プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

「 ニャに 」

ニャに?手放ニャす以外ニャいのかニャスダック!

「 じりじりと値を下げる展開ニャのか 」













「 マンジ君はさっきからブコツフォンで誰と何を喋ってるんだろう 」

マンジ君はブコツフォンで誰と何を喋ってるんだろう?

「 手放す以外ニャいのか、ニャスダック 」














「 あっ、ブコツフォンからももちゃんアプリを取り出したぞ 」

ブコツフォンからももちゃんアプリを取り出したぞ

「 ももちゃんは、天使さんみたいに可愛くて癒されるニャ~ 

厳しい競争社会のニャかで、心安らぐひとときニャのだ・・・ 」













「 確かにマンジ君に引き替え、可愛くてお利口さんなももちゃん

天使さんだよね ところでマンジ君、今日はイマイチだよ 」

ところでマンジ君、今日はイマイチだよ

「 こだぬき君、本日は随分ストレートなあてこすりではニャいか 」













「 マンジ君、今日は肥後街道沿いの今市( いまいち )にある

石畳道路で有名な、かつての宿場町をご紹介するんだよ

今市宿場町・豊後側入り口標識

「 野津原地区に 府内へ六里、鶴崎へ八里と記された大きな木の標が

建ってるよね。 奥の一段高くなった場所が今市宿場町の入口だよ













「 今市宿場町豊後側入口の現地解説板には、小さな銀色のポストが

備え付けられていて、大分市野津原市民センター( 野津原支所 )発行の

今市石畳周辺ミニマップ( 無料 )が入ってるんだ 」

今市宿場町・現地解説板



約400年間続いた豊後国主、大友氏の時代に幕が下りたあと、

豊後は豊臣秀吉により7分割され、今市はそのひとつ岡藩の領地でした。

解説板はこの他にも幾つかあり、今市地区の歴史が綴られたものも。

それによると・・・





文禄3( 1594 )年、中川秀成( 豊臣秀吉に仕えていた武将 )が、

岡藩7万石の領主として入封。 今市地区も岡藩の領地になりました。

中川氏は、野津原村から西の肥後街道を参勤交代道路の一部として

利用するようになり、今市は庄屋伝兵衛の祖先が藩命により開発。

宿場町として整備されたのは慶長年間( 1596~1615 )との事。

今市地区は七瀬川と芹川との間、標高450mの台地に出来た集落で、

古くから物資の集散地、物流拠点でもあったようです。






そして関ヶ原後の慶長6( 1601 )年2月。 

東軍に付いた肥後熊本藩主 加藤清正は、関が原の戦いの恩賞として

徳川家康より豊後国内の海部、大分、直入三郡のうち2万石を拝領。

今市地区を含む野津原は、このときから肥後領となりました。

参勤交代道路と5か所の宿場町

現在の大分市鶴崎地区が江戸時代、肥後領だった事は前にお話しましたが、

肥後藩主加藤清正公は熊本から鶴崎までの肥後街道を整備し、

その道筋に藩主が宿泊する御茶屋を備えた5か所の宿場町

( 大津宿内牧宿久住宿野津原宿鶴崎宿 )を設置。 

後の肥後藩主細川氏は、久住宿と野津原宿の間に位置する今市宿場町を

小休止の場として利用
していたそうです。 その際は藩から役人を派遣して、

ソバを御馳走するならわしになっていたとか










こちらがその歴史ある今市宿場町、豊後側の起点です

画像でご紹介した解説板がある場所から、坂を少し登った場所より

始まる石畳道路。 道幅8.5メートルの内、中央部2.1メートルに

平石が敷き詰められていて、その長さは丸山神社までの660メートル。 

今市石畳道路・豊後側起点

起点に建つこのお宅

ブロック塀の標にご注目

木戸や跡

かつては木戸屋だったようです。





それぞれのお宅のフェンスや壁には、こうした標が表示されていて

今市宿場町時代、何屋さんだったかを知りながら散策が愉しめます

今市宿場町あと(突き当りは信玄曲り)

木戸屋さんを過ぎ、萬屋さんを左手に、肥後方面へ真っすぐに延びる

石畳道路。 300m程行った先は、クランク状に左へ折れ曲がってます。



これは宿場町を見通せない様にした信玄曲り(下の図)と呼ばれるもので

曲がり角には竹藪もあります。 敵の侵入に対する備えでもあったのかな。

今市石畳道路見取り図1


信玄曲りをもう一度、今度は右に折れると、再び真っすぐな石畳道路

今市石畳道路見取り図2

清正公創建の丸山神社手前で、石畳道路の今市宿場町は終わります





肥後側の起点( 丸山神社石段そば )から眺めた石畳道路。

野津原・今市石畳道路

300mほど先は、左へ折れる信玄曲り。 正面に竹藪も見えますネ






参勤交代道路 今市石畳は、昭和47年3月21日に県指定文化財となり、

その後、保存修理が行われ復元されました。 通して見るとこんな具合

今市と縁ある歴史上の人物

さ、続いては加藤清正公が設置し、勝海舟と坂本龍馬が宿泊したという

野津原宿の御茶屋跡を訪ねてみたいと思います

 

野津原宿は、今市宿場町から豊後府内、鶴崎方面へ車で数分










で、

もう着きました



といっても、ここが野津原宿の御茶屋跡ではありませんヨ

野津原バス停(野津原支所裏)

大分市野津原市民センター( 野津原支所 )裏のバス停です

この場所に建つ現地解説板には、野津原宿の町図に始まり、

勝海舟が野津原に宿をとった際の記述( 海舟日記の一部 )が

写真で掲載されていたりと、見応えある資料がそりゃあまぁ沢山

とりあえずは穴が開く程見て、それから散策を始めたいと思います







そうそう、もちろんココも肥後街道( 豊後街道 )ですよ

清正公ゆかりの往来手形も持参しました


じゃーん なんとゆーばかごなんでしょう

手形もちゃんと持ってます!


「 ややっ、清正公ゆかりの手形ではニャいか

まーりたんはいつの間に持ち出したのだニャ
 」

ややっ、清正公縁の往来手形ニャのだ!まーりたん、いつの間に持ち出したのだ!

「 まーりたんさんはマンジ君でもあるんだから、仕方ないね 」


次回は海舟と龍馬の足跡を追って野津原宿を訪ねますニャ~

「 というワケで、野津原うぉーくは次回も続くのですニャ~ 」











本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます
関連記事

2012/06/05(火) 17:25 | コメント:8 | トラックバック:0 |
コメント

大分ナシカ : こんばんは

今まで知らなかった野津原町の歴史が良くわかるレポート有難う御座います。

もともと歴史は好きなほうでしてこういう記事はへばりついて最後まで読みます(笑)

次の記事が今から楽しみですいつも応援ありがとうございます。

全ポチ★

香奈子 : こだぬきさんに座布団一枚!

こんばんは(#^.^#)
まーりたんさんの行く所、本当に晴れが多いですね!

いきなりの、こだぬきさんの“今市”と“イマイチ”を掛けた所は
最後の「マンジ君は、まーりたんさん」だけでなく
「こだぬきさんは、まーりたんさん」でもありますよね(^_-)

実際にはイマイチじゃなく、今市って歴史上の方との
縁が沢山あって、素晴らしいですね!
次回も楽しみです〜〜☆

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
いつも温かいコメント、応援をありがとうございますe-446v-238

野津原も奥が深く面白いですねv-410
次回も楽しみにして下さり嬉しいですe-343

鶴崎然り、清正公は野津原の人々からも慕われていた様で
清正公を讃えて建立した御堂もありましたe-451

更にカメラ片手に野津原宿場町をウロウロe-317していたら
水筒を提げたボランティアガイドさんらしき女性に
呼び止められて、 「 8月は清正公まつりがあるけんな、
また来よe-320v-411 」 って云われましたe-454

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

お陰様でこの日は終日さわやかな好天v-278に恵まれて、
思う存分散策を楽しむ事が出来ましたv-540e-343
これは野津原縁の先人さん達から歓迎されたのだわe-451e-77
いつもの如くオメデタイ思い込みをしi-278
心してご紹介記事を書かねば、とe-442

そうなんですe-2香奈子さんの仰る通りマンジ君v-286だけでなく
こだぬき君も、もうひとつの私、私なのですe-350
・・・どこかで聞いたよーなセリフだなe-351

こだぬき君の駄洒落、今後増えて行くかもしれませんe-257

次回も楽しみにして下さり嬉しいですv-398
香奈子さんのお好きな龍馬さんが初めて九州は佐賀関に上陸しv-232
勝海舟先生と長崎v-339へ向かう途中、鶴崎の次に止まったのが
野津原宿ですv-410 その跡地をたっぷりとご紹介する予定ですので
宜しければ当時に想いを馳せつつ、ご観覧頂ければ幸いですe-287e-266

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

リュリュママ :

こんばんは。
いつも楽しく拝見させて頂いております。

今日のマンジ君は、ブコツフォンを使って、私には謎の領域の高度な
経済活動を行っておられるわ~と、感心しながら読ませて頂いており
ましたら、もものアプリが飛び出してうれしい愕きでした。

マンジ君、ありがとうございます!!

しかも素敵なマンジ君から天使みたいに可愛いなどと・・・、ももに
伝えたら大喜びすることと思います。

今日は家族で唐招提寺に参拝致しましたので、そのご利益かもしれな
いとうれしく思っております。ありがとうございます。

今市宿場町は、良く考えて作られているということが分かり、とても
勉強になりました。ありがとうございます。

現在も歴史の名残りを留める町並みを散策出来るのは素敵だと思いま
した。

PCを楽々使いこなしておられるマンジ君も凄いです。^^

↓記事の竜の彫刻のお写真を拝見して、その素晴らしさに感嘆しなが
ら、『尾を切られた竜』のお話も興味深く読ませて頂きました。

「加藤清正公が手がけられた場所を訪れた際に決まって察知するのは、
ワイルドで、どっしりとした空気感みたいなもの 」との、
まーりたんさんのお言葉に成程と思いました。
加藤清正は本当に立派な素晴らしいお方だと思います。

まーりたんさんのブログを拝見するのをこれからも楽しみに致してお
ります。

まーりたん : リュリュママさんへ

リュリュママさん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

マンジ君のブコツフォンv-214はアナログの骨頂もいいとこなので、
通話はオプションの糸電話i-205を接続しなければ確か
出来ないハズなんですが・・おかしいなぁe-351e-3 

私が思うにe-284多分、どこかで覚えてきた言葉を駆使して
ビジネスシーンe-396で戦うカッコイイぬいぐるみ犬v-286ぶりを
演出し、ももちゃんに見て貰いたかったのかもしれませんv-411 
ほんと下心ミエミエなんだから、マンジ君はv-403v-286i-201

リュリュママさんe-330世界遺産にお参りされたご利益だなんて
御冗談にも仰って頂いたらe-451、あたしゃバチが当たりますe-16i-282
それを言うなら私の方こそ、リュリュママさんe-415との素晴らしい
ご縁に恵まれ、こうして大変嬉しいコメントv-398を頂けるのは、
先日清正公縁の丸山神社に参拝したご利益v-425かもしれませんv-410e-343
あ、いやi-201清正公だけじゃないかも。 今後、暇を見つけて
大分の先哲縁の神社仏閣へ、お礼参拝行脚v-540でもするかなi-278

今市宿場町のご紹介にもお付き合い下さり恐縮ですv-421e-414
今市は久住高原v-529へ行く途中に通るので、過去にも度々
立ち寄ってはいるんですが、その土地の歴史v-335を学んだ上で
改めて訪れてみるとe-317、これまで見過ごしていた沢山の事に
気付かされたりe-77と、とても楽しく感慨深さも感じましたe-446

一応ヌイグルミv-286でありながら、ブログでは我が物顔の
マンジ君へもいつも優しいお言葉e-415を頂き、そして暖かく
見守って下さり、心より感謝申し上げますv-398
 
丸山神社に伝わる竜のお話v-531も楽しんで頂けたご様子で
嬉しいですv-410e-343 清正公が手掛けた場所v-490を訪れての感想、
ウチのダンナさん曰く 「 みんな大体そう感じるんじゃ
ねえかv-236 」 とあっさりバッサリでしたi-229
清正公は、野津原地区の方々にとってもまた、心の支えだった
様ですv-410 もう少し長生きして欲しかったなあと感じますe-330

リュリュママさんe-343私の方こそリュリュママさんの心和む
エレガントな記事v-254に、いつも幸せな気持ちを沢山頂いてますv-22e-266
心よりお礼申し上げますv-421e-414
ご自分で遊びを開発され、それを愉しまれるももちゃんv-530
知性、賢さe-420、感情豊かな表情には驚かされっ放しですe-451

先日は荒巻バラ園へお出かけされたのですねe-446
「 伊豆の踊子e-418 」 など、先月の大神ファームでは
まだ咲いてなかった遅咲きの品種もすっかり見頃ですねv-254e-420
ウットリ拝見していたらe-349、あっという間に時間が過ぎe-330
コメント投稿まで行きつかず、帰ってきてしまいましたe-259
この後ブログの更新を済ませたら、すっ飛んで参りますe-454e-353
荒巻バラ園の後編も、すごく楽しみですe-446v-345

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。