プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

日向灘へ注ぐ耳川河口域の日向市 美々津( みみつ )地区

日向市観光協会のパンフレット 『 美々津~人と風土が育てた港町 』 に

よれば、瀬戸内様式の弥生土器が町背後の遺跡から出土するなど、ここ

美々津地区は、古くから海の交易拠点だった事が裏付けられています



江戸時代初期には参勤交代の船着き場として番所も設置。

また、木炭など耳川上流地域で生産された特産品を高瀬舟に載せ、

美々津へ集積後、大阪方面へ出荷していたことから廻船問屋も活躍。

明治から大正時代にかけては、美々津千軒と呼ばれるほどの

繁栄ぶりだったそうです その歴史を今に伝える耳川文化の会建立の

美々津渡し場・高瀬舟終着場之跡 』 碑

美々津渡し場・高瀬舟終着場跡

屋根つきベンチ越しに見えるのは 美々津大橋。 

そのたもとを流れる河が 耳川です。 

戦国時代、耳川は大友氏と島津氏の軍事境界線でもありました。

高城川の合戦では、形勢が逆転した事から務志賀へ退却を図った

大友軍を島津軍が追撃。 約3千人とも言われる大友軍戦没者の

多くは、ここ耳川で島津軍に討たれて亡くなったと云われています





淡々と海へ注ぐ耳川の流れを眺めていると、弥生時代、戦国時代、

江戸時代、近代と、地層の様に幾重にも積み重なった時の流れの

層のひとつに今 自分も居て、その上にまた時間がさらさらと積もり

後世の人に踏み固められて行くのかな、なんて想いがふと過ったり・・・





おや、いつのまにか屋根つきベンチに人が 

ステテコ姿のご年配の男性です。 この地区の方でしょうか。

耳川を眺める背中は、グラン・トリノの佇まいを醸してます

あっ、グラン・トリノをご存知ない方は、すっ飛ばしちゃって下さい

耳川の河口で黄昏るグラントリノ

さて、この大きな錨海軍両爪錨 』 は、記事の本題

天照大神を曽々祖母に持つ初代・神武天皇が、この場所から船出

=御東征したという伝説 『 神武東遷 』 に因むオブジェです





日本海軍とは天皇が統師された海軍であることから、神武天皇が

まつりごとを行うにふさわしい国づくりをするために水軍を編成し、

東方へ向け舟出した場所を日本海軍発祥の聖地として定めたそうで、

海軍両爪錨の左側には、古式舟のへさきをモチーフにした様な

日本海軍発祥之地 』 碑も

日本海軍発祥の地碑

日本海軍発祥之地 』 碑 解説板横のミラーに映るのは

コチラ 白壁土蔵の旧い美々津の町並みです

耳川河口・白壁土蔵の美々津の町並み

江戸時代から明治期にかけて廻船問屋が経済を支え、

美々津千軒と呼ばれていた当時の町並みがそのまま、国選定の

重要伝統的建造物群保存地区として、大切に残されています。

国選定・美々津重要伝統的建造物群保存地区(解説板1)


まーりたんは、赤い四角の現在地に出没中

国指定・美々津重要伝統的建造物群保存地区・解説板2

耳川河口の駐車スペース( 埠頭 )にクルマを停め駆け足散策

夕方5時をまわっていたため、民俗資料館は残念ながら閉館して

ましたが、6本の剣にも見える不思議なオブジェが建つ砂浜からは

神武天皇がお舟出の際、間を通り抜けたと伝わる日向灘沖の

二つの岩礁、一ツ神七つバエを見る事ができ、ちょっぴり感激









クルマへ戻る頃には、お陽さまもすっかり西へ傾いて

神武天皇を祀る立磐神社の杜に沈みかけてました。

カメラを逆光モードに設定して撮っても逆光になってしまうなか、

日本海軍発祥の地碑に、古式舟らしき模型がくっついてる事に気づき・・・

日本海軍発祥の地(碑)


拡大 

神武天皇の舟かな?

神武天皇の舟かしら







さあ皆さま、ここからは 妄想力 想像力を

是非とも働かせてお愉しみ下さい








まーりたんは、なんとなく見えてきましたよ

銀河を天の沼矛で掻き混ぜて、最初の国土おのころ島を創造した

イザナミとイザナキを始祖とする カムヤマトイワレヒコ( 神武天皇 )が、

潮の神シオツチの言葉に従い、ひむかの国から勇者の如く

東方オデッセイへと旅立つ光景が  






こんな可愛い小舟に独りきりじゃなかったとは思いますけど・・・

曽々祖母はアマテラスオオミカミ・神武天皇

自動ドアに可愛い神武天皇お船出の図が描かれたココは、

温泉レジャー施設 日向サンパーク内にあるお舟出の湯入口。







探訪楽しとはいえ、飲まず食わずで遠征したわけじゃありません

お昼は道の駅 日向に隣接する日向サンパークで摂りました

日向サンパーク温泉・レストラン潮音(看板)

太平洋を臨む真っ白な螺旋通路を抜けレストラン潮音へ。

照り返しで目がチカチカ 南国ムード満点です





今年は712年に完成した古事記編さん1300年アニバーサリーイヤーで、

日向サンパークのレストランではそれに因んだフェアが開催されてました。 

神話の里ひむかですもんね 








ではランチのご紹介を

二人そろって迷わず宮崎の郷土料理をオーダー。

ウチのダンナさんは、冷や汁と麦飯のセット お刺身つき

サンパーク日向・冷や汁とチキン南蛮のランチ

まーりたんは、チキン南蛮定食です。

大分県内のファミレスや食堂では、軽くのした鶏胸肉一枚が

カットされて出てくることが多いんですが、チキン南蛮の本場

宮崎では、ごろごろした鶏のモモ肉を使ってました 

大分の郷土料理 とり天を甘酢に潜らせたものに、

タルタルソースが添えられている感じです。 衣はカリッとして、

お味は言うまでもなく美味しいの一言です





で、冷や汁は我が家風に言うと・・・。

お鍋の底に残った三日目のけんちん汁を、温めずに

そのまま食べた感じ 冷や汁は味噌仕立てですけどね。

麦飯にかけて頂きます

冷や汁の起源はなんと、鎌倉時代に遡るんだとか 

伝承されて来たのは、アツアツのお味噌汁ばかり飲んでいられない

南国宮崎の風土に適していたからでしょうか 






お土産にも購入しました

というわけでお土産に冷や汁も買いました

実は、パッケージに貼られてたシールに釣られて・・・かな







宮崎県のシンボルキャラクター 『 みやざき犬( けん  』

みやざき犬

日向夏を被ったコが 『 ひぃ 』 で、フェニックスを被ったコが

むぅ 』 。 地鶏のくちばしをつけたコが 『 かぁ 』 。

全員集合で ひむか なんて可愛らしいんでしょう












「 あっ、起きたのかい マンジ君 」

あっ、マンジ君が起きました

マンジ君も考えようによっては拙ブログのシンボルキャラだけど・・・









あっ、チョコ大福をつまんでる。 小腹が空いて起きただけの様です

飄々と、おかまいなしにヌイグルミ犬生を謳歌するマンジ君

次なるイタズラへ出航?チョコ大福を食べるマンジ君

次なるイタズラ冒険旅行へ向けての お舟出ならぬ 腹ごしらえ

彼の場合はさしずめ、おいた犬ってとこかしら






長々とお届けした宮崎レポは、今回でお開きにさせて頂きます。

お付き合い下さった皆様、心よりお礼申し上げます







本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます
関連記事

2012/08/08(水) 19:31 | コメント:10 | トラックバック:0 |
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大分ナシカ : こんばんは

何気なく通り過ぎていた耳川にもこのような歴史が隠れていたんですね(#^.^#)

いつもレポートお疲れ様ですナシカは昔5年間ほど宮崎に住んでいたのですがその頃はまだ歴史には興味がなくて(笑)

チキン南蛮は宮崎では延岡市にあるおぐらやのチキン南蛮がダントツで美味しいですよ。

あと地鶏のもも焼きとか宮崎はほとんどももを使用しています。

肉巻きオニギリも美味しいですよ~(*^^)v

全ポチ★

いつも応援ありがとうございます。

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
いつも温かいコメント、応援をありがとうございますe-446v-238

恥ずかしながら私も大友氏の歴史に興味を持ったのは
つい1前ほど前なんですがe-330お陰でこうして
美々津の歴史についても学ぶ機会に恵まれましたv-410e-343

チキン南蛮は鶏もも肉が正統なんですねe-160
別府の和食屋よつばv-22さんのカリッとしたとり天を
南蛮にした感じで、とっても美味しかったですi-277
延岡のおぐらやさん、次回は探して寄ってみますネe-266

肉巻きオニギリe-2街中で確かノボリを見かけたようなe-317e-77
これも宮崎の名物なんですね、食べとくんだった~e-259
いつも貴重な情報ありがとうございますv-421e-414

香奈子 : お疲れ様でした。

こんにちは(^-^)/
ほんと、宮崎って、南国〜って感じがしますね!
グラン・トリノって、イーストウッドのですか?
おじさん、ロケーションも相まって、雰囲気出されてますね〜

神武天皇の船出・・・船のオブジェがあんな所にあるなんて
妄想好きには、妄想せずにはいられないですわ〜
希望と夢で目を輝かせて船出したのでしょうね・・・☆

宮崎犬、なるほど〜可愛い(^_-)
テレビでよく冷汁は見ますし、食べた方は皆さん美味しいと・・・
しかし、食べなれないものには、未知なるものみたいです!
マンジ君も、お土産沢山食べて、暑い夏を乗り切ってね♪

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

この日は日焼け止めを塗り忘れていた足の甲i-91
サンダルの網目模様がくっきりv-12 まだ消えてませんe-330
南国の陽射し、恐るべしv-278

グラン・トリノ、そうですイーストウッドさんのですe-266
あの映画のイーストウッドさん、特に素敵ですよねv-398

ウチの近所でも夕刻、道路に面した玄関先に椅子を出して
リラックスウェアで煙草e-176を噛みつぶしながら黄昏てる
老紳士v-509がいるんですが、相方と 「 グラン・トリノ 」 って
あだ名をつけてますi-278 私の父も夏の夕方、ステテコ姿で
手入れをした菜園e-436を眺め、煙草をふかす習慣があって...e-446

美々津e-255で出会ったグラン・トリノは、
歴史を見つめてきた耳川を眺め、何を想う・・・ですi-228

舟のオブジェ、星座の絵e-200にも出てきそうな古代船ですよね、
見るからにe-343 妄想のお誘いにも乗って頂き、恐縮ですe-454e-343

宮崎犬は九州のニュースe-288でも紹介されたので
少し前から知っていて、グッズも探したんですが
収穫はシールが貼られたご当地フードe-333のみでしたe-330

冷や汁、ご存じなんですねe-257 具が粉々になるぐらいまで
煮込んだ3日目のけんちん汁、我が家は好きですe-266 
冷や汁はこれに味噌を溶き入れた感じでしょうかe-3 
ただ、見た目は “ ねこまんま ” っぽい...かなi-229

マンジ君v-286へもいつも優しいお言葉をかけて下さり
ありがとうございますv-421 幸せね、マンジ君v-286v-343v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぱと :

冷や汁?それは私は馴染めないかも(>_<)

自宅用に買ったザビエルを、今日は2つも食べてしまいました(^^ゞ私の気分も、まだまだ別府に置いてけぼり~来年も行く可能性大です~♪
今度こそ、観光に足を延ばしたいと思います☆

鶏が、ほんとに美味しかった~!宮崎も美味しいのですね♪♪本場のチキン南蛮、食べてみたい!!

まーりたん : ぱとさんへ

ぱとさん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

別府旅行レポ、最終回まで楽しく拝見させて頂きましたヨe-266
楽しい思い出を沢山作られた様で、本当に良かった~v-398 
フェリーのテープ渡し、復活してたんですねe-451知らなかったe-330
お疲れの所、毎回本当に素晴らしい記事e-420を届けて下さって、
心より感謝申し上げますv-421e-414 

次回九州へいらした時は、宮崎県もオススメですよv-410v-426
宮崎市内まで南下するとv-448v-355太平洋に沿った直線道路に
パームツリー並木のv-301完全なる南国ですv-278
本場のチキン南蛮は、ニワトリの国e-78で暮らす私も
びっくりの美味しさでしたv-10 ぱとさんのグルメレポート
“ 冷や汁に挑戦編v-220e-343 ” も楽しみだな~、なんてi-278

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : 鍵コメントを下さった8様へ

いつもご訪問、温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

お盆の間、そちらはカラカラ日和だったんですねe-451
こちらは16日を除いては、8様のご主人様が仰る様に
ポイント的な土砂降りv-279を繰り返す不安定なお天気でしたe-351

8様のお知り合いには、教科書に出てくる歴史上人物の
末えいの方がいらっしゃるんですねe-330凄いなあe-349

私は歴史は好きですが、日本史や世界史を語れるような
レベルには程遠いオツムの構造ですi-229 
今は地元史が凄く面白く感じ、相方も呆れるほど
夢中になってますi-278 調べ物をしたり、本を読む時間が
もっと欲しいなあと想う毎日で・・・v-393 

たびたび鍵コメントでのお気遣い、恐縮ですv-421
記事が記事なので、お気を遣わせてしまいますよねe-443
なかなか主婦らしいe-3お話が出来なくてすみませんe-466i-201
 
また是非、コメント欄の方へもゆっくりとお邪魔させて
頂きますねv-410 こんな私ですが、どうぞ宜しくお願いしますv-398e-414
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。