プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

柳川名物 うなぎのせいろ蒸しで ガッツリ腹ごしらえをして、

ベテラン船頭さんのドキドキパフォーマンスも絶妙なタイミングで

見物でき、すっかり気分を良くしたところで 今回の目的だった水郷

柳川市 歴史めぐりの旅へ、いざ出発

 






最初に訪れたのは、三橋町 高畑にある 三柱( みはしら )神社

国道443号線沿いの 下百町( しもひゃくちょう )乗下船場から直ぐです

三柱神社と参道

この神社の御祭神は、豊後の大友氏20代義鑑と 21代宗麟に仕えた重臣

立花道雪( 戸次鑑連 )、道雪の娘で僅か7歳にして家督を継ぎ

立花城となった 立花誾千代( ぎんちよ )姫、大友氏家臣

高橋紹運の子で 誾千代姫の夫、初代柳川藩主の 立花宗茂公

三柱神社由緒記1・380

三柱神社由緒記( 現地解説板 )には配祀として神社の建立に携わった

歴代柳川藩主の名、道雪の奥さんと宗茂公のパパの名前もありますね







社務所近くの現地解説板によると、三柱神社の神域は 約62,000㎡。

社殿へ続く長い参道は旧藩時代、馬場として使用されていたそうです

参道の中央には松並木、左右には吉野桜、参道北端には御影石の大鳥居。

左に心字の池があり、廻廊は安芸の厳島神社を模して建造。

うっそうとした楠の巨樹の奥には日光東照宮の陽明門を象った見事な楼門。




ただ、残念なことに平成17( 2005 )年の火災により

( 放火と書かれてました・・・

この楼門を含む大部分が焼失してしまったのだとか・・・






下の画像は、今の本殿 

三柱神社(裏には再建中の本殿)

裏には半分ほどが焼け、現在復旧中の本殿と工事の足場が見えてます






関ヶ原の戦いでは西軍に加担したため、一時は全てを失うものの、

その後の頑張りで見事、柳川城主に返り咲いた立花宗茂公のように

三柱神社が往年の姿を取り戻せる日を、心よりお祈りしています





そして豊後府内( 大分県大分市 )から無事に柳川まで来れた事に感謝

道雪さん、誾千代さん、宗茂公、お邪魔します

三柱神社由緒記2・380

関ヶ原で西軍に加わった者の中で、

かつての領地に甦ったのは立花宗茂のみ






そんな宗茂公にあやかってか、三柱神社は復活の社としても

有名らしいんです で、今年6月、誾千代姫と 吉岡妙林尼さん

紹介された歴史秘話ヒストリア番組内にも登場した 蘇り御守

まーりたんも買ってみました マンジ君、持ってきて












これが蘇り御守ニャのだ

蘇りお守りニャのだ


白地の左側は毎年10月9日~11日の3日間行われる三柱神社

秋季大祭( おにぎえ )の 踊り山車がデザインされた御守り。

淡いピンク地に鳳凰が刺しゅうされた右側が、蘇り御守です

再生、復興を願う皆様にご加護がありますように

いつも貴重なお時間を割いて拙ブログへ足を運んで

下さる皆さま、心より感謝申し上げます 目下、

再起・復興を目指し頑張っていらっしゃる方々には

どうぞ、蘇り御守のご利益がありますように














「 悪戯を何度叱られても懲りないマンジ君は、既に蘇り過ぎだよね 」

悪戯を何度叱られても懲りないマンジ君は蘇り過ぎだよね

「 この御守りだけは、フードに入れて独り占めしちゃダメだよ













ちょっと、こだぬき君もマンジ君も

パソコンの前で遊ばないで頂戴

ブログの続きが書けないでしょ


まーりたんもガミガミ小言ばかりで懲りニャいのだ

「 まーりたんもガミガミ小言ばかりで懲りニャいのだ・・・















正体はガミラス星人ではニャいのか

ガミラス星人ではニャいのか?

「 あっ、それはAyana’さんから頂いたプレゼントBOXの蓋だ















「 まーりたんさん気を失っちゃったみたいだよ。

マンジ君が突然 とらちゃんに変身したと思ったのかな・・・

蘇りお守りを試してみるのだニャ

「 年寄りの冷や水ニャのか 早速 蘇り御守を試してみるのだニャ 」










Ayana’さん、素敵なバースデープレゼントをありがとうございました

また後日、改めてご紹介させて下さい









夏の終わりの柳川紀行、のんびりゆらゆら続きます

夏の終わりの柳川紀行ユラユラのんびり続きます


本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます
関連記事

2012/09/09(日) 12:49 | コメント:9 | トラックバック:0 |
コメント

香奈子 : ゆらゆらと。

おはようございます(^-^)
家事で焼失した部分が残念だけど、趣きのある神社ですね!
“蘇り”ですか?素晴らしい!
この地を守る神社は先人の方々の思いそのものですね☆

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

柳川散策レポ、今回もお付き合い下さり恐縮ですv-398
三柱神社は昨年、宗麟公絡みで道雪さんの事を学ぶまではe-119e-317
恥ずかしながら存在すら知らなかったんですe-443i-201
今回ご縁あってようやく来れたe-349というのに、つい数年前に
立派なお社が焼失したと聞き、残念でなりませんでしたe-263 

それでも “ 蘇りのシンボルe-420 ” である宗茂公のご加護か、
人気歴史番組v-335でも紹介されましたし、今後さらに多くの方々が
参拝にいらっしゃれば、復興も早いのではないかと思いますv-410e-343

大分ナシカ : こんにちは

なんで柳川に行ったかやっと理由がわかりました。

大友宗麟のつながりで行かれたのですね(#^.^#)

全ポチ★

いつも応援ありがとうございます。

被災地が早く復興すると良いですよね。

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
いつも温かいコメント、応援をありがとうございますe-446v-238

その通りですe-284ナシカさんv-411 宗麟絡みです・・・i-229
こんな性懲りもない私に今回もお付き合い下さり恐縮ですv-421i-201

大友宗麟が、重臣の戸次道雪さんに立花城督e-496を命じた事が
いうなれば柳川の華麗なる立花家e-497に繋がってるんですv-392 
それを知って訪れた今回の柳川だけに、感無量でしたヨv-10

高橋紹運( 宗茂公のパパ )が島津軍e-248から守り抜こうとした
大野城市の岩屋城跡e-496も、いずれ訪ねたいなと思ってますv-410e-343

また、私とは逆ルートで豊後を訪ねる方もいらっしゃるでしょうしv-448e-330
大分市の大友館e-497は、せめて外観だけでも復元すべきじゃ
ないかな~e-266なんてi-278 言うだけならタダi-179
大分駅v-234北口は南蛮カラーv-506に染まるみたいですけどネv-410

蘇り御守のパワーe-271 北部九州豪雨で被害を受けた地域そして
東北の被災地に届きます様にv-421と宗茂公にお願いしてきましたv-398

君平 :

こんにちは。
各地には由緒ある素敵な神社仏閣がありますね。
焼失してしまったのですか!!
復元などはされないのでしょうか?
金閣寺も放火ですよね。
折角、先人からずーっと大切にしてきたのを
現代人は何故大事にしないのか、やはり、近代の人の方が
性悪な人が多いって事なんでしょうか。
所で、旅行にはこだぬき君もマンジ君も留守番なんでしょうか?
旅先でも、暴れて欲しいなと密かに期待しています(笑

piglet01 :

いつも、まーりたんさんの記事で勉強させて戴いています。^^

若くしての誾千代さんの晩年は、幸が薄かったかのように
伝わっていますが、三柱神社の三神のひとりとして
祀られているとは嬉しいですね!

今回の記事も勉強になりました。♪
ありがとうございます。

まーりたん : 君平さんへ

君平さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

これまで何となく参拝していた地元の神社や仏閣もv-425、由緒に
目を向けてみるとe-317、意外な発見があったりして面白いですねv-410 
三柱神社も大分の戦国大名に縁が深いと知り、もう大感激e-349
で、今回ウキウキしながら訪れたんですがe-266、貴重な建造物が
放火によって失われたと聞きe-318、凄く残念ですe-441

金閣寺でも放火事件があったのですねe-451、知りませんでしたi-201
e-269をつけた人も色々想う所があって、心が荒んでいたので
しょうけどe-351、それで抱えている悩みが解決するわけないのにv-393

三柱神社は社務所に復興委員会事務局が設けられてましたe-454
とはいえ以前の姿を完全復元するには時間もかかるでしょうねe-443

こだぬき君とマンジ君v-286へも優しいお言葉をありがとうございますv-398
こだぬき君は2010年に我が家へ来たばかりでv-258、外出の経験は
まだありませんが、マンジ君v-286はこれまで沖縄へも行きましたしe-255
( もちろん旅行鞄に入ってですけどv-337 )結構、旅慣れてますi-278

君平さんの仰る様に、2匹e-276e-276を連れての旅行も面白そうですねe-454
ただ、私が2匹を連れて堂々と観光すれば、それを見た人様e-317
心配をかける恐れがありますのでi-179、車の後部座席止まりかなv-410e-3

まーりたん : piglet01さんへ

piglet01さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

こちらこそ、戦国史の面白さや奥深さに気付けたのは
師匠e-420piglet01さんのお陰ですv-421 心より感謝していますv-398
自身はまだ郷土史をやっとこさ学んでいる段階ですけどe-330
piglet01さんの記事e-337で、更に見聞を深めて行きたいですe-454e-343

誾千代さんは宗茂さんの返り咲きを見る事なく、
30代で病死されてますねe-263それでも7歳で家督を継ぎ、
城と領地を守った戦国の華v-254として、讃えられてますよねv-392
立花家史料館入口には誾千代さんの肖像画が飾られてますe-415
三柱神社の御祭神でもあり、本当に素晴らしいですねe-287e-420

この日、誾千代さんの菩提寺・良清寺にもお参りしましたv-425v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。