プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


大分県中津市と福岡県とを隔てる山国川上流の岸辺に、垂直にそびえる

鋸歯状の奇岩群。 明和4( 1767 )年、江戸浅草寺の金龍和尚さんが、

この岩峰を 競秀峰( きょうしゅうほう )と名づけ、文政元( 1818 )年に

来渓した 頼山陽( らいさんよう )翁が、耶馬渓図巻にて 世に紹介しました。 

以来、競秀峰は 耶馬渓( やばけい )第一の名勝として知られています

禅海和尚が挑み福澤諭吉が守った名勝・競秀峰

また、明治27( 1894 )年には、中津市へ帰省していた福澤諭吉が

競秀峰の一部が売りに出されている事を知り、樹木の乱伐などによって

景観が損なわれることを危惧 私財を投じて3年がかりで競秀峰一帯を

買い占めます。 諭吉の行動は、市民環境保護運動の先駆けと云われ、

競秀峰は ナショナルトラスト運動発祥の地なのだそうです










競秀峰登山会のパンフレットによれば、約1キロに亘る競秀峰の奇岩には

北( 下のイラスト・左 )側から、一の峰二の峰三の峰恵比寿岩

鬼面岩妙見岩大黒岩等々、それぞれ名前も付けられておりまする 

頼山陽が耶馬溪図巻にて世に紹介した競秀峰

でもって、競秀峰の裾に沿い途切れ途切れに続くトンネルが、今回ご紹介

させて頂く 禅海和尚さん手掘りの青の洞門( あおのどうもん )です









さて、そんなまーりたんは今、どこに居るのかといいますと・・・

青の洞門・競秀峰登山口の共同駐車場上に架かる 青の禅海橋

青の禅海橋の上に居ます♪

禅海( ぜんかい )和尚さん、見っけノミと槌で洞門掘削中の図です。









絶好の競秀峰ビューポイント青の禅海橋を渡った対岸には、

レストハウス洞門レトロなロゴに吸い寄せられるように入店

青の禅海橋を渡ったレストハウスで資料入手

中津観光に役立つ無料パンフレットやイラストマップも充実してます

まーりたん、資料としてゴッソリ頂戴して帰りました









再び青の禅海橋を渡り、青の洞門・競秀峰側へ戻ります

青の禅かい橋の下は山国川の自然水族館です

青の禅海橋の袂は、山国川を利用した自然水族館になっていて

秋の陽光が降り注ぐ中、鯉やアヒルくんが気持ちよさそうにスイスイ 











お待たせしました 

それではいよいよ 青の洞門へご案内しま~す

禅海和尚手掘りの洞門へ

今からおよそ270年前、禅海和尚さんによって競秀峰の裾にトンネルが

掘られる迄は、宇佐の樋田( ひだ )方面から、中津の青( 本耶馬溪町 )へ

抜けるには、競秀峰中腹に拓かれた鎖渡しと呼ばれる崖道を通らなくては

ならなかったそうです これがなかなかの難所で、足を踏み外しては

断崖絶壁から直下の山国川へ滑落する人馬が後を絶たなかったのだとか。


前方右手に見える階段を降りると洞門入口

車道脇の階段を降りた場所が、禅海和尚さん手掘りの洞門入口です。



階段から眺める山国川の流れと青の禅海橋

禅海和尚さんハンドメイド洞道は、山国川の水面とほぼ同じ高さのため、

改修工事後の現在は、車道の下に潜り込む形の 半地下トンネル風。 

禅海和尚と青の洞門物語・始まり始まりです♪

では、耶馬渓・青の洞門物語とともに、洞道探検と参りましょうか








江戸時代中期のお話です

幼い頃に相次いで両親を亡くした越後国高田藩士の子、福原市九郎

( 後の禅海和尚 )は、浅草田原町の旗本、中川三郎兵衛のもとで

雇われ人として働いていましたが、主の妾( めかけ )にそそのかされ、

ある日、主の三郎兵衛を殺めてしまいます。 江戸を逃げ出した市九郎は

慈悲深い住職のもとで僧・禅海となり、贖罪行脚の旅に出たのでした





九州は宇佐八幡宮に参拝し、続いて樋田から中津の羅漢寺へ向かうため

耶馬渓に差し掛かった折り、青へ抜ける鎖渡しの話を耳にした禅海は

意を決し、高くそびえる岩山( 競秀峰 )の裾で独り、のみをふるい始めます。






( ノミの痕が今も生々しく残る洞道  欠損した壁は補修されてます )
のみの痕が今も残る洞門内部(右側の壁)欠損部は補修


みつき経ち、半年が過ぎ、髭も髪も伸び放題。 雨が降り、雪が積もり、

季節が巡っても、経を唱えながら 唯ひたすらノミをふるい続ける禅海の頬は

既にこけ落ち、ぼろ布の様な姿に。 村人達は気味悪がり、子ども達は嘲り

石を投げ、それでも禅海は手を止めることなく掘削を続けるのでした 

更に洞門の内部へ・段々暗くなりカメラ限界
( 青の洞門内部。 光が届かなくなりカメラ限界 )






18年が過ぎ、禅海の掘削する穴が少しずつ洞道の形を成してくると、

この坊様は立派なお方だ 」 「 加勢させて下さい

村人が一人、また一人と集まり、禅海を手伝うようになりました。

それから更に8年が過ぎたある日、一人の武士が禅海のもとを訪れます。

奥で穴を掘っている僧の名は禅海ではないか?

岩屑を運び出していた村人が頷くと、武士は刀を手に岩穴へ駆け入り

禅海に突き付けて言いました。 「 父の仇!覚悟せよ





この武士は、禅海が殺めた主・中川三郎兵衛の子、実之助だったのです。

当時は3歳の子供でしたが、13歳の時に父が死に至った話を聞かされ

敵討ちの為に27歳まで諸国を巡り剣の修業をし、福岡城から中津城へ

来た折、市九郎とおぼしき僧がここにいるとの噂を聞きつけたのでした。







お父上の命を奪った罪に、この40年間私は苦しみ続けてきました。

岩壁の掘削作業は、その罪の償いでもあったのです。 

無論、これで許されるとは思っておりません。

しかし、あと少しでこの洞道は開通し、村人たちは難所を通らずに

済むようになります。 どうかもう少しだけお待ちください。 

青の洞門が開通したら、私は喜んであなたに討たれましょう



禅海は実之助の足元に手をつくと、深々と頭を下げ、懇願しました。

この崖っぷちから滑落する人馬を見て禅海和尚は一念発起します
( この崖っぷちから滑落したらひとたまりもなさそう・・・







石工の頭領の説得もあって、実之助は洞道の完成まで庄屋の家に留まり

禅海を見張る事にしました。 既に60歳を超え、痩せ衰えていた禅海ですが

これまで以上にノミをふるう腕に力を込め、開削作業に励むのでした。

青の洞門は途切れ途切れ続きます
( 半地下から地上へ。 青の洞門は、途切れ途切れに続きます )






( そして再び半地下状の洞門へ降ります。 ここには確か・・・ )
再び階段を降りて洞門内へ


( 居ました!身なりも栄養状態も特に問題なさそうな禅海さん像です
あっ、禅海和尚さんだ♪で、陰の落ちている当たりが堀り違えたところだそうです


( 右奥の角は、掘り間違えた箇所なのだとかアナログで素敵です
あの角のついてゐるところが堀りちがひをしたところであります

一日でも早く父の仇をとりたい一心から、実之助もいつしか禅海の隣で

掘削作業を手伝うようになっていました 何度も血が滲んでは固まり、

干からびた土塊の様な手になってもなお、黙々とノミをふるう禅海を日々

目の当たりにするうち、実之助は心の変化を覚え始めます。 




禅海が一心不乱に打ち続ける槌の音には、不思議な穏やかさがあり、

実之助は、そこに禅海の真心を見た様な、そして寛容で偉大な父の姿を

重ねたのかもしれません。 禅海への憎悪が少しずつ癒され、小さくなって

いくのを感じた実之助は、洞道を開通させることだけに専念するのでした。




禅海さんが開けた明かり窓はアレでーす

実之助が来てから3年が過ぎ、禅海が洞門の掘削を始めてから30年目の

ある秋の夜更け、禅海が打ったのみの先に赤子の拳程の小さな穴が開き

そこから青白い光が差し込んできました 穴の向こうには月影を映した

山国川の豊かな流れ。 禅海は獣がうめくような声をあげ、涙を流しました。

埃泥まみれの頬に白い帯が幾筋も出来ては、月明かりに溶けて行きました。

禅海さんが開けた明かり窓から山国川を臨む
( 禅海さんが開けた明かり窓から山国川の流れを臨む





中川様、ようやく青の洞門が開通しました。 

これで人々はあの鎖渡しを通らずに済みます。

さあ、どうぞ私をお討ち下さいませ



禅海は、実之助を真っすぐに見つめると深く首を垂れました。

実之助は、乾土の様な禅海の手を取り、しっかりと握りしめると 

何も言わず、実之助もまた同様に、幾筋もの涙を流すのでした。






こうしておよそ30年もの歳月をかけ、禅海和尚がノミと槌だけで掘りぬいた

342メートルにも及ぶ青の洞門は開通し、人々は危険な鎖渡しを通らずに

安全に行き来できるようになったのです。      おしまい 

青の洞門いかがでしたか?

大分の民話と菊池寛さんの小説を参考に、まーりたん節も盛り込んでの

禅海和尚と青の洞門物語、愉しんで頂けたでしょうか

禅海さんが発起人となり、ノミと槌だけで30年かけ掘り抜いたトンネルには

違いないのですが、実際のところ 禅海さんは広報活動を兼ねた托鉢なども

並行して行って掘削の資金を集め、それで石工を雇い、トンネル工事を

完成させたそうです。 更に、開通後は通行人から通行料を徴収していた

らしく、青の洞門は日本最古の有料道路と云われています。 

禅海さん、ちゃっかりしてますネ





あっ、そうそう 禅海さんが人を殺めた部分は、大分の民話にも、

菊池寛さんの 『 恩讐の彼方に 』 にも描かれていますが、創作です。

禅海さんが出家した理由は、両親を相次いで亡くしたショックだったとか。

したがって、青の洞門の掘削も贖罪の為ではなく、純粋に困っていた人々の

助けになろうと頑張ったわけで、どちらにしても立派なお坊さんなのです





 





●参考:中津市役所発行 『 中津市勢要覧2009~ススメ薦・奨・勧・進 』

偕成社発行・大分県の民話 ( パノラマ写真で見る大分県 民話や伝説 )

中津耶馬溪観光協会発行 『 歴史と文化息づく緑と渓谷の町・本耶馬溪 』

中津耶馬溪観光協会発行 『 青の洞門・競秀峰探勝道マップ神秘の古道 』

菊池寛 『 恩讐の彼方に 』   ウィキペディア 『 禅海 』








本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます
関連記事

2012/10/09(火) 19:00 | コメント:9 | トラックバック:0 |
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : 鍵コメントを下さったH様へ

いつもご訪問、温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

禅海和尚さんのお話、懐かしんで下さって嬉しいですe-266
私も中津で暮していた当時は、地区のクリスマス会v-255などで
青の洞門の劇は毎年の様に上演されてた記憶がありますv-398
今回久しぶりに禅海さんの洞門e-356を訪れ、あまりの懐しさに
この散策記事を書きながら、不覚にもベソをかきましたi-229

香奈子 : じ〜んとしました。

こんばんは(*^^*)
青の洞門のこと、何も知りませんでした。
素敵な場所だなあ〜って、まーりたんさんの記事で
知ったくらいでしたが、今回読み進む内に
とても胸が熱くなり、じ〜んとしました。。。
殺めた部分が創作であったにしても、人々のために
力を注ぐ姿に、皆が尊敬し、それこそ改心した人も
いたのでしょうね。素晴らしいご紹介をありがとうございました☆
いつかきっと、一緒に連れて行って下さいね(^_-)

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

禅海和尚さんのお話、喜んで頂けて嬉しいですv-398
実は物語を綴っている時e-337、勝手に涙がぽろぽろこぼれて
大変だったんですe-259 自分の記事に泣いてりゃ世話無いですねv-411

青の洞門のお話は子供の頃から何度も聴かされたりe-318
本で読んだりv-87、劇でも観て来たんですが、これほどまでに
心を揺さぶるお話だったのかと今頃になって実感してますe-330

そして香奈子さんの仰る通りe-284、創作部分は抜きにしたと
しても、困っている人々のために自分の人生を30年も捧げたe-287
禅海さんは偉大ですねe-420しかも古里への貢献ならまだしも、
生まれは新潟で、巡業でたまたま訪れた大分で、ですから...i-230

青の洞門、いつか必ず一緒に散策しましょうね、香奈子さんv-392
そのためには元気e-271で長生きv-510約束ですよe-266

ところで香奈子さんe-2再来年の大河ドラマe-288
黒田官兵衛に決まったみたいですヨv-411e-266 
さっき21時のニュースで知りましたv-248
中津では市町さんをはじめ、豊前國黒田武士顕彰会の方、
商店街の方、皆さんインタビューe-289で満面の笑みでしたv-410

香奈子さんの大好きな叔母様e-415のいらっしゃる姫路e-496
きっと中津どころの騒ぎではないでしょうねe-454
そして香奈子さんの大阪も官兵衛くんが愛した街ですe-414
楽しみですね、香奈子さんv-10v-345早く再来年になれ~v-411

クメゼミ塾長 : 青の洞門

青の洞門」
懐かしいですねえ
私も数回行きましたが
見違えるように変わってしまっていますね
像は勿論ありませんでしたし…
整備されるのはいいことだと思います

恩讐の彼方に 涙が出そうな物語りです
あのノミの後を見ると感無量になります

まーりたん : クメゼミ塾長さんへ

クメゼミ塾長さん、ようこそ♪
いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

青の洞門、懐かしんで下さり嬉しいですv-398e-414
禅海和尚さんの像は、もう一体ブロンズ製かなe-3のが
あってe-284、7月の北九州豪雨で右腕が流されたものの
無事見つかり戻ってきたんですe-266 ホッとしましたv-398

禅海さんのお話、子供時代v-206は不屈の精神を持たせるための
教訓v-87的に受け止めてましたが、この歳になって
改めて読んでみると、また違いますね・・・e-263

そうだe-77禅海和尚さんが実際に掘削で使用した槌e-356
石ノミ、羅漢寺に所蔵されているのご存知でしたe-3
今度耶馬渓を訪れた際には写真に収めてきますねe-94e-454
クメゼミ塾長さん、うわーんe-259って泣いちゃダメですよv-392e-343

ぱと :

じ~ん、、そんなに長い時間かかっての手掘り作業だったんですね(>_<)景色が素晴らしい場所なんだと思っていましたが、ここは、手彫りトンネルの歴史を知って、それから訪れる方が価値ありますね!
感動しました~(>_<)

まーりたん : ぱとさんへ

ぱとさん、ようこそ♪
お忙しい中、いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

禅海和尚さんのお話、読んで下さって嬉しいですv-410
創作物語の様に、罪の償いとして自分へ科したノルマe-356i-201なら
まだしも、実際には困っている人を放っておけなかっただけと
言いますから、そっちの方がブッたまげちゃいますよねe-451

九州旅行で中津方面周遊プランを組まれた折には、
青の洞門内部のノミの痕、間近でご覧になられてみて下さいe-119e-317
禅海和尚さんの不屈のパワーe-271が伝わってきますヨv-392v-426

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。