プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


「 まーりたんさんはお盆休み明けで、片づけやブログの更新にアタフタ

ピリピリしてるんだから、今日は良い子にしてようね、マンジ君 」

まーりたんはお盆にどこへ行ってきたのだニャ

「 まーりたんはお盆休み、どこへ行ってきたのだニャ 」











「 ややっ、マンボウやウミガメくんの佐伯市ではニャいか

今回まーりたんは佐伯の城下町も散策したようだニャ 」

マンジ君、勝手にプレビューしちゃダメだよ

「 あっ、勝手に画像をプレビューしちゃダメだよ マンジ君 」












城山登山口に居たカッパくん

「 佐伯城とゎ カッパ城ニャのか・・・ 」

佐伯城はカッパ城ニャのか










「 まーりたんのパソコンは、やはり妖怪宇宙人の巣窟ニャのだ 」

言わんこっちゃない、マンジ君は全く

「 ほら言わんこっちゃない 大丈夫かいマンジ君 」










「 これは城山登り口にあるカッパくんタイプの水飲みだよ 」

佐伯は河童伝説が残る暁嵐の滝もあるからね

「 佐伯には河童伝説が残る 暁嵐の滝もあるからね、マンジ君 」












「 城山登り口看板先の鳥居を潜り登山道を歩いていくと、山頂には

慶長6( 1601 )年、日田から佐伯へ移封された毛利高政が築いた

山城跡 佐伯城、またの名を鶴屋城があるんだよ、マンジ君 」

佐伯文化会館(かつての三の丸)東側の登山口を登って行くと

「 父の代から秀吉に出仕していた毛利高政は尾張( 愛知県西部 )の

出身で、最初は森姓だったけど、信長の訃報を聞いた秀吉が遠征先から

引き上げる際、高政は広島の毛利家に人質として預けられたんだ。 

そこで毛利輝元に気に入られて、毛利姓を貰ったというワケらしいよ。

この情報は “ ウィキペディア毛利高政 ” からだけどね 」


山頂には毛利高政が築城した佐伯城(鶴屋城)跡があるんだよ
史蹟・佐伯城址(解説板)

「 鶴屋城鳥瞰図によれば、佐伯城の竣工は慶長10( 1606 )年。

天守閣は三層、二十櫓が5か所、櫓門は4か所、平櫓1か所、冠水門が

8か所。 寛永14(1637)年には三代目・毛利高尚が今、佐伯文化会館の

建っている場所に三の丸御殿を造営。 三の丸正門の櫓門は別名 黒門と

呼ばれる佐伯城唯一の遺構県指定重要有形文化財なんだって 」
 

三代毛利高尚が設けた三の丸櫓門(三門一戸片潜戸付き門)


「 佐伯城は、超ゴージャス山城ニャのだ 」

立派な山城ニャのだ

「 でもね、初代・毛利高政さんは関ヶ原の頃から徳川家康に仕えた

外様大名だったから、転勤やお城の労役に何度も駆り出されたりで

藩の財政は楽ではなかったんだ 苦労人でもあるみたいなんだよね 」












「 そうだ、マンジ君 この絵地図をみてごらん 」

この絵地図はね、マンジ君



「 ニャんと、手描き地図ではニャいか 」

佐伯小学校の生徒さんが作った地図・城山登山口の透明なボックスに入ってます。

「 温かみ溢れる可愛いマップは、佐伯小学校の生徒さんの手作りだよ

三の丸櫓門の石垣は海から運ばれてきたので石垣に貝が残っているとか、

櫓門の魅力は石垣に切り開いた 三門一戸片潜戸付き門

( さんもんいっこ かたもぐりどつきもん )だとか、塩屋の浜を埋め立てて

建設された城下町散策を愉しむためのポイントも押さえてくれてるよ 」












「 こちらが素敵な絵地図を作成された生徒さんの通う佐伯小学校 」

四教堂の門は佐伯小学校の門として復元

「 時代と趣を感じる重厚な門は、安永8( 1779 )年、

八代目・毛利高標が創立した藩学校 “ 四教堂 ” の復元門なんだ 」











「 佐伯小学校前の道路は三の丸櫓門( 黒門 )に続く 内馬場通り 」

歴史と文学の道・内馬場通り

「 正面の三の丸櫓門手前を右へ折れると、かつて武家屋敷が

建ち並んでいた山際通り 内馬場通りと山際通りを合わせて

歴史と文学の道と呼び、国土交通省の日本の道百選にも

選定されているんだって 大分県の佐伯市で1年間ほど教員生活を

送った国木田独歩の資料館も、この山際通りにあるよ 」

歴史と文学の道・山際通り

「 クランクありだニャ。 信玄曲りニャのか 」










「 そして、山際通りの外れには、毛利家の菩提寺 養賢寺 」

毛利家の菩提寺・養賢寺

「 養賢寺は、初代・毛利高政が慶長10( 1605 )年に建立。

現存するのは昭和4年に建てられた本堂と、弘化2( 1845 )年に

建てられた庫裡。 広くて大きくて圧倒的な雰囲気を醸すお寺だね 」

養賢寺・庫裡

「 この養賢寺には、初代・毛利高政さんが登場する不思議な伝説も

残っているんだよ。 まーりたんさんが次回ぐらいにご紹介すると

思うから、養賢寺というお寺の名前、覚えておこうね、マンジ君 」









「 ・・・という訳で、黒潮の香り漂う佐伯城下町を散策する際に

とても役立つ絵地図や無料地域情報誌は、佐伯文化会館横

城山登山口解説板に備え付けの透明なケースに入っています 」

城山登山口には佐伯散策に役立つパンフレット、無料情報誌が沢山ありました



「 マンジ君、もう集中力が切れたのかい 」

マンジ君はすぐ飽きるんだから。

「 そりゃ今回の記事はかなり長めだけど、飽きたからって

すぐにお菓子へ直行するのは、どうかと思うよ、マンジ君 」









「 白熊チロルは美味しくってよニャ~のだ 」

ニャにかお呼びに・・・

「 わっ、マンジ君が過去記事で1度使ったガガさんのお目目

まだ捨てずにとってたんだね。 でも、それぐらいじゃ驚かない・・・









「 ニャらば、ぐるぐる目玉もサービスニャ 」

白熊チロルは美味いのだニャ~。ぐるぐる目玉ニャ

よっ 」











「 こだぬき君も2段落ちとは思わニャかったのであろうニャ 」

こだぬき君、二段落ちの変ニャのだ

「 ものは大切にすべきニャのだ 学んだニャ 」










さて次回は、日田の隈城から佐伯へ移封されたのち

廃藩置県まで12代に亘り、豊後佐伯二万石の城下町を治めた

毛利高政公を初代とする毛利家時代よりも遥か昔・・・。

鎌倉時代から約四百年間22代に亘り豊後国主として君臨し、

最盛期には九州6か国を治めた大勢力 大友氏の豊後入国よりも

もっと前から豊後( 大分 )は佐伯の地を治めていた豪族で、

蛇神の化身を始祖に持つとも言われる伝説の佐伯氏一族まで

遡ってみたいと思います 

豊後水道より深い謎に包まれた佐伯ディープ街道をゆきます


  







本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます
関連記事

2012/08/16(木) 16:31 | コメント:11 | トラックバック:0 |
コメント

香奈子 : 趣きがある道。

こんばんは(#^.^#)
お盆明けでバタバタしていませんか?
マンジ君は相変わらず、こだぬきさんを困らせてますねぇ。

佐伯城、周辺の建物や道が綺麗で驚きました!
小学生が作った手作り地図、暖かみがあって、分かりやすそうですね!
その子供たちが通う学校の校門、素晴らしいですね!
こういう所を毎日通っていたら、自分の国、地域を意識して
育つだろうなあ〜〜

次回は何やら不思議な匂いがしますね・・・楽しみにしています(^_-)

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

昨日は何とかブログの更新e-303まで漕ぎ着けたものの
何もかも大急ぎでやろうとした結果v-355、ベッドの角に
足の小指をぶつけてe-327、そのまま暫く倒れ込み・・・v-282
そんな私を知ってか知らずか、マンジ君v-286たちは
普段通り平和な日常e-3を過ごしていましたi-229

佐伯城下町e-496、実は今回初めて散策したんですが
中津や臼杵同様、絵になる佇まいにびっくりでしたe-451
佐伯小の生徒さんv-206作成のマップを見つけた時もe-317e-77
その素敵さに思わず 「 わあっe-415 」 と独り歓声をi-237

今でこそ、こうして地元の歴史探訪v-335を楽しんでますが
私自身、小学生の頃v-462 は地元の歴史には全くの興味薄で
本当に頭が下がるばかりですe-443i-201

今週末は相方が連休みたいなので、次回の更新e-337
来週になるかと思いますが、香奈子さんのご期待通りv-391
不思議な匂い満載e-3でお届けさせて頂く予定ですi-278

いつも記事を楽しんで下さり、本当に嬉しくv-398
励みになりますe-271 ありがとうございます、香奈子さんe-287e-414

大分ナシカ : こんにちは

ついに佐伯城制覇しましたね(#^.^#)

上まで登ってみましたか?ナシカは頂上まで登ってみましたが途中で佐伯のわけわからんおいさんが出てきて佐伯市長の悪口を下に降りるまで散々聞かされました(笑)

そのおいさん走って登って走って降りる変なおいさんでした(*^^)v

全ポチ★

いつも応援ありがとうございます。

ゆきち :

はじめまして
いつも楽しく拝見しております
佐伯は思い出の場所で
城山のふもとにある幼稚園に2年間通ってました
その2年間しか住んだことがないのですが
絶対にもう一度訪れてみたいと思っています
今後の記事も楽しみにしていますね!

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
いつも温かいコメント、応援をありがとうございますe-446v-238

お盆休みは満喫されましたかv-410e-3
私の方はご覧の通りe-287県内日帰り散策のみでしたが
あとは家の事に追われてv-355ブログの更新は出来ず仕舞いe-351
朝のご訪問時間をねん出するのがやっとのお盆でしたe-330

佐伯はブログe-337を始める以前、月一度は行っていて
( 間越や上浦など海辺ばかりですけどv-518 )
柏島へ行った時は、宿毛フェリーも利用しましたヨe-454
この日、数年ぶりに立ち寄り、海の広場で初めて買物しました♪

佐伯の城下町e-496ナシカさんも先日アップされてましたねe-343
サンダル履きだったので、山頂v-281までの道は手軽な独歩の道を
選んだんですが、野鳥やモモンガの看板辺りで断念e-443
雨の後で道が見事にぬかるんでて、これは転倒必至だとe-327
晴れの日にスニーカー履きで出直しますv-278

佐伯市長さんの悪口を初対面のナシカさんに延々と喋る
無防備さ、そしてフレンドリーさe-420 それは紛れもなく
大分ンおいさんですねe-451 一度遭遇してみたいですe-349

まーりたん : ゆきちさんへ

ゆきちさん、ようこそ♪はじめましてe-446v-238

こちらこそ、いつもお邪魔させて頂いてますe-343
ご挨拶が遅くなって申し訳ありませんv-393i-201
筆が遅いせいか、どーもコメント無精の傾向が
あるみたいで、失礼をお許し下さいv-421

ゆきちさんは佐伯の幼稚園に通われていたんですねe-266
懐かしんで下さって嬉しいですe-454
私も佐伯へは30代の頃までよく訪れていたんですが
恥ずかしながら海のほうだけしか知らず・・・e-330

それがどういう訳か、数年前から地元史v-335にムクムクと
興味が湧いてきましてi-229、今回初めて佐伯城下町を
訪れてみたんですが、その趣ある佇まいに感激しましたe-349 

大分市も江戸期からの府内城下町e-496のはずなのに、
大分空襲で全部焼けて復元できなかったのかなe-3
城下町の佇まいを残すものは殆どありませんよねe-351
だから妄想力?が鍛えられるのかしらi-278

次回の記事も楽しみにして頂き、励みになりますe-271e-454
コメント無精な上に、のんびりマイペース更新ですがe-365i-201
どうぞいつでもお気軽に、ご観覧頂ければ幸いですv-398e-414

ami(あみ) : ようこそ、佐伯へ

まーりたんさん、こんにちは。
ami(あみ)です。

佐伯市在住の私より いろいろ詳しく勉強されてますねv-411
かっぱの水飲みは気が付かなかったですね。

あいかわらず マンジ君がかわいくて笑ってしまいました。

次回の記事を楽しみに待ってますv-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : ami(あみ)さんへ

ami(あみ)さん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

ami(あみ)さんは佐伯にお住まいだったんですねe-266
佐伯はこれまでにも度々お邪魔してはいたんですが、
城下町を歩いたのは初めてでe-330、風情ある町並みに
すっかり魅了されてしまいましたe-349素敵な街ですねe-420

ami(あみ)さんに優しいお言葉e-415をかけて頂いて
マンジ君はすっかり鼻の下を伸ばしておりますe-141v-286e-328
ami(あみ)さんに「 ありがとうですニャ 」はv-403v-286e-291

続編も楽しみにして下さり、大変嬉しく励みになりますv-398
明日は早朝より福岡方面へ出掛ける予定ですのでv-448v-355
次回の更新e-303は明後日ぐらいになりそうですが、お手の
空いた時にでも、ごゆっくりとお楽しみ頂ければ幸いですv-410e-414

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。