プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

中津市歴史民俗資料館1階、第一展示室入り口横に飾られている

小幡篤次郎氏のお写真、ちょっぴり福澤諭吉に似ているような  

福澤諭吉と共に学問のススメを執筆・小幡篤次郎氏の肖像画

小幡篤次郎は中津藩学校での教頭時代、福澤諭吉の勧めで慶應義塾に

入門。 『 学問のすゝめ 』 を共著するなど、塾長として諭吉の補佐を

務めます。 お年は諭吉より7つ下。 病のため64歳で亡くなりますが、

晩年に蔵書の半分と旧宅地を、故郷である大分県中津市へ寄付 

ここ、中津市歴史民俗資料館は、小幡篤次郎生誕の地に在ります 








大変長らくお待たせ致しました

それでは歴史民俗資料館1階、第一展示室へ ご一緒にどうぞ

第一展示室へ


第一展示室には、発掘調査により市内から出土した、古代から中世に

かけての考古資料・・・平成5( 1993 )年、中津市相原地区より発掘の

古墳時代から中世まで中津地方を治めていた代々の権力者の墓群

『 相原山首遺跡 』 や、平成22( 2010 )年 国の史跡に指定された

中津市永添地区より発掘の正倉( 税金としてのお米等を収納する倉庫

群 ) 『 長者屋敷官衙遺跡( ちょうじゃやしきかんがいせき ) 』 、

中津市福島地区より発見された縄文時代( 3500年前 )の貝塚

『 ボウガキ遺跡 』 関連の遺物、そして信仰物等、宗教関係資料を展示。


中津市歴史民俗資料館(1階展示室)発掘調査で出土した考古資料・仏像・仏具・神輿などを展示

お神輿上の梁に 「 祈り 」 と書かれた紙が 

この下には 『 絵踏み( えぶみ ) 』 が展示されています。



絵踏みとは 江戸時代、幕府がキリスト教禁止の手段としてキリスト像や

聖母マリア像を描いた聖画像を人々に踏ませ、キリシタンでないことを

証明させた行事の名で、それに使われる聖画像がいわゆる踏絵です。



紙に描いた聖画は傷むため、次第に木製や銅製の踏絵が使われる様に

なったとか。 実際に使用されたものかは解りませんが、木枠の踏絵が

ガラスケースの中に、お触書きの写真と並べて展示されていました

中津市歴史民俗資料館(一階展示室)踏絵

奥平藩政期の中津城下町の記録帳 『 惣町大帳 』 によると、

聖画像も行事自体も、中津藩では 「 踏絵 」 と呼んでいた様です









さて、中津で暮らしていたチビッコ時代は、畑が蓮華で埋まる頃に開催

される 『 おせったい 』 という行事が楽しみでたまりませんでした。 

路傍の祠や集会所に祀られている御大師様に手を合わせ、お参りするのと

引き替えに、白い紙に包んで置かれているお菓子を頂戴するイベントです。

こちらのガラスケースには、あらま、その御大師( 弘法大師 )様が

いらっしゃいました( 手前から二尊目 ) お久しぶりです

中津市歴史民俗資料館(1階展示室)御大師様ほか仏像関係

福々しいお顔に暫しの間ほっこりさせて頂いて、さて次なる見学は

このガラスケースの並びです( 向かって左奥のほう )










じゃじゃーん


発掘!黒田時代の中津城 コーナー 

中津市歴史民俗資料館(1階展示室)中津城コーナー♪

中津城は1587年、黒田官兵衛孝高( 出家後は黒田如水 )

が、豊臣秀吉から豊前6郡( 京都・築城・仲津・上毛・下毛・宇佐 )の

12万石を与えられ入国後、拠点を山国川河口部に移し、築城に

取り掛かった城です 解説板には、九州最古の近世城郭であり、

現在も当時の石垣が残る九州唯一の城でもある、と記述 







現在は、本丸と三の丸の間の石垣を修復し、濠に水を流して江戸時代の

中津城に近づけるための工事中石垣は加工しない自然石だけを

使用した 穴太( あのお )積みと呼ばれる石積みの最高

技術を用い、当時の技法で慎重に積まれ、復元が進められている、とか 

中津市歴史民俗資料館(1階展示室)濠石垣の中から城内を向いた石垣が出土


また復元工事に平行して発掘調査も行われ、その際出土した築城当初の

黒田時代の石垣や建物跡の写真から豊臣政権との繋がりを示す遺物まで

この中津城コーナーに所狭しと展示されているんです 

それでは順番にご案内を

中津市歴史民俗資料館(1階展示室)黒田時代の石垣

水門と出角( 壁など二つの面が或る角度で出合った所の外側部分 )

の石垣解体中に検出された、城内側を向く石垣の基底部分や排水溝

( 中津城 三の丁駐車場 大鳥居付近で見学できます )



出角から水門へ伸びた石垣は、水門の約30m手前で途切れており、

黒田時代まで遡る石垣であると考えられています 黒田官兵衛が

築城した天正期の石垣は今よりもかなり狭く、低いものだった様子

中津市歴史民俗資料館(1階展示室)本丸南の天正期の石垣


水門と出角の間の石垣は何故、途中で終わって

いるのか
を解明するために、石垣土塁を一部断ち割ったところ

なんと最低でも 桁行約5.9mx梁行3.75m規模の

礎石を検出
つまり、黒田時代は石垣の上に

建物が在った事が判明
したそうなんです 

中津市歴史民俗資料館(1階展示室)旧石垣の上の礎石建物跡

礎石は1m間隔で格子状に配置され、検出状況から1度建て直しが

行われた模様 礎石建物跡は、柱の間隔が狭いこと、礎石が

格子状に配置されていたこと、厚い軒瓦や茶碗などが出土したこと

などから、この場所には門ではなく、瓦葺の櫓や

倉庫の類
が建っていたのではないか、と。




なお中津城築城当初、この場所( 本丸南側 東西方向 )の石垣は、

現在の標高7mの高さまでは無く、標高4mの石垣上に礎石建物が

建っており、石垣と構造的に一体となっていたものと考えられてます 








発掘された礎石周辺からは、瓦をはじめ輸入陶磁器等

黒田時代の貴重な遺物も出土

中津市歴史民俗資料館(1階展示室)石垣より出土!黒田時代の遺物

出土した黒田時代の遺物は、唐津皿( 最奥段・左 )、瓦器碗

( 最奥段・右 5破片 )、瀬戸美濃産天目茶碗( 手前より

三段目・左端 黒 )、瀬戸美濃産皿( 手前より三段目・中央 )、

中国製五彩碗( 手前から二段目 底部分に黄色いドット柄  )、

中国福建産皿( 中国製五彩碗の右隣 )、中国景徳鎮

窯系翡翠釉皿
( 手前・右から二列目 空色 )、金箔を貼

った土器
( 手前・左から二列目 )、中国景徳鎮窯系碗

( 白地にブルー柄の有田焼っぽいの )、中国シ章州窯系碗

( 中国景徳鎮窯系碗の上段 )、そして左端の手前ふたつは、

まさかの









銀と真鍮製の煙管(キセル)吸口

中津市歴史民俗資料館(1階展示室)黒田くんのキセル!

これは官兵衛くんの愛用品だった 

・・・に違いないわ ・・・と信じたい ・・・夢は大きく










同様に黒田時代の中津城石垣、礎石周辺から発掘された瓦です

中津市歴史民俗資料館(1階展示室)中津城の桐紋瓦

秀吉の家紋がデザインされた 『 桐紋瓦 』 に、

織田信長が安土城に使用した 『 金箔瓦 』 など、

豊臣政権との密接な繋がりをリアルに感じ取れる遺物です。 

中津市歴史民俗資料館(1階展示室)中津城の金箔瓦

やっぱり官兵衛くんは信長さんに認められて秀吉さんに仕え、

名軍師として大活躍したのね~と実感  お疲れ様でした







ほかには、カラスがモデルの 『 鳥紋鬼瓦 』 も出土。

中津市歴史民俗資料館(1階展示室)中津城の鳥紋鬼瓦

そういえば今年の1月に福岡城へお邪魔した時は カラスが二羽、

二の丸から天守台跡まで先導してくれたっけ そうだわ 

あれはきっと、官兵衛くんと長政くん親子だったに違いない 

幸せ妄想に浸るオメデタイまーりたんなのでしたイッショウヤッテマス








『 鳥紋鬼瓦 』 の解説にある 『 引き両紋瓦 』 はコチラ

中津市歴史民俗資料館(1階展示室)中津城・丸に引き両紋瓦

黒田氏転封後に中津城主となった細川氏は、蓮根みたいな 『 九曜紋 』 

の他、二匹の竜を表す足利氏縁の 『 引き両紋 』 も使用していた様子。








また、天下普請( お上の命による建物の築造 )で、名護屋城築城の

際、官兵衛くんは割普請で縄張り( 建築予定の敷地に実際に縄を張り、

建物の位置を定めること )を任された事もあり名護屋城小倉城

共通する模様の瓦 『 同はん瓦 』 も見つかっています

中津市歴史民俗資料館(1階展示室)同はん瓦解説
中津市歴史民俗資料館(1階展示室)名古屋城と同はん瓦

中津市歴史民俗資料館 第一展示室の 中津城コーナー

いかがでしたでしょうか 黒田官兵衛ファンの方には感無量だと

思います 戦国史がお好きな皆様、中津城へお越しになった際は、

三の丁駐車場から歩いて数分の中津市歴史民俗資料館へも是非、

足を延ばされてみて下さい 入館は無料。 オススメです















「 あっ、マンジ君が勝手に食品庫を開けている 」

マンジ君が勝手に食品庫を開けている!



「 まーりたんさんが大切にしている官兵衛くん

焼酎
にイタズラしちゃダメだよ、マンジ君
 」

まーりたんさんが大事にしてる官兵衛くん焼酎にイタズラしちゃダメだよ



「 今日はハタキを持ち出して、すすんでお掃除の

手伝いをするのかと思えば、全くマンジ君は・・・
 」

今日はお利口にお掃除のお手伝いをしているなと思ったのに、マンジ君は!






「 はリビングでブログを書いているのだニャ

かかれ~ニャのだ
 」

敵はリビングでブログを書いているニャ!かかれ~ニャのだ!

「 えっ、リビングに敵が居るのかいマンジ君。

居るのはまーりたんさんだけだと思うけど・・・
 」















「 今のうちに逃げるのだニャ 

しかし転がして運ぶのも大変だニャ~ 」

今ニャ、逃げるのだニャ。しかし転がして運ぶのも大変だニャ~

「 あっ、マンジ君また叱られても知らないよ

ハタキは名軍師の采配( 指揮棒 )のつもりだったのかなぁ・・・ 」











何だか、キッチンの方で瓶の転がる音がする様だけど・・・

風かな  しかし今日はよく吹いたな~

よし、できたアップしよう  記事を保存っと












本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます



関連記事

2012/04/03(火) 20:08 | コメント:5 | トラックバック:0 |
コメント

大分ナシカ : こんばんは

いつも詳しい解説有難う御座います(#^.^#)

中津城のことがとても詳しく解説されていて大変わかりやすいです。

歴史は楽しいですよねいつも取材お疲れ様です。

全ポチ★

いつも応援ありがとうございます。

香奈子 : 勉強タイム!

こんばんは(^^)
昨日のすごい風は、家が吹き飛ぶかと思う程でした!
そちらは大丈夫でしたか?

今回の記事は数回読ませて頂いて、歴史のお勉強をした気分にさせて貰えました!
踏絵、初めてその話しを聞いた頃、キリシタンの方々のお気持ちを思うと
すごく胸が痛くなったことを思い出しました。こんな行為をさせた、その時代背景に
何とも切なくなりますが、こういった歴史の上に私達の今があるのですよね・・・

官兵衛様ゆかりの品に興奮している、まーりたんさんが浮かんで来て笑ってしまいました♪
分かりやすくご紹介して頂き、ありがとうございました!

あっ、“おせったい”って、知りませんでした。良い慣習ですね(^_-)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
いつも温かいコメント、応援をありがとうございますe-446v-238

年齢のせいか 地元史への興味は年々増す一方でe-349
とりわけ官兵衛くん絡みのレポになるとv-345
中津の祖母v-510もファンだったせいか
すっかり我を忘れてしまうようですi-278
年じゃなくDNAの仕業かもe-447お付き合い下さり恐縮ですv-421e-330

興味を惹かれた史跡等を訪ねv-540e-266ブログ記事にする過程で
身に付いて行くのが分かるのでv-426、少々大変ではありますが
凄く楽しいですv-398 お気遣い、ありがとうございますv-410e-414

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

一昨日の風、こちらでは市内中心部のビル外壁が吹き飛びv-12
大通りへ落下しましたe-443 怪我人が出なかったのが奇跡ですi-201
ウチは旧いながら4階建ての鉄筋集合住宅なのでe-156
風の影響はそれほど感じませんでしたが、時折遠くでe-318
バーンe-329と物凄い炸裂音が鳴り響くたびドッキリでしたe-451
香奈子さんもご無事で良かったですe-330

今回は官兵衛くん縁のお宝大公開e-349だけに、いつも以上に
白熱&盛り過ぎてe-429、大変ヘビーな記事になってしまいましたi-278
・・・にも関わらず、丁寧にご覧下さり恐縮ですv-421e-343

中津にも悲しいキリシタンe-340弾圧の歴史があった事を
踏絵や記録帳の展示を見てe-317、改めて感じましたe-263
司馬遼太郎さんの小説 『 播磨灘物語v-87 』 では、
官兵衛くんも若い頃、キリスト教v-259に傾倒した時期が
あった様なんですが、上司への遠慮か表向きは棄教しますe-464

激動の時代の中でv-467、それぞれ事情を抱えながら精一杯生き、
次の世代へ志や命を繋げて下さった方々e-420のお陰で
香奈子さんの仰る通り、今があるんだなあと感じますv-410e-414

でも、まさか官兵衛くんが吸ったと思われる煙管e-176まで
展示されているとは思わなかったのでe-451大興奮でしたv-10
はいe-343香奈子さんのご想像通りの有様でしたv-411v-426

大分市南部には、中秋の名月v-34にお菓子を貰い歩く
『 名月さまe-68 』 という行事もあるんですヨe-454
小学校6年生の時、大分の友人に誘われて参加したもののe-266
訪ねたお宅の奥さんに 「 あなた達は今年までね、ウフフv-410 」 
と笑われて、真っ赤v-402i-201になった思い出がありますv-398
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。