プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

元和元( 1615 )年、大阪城が落城し、豊臣家が滅んだ大阪夏の陣。 

そのさなか、豊臣秀吉の遺児・秀頼を護衛し、大阪から瀬戸内海を渡って

大分県へ落ち延びたとされる伝説の武将 後藤又兵衛基次さんのお墓へ

念願のお参り達成  その後で立ち寄ったのは、県道702号線を

中津城方面へ少し北上した場所に在る 浄土真宗の古刹 光円寺 

浄土真宗・光円寺

このお寺の本堂には、大分県立先哲資料館の常設展示コーナーで、

近世の先哲10人に数えられている竹田出身の日本画家 田能村竹田や

日田出身の教育者 広瀬淡窓などが手がけた 江戸末期の天井書画230枚程

( 有形文化財 )が収められていて、格天井の光円寺としても知られます


光円寺格天井書画について(解説板)

以前、別府湾サービスエリア玄林館で入手した 中津耶馬渓観光協会発行の

大分県中津市まち歩きコースブックで 光円寺の格天井のことを知って、

機会があれば是非、拝見したいと思ってました 今回はチャンスだゾ  

それにしても、楼門の年季の入り具合から相当な古刹ではないの

解説板を読むと、建立は何と454年前の 元禄元( 1558 )年

大友宗麟公がまだ義鎮( よししげ )公と呼ばれていた28歳の時じゃないの

中世の郷土史にどっぷりハマっているだけに、益々興味が湧いてきます








文政二( 1819 )年に再建され、今に至る 光円寺の本堂。 

文政二(1819)年に再建された光円寺本堂

築193年です。 

ひとの気配が無く、引き戸も閉まっていたため、擦りガラスと鴨居の間の

透明ガラス部分から、どうにかして天井書画が見えないものかしら

腰をかがめたり背伸びをしたりして覗いていたところ...( 明らかに不審者


あら。 今、お堂を開けますね。 どうぞ中へ


住職さんの奥様らしき女性が、本堂左手のお縁づたいにニッコリ笑顔で現れ

( そういえば左側にお宅が隣接今頃写真を見て気づくなんて )、


あっ、勝手にすみません お邪魔してます 」


最初は毎度のパターンで、まーりたん一行は恐縮しつつ本堂の中へ。

外にお賽銭箱があったら入れようと思い、掌に握り締めていた百円玉を

本堂内お賽銭箱に入れて手を合わせ、笑顔の奥様に見守られながら

格天井の書画を眺めていると、続いて住職さんも朗らかな笑顔で、

しかもカジュアルスタイルで颯爽と登場 

アラフィフかしら?お二人ともお若いです


光円寺格天井書画(現地解説板より)
( 光円寺の天井書画・撮影は原則として出来ません。画像は現地解説板より )





ところで今日は大分市から、わざわざ格天井を見に

耶馬渓の山奥まで、お出でになられたんですか?




お寺の歴史と天井書画についての解説をひと通り話して下さったあとで、

少し不思議そうな表情の住職さん。 住職さん、まーりたんはイタズラ狸や

河童ではありませんよ で、ここは正真正銘の?人間であることを証明

しておかねばと覚悟を決めると、ウチのダンナさんの心配顔をよそに




「 実は、黒田官兵衛さんのファンで、今日は

黒田二十四騎・後藤又兵衛さんのお墓を探して

伊福の里へ来たんです、先程お参りも済ませました。


その後で このお寺の前を通りかかって、書画の事を思い出して・・・




少々尻窄み気味にはなったものの、正直に潔く話してみるものですね~ 




そうだったんですか、 それなら 」 と、住職さんは

後藤又兵衛さんの肖像を見せて貰える民宿や、又兵衛さんを匿ったという

お豊さんに似た岩の事、そして格天井画の中に、又兵衛さんをイメージできる

絵がある事等々、又兵衛さん情報を大変好意的に、詳しくご教授頂き感激

光円寺の住職さんも、もしや戦国史好きなのかしら






あまつさえ それだけに留まらず、まーりたん達が中津の唐揚げに目がない

ことを知った住職さんは、「 少しお待ち下さいネ 」 と

何かひらめいた様子で、一旦お宅へ  その間、

入れ替わりに中学生位のお嬢さんがお茶とお菓子を出して下さいました





それから1分経ったか経たないかの内に、住職さんは耶馬渓のマップを手に

半ば駆け足で戻ってきて、耶馬渓地区でオススメの唐揚げ屋さんを2店舗

教えて下さいました そして、まーりたん達が、おいとまする時には、




また近くをお通りの際は、どうぞいつでも

お気軽にお立ち寄り下さいね




住職さんご一家は本堂のお縁から手を振り、笑顔のお見送りまで 

光円寺さん、有意義で素敵な時間を本当にありがとうございました









お土産に頂いたお饅頭 中津銘菓・双葉堂ビスマンです

光円寺で頂いたお菓子・ビスマン

郷土史ファンの皆さま、後藤又兵衛基次さんのお墓を訪ねられる折りには、

光円寺に立ち寄ると 耳より情報を入手できること間違いナシです 

この日は予定が詰まっていたために先を急ぎましたが、後藤又兵衛基次さん

縁の史跡はお墓を始め、この裏耶馬渓と玖珠エリアにはまだまだあります 

又兵衛さん史跡巡りツアー・リターンズ催行の際には、

光円寺住職さんのお言葉に甘えて、また是非お邪魔させて頂きます







最後に、記事の冒頭でも触れた 気になる光円寺の楼門について少し...。

住職さんのお話だと 196年前の火災で本堂は焼失、建て替えと

なりましたが、楼門だけは類火を免れ、焼けずに残ったと云います。 

ただ、建立年がハッキリしないほど古いものだとか・・・もしや現存 

しかしながら老朽化が著しく、今秋中に取り壊さざるを得なくなったとの事 

それまでに見る事ができたのも、幸運だったのかな 写真にも収めたし♪

天井書画で知られる光円寺


長くなりましたので、光円寺住職さんオススメの有難~い

唐揚げ屋さんのご紹介は、次回にしたいと思います








本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます
関連記事

2012/10/01(月) 18:59 | コメント:6 | トラックバック:0 |
コメント

piglet01 :

又兵衛さん以外は直接記事に関係なくて申し訳ありません。
最近、「黒田官兵衛」(浜野卓也暑:PHP文庫)を読んでいたところでしたが、佐々長政の「肥後国人一揆」のキーワードとして「官兵衛さん、長政さん、城井谷城・宇都宮鎮房、日隈城、馬ヶ岳城、後藤又兵衛、明良洪範」などが出てきましたよ。
まーりたんさんの研究の一助になれば…。

香奈子 : いいご縁。

おはようございます(*^^*)
素晴らしい住職さんですね。
これも、先人方のまーりたをさんへの労いの様な・・・
きっと、住職さんも、まーりたんさんの真っ直ぐな
郷土史を愛する気持ちを分かって下さったのでしょうね。

格天井、資料を拝見するだけで素晴らしいだろうなあ〜って
想像できます!

郷土史を巡って出逢うご縁、素敵ですね☆
次回の住職さんに教えて頂いた唐揚げ、楽しみです〜♪

ぱと :

年号をみて、年齢を計算しちゃうなんて、相当ですよ~笑 しかし、良いお住職さんですね♪きっと、まーりたんさん達と御話できて、住職さんも嬉しかったでしょうね~!

門も再建できれば良いのでしょうが、、難しいのでしょうね(>_<)うちの近所の相当古い神社も、由緒正しきものらしいんですが、助成金だけでは足りないので、町内から寄付を徴収されることに(>_<)この寄付も、反対・賛成が多数で大変だったんですが、、1家30万徴収という金額にビックリしましたよ(>_<)分割にして貰って、ボチボチ払っていますが・・
住職さんオススメの唐揚げ屋さん情報、楽しみにしています♪♪
なんと来年の旅行日程、まーりたんさんがチラリとおっしゃった久住も行くことにして、6泊7日の大旅行になりそうです(^^ゞから揚げ屋さん、どこか1つだけでも行きたいので、これからジックリ検討します♪

まーりたん : piglet01さんへ

piglet01さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

直接記事に関係ないなんて、とんでもないですe-2
大ありですよ、piglet01さんe-330

既にご存じでしょうけど、肥後一揆の鎮圧に失敗した事で
佐々成政さんは秀吉さんに厳罰を命じられますよねv-393
豊前でも黒田官兵衛は入国の際、土豪達の反対e-258を受けたものの
とりあえずは黒田氏の入国は認められ、丸く収まるんですv-426 

が、豊後守護・宗麟と同じく源頼朝さんに命じられて豊前の地頭を
やっていた由緒正しき家柄v-352の宇都宮鎮房さんへ、
地元から出て行くよう秀吉さんは命令するんですねe-141

それだけは譲れなかった宇都宮さんは挙兵し、徹底抗戦v-220v-359
その結果、以前ブログ記事e-337にした中津城下の合元寺での
悲惨な事件によって、土豪の反乱は全て鎮圧となるわけですe-441

官兵衛くんは、宇都宮鎮房さんの家族は山口県へ送還する様に
長政に命じたそうですがe-141、長政は聞き入れずに滅ぼしてしまったと
小和田哲男さんのミネルヴァ日本評伝・黒田如水にありましたv-87e-317

中津の観光パンフレットなどでも、全ては官兵衛くんの策謀e-277により、
みたいに紹介されてますがe-351、名門コンプレックスがあったとされる
秀吉さん、そしてワンマン息子の泥を、官兵衛くんは被らされたe-443
いうことになります。 けれど一方で、佐々成政さんのこともあり、
二の舞になる訳にはいかず、官兵衛君は長政を黙認、協力したとも...。

先日の piglet01さんの記事e-395、そして今回教えて下さった
キーワードを観て、タイミングe-77が来ている様な気がしましたe-454
城井城主・宇都宮鎮房さんの事、近い内に書いてみようと思いますv-392
piglet01さん、心より感謝申し上げますv-398e-414

そうe-343馬ヶ岳城は、官兵衛くんが最初に居城とした福岡県行橋の
山城ですねe-496 ここもその内、訪ねてみたいと思ってますe-266

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

光円寺では、ウチの相方の忠告e-1 「 怪しまれるぞ、やめとけe-320i-201
も聴かず、 本堂のお縁に上がって内部を観察e-317していたところ
奥様に声を掛けられドッキリv-12、この様な素敵な顛末となりましたe-420

又兵衛さんに会いたくてv-345野を超え山を越え、土砂崩れv-70を越えて
やってきたのでv-448e-330、香奈子さんが仰って下さる通り、
もしかしてご褒美e-144をくれたのかもしれない・・・なんて
厚かましくも思いi-278、とっても良い気分でしたe-266

住職さん、私に合わせて下さったのかもしれませんが
郷土史がかなりお好きな方の様で、嬉しかったですv-398e-414
「 戦国武将のお墓参りに来ましたe-442 」 なんて言うと、多分
ドン引きされるかe-447、流行の何とかガールや歴女かぶれだとか
思われて呆れられるだろうなe-444、という覚悟の上での告白でしたv-411

格天井、まだ絵柄もハッキリしていて美しかったですv-352
次回の住職さんオススメの唐揚げさんe-160も楽しみにして下さり
ありがとうございますv-421e-343 何やらマンジ君達v-286、そろそろ記事に登場
したい風だったので、先ほどロケv-265i-179をしていたところ時間がv-243i-201
今日中の更新を目標に、ちょっとだけ頑張りますe-271e-454

まーりたん : ぱとさんへ

ぱとさん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

いえいえi-201、つい最近まで入れ込んでいた大友宗麟公は
1530年生まれと、キリが良くて憶えやすいんですよv-411v-426
ですから中世の史跡v-490を訪ねる時は計算の基準にしたりしてi-278

お寺の古さの割に( と言ったら失礼ですけどe-330
住職さんはご夫婦そろってお若くてe-451、多分、私の姉世代
ぐらいかなe-454e-3 何とも朗らかで、居心地の良い雰囲気v-22
作って下さる方で、お陰で良い時間を過ごす事ができましたv-398 

京都v-335には、もっと古くから現存する仏閣がきっと数多く
あるでしょうねe-266 古都の景観維持のためにも国家プロジェクトで
がっちり守られているのかと思いきや、自治体でも管理費をv-12e-3
しかも一家庭30万i-198うわ~、これは何とe-443
旧いものを守っていくのって、甘くないですねe-351

来年の九州旅行v-231、久住高原も加えて下さったんですねe-343
阿蘇に並んで、夏の久住は素晴らしいですよv-398

そして、久住高原のある竹田市はご当地ソフトクリーム天国ですe-425e-328
毎年夏の3か月間は三ツ星ソフトe-354スタンプラリーなんてのも
開催されてますヨv-392 『 ソフト王国 竹田 三っ星ソフト 』 で
検索されるとe-337、とんでもない数のご当地ソフトが出てきますi-278

中津(大分県北)からあげe-160を売ってる唐揚げ屋さんは、
別府にも 『 元祖からあげ天e-78 』 さん他、何軒かありますので
楽しみにご検討くださいe-266 次回の記事も楽しみにして下さり
嬉しいです。 ありがとうございます、ぱとさんv-410e-414
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。