プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

『 大河の如く流れる歴史のひとしずく、それを秘話と呼びます 』

歴史秘話ヒストリア


だったかな 番組のオープニングで語られるキャッチーなこのセリフ。

近頃は省略されてますが、NHK総合で毎週水曜22時より放送中の

歴史秘話ヒストリア、ご覧になられている方も多いかと思います





歴史に精通された方々による座談会スタイルのものや、

俳優さんが城下町を訪ね歩き、現地の方との触れ合いを通して

歴史を探るタイプのものなど、日本史への興味や探究心をそそられる

明解で且つオープンな歴史番組が、このところぐんと増えましたよね





一過性のブームだけに留まらず、混沌とした今、先人に学ぶべき事が

あまりに多いことの表れの様にも感じます。 中でも毎週録画して欠かさず

観ているのが 『 歴史秘話ヒストリア 』 です





今夜の放送は、大河ドラマ 『 平清盛 』 にて山本耕史さんが

目下妖艶な魅力をふりまいていらっしゃる 藤原頼長 ですが、

先週は、一領具足の制度をつくり四国を統一した美形戦国武将

長宗我部元親とその息子、長宗我部信親が取り上げられました。






長宗我部元親信親( ちょうそかべ もとちか、のぶちか )

親子は、豊後( 大分県 )にも深い関わりがあります。





先日ご紹介させて頂いた吉岡妙林尼が、大分市 東部の鶴崎城

伊集院久宣、野村文綱、白浜重政らが率いる約3千の島津軍と

籠城戦を繰り広げた天正14( 1586 )年12月、長宗我部元親

長宗我部信親親子は 大分市 南部の戸次地区で、豊後の為に

島津軍と戦って下さいました 『 戸次川の戦い 』 です。

戸次川古戦場跡(豊の都市おおいた歴史散歩より)

豊後攻略に乗り出した薩摩の島津軍勢に太刀打ちできなくなり、

大友宗麟が羽柴秀吉のもとへ出向き援軍を要請したことで、

四国より豊臣先発隊として豊後へ派遣された長宗我部元親、信親親子。




長宗我部親子は豊後へ到着した折り、異国の文化について学ぼうと、

現在の大分市にかつて在った教会 デウス堂を訪れたそうです

この史実は、歴史秘話ヒストリアの番組内で初めて知りました





手持ちの資料 『 豊の都市おおいた歴史散歩 』 によれば、

長宗我部元親の嫡男・長宗我部信親は180センチを超す長身で

武勇にも長け、戸次川の戦いでは約千名の部下を率い、勇敢に

島津軍と戦うも、無念の内に命を落とした、と記されています






戸次川古戦場跡から程ない嶺地区には、長宗我部信親の墓

( 下の画像・左 )と、信親の鎧が埋めてあったと伝わる鎧塚

それに 四国連合軍・長宗我部とタッグを組み、共に豊後のために

島津軍と戦い、命を落とした 十河存保( そごう まさやす )を

始めとする十河一族の慰霊碑( 下の画像・右 )があります 

長宗我部信親の墓と十河一族の碑
( 写真 : 資料 『 豊の都市おおいた歴史散歩 』 より )




同じく戸次川古戦場跡から近い利光地区には、長宗我部信親

終焉の地の標
や、利光地区民の方々と長宗我部家の末裔の方々が

協力し建てた鎮魂碑もあり、 “ 長宗我部信親は、

豊後の為に命を懸けてくれた恩人
 ” として

語り継がれていて、慰霊祭や合戦を再現した祭りも行われています










さて、そんな 『 歴史秘話ヒストリア 』 来週 5月30日の放送では、

なんと大分県宇佐市出身のお相撲さん 双葉山が登場する様です

第35代横綱・双葉山(宇佐市役所観光まちづくり課パンフレット)
( 写真 : 宇佐市役所観光まちづくり課パンフレットより )




お相撲さんのタイミングは生憎まだ来てないもので、恥ずかしながら

双葉山についての知識は殆ど無いのですが、もしかすると来週の

ヒストリアを観て突如、お相撲さんにハマる可能性も無きにしも非ず





更に6月13日( 水 )の放送では、大友宗麟と宗麟の父義鑑に仕えた重臣

立花道雪( 戸次鑑連 )の愛娘、 ぎん千代 がピックアップ予定

詳しくは、歴史秘話ヒストリア公式サイトをご覧下さい

因みに、再放送は1週間遅れで水曜の午後4時05分からやってマス





当分は、歴史秘話ヒストリアから目が離せませんな~

番組製作関係者の方、もしもこのブログをご覧になられてましたらば、

大友宗麟や 黒田官兵衛も、どーかオネゲシマス









それにしても双葉山さんは文武両道、ケンカやイタズラはせず親孝行で、

人格的にも素晴らしい大横綱だったんですね柔和な表情がまたステキ

宇佐市生まれの大横綱・双葉山(宇佐市役所観光まちづくり課パンフレットより)
( 写真 : 宇佐市役所観光まちづくり課パンフレットより )








まーりたんがブログを書いている隙に冷蔵庫を勝手に開け・・・

双葉山に引き替え、今日もイタズラ稼業に勤しむマンジ君


期間限定のロールちゃんティラミス味をコッソリ持ち逃げする

冷蔵庫から期間限定ロールちゃんティラミス味を持ち逃げするマンジ君

どこかの古くてアヤシイぬいぐるみ犬 マ○ジ君とは雲泥の差...

続きはコチラでネ









本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます


関連記事

2012/05/23(水) 11:50 | コメント:5 | トラックバック:0 |
コメント

大分ナシカ : こんばんは

戸次にあるお墓に行ったことがあります。

そんなに豊後のために頑張ってくれた方なんですね。

双葉山の記念館にも行きました。

偉大な横綱ですよね。

全ポチ★

いつも応援ありがとうございます。

クメゼミ塾長 : 双葉山の思いで

「双葉山」ですか
九州の佐賀の実家がお寺(日蓮宗)で父が住職
当時双葉山は時津風理事長でした。
双葉山の兄弟子(この兄弟子がいなかったら大成しなかったと言われて、恩師のような感じでした)が我が家の檀家さんでした
双葉山は日蓮宗
大宰府に時津風部屋の道場兼鍛錬所があって
九州場所の始まる前に父が法要の導師で毎年行ってました。
一度私も父について行き時津風一門の親方衆や関取と生で直接話すことが出来ました。

時津風理事長は威風堂々、なかなかむやみに近付けない雰囲気を持っていましたね。
なかなかない機会だと思い 理事長に子供の分際で直接質問してみました。

「相撲は苦しくて辛いことが沢山あると思うのですがどうすれば大成出来るのですか?」
理事長はしばらく考えてから(間をおいて) 呟くように
「辞めたらしまいよ」
この言葉重かったですねえ
一緒に大関豊山や関取と食事(チャンコ)
出来てビップ扱いをしてくれました。
歴史的人物と直接話しできて良い思い出です

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
いつも温かいコメント、応援をありがとうございますe-446v-238

さすが大分ナシカさん、大分の事は網羅なさってますねv-410
頭が下がりますe-330

双葉山は宇佐市のカントリーサインにも描かれてますよねv-231
中津城にも縁の品が沢山収蔵展示されていましたv-490
なのに興味があるのと無いのでは雲泥の差だなとつくづくv-393i-201
目に映っていながら見てなかったも同然ですi-282
これを機に双葉山について見聞を深めてみようと思いますe-454e-343

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : クメゼミ塾長さんへ

クメゼミ塾長さん、ようこそ♪
この度は大変貴重なお話をありがとうございますe-446v-238

そうですかe-343クメゼミ塾長さんは双葉山さんと
大変縁の深い方でいらっしゃったんですねv-398
こうしてお話させて頂けることに感謝ですv-421

「 辞めたらしまいよ 」 成程、具体的な意味よりもむしろ
心の構え方、ポテンシャルについて語って下さったのかもe-284e-266
深いなあe-349 双葉山さんの温かさ、そして才気を感じますe-420

想像を絶するご努力をされて来たであろう双葉山さんに
大成マニュアルe-3について語らせてしまった上に
VIP待遇まで受けられていたというクメゼミ塾長少年v-205にも、
ただ愕くばかりですe-451 来週のヒストリア、心して観ますe-442
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。