プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


鶴崎方面へ延びる国道197号線を隔て、府内城東丸着到櫓

南に位置する遊歩公園。 大分県庁の新、本館に隣接しています

府内城(近世の府内町)から中世の府内への入口です

約400メートルに及ぶ南北に長いプロムナードの両脇は、かつての

豊後国主 大友宗麟公が奨励した事により キリスト教や西洋文化が

開花し1614年から始まったとされる豊後におけるキリシタン弾圧に

よって摘み取られるまで、国際都市として栄えた中世府内を偲ばせる

モニュメント群で彩られています また、遊歩公園の出口は 中世

大友時代の府内( 古国府 )へ通じる国道10号線に接しているので、

慶長時代から始まった府内城や大分県庁の建つ ココ近世の府内と、

中世府内とを繋ぐタイムトンネル なんて勝手に呼んでみたりして














タイムトンネルの入口で迎えて下さるのは、やっぱりこの方でしょ

中世の府内も大友宗麟公も、このパードレ( ポルトガル語で神父 )さん

なしには語れません。 背後の壁には彼の宣教路も描かれています 

聖フランシスコザビエル像

イスパニア( スペイン )貴族のご出身で、19歳の時に聖職者を志し

パリ大学へ入学 1534年にはイエズス会を結成

( 大昔に授業で習ったよーな・・・ナツカシイ ) インド、スリランカなど

アジア各地で宣教活動をし、日本( 鹿児島 )への初上陸は1549年。 

その後は平戸、博多経由で山口へ。 大友宗麟により大分( 府内 )へ

招かれたのは1551年9月。 このパードレさんは1506年生まれだから

1530年生まれの宗麟公よりも ふたまわり上。 家督を継いだばかりの

当時21歳の宗麟公と出会ったときは、え~っと・・・45歳ですね

  


えっ、写真が小さくてお顔がよく見えない




では、お正月ドラマ 『 大友宗麟物語~心の王国を求めて 』 で

宗麟公をノックアウトした名ゼリフと共に、お名前もご一緒にどうぞ






「 私を呼んだのは南蛮との交易の為ですか それとも心の救いを

求めての事ですか 戦は憎しみの連鎖を生むだけで

何の解決にもなりません。 罪とは愛の無きこと。

汝、殺すなかれ、奪うなかれ、騙すなかれ。

人の為に身を尽くし、心を尽くす事こそが愛です
 」  

ザビエルさんアップ
聖フランシスコザビエル像(タイトル)

そう、この方は 心に幼少期の深い傷を抱えたまま動乱の中で

家督を継ぎ、安らぎや真実の愛を求めながらも愛し方が分からず

国を護るための戦に明け暮れていた若き宗麟公に真実の愛を説いた

フランシスコ=ザビエル神父の像でした







ふだんは通勤通学で慌ただしく遊歩公園を通り過ぎる方々が多い中、

それに寒いしネ、立ち止まって台に刻まれた解説まで熟読する人

( まーりたんぐらいですな、そんな ) は、そうそう居ないんじゃ

ないかなと思いまして、各モニュメントの解説も撮影してきました

お時間のある方は暖かい場所で、どうぞごゆっくりとお愉しみ下さい

聖フランシスコザビエル像(説明1)
聖フランシスコザビエル像(説明2)

解説文章中にある 『 コレデオ 』 とはカレッジ、学校のことです

『 上田保 』 氏は、高崎山の猿寄せの発案者でもあり、大分市の

観光や発展に並々ならぬ力を注がれ、空襲で被災した大分を僅か5年で

復興させた、という偉業も成し遂げた伝説の歴代大分市長さんです











西洋音楽発祥記念碑 

西洋音楽発祥記念碑(大分県庁新館脇)
西洋音楽発祥記念碑(タイトル)
西洋音楽発祥記念碑(説明1)
西洋音楽発祥記念碑(説明2)

クリスマスや復活祭などの祝日には、教会でヴィオラなどの弦楽器や

オルガンの演奏、聖歌の合唱、聖書から題材をとった劇の上演など

様々な儀式が行われていたそうです こうして府内の人々の間に

西洋文化が広って行き、とくに西洋音楽 “ ムジカ ” の厳かで

美しい調べは 大友宗麟公の心を魅了し、深く癒したようです







西洋演劇発祥記念碑

西洋劇発祥記念碑
西洋劇発祥記念碑・説明

この解説板には身長156センチの中年主婦が写り込んでいる模様









西洋医術発祥記念像

西洋医術発祥記念像
西洋医術発祥記念像
西洋医術発祥記念像(説明1)
西洋医術発祥記念像(説明2)

病院や育児院といった社会福祉施設の建設、治療については、

裕福な貿易商人でもあった青年医師アルメイダが大いに活躍

生活苦ゆえに乳幼児を手放す親たちを見て心を痛め、私費で育児院を

設立 旧教会跡に建てられた病院は、ハンセン病患者とその他の

病気用に二分して使われ、更にその他の病気は外科と内科に区分。

アルメイダ医師が大分で行った日本初の外科治療( 西洋医術 )

は大変な評判になり、京都や堺から訪れる患者さんもいたそうです。

育児院と牛乳の記念碑

育児院と牛乳の記念碑






さて、過去記事でもすでに何度か書かせて頂いてますが、

大分の礎を築いたキリシタン大名 大友宗麟公の生い立ちと、

フランシスコ=ザビエルさんとの運命的な出会いなどについて少し





1196年鎌倉幕府より豊後国の守護( 軍事、警察権を持つ武士 )を

任命された初代 大友能直( よしなお )に始まる九州きっての名門、

大友家の御曹司として生まれながら、不遇な少年期を過ごす事になる

宗麟=義鎮( よししげ )。 まずは幼少期に最愛の母親を失います 





宗麟の母は周防( 山口県 )大内家の娘だった事から、宗麟の実父

大友氏20代義鑑( よしあき )は、妻の死を機にかつて小競り合いの

あった大内家を遠ざけるべく後妻と共謀、大内の血を引く宗麟廃嫡を画策。





が、廃嫡計画に反対した家臣により宗麟の実父は暗殺され、混乱のなか

宗麟が大友氏21代目を継承。 結婚もしますが、妻は大友家重臣トップへの

出世を目的とする兄を持つ奈多八幡の姫。 つまりは政略結婚で、少年期に

癒えない傷を負わされ、渇ききった宗麟の心を潤すものではなかった様です 

宗麟がフランシスコ=ザビエルと出会ったのは、まさにこのタイミングでした 





宗麟がキリスト教に心酔した事で結果的、現実的には豊後国さえ失い、

多くの犠牲も出してしまうわけですが、府内( 大分市 )を訪れた翌年

次の布教先で病没したザビエルの遺志を継いだかの様に、そして深い

心の傷も原因とみられる粗暴な行い( 傷つけられた心は

図らずも多くの犠牲を求めてしまうもの
だから

自分の心も他人の心も、むやみに傷つけちゃ

絶対ダメ
と、まーりたんは思ってます を償うかの様に

宗麟公は領民のため、大友家家臣のため、擁護するキリシタンの為に

晩年まで献身的に尽くし、数々の功績も遺します。 そして57歳の時、

津久見の教会で、神父さんに看取られながら静かにこの世を去ります

 








大友宗麟の名代として、ローマ教皇のもとへ派遣された

宗麟の姪の子 伊東ドン・マンショの像。 

伊藤マンショ像
伊藤マンショ像(タイトル)
伊藤マンショ像(説明1)
伊藤マンショ像(説明2)

“ 宣教のための援助依頼と、ヨーロッパにおけるキリスト教の世界を

体験学習させ、帰国後その素晴らしさを派遣した少年達自らが語る事で

一層の布教に役立てたい ” というミッションを、マンショ君ら

遂行するために頑張ります しかし苦難を乗り越え ようやく長崎へ

帰り着いたのは、秀吉をキリシタン弾圧へと駆り立てた1596年の

サンフェリペス号事件の後
。 宗麟も既に他界していました







大分市の遊歩公園には中世大友時代の府内に纏わるモニュメントの

他にも、滝廉太郎終焉の地に因む廉太郎像や、地元出身の彫刻家が

手がけた像も設置されてます。 また、いずれ機会があればご紹介を

させて頂きたいと思います







今回ご紹介したモニュメントの説明は先月、大友氏遺跡体験学習館

訪れた際に頂いた資料、歴史教室入門編 『 ザビエルが残したもの 

~ 府内とキリスト教・西洋文化
 』 を 参考にしています。 

また、資料は次のような素敵な後書きで まとめられていました





『 中世府内を彩ったキリスト教・西洋文化という花々は、その後の

キリシタン弾圧によって無残に摘み取られたかのように思われますが

僅か2ヶ月間の府内滞在の間にザビエルが蒔いた種は、様々な形で

現在まで残されています。 それはキリシタンの遺物と直接的な

繋がりを持つものから、間接的な繋がりを持つもの、または形のない

目に見えないものまで・・・。 450年の歴史に想いを馳せながら

自分の身近に隠れている “ ザビエルが残したもの ” 

を、探してみるのも面白いのではないでしょうか 』










本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます
関連記事

2012/02/22(水) 18:47 | コメント:9 | トラックバック:0 |
コメント

香奈子 : 思い描いて・・・

こんばんは(*^^*)
今回も又、素晴らしい記事をありがとうございました。
なぜでしょうか不思議ですね、モニュメントやそこに書かれた言葉を読ませて頂き
まーりたんさんの説明と合わせて読み進めていくうちに、何だか懐かしい様な、、、
そして少し切なくなる様な・・・決して宗麟公の身の上だけでそう感じたのではなく
その頃の人達の懸命に生きた証を感じ、どこかで日本人の血の中に同じものが
流れているんだと感じたからなのか・・・
気づいたら、少し目に潤むものが浮かんで来てビックリ!
きっと誰かを感じたんだと思います。

まーりたんさんに、自分の生きた証を伝えて貰った方々が、きっと喜んでいるのは間違いないです!
私も今日の記事から、少し自分の今を見つめるものを掴めました!

う~ん、やっぱり、我らがインディーまーりたんさんだわ(^_-)
ありがとうございました☆

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
お忙しい中、いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

架空のナンチャッテ考古学者、インディー・まーりたんですe-320v-411
香奈子さんe-343実は私も今回の記事、ちょっと大げさに言うと
般若姫e-412の時と同じく、半べそ状態で書き上げましたe-259
香奈子さんも同じ事を感じながら読んで下さったんだな~v-398
思うと感無量ですe-415 長崎などに比べると現在の大分e-224には
南蛮文化がいち早く花開きv-254、国際都市として栄えた名残りを
見るからに感じるものは本当に少なくe-443、こういった記念碑の
解説で初めて知る方もe-317e-77私を含め多いんだろうなと思います。
なので、遊歩公園のモニュメントe-340たちとじっくり向き合って
色んな事をキャッチe-210できればと、耳を澄ませてきましたe-318e-266

香奈子さんから 『 自分の生きた証を伝えて貰った方々が、
きっと喜んでいるe-266 』 と仰って頂き本当に嬉しいですe-349
香奈子さんの筆e-149を借りた先人さんたちからのメッセージと
しても、おめでたい私v-14は受け止めさせて頂こうと思いますe-266
それと、今回の記事が香奈子さんにとって何かしらヒントe-77
ようなものになった事も凄く嬉しく、感無量ですv-398
こちらこそ本当にありがとうございますv-421e-414

大分ナシカ : こんばんは

今回も詳しい記事と説明で有難う御座います。

私もなんだか大友ファンになりかけで戸次の所を通るときに鶴ヶ城って看板があるのを見て

おやココにお城があったんだとネットで調べて見たら大友宗麟公と縁の深いお城みたいでしばらくネットにへばりついてました(笑)

全ポチ★

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
いつも温かいコメント、応援をありがとうございますe-446v-238

そうですかe-343鶴ヶ城が気になって調べられたんですねe-337e-454
恥ずかしながら鶴ヶ城跡へはまだ訪ねた事がないんですがe-330
戸次地区は、大友宗麟の息子さんが指揮を執りe-248
秀吉さんから派遣された精鋭武将e-420たちとともに
豊後国の存亡戦を繰り広げた古戦場跡もありますしe-284
そのうちお花でも持ってレポにお邪魔したいと思ってますv-300v-398

どういうわけか、地元史に見事にハマってしまって・・・i-229
こちらこそ長い記事にお付き合い下さり、お礼申し上げますv-410e-414

コウ : 文化の町ъ( ゜ー^)Good

 まーりたんさん こんばんは。

 府内は、国際都市として 栄えたんですね(゚―^d)グッ!
パードレさんの「戦は憎しみの連鎖を生むだけで 何の解決にもなりません。 」という言葉 イイですね(゚∇^*)dグッ!
府内は、西洋音楽を始めいろいろな文化が花開いた街なんですね(゚∀^*)dグッ!
伊東ドン・マンショ 思い出しましたぁ(‘-‘*)エヘ
 大分は、滝廉太郎終焉の地でもありますね(p_q)エ-ン
 私は、まーりたんと 府内を歩きたあい(#ノ▽ノ#)

 ではまた☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : コウさんへ

コウさん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

ザビエルさんの言葉は素晴らしいですねe-420
現代なら、その気になれば実践できるんじゃないかなぁe-3
なんて思ったりもしますが、理想でしょうかねv-410

さすが音楽に精通されたコウさんv-392 滝廉太郎さん終焉の地も
ご存知でいらっしゃったんですねe-415 嬉しいお言葉、
大変励みになりますv-398 心より感謝申し上げますv-421e-343

結び絵・いっぴん堂 :

はじめまして。
訳があって大分のことを調べているうち、こちらにたどりつきました。
1549 以後よく広まる・・・でしたか、名前しか知らないフランシスコザビエルでしたが、いろんな物語があるのですね。
勉強になりました。ありがとうございました。

まーりたん : 結び絵・いっぴん堂さんへ

結び絵・いっぴん堂さん、ようこそ♪はじめましてv-410
ご訪問、そして温かいコメントもありがとうございますe-446v-238

恥ずかしながら、私はこの歳になってようやく地元の歴史に
目覚め、目下アップアップしながら勉強している最中なんですがe-330
結び絵・いっぴん堂さんのお役に立てたのなら嬉しいですv-398e-343

大分の先人さんたちの生涯、エピソードについては
彼らを敬い、その人となりを想像しつつ、許される範囲で楽しく
希望を感じられる建設的な記事e-491を綴って行けたらなぁe-446
という私自身の主義や見解みたいなものも入ってますので、
その点はどうかご了承頂きつつv-421、楽しんで戴けたら幸いですe-287e-414

本格的な地元史ブログとは言えませんが、宜しければ
どうぞ、いつでもお気軽にお立ち寄り下さいませv-410
心よりお待ちしてますe-343 こちらこそありがとうございましたv-398
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。