プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

大分市出身の日本画家 高山辰雄氏の御長女であり作家の

高山由紀子さんが執筆し、大分合同新聞に連載。 1984年には

映画化もされた 『 国東物語( くにさきものがたり ) 』。

今年、紀伊国屋の古書フェアでゲットした、お宝的な一冊です

高山由紀子著・ドンフランシスコ・大友宗麟~国東物語

大友氏の衰退と晩年の宗麟を描いた遠藤周作著 『 王の挽歌 』 とは

対照的に 『 国東物語 』 は、宗麟の父である大友氏20代当主

義鑑との確執やザビエルとの出会い、九州の覇者として君臨する迄の

葛藤など、大友宗麟の悩み多き青春時代にスポットを当てた物語





今回は、そんな 『 国東物語 』 について触れながら、当時

南蛮人と呼ばれていたポルトガル人が初めて入港し、以後 臼杵市の

臼杵( うすき )港と共に国際貿易港として栄えた 大分市春日浦の

南蛮貿易場址 神宮寺浦公園をご紹介させて頂きます






天文14( 1545 )年、宗麟がまだ義鎮( よししげ )という名だった

15歳の時、南蛮人が中国のジャンク船で初めて来府した場所がココ、

南蛮貿易場址として残るかつての沖の浜平安時代には春日神社の

神宮寺が建立されていた事から 神宮寺浦と呼ばれています 

南蛮貿易場址・神宮寺浦公園

その頃、既に明との貿易は盛んだったものの、もじゃもじゃな髭に赤みを

帯びた白い肌、高く突き出した鼻、目の色 交易を求め訪れたとはいえ、

やはり初めて見る濃い顔の南蛮人( ポルトガル人 )に警戒



とりあえずは大智寺に案内し宿をとらせますが、宗麟の父で20代・大友

義鑑( よしあき )は、交易権を持つ明の海商の言葉にそそのかされ、

家臣達に 「 奪え 」 と命じます。 つまり、南蛮人のお命頂戴です








南蛮貿易場址 神宮寺浦公園の周辺 

春日浦TOS前

現在は埋めたてられてますが、昔は美しい砂浜だったそうです

そして、この辺りは慶長地震で別府湾に沈んだと伝わる 瓜生島

( 沖の浜 )があったともされる場所。 中国のジャンク船に乗って

ポルトガル人が初めて入港したのは 沖の浜と言われています








さて当時、宗麟が幼少の頃他界した母の一族・山口県の大内氏を疎み、

大内家の血を引く宗麟でなく後妻の子を世継ぎにと画策する父、義鑑との

折り合いが悪く、うさ晴らしに仲間の若侍と連れ立っては大友氏の出城

高崎城へ馬を走らせ、大友館へ戻らずそこで何日間も過ごしたり、

鷹狩で射落とした獲物の重みに快感にも似た感覚を味わっていたという、

やんちゃで少々屈折気味の15歳の義鎮( 宗麟 )少年でしたが、

父、義鑑の南蛮人に対する 「 奪え 」 命令には断固反対






「 遠方よりはるばる我が国へ来た客人を

罪もなく殺すとはもってのほかです、父上。 

むしろ友人として厚くもてなすべきでしょう


( 国東物語より引用 ) 」 と、家臣らの前でズバリ物申します。  







父、義鑑は歯向かった義鎮( 宗麟 )を怒鳴りつけるも家臣らの手前

ポルトガル人を府内に留まらせない事を条件に交易をしぶしぶ許可。  

その夜、命を助けてくれたお礼にと、ポルトガル人から15歳の宗麟へ

贈られた品が、豊後大友宗麟鉄砲隊が継承する火縄銃でした。

なので、府内へ鉄砲が伝来したのはこの年、天文14( 1545 )年と

いう事になります 種子島( 1543年 )の2年後だったのですね








神宮寺浦公園の大友宗麟公像と石碑

神宮寺浦 南蛮貿易場址


ここ神宮寺浦もやはり 第二次世界大戦の大分空襲の折り、焼け野原に

なってしまった
様で、この場所の大友宗麟公像も、これまた伝説の大分市長

上田保氏を筆頭とする有志の方々のご尽力で見事、甦った様です

南蛮貿易場址・台座

散策には生憎のお天気が続く今年のゴールデンウィーク 

まだ神宮寺浦公園を訪れてない地元史探訪ファンの皆様、解説板もバッチリ

撮影して来ましたので、良ければどうぞごゆっくりとお愉しみ下さい

南蛮貿易場址・台の解説


神宮寺浦公園内には大友氏歴代当主ゆかりの地を記した木標も。

大友氏13代親綱(ちかつな)公ゆかりの地・犬飼
豊後大友中興の地・清川村


宗麟公は高台の上太刀を杖にした陣羽織姿で、きりりと佇んでます。

視線の先にあるものは、瓜生島それとも理想郷ムシカ

南蛮貿易場址の大友宗麟公像

そうそう、ここ南蛮貿易場址で 大吟醸珈琲 府内南蛮王

ゴックンすれば、たちまち16世紀の大航海時代を生き、

海の向こうに夢を馳せた冒険者たちの浪漫に酔えるかも









本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます


関連記事

2012/05/02(水) 19:22 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

香奈子 : 思いを馳せて・・・

おはようございます(^^♪
GWをたっぷりと楽しんでいますか~
こちらはあいにくの曇り空ですが、動くにはこの方が返っていいですね。

まーりたんさんのレポを読むと、いつも私の中の冒険心も起き上がり
日常の何気ない発見にも、はるか彼方へ思いを馳せるなど
とても毎日が楽しいです!いつもありがとうございます!

私は、今はまだ自由にどこかへ行くことは叶いませんが
今日の記事を見て、近くだし、折をみて司馬先生の資料館へ
行ってみようかな~って思います!!

宗麟公の像を見たら、余計そう思ったのでした(^_-)
それでは残りのGWもお楽しみ下さいね☆

大分ナシカ : こんばんは

ここは結構良く前を通りますけど寄ったことがありません。

瓜生島は若い頃に何度かお話を聞いたことがあります。

ここの近くには福田平八郎さんの生家がありそこには訪れたことがあります。

いつもレポート有難う御座います。

全ポチ★

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

こちらは昨日、やっと数日ぶりに青空が覗いたv-278と思ったら
午後からまたポツポツと雨がe-95 今日も生憎の曇り空ですがv-277
確かにこの時期は晴れると真夏並みの暑さになりますからねe-443i-201
紫外線も強烈な時期だし、曇りぐらいが丁度良いかもe-454 

今年のGW、ウチは録りためた映画やドラマの消化v-271
メインに過ごしてますv-410 香奈子さん、お父様のお加減は
その後いかがでしょうe-3このあいだお話して下さった様に
連休は、お父様とお父様の病室の皆さんと楽しく語らったり
されながら過ごしていらっしゃるのかなv-398
香奈子さんも休養をしっかりと摂りe-261、どうかご自愛下さいv-22

司馬遼太郎さんの記念館がお近くにあって羨ましい限りですv-10
司馬先生の作品はテレビドラマe-288で観るのが殆どで、
まともに著書を読んだのは播磨灘物語ぐらいなんですがe-330
記念館、機会があれば是非行ってみたいと思ってますe-343 

先日、WOWOWで映画e-226『 プリンセス・トヨトミ 』を
観ました( 次回当たり感想を記事にする予定ですv-392 )。
で、大阪の歴史研究者として登場する江守徹さんのセリフに
「 私達が知り得る史実はとてつもない氷山の一角にすぎず、
人知れず埋もれて消えて行く歴史がどれほどあることか 」
みたいなくだりがあって、その通りだなぁe-330と思いました。

なので先人に想いを馳せe-491、その時代をどんな気持ちで生きて
いたのかなe-3等と想像する事は、浮かばれずにいる魂e-420を慰め
供養の一環にもなるんじゃないかなe-3なんて事を想ったりもv-426

香奈子さんから想いを馳せて頂き、宗麟公は凄く喜んでる様な
気がしますv-410 もちろん宗麟公だけでなく熊八翁も官兵衛くんも、
伝説の真名野長者ご一家もv-335 いつも真摯に記事を読んで下さり、
また、そこから何かを感じ取って下さり、心よりお礼申し上げますv-421e-414

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
いつも温かいコメント、応援をありがとうございますe-446v-238

神宮寺浦公園、大抵は通り過ぎちゃいますよねv-410
私はフレスポで買物した後、徒歩で立ち寄りましたv-540e-266
福田平八郎さんの生家はまだ訪れた事がないんですが、
この近くなんですねe-451いつもご教授下さり恐縮ですv-421
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。