り、ヤフードームや福岡タワーのある百地

( ももち )海浜公園
を散策して、JR博多シティへ向かいました











おまけのご紹介です

先日、ウチのダンナさんが明野アクロスの紀伊國屋書店で

仕入れてきた古書 『 記録写真集 二豊今昔 』 

いま、古書フェアやってるみたいです

記録写真集・二豊今昔

これによると、大分市の鶴崎踊りの始まりは、なーんと

立花道雪さんから。 1530年の永禄時代、大友宗麟の為に

道雪さんが京都から舞妓さんを呼んで踊らせたのが始まりだそうです 

さすが宗麟公は御曹司戦国大名だわ~







●参考 : 双葉社 格付け戦国100大名 ・ ウィキペディア立花山城

    新宮町、立花小学校ホームページ ・ 現地解説板

    別府郷土史文化研究会発行 志多摩一夫著 二豊今昔









本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

関連記事

2012/02/01(水) 17:10 | コメント:13 | トラックバック:0 |
コメント

piglet01 :

こんばんは、

明日、立花城の記事を紹介しようと思いましたら、
先に紹介して戴いていました。☆

明日、九州の戦国ブロガーさんを紹介させてくださいね。

まーりたん : piglet01さんへ

piglet01さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

お忙しい中、立花山の記事をご覧下さり
心より感謝申し上げますv-421e-414 立花山は登山口から
少し登った博多地鶏の養鶏場e-78辺りまでは行ったもののv-540
山頂の城跡を見学する時間が無くe-330、泣きながらの撤退でしたe-259
なので立花城e-496についての記述も、凄く楽しみにしてますe-349v-345
piglet01さんの立花一族の記事e-420、感無量で拝見してますv-398

香奈子 :

おはようございます(*^^*)
深い所までの説明を、まーりたんさんらしく軽快に伝えて下さるから
す~っと頭に入って来て、そればかりか当時を自分なりに
想像しています!

戦国時代・・・決して生き易くはなく、誰が生き残るのか
分からない乱世の時代。
そんな時代でも己とは?と考え問いながら生きた
宗麟公が人間的に魅力のある方というのは、まーりたんさんの
レポートで初めて感じることができました!
魅力的な人の周りには同じ位、魅力的な人が居るものですね!
道雪様もあっぱれな方ですね。

分かりやすく、情熱を込めて届けて下さり、
ありがとうございました☆

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

他の戦国大名さん達に比べると、宗麟公は育ちが良すぎたのかも
しれません...e-351 けれど時代的にはマイナスに作用した純粋さe-420
不器用さもまた、香奈子さんが仰って下さる通り、宗麟公の
人間的な魅力に違いなくe-349、だからこそ官兵衛くんや道雪さん
など、心ある人達を動かしたのかなぁv-398 とも思いますe-343

宗麟さんや官兵衛くん絡みの戦国記事はe-496、私のオツムの
出来に合わせ、からあげレポe-78の様に単純明快を心がけては
いるんですが ( からあげも戦国大名も同じ扱いv-411e-3 )、
回を重ねる毎に白熱e-269&マニアック度が加速してくよーなi-282
まぁ、言わずもかなのパターンですi-278 香奈子さん、
毎回お付き合い下さり、こちらこそ心より感謝していますv-410e-414

大分ナシカ : こんにちは

まーりたんさん(#^.^#)

いつも読み応えのある記事を有難う御座います。

高校生に戻ったような気分で拝見させて頂いてます(オヤジだけど)

なんか歴史にすごく詳しくなって嬉しいです。

どこの紀伊国屋書店ですか?うちの近くです(笑)

全ポチ★

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
いつも温かいコメント、応援をありがとうございますe-446v-238

大分ナシカさん、私のほうこそエスカレートが止まらない
マニアック記事i-282にもお付き合い頂き、心より感謝してますv-421e-414

些細なきっかけで地元史にどっぷりハマってしまいましてe-349
まさに高校時代に戻った気分で日々爆勉e-3してますv-411
あ、いえ高校時代は日本史には全く興味が湧かなかったっけv-394
「 テストの為に勉強するe-149 」という呪縛から解放されたからかもi-278
歳も歳なので、この先ボケ防止にも役立ちそうですv-510v-426

大分ナシカさんは、そうですかe-343東大分方面なんですねv-392
護国神社からの眺めは良いですよネv-398 坂ノ市あたりには謎多き
亀塚古墳もあるじゃないですかe-451 真名野長者と関係がありそうで
一度みっちりレポしたいナと思ってるんですv-10

けい : 引越してきました

すっごいディープな戦国の記事ですね!
大好きさが伝わってきました

先日はぎんた日記にコメントをありがとうございました
本格的にFC2に引っ越してまいりました
どうぞよろしくお願いします
応援ぽち♪しときまーす
コメント無理しないでいいですからね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : けいさんへ

けいさん、ようこそ♪
いつも温かいコメントを頂き、心より感謝していますe-446v-238

FC2へお引越しを済まされたとの事v-10
おめでとうございますv-314e-420 ( ・・・で良いのかなv-410e-3 )
こちらこそ今後ともどうぞ宜しくお願い致しますv-398e-414

ご承知の通り、私はどーも時間のやりくりが下手な様でe-351
「 時間が足りんe-259e-2 」 と、日々半ベソかきつつ
ドタバタ過ごしておりましてe-330
興味を持ったモノに のめり込み過ぎるからですよねv-411
お恥ずかしい限りですi-282
丁寧なご挨拶、お気遣いを頂き恐縮ですv-421e-414

ぬいぐるみのとらじくんe-251も愛らしくて胸キュンですe-349
また是非ゆっくりとコメント欄へもお邪魔させて頂きますネe-343
応援、ありがとうございますv-410e-414

はぎ :

まーりたんさんこんばんは。

毎回詳しいところまで調べて記事にしていますね。
読んでいる方も中々面白く興味深いです。

戦国時代は大河ドラマでおなじみなのですが
大変な時代ですよね。
ドラマだけでなく関連の書籍など読んでもそう思います。
調べると自分の地域にも色々有名な武将などがいるかもしれませんね~(^-^

まーりたん : はぎさんへ

はぎさん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

記事を楽しんで下さっているご様子で凄く嬉しいですe-349e-266

はぎさんの仰る通り、戦国時代e-496は戦の当事者である武将さん達も
彼らをとりまく方々にとっても大変な時代だったと思いますv-393 が、
それだけにドラマなんですよねv-410 少しずつでも勉強を続けて
どんな武将さんが、どのような思いで戦国時代を生きていたかe-248
また、誰もが知っている形ある物や功績e-354は残せなかったけど
きらきらした素晴しいものe-420を残された先人さんの事などを、
史実を基にv-87許される範囲で魅力的にご紹介していければなぁv-398
なんて思っていますe-343 それでも今のところは地元ゆかりの
武将さんを2、3名アップアップe-330しながらやっと勉強している
レベルなんですけどネv-411 はぎさんの御膝元にもきっと
素晴しい戦国武将さんv-353がいらっしゃったのではe-3と思いますv-410

Ayana' : こんばんは❤

まーりたんさん、こんばんはv-238v-352
春も近いと思わせるようになりましたがe-235
お変わりありませんかv-398

今日は『秀吉と淀君も滞在「名島城」v-490』からの
3記事へお伺いさせて頂いていますe-415

これからまーりたんさんは名島城を求めv-267、地図を片手に
その在りかをお探しになられるのですねv-87i-80
さすがインディーまーりたんさんe-328

城山道を登り切った先に見える台地e-420
これが探し求めていらっしゃった名島城なのですねv-10

何とv-123月15日までは整備工事中v-70とのこと、
ますます黄金の在りかのように感じますv-257e-267
工事中でも本丸跡をご覧になられて本当に良かったですねe-328

整備終了まであと僅かv-352
整備後の様子が私も大変楽しみですv-266

2つ目の記事、『プレミアムロールニャのだv-274

わぁ~e-460 凄く美味しそうe-446
こちらがプレミアムロールの全貌e-267なのですねe-287
ピンク色に染まったスポンジ生地e-419の中に大きな
イチゴが詰まっていてe-243、見た目も凄く可愛いですe-266

こんなにクオリティーの高いケーキv-352が160円で
購入する事が出来るだなんてv-398e-290
これはすぐにでもチェックe-132しなくちゃe-271

最近はコンビニスイーツも変化を遂げv-101、たくさんの
種類のものが販売されていますよねi-175
足を運ぶ楽しみが増えて凄く嬉しいですv-398

マンジ君もこだぬき君も、美味しいケーキv-271
召し上がられて幸せですねe-328
お二人とも、美味しいお知らせをありがとうe-343

最後に伺った『大友氏重臣・立花道雪ゆかりの地へe-496』では、
立花山についてご紹介をして頂けるのですか~v-10 
凄く楽しみですv-345

登山口近くにある酒店さんv-305も大変ノスタルジックな
雰囲気で、この地の趣を感じましたv-351
お店のお名前も立花さんe-420e-420
何かゆかりがあるのかなぁe-446

道雪が死の間際に放った言葉、『我が躯に鎧を着せ、島津に首を向け
埋葬せよv-295』も凄くカッコイイv-345
宗麟公へ対する忠実な様子が窺えましたv-344

道雪が出陣前に必ず参拝v-421された六所宮も立派だなぁe-415
ご神殿を囲む木々たちi-260もエネルギーや魂e-267
持っているかの如く澄んで見えますe-317

『二豊今昔』の古書もお手にされて素敵e-460i-80
これからもたくさんのご知識を綴って頂ければ幸せですv-398

まーりたんさん、今回も勉強になる記事の数々e-76を届けて
下さりありがとうございますe-328

大変お手の込んだ記事を綴って下さるまーりたんさんi-175v-352
とっても尊敬していますv-10

次回もまた楽しみにしていますねe-415

まーりたん : Ayana’さんへ

Ayana’さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントを頂き、心より感謝していますe-446v-238
今日の大分は朝方までは台風みたいな雨が降ってたんですがv-279
いまは晴れ間がさしてv-278、おまけにとっても暖かいですヨv-398
梅の花も一気に開花しそうですe-418

今回もお忙しい中、過去記事を遡ってご覧下さり恐縮ですv-421
お返事が遅くなってしまい、申し訳ありませんv-393i-201

大好きな黒田官兵衛くん親子の福岡城v-490 見学を満喫した後は、
福岡城が竣工するまで黒田くん親子が居城にしていたという
名島城e-496、さらには名島城が竣工すると同時に廃城となった
立花城e-496と、時代を遡りながら地図を片手に訪ねて来ましたv-540e-266

名島城は、豊臣秀吉さんがお気に入りのバカンスキャッスルe-255
でもあったようですe-454 今回は生憎、整備のための工事中e-368
城郭内には入れて貰えませんでしたe-443 私が宗麟公の記事を
書く度に、秀吉さんが悪役e-277みたいになっちゃってるので、
ご機嫌を損ねたのかもv-411 太閤秀吉さん、ゴメンネv-392e-328

立花城e-496は、かつては大友家の重臣を代表する立花道雪さんの
お城でもあったのでe-349、実は一番楽しみにしてましたv-345
中世の山城でv-281今は山頂に石垣など僅かな遺構が残っている
だけですが、深い愛e-414でもって宗麟に仕えた素晴らしい重臣v-353
道雪さんの面影を感じようと、妖怪アンテナ?を張り巡らせましたe-210e-266
六所宮にもお参りできて大満足ですe-454

ウチのダンナさんが紀伊国屋書店の古書フェアe-147で仕入れてきた
記念写真集e-94『 二豊今昔 』。 この中にも宗麟や道雪さん、
黒田如水の名前が何度も出てきますe-343 相方からこれ見よがしに
「 いい買い物をしたやろ~v-391 」と、何度も言われますe-351 

Ayana’さんから『 インディー・まーりたんv-267 』さんと
呼んで頂き、嬉しさのあまりニヤケている私です(怪しいi-282e-257
最近は地元の歴史記事e-412にばかりお付き合いさせてしまって
すみませんv-421 なぜ、ここまで地元史にハマってしまったのかv-361
先日ふと思い考えてみたらv-21亡くなった父の晩年の趣味が
歴史探訪だった事に辿りつきましたe-451 イタズラ好きだった
父の事、代わりに私に地元史レポv-540i-201をさせて楽しんでるな、とe-444
私も楽しいので、父の気が済むまで付き合ってあげようかなe-348e-343

ローソンのプレミアムロールv-380、かなり以前からメディア等e-288
紹介されているのを見かけていながら、ようやくゲットですe-330
コンビニスイーツは手頃な上に美味しくて、あなどれませんねv-410e-266

毎度長い記事e-395にも関わらず、丁寧にご覧下さり恐縮ですv-398
本当に励みになりますe-271e-454心より感謝申し上げますe-414

次回も楽しみにして下さりありがとうございますv-398
また、お手の空いた時にでも、どうぞごゆっくりと
お楽しみ下さいませe-287e-415いつでも心よりお待ちしていますe-446
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。