プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

豊の国情報ライブラリー館内で購入した2本の ご当地ドリンク

大分市津守 (株)シーアールコーヒーの 府内南蛮王

大吟醸珈琲
 と、後藤散かぜ薬でお馴染みの 臼杵市市浜

うすき製薬株式会社の かぼかぼうすきいろ各120円。

かぼかぼうすきいろと府内南蛮王珈琲

南蛮船ナウ号が、ポルトガルと豊後( 大分県 )の臼杵港とを

往来していた16世紀の大航海時代、臼杵に居城を構え、豊後を拠点に

九州6か国を統治していた 府内( 大分市 )出身のキリシタン大名 

大友宗麟公は、ポルトガル商人たちから 『 府内南蛮王 』 と

呼ばれていたとか  また、豊後国の存亡を賭けた島津軍との籠城戦

の際には領民たちを城内に避難させ、宗麟は自ら握り飯を握り、皆に

振る舞ったというエピソードもあり、宗麟の傍で記録を続けた宣教師

手記には、 「 宗麟は王であった 」 と綴られているそうです。







『 府内南蛮王 大吟醸珈琲 』 は、戦国時代の九州に

覇を唱えた大友宗麟公を偲び、その当時ポルトガル商人たちが嗜んで

いたとされる アラブ産の南蛮茶( アラビカ種の生豆を研磨し、

風味を引き出した深煎りコーヒー )を復刻、現代に甦らせたもの
 
かぼかぼうすきいろと府内南蛮王大吟醸珈琲・各120円

大吟醸珈琲と銘打たれてますが、お酒は入ってませんヨ 

要は海の向こうへ夢を馳せた大友宗麟や、実際に大海原を命がけで渡り

布教活動を続けたフランシスコ=ザビエル、南蛮文化を豊後へ搬入した

貿易商人ら、冒険者たちの浪漫に酔いしれて下さいという事でしょうか 




それともアラビア語でワインを意味する 「 カフワ( Qahwah ) 」 が

珈琲の語源だと言われているのに準えて 珈琲について知る良い機会

と思い、日本珈琲貿易株式会社のHPとウィキで調べてみました 





日本における珈琲についての最初の記録は1804年、江戸の文人・大田南畝

( おおたなんぽ )によるもので、 『 珈琲は18世紀末にオランダ人により

日本へ持ち込まれた 』 と記されているのだとか。 なので、16世紀に

生きた大友宗麟が珈琲を嗜んでいたとは、残念ながら考え難いですネ 





それでも、もしかすると公的な記録に残ってないだけで、

ポルトガルの貿易商人たちから西洋の品々 とともに 

『 南蛮のお茶 』 として、コッソリ献上されていたかも 

宗麟はスペイン料理 パエリアの作り方もマスターしてたと言うし





大分県臼杵市の郷土料理、『 黄飯 』 は、イスパニア( スペイン )の

宣教師が作るパエリアを大友宗麟が模したのが発祥とも言われています。

サフランの代わりに、クチナシの実でご飯を黄色くするんです

( 美味しんぼ71巻 日本全国味巡り 大分編でも紹介されてます )






大友宗麟は、実は料理研究家でもあった 

夢は果てしなく広がります









で、話も果てしなく反れてしまいました さて、府内南蛮王のテイスティング

をば...。 芳香は缶を開けた瞬間よりも、口に含んでゴックンと飲み込んだ後に

ふわっと鼻に抜ける感じで広がります。 強い苦味やクセは無く、濃さも程々 

府内南蛮王 大吟醸珈琲は、すっきりとして飲みやすく、品のある味でした 

そうそう 芳香は軽めながら、ふくよかで、心安らぐ香りです

かぼかぼうすきいろと府内南蛮王大吟醸珈琲(裏)380

府内南蛮王 大吟醸珈琲の隣は、宗麟が居城を構えた臼杵市の特産品

『 うすきいろのかぼす 』 を使用した ハチミツ入り かぼすウオーター

その名も 『 かぼかぼうすきいろ 』 。 かぼす果汁10%とは

思えないフレッシュなカボスの味と香りが楽しめます といっても酸味は

控えめ。 散策中のリフレッシュにお奨めの爽やかで、円やかな味です














「 おや、それはAyana’さん手織りのコースター

だね。 ぼくに貸してくれるのかい マンジ君
 」

Ayana’さんに頂いた手織りのコースターだね!マンジ君

「 かぼかぼうすきいろは、こだぬき君の古里の

飲料ニャ。これを敷けば一層美味しくニャるのだ
 」















「 マンジ君、いいとこあるなぁ 」

かぼかぼうすきいろが一際美味しく頂けそうだ♪

「 マンジ君の厚意に感謝して、ふるさと臼杵を

懐かしみつつ、ゆっくり飲ませて貰おう・・・
 」
















「 こだぬき君、悪いがAyaニャさんコースターに

くれぐれもジュースをこぼさニャいよう頼むのだ
 」

マンジ君じゃないんだから、こぼしたりしないよ。

「 分かってるよ そんなそそうはしないよ、

マンジ君じゃないんだし、まったく・・・
 」
















「 わっ、 まだ何か用かいマンジ君 」

こだぬき君がジュースをこぼさないか心配ニャのだ!

「 心配で仕方がニャいのだ・・・ 」
















マンジ君 

コースターを貸してくれるんじゃなかったのかい

やっぱり心配ニャのだ!!

「 やっぱり大事なものはレンタルしニャいのだ 」














・・・というわけで 次回は、かぼかぼうすきいろ府内南蛮王

ココで飲んだら、より一層美味しく味わえるんじゃないかな~と思う

オススメの場所をご紹介させて頂く予定です どうぞお楽しみに

南蛮貿易場址・神宮寺浦公園








本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

関連記事

2012/04/27(金) 14:23 | コメント:11 | トラックバック:0 |
コメント

香奈子 : う~ん、いい香り~

こんばんは(^-^)/
粋なご当地ものですね!
こちらまで珈琲の香りが漂って来そうな・・・
何となく宗麟公は珈琲を好んでいたという気がします(^_-)

カボス飲料は、私好みかも!
これからの季節に良い爽やかなお味の様ですね!
次回も楽しみにしていますね~☆

美雨 : まーりたんさんこんばんは♪

南蛮王美味しそう!
マリリンカさんのところにはご当地ぐるめやご当地のレアものがいっぱいでいつも楽しく読ませていただいてます。
明日からGWですね!マンジくんたちとどうぞ楽しい連休をお過ごしください。^^
今日もこころこめて応援で~す(^_-)-☆

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

府内南蛮王コーヒーe-93を販売している自販機は、
湯布院の狭霧台v-281で1台みかけたっきり、なかなか
巡り合えなかったのですがe-351、思いがけず図書館で再会できましたe-156e-343 
自称、宗麟ナンチャッテ研究家としてはv-411、一度味見をせねばと
思っててe-442 穏やかな味と豊かな香りでv-398、目覚ましの1杯より
くつろぎタイムにゆっくりと味わいたいv-273e-420、そんな珈琲でしたe-446

そうですねe-266私もハイカラな宗麟公だけに、珈琲を嗜んでいた
ような気がしますv-392 カボスウォーターも、なかなかでしたv-350

次回も楽しみにして下さり、嬉しいですv-410
いつもローカル記事v-14にお付き合い下さり恐縮ですv-421
香奈子さん、心より感謝していますe-446e-414

まーりたん : 美雨さんへ

美雨さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

南蛮王コーヒーe-93、地元でも入手し難いレアものなんですよe-415
関心をお寄せ下さって嬉しいですv-398 ありがとうございますv-421e-414

私の方こそいつも美雨さんの美しい写真e-420満載の世界旅行記事やe-332
専門家級の本格的な世界史記事にe-340、毎回驚かされるばかりですe-451 

いや~ほんとe-2正直なんてコメントをさせて頂いたら良いのか
戸惑う程の充実した内容でe-337、ただただ感心、頭が下がるばかりですe-330
更に大変貴重な知識v-87まで頂き、心から感謝していますv-410

GW、我が家はまたチョコチョコ地元散策v-540を楽しむ予定ですe-454
美雨さんは、愛しのイルグク様e-415に会いに行かれたりするので
しょうかv-410e-3 美雨さんもどうぞ素敵なGWをお過ごし下さいe-287e-491

美雨さんに気にかけて頂き、マンジ君は鼻を伸ばしていますv-286v-345e-444
私もこの後、心を込めて応援v-154e-343&記事を拝見に伺わせて頂きますねv-426e-266
美雨さん、ありがとうございますv-398e-414

はやとうり :

こんにちは♪

かぼかぼうすきいろと府内南蛮王これ頂いてみたいですね(o^。^o)
特に珈琲の方 珈琲好きなのですよ~
私が知らない物ばかりです
臼杵にね長女が住んでいるのですがねこういう発信一切するような人ではないのです
だからこの記事は故郷情報番組の様な物で有り難く拝見しています
過去記事に飛んでパエリア見ましたよ
いや~~美味しそうです真似てみたいですね
黄飯も見ましたよ~昔はねこういうのなかったんですよ~
我家の「おうはん」はまた違う物でしたよ

まーりたん : はやとうりさんへ

はやとうりさん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

はやとうりさんは私の姉ぐらいの年齢でいらっしゃるから、
お嬢様はきっと女子的な物v-254に関心を示される年代でしょうかv-398
それでも私ぐらいの年になれば、無骨でローカルなものv-526にも
きっと興味を・・・と言っても私は入れ込み過ぎですねv-411

記事を楽しんで頂けて、凄く嬉しいですv-410e-343
府内南蛮王e-93の存在は少し前に知ってたんですが、
大友宗麟e-354に興味を持ってから俄然試してみたくなって
しまい・・・( なんてミーハーなんだv-411、私は~i-282 )、
だけど県下に府内南蛮王を置いてる自販機の少ない事v-393i-201
今回、思いもかけず県立図書館で見つけ念願成就ですe-454 

地元贔屓なのかもしれませんが、これまで飲んだ缶コーヒーの
中では、軽いのにコクもありv-273、かなり良いなと思いましたv-426e-266

過去記事のパエリアと黄飯e-418もご覧下さったんですねe-343
お忙しい中、恐縮ですv-421 はやとうりさんの様に、雅v-335という
言葉がぴったりの膳e-420にもチャレンジしてみたいと思いつつe-442
どーしてもケンチン等の大鍋料理e-439や鉄板料理の方が多くなってe-240i-202

黄飯e-418、昔はまたこれとは違った感じだったのでしょうかe-451e-3
ナルホドe-343それぞれご家庭ごとにアレンジもv-398
はやとうりさん家の黄飯e-418は、どんな感じだったのかなぁv-410e-266

それにしても、こうして地元を散策がてらレポなどしてe-94e-267
記事に書き綴っているとe-395、臼杵の凄さがホント身に滲みますe-2
臼杵に伝わる真名野長者伝説e-412も凄く面白いですe-349
昨年どっぷりハマってましたi-278

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

リュリュママ :

いつも興味深く勉強になる記事をありがとうございます。

「府内南蛮王 大吟醸珈琲」と、「かぼかぼうすきいろ」、どちらも
印象に残るネーミングで、どんなお味かな~と思いながら読ませて
頂きましたら、
まーりたんさんがとても上手に解説して下さっていましたので、私も
一緒に頂いたような満足感を味わうことが出来ました。ありがとうご
ざいます。

大友宗麟はパエリアの作り方もマスターしていたとのこと、愕いて
しまいました。

↓記事のマンジ君の“ブコツフォン”、楽しくて素敵ですね。^^
これからも
まーりたんさんのブログを拝見するのを楽しみに致しております。

まーりたん : リュリュママさんへ

リュリュママさん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

臼杵に伝わる古代の長者伝説v-335をきっかけに
豊後の歴史や先哲に興味を持ってからはv-87e-317
それに因んで作られた銘菓e-427やドリンクe-93なども
試してみたい今日この頃ですv-345
ほんと私はミーハーだなとつくづく・・・・e-351
お付き合い頂き恐縮ですv-421e-414

そうなんですe-343臼杵にはパエリアを模した黄飯e-418
郷土料理として残っていて、その発祥についても
たいへん興味深い説があり、夢が膨らみますv-398

マンジ君v-286のブコツフォンも楽しんで頂けて
嬉しいですv-410e-266 マンジ君v-286はどうも時代を逆走して
いるようで・・・無骨なヌイグルミ犬ですv-411

リュリュママさんe-415私の方こそお伺いするたび
いつもチャーミングなももちゃんv-530にほっこりと
優しい気持ちにさせて頂いてますv-22e-420
菜の花のティアラv-253、とても可愛らしかったですe-446
これからも楽しみに伺わせて頂きますv-398

励みになるお言葉e-271を頂き、心よりお礼申し上げますv-410e-414

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。