プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

2012年12月1日、土曜日。 約ひと月振りの土日連休に浮き足立ち

思い立ったが吉日とばかり朝8時に大分市を出発、やってきたのは福岡県

福岡市。 右手に博多湾を臨む福岡都市高速環状線を只今、若干緊張気味に

走行中です 寒空ながら、本日の九州北部地方・福岡のお天気は上々 




おや?車内からは何やら、泰造さん&ホリケンさん扮するテリー&ドリー

およそ地で行く、にわかに信じがたい中年夫婦の会話が聴こえてきますよ 

ちょっと聞き耳をたててみましょうか、アバンティじゃないけど

福岡都市高速環状線

ドリー( ウチのダンナさん )「 左に合流すんの、見えんし、こえーんだよなぁ

テリー( まーりたん )「 オニイチャンならきっとデキるよ~。 やってみ~てよ~ 」

ドリー( ウチのダンナさん )「 よーし、やってやる、今や! うおー緊張した~ 」



碧く雄大な山々、その麓からはこんこんと温泉が湧き、湯煙立ち上る豊後国

大分県で生まれ育ったこの ウツケ兄弟 中年夫婦、都会の道には不慣れです。


福岡城方面へ

決してネタではなく、本当にこの様な危なっかしい会話を交わしつつ天神を通過、

西公園ICで降り、きっと何かしらのご加護あって辿り着いたであろう福岡城址 

11か月ぶりのお邪魔です 福岡市入りする前、朝倉市太宰府市にも

立ち寄り、散策を愉しんで来たので、時刻は既に午後3時をまわってます






豊臣秀吉の天下獲りに軍師として貢献、豊前( 大分県北部 )中津市の中津城

初代城主でもある黒田官兵衛孝高( 黒田如水 )。 その嫡男・黒田長政が、

関ヶ原の戦功により、徳川家康から筑前( 福岡県西部 )52万石を拝領し、この

福岡の地に築いたのが福岡城 下の地図赤い四角で囲まれた場所です。 

福岡城は別名・舞鶴城とも呼ばれていたため、舞鶴公園と記載されてます

福岡城址(舞鶴公園・大濠公園)周辺図

黒田家発展の基礎を築いた黒田高政( 黒田官兵衛の曾祖父 )が移り住んだ

備前( 岡山県 )邑久郡 福岡村に因み、かつて福崎と呼ばれていたこの地は、

初代福岡藩主・黒田長政によって 福岡という名に改称されます。






福岡城址( 舞鶴公園 )駐車場横の三の丸に在り、二の丸、本丸へと続く

松ノ木坂 息子・長政の栄転と共に中津を離れ、名島城を経て福岡城へ

移った黒田官兵衛は、黒田家家臣の屋敷が建ち並ぶ三の丸の北西、博多湾を

臨む小丘に隠居宅を構え、奥さんの幸円さんと二人で暮らしたそうです 

銀杏に覆われた福岡城址(舞鶴公園)松ノ木坂

息子・長政に会いに行く時は官兵衛くん、この松ノ木坂を歩いたんでしょうね。

その後姿はどんなだったろう 後ろ手に少々ガニ又で、時折梢を仰ぎ見ながら

ゆっくりと...。 あ~、一句詠んで街へ消えていく吉田類さんとカブってしまう 


福岡城・三の丸解説板の向こうには国際マラソン取材の報道車

松ノ木坂登り口に建つ福岡城址・三の丸現地解説板です その左上部分、

木立ち越しに写っているのは、12月2日に開催される福岡国際マラソンの

スタート&ゴール地点となる平和台陸上競技場。 平和台陸上競技場は

福岡城三の丸跡地に在ります。 11か月ぶりに福岡城址を再訪したこの日は、

福岡国際マラソンの前日。 水色のラインが入ったワゴンは報道車です 


第66回・福岡国際マラソン選手権ゲート(平和台陸上競技場)

平和台陸上競技場入り口には、第66回 福岡国際マラソン選手権大会のゲートも

既に設置されていて、長い柄付きのモサモサマイクを担いだ報道関係者が、

せわしなくゲートを出たり入ったりしてました で、まーりたんが今いる場所は

というと、下の舞鶴公園現地解説板・赤い四角の現在地  

福岡城址・三の丸と大濠公園地図

平和台陸上競技場入り口正面には、栗山善助と並び、少年時代から官兵衛に

出仕していた家臣母里太兵衛( もりたへえ )邸の長屋門があります。

母里太兵衛邸長屋門

今年1月の福岡城址散策記事でも書かせて頂きましたが、

「 酒は飲め飲め、飲むならばぁ~ 」 のフレーズで有名な黒田節は、

この黒田家重臣( 黒田二十四騎の一人 )、母里太兵衛さんが、名将

福島正則とお酒の飲み比べをし、その勢いに任せて日本号と呼ばれる

名槍をブン取った?豪快エピソードから生まれたものなんだそうです

旧母里太兵衛邸長屋門・解説板


そういうわけで、今回はかつて黒田家重臣のお屋敷が建ち並んでいた

三の丸を散策してみたいと思います 二の丸、本丸天守台跡

ついては、今年1月の福岡城址散策記事をご覧ください







福岡城・三の丸広場入り口に建つ 名島( なじま )門

福岡城址・三の丸・名島門


黒田官兵衛孝高( 黒田如水 )・長政親子が、豊前の中津城を出て、筑前の

福岡城へ入るまでの期間、居城とした 名島城の脇門を移築したものです。

名島門・解説板


名島門を潜り抜けると三の丸広場。 黒田長政の福岡城は本丸を中心に

東・北・西を二の丸が囲み、三の丸は南方位に配されています。 

福岡城址・三の丸

しかし12月に入ったばかりなのに、この日は手袋を持って来ればよかったと

思う程の冷え込み 大手を振り歩いてると、じんじん指先から凍りつきそう







さらに歩いて歩いて、三の丸西端の大濠( おおほり )公園に到着 

三の丸を抜けると、かつての干潟を西側の要害とした名残の大濠公園


大濠公園は、その名前の通り、福岡城西側の要害として設けられた大きな

お濠の跡です 博多湾の入海になっていた潟地を利用して造られており、

その景観は、当時と殆ど変わっていないんだとか

大濠公園


寒くて夕暮れも近いせいか、舞鶴公園利用者は少ないな、なんて思ってたら

大濠公園はランナーでいっぱい 国際マラソン大会に出場する選手の方か、

健康作りや趣味で走ってる一般の方か、見分け不能なほど皆さん、真剣です

選手?一般の方?大濠公園の周りを脇目も振らず走る方たち


さて、この後もまだまだ訪れたい所があるので、あまり長居はできません。

再び三の丸広場に戻り、名島門へ向かう途中、何気に振り返って空を仰ぐと...

再び三の丸を通り、次に目指す場所へ・・・とその時

逆光で実際より暗く写ってますが、上の画像中央部分の空に彩雲らしき

ものを発見 すかさずズームで拡大してみると、こんな感じに

もしかして彩雲じゃないかしら?

仏教では、 “ 虹色に輝く彩雲はお釈迦様の雲 ” だとか、お釈迦様の

進化系?阿弥陀如来は彩雲に乗って現れる、なんて言われてますよね。 

ありふれた気象現象といえばそれまでですが、仮にささやかでも、タイミングを

見計らった様なミラクルは特に心して、感謝して受け止めるようにしてます 

写真に残せて良かった








彩雲に手を合わせた後、この日いちばん訪れたかった場所へ来ました。

三の丸北西の小高い丘の上にある黒田如水隠宅あと

三の丸 北西の小丘に在る、官兵衛くんの隠宅 “ 御鷹屋敷 ” 跡です

黒田如水隠宅・御鷹屋敷解説板


彩雲を見つけたのは、ここを目指して早足で歩いていた途中の出来事。

官兵衛くんご夫妻に歓迎されたようで、ただいま胸がいっぱい状態です

このおめでたいオツムは、簡単には修正できそうにありません

黒田如水公、ちょっとお邪魔します

再来年には大河ドラマで大ブレイク必至の官兵衛くん。

いくら中津の祖母から官兵衛くんの話を聴いて育ったとはいえ、馴れ馴れしく

呼ぶのは そろそろNGですね、これからは黒田如水公とお呼びしなくては・・・。

小丘に隠宅跡碑を見つけた時、最初に “ 黒田如水公 ” という字が飛び込んで

きて、「 そう呼んでくれても良いのですよ 」 と優しく窘められている気もしました








当時はこの隠宅 “ 御鷹屋敷 ” から博多湾がよく見えたんだそうです

博多湾は如水公の古里・播磨( 兵庫 )の海に似ていて、奥さんと二人、ここから

眺めては懐かしんでいたと、司馬遼太郎先生の播磨灘物語にありました

時は移り、今や隠宅の北側( 博多湾方面 )は高層ビルが犇めきあう大都会。

昔はこの場所から博多湾が見渡せたんですって

黒田如水公は老後( といってもまだ50代だけど )、城下町博多の子ども達を

相手に遊ぶのが大好きだったそうです。 博多の子ども達もまた、如水公を慕い、

30代の頃、有岡城で負った傷痕が顔に残る如水公を全く怖がりもせず

如水公が城下町へ降りて行けない日は、ここ隠宅まで押しかけてきてたとか

子ども達が襖を破こうとも、全く怒る事もなく、自由に遊ばせていたんだそうです。

まるで、小袖から手毬を出し、子供たちを喜ばせる良寛さんみたい

  





というワケで、博多のど真ん中を通り、次に訪れた先は・・・

天神のど真ん中、福岡市役所前を通過中



天神からいちばん近い、博多湾を臨む埠頭。

天神から一番近い博多湾


さすがに海や島影は、時代が移り変わっても

そうそう変わるものでもないし・・・

播磨の海ってこんな感じだったのかな?

福岡城・三の丸の御鷹屋敷からは、こんなふうに見えていたのかな?

播磨の海ってこんな感じなんですか?如水公








埠頭へ到着する前に、黒田如水公のお墓がある博多区千代の

崇福寺も訪ねましたが、長くなりましたので、ご紹介はまた追々に




実のところは、先月11月29日、黒田如水公の誕生日に突如閃いた

今回の黒田官兵衛の幻影を追っかける福岡県の旅

ささやかなミラクルに中年女子のハートをときめかせつつ、続きます









本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

関連記事

2012/12/02(日) 23:10 | コメント:6 | トラックバック:0 |
コメント

大分ナシカ : こんばんは

旦那さんの気持ち良くわかりますよ確かに左から合流するのはむつかしいし注意が必要なんです。

ナシカも北九州に里帰りするときは都市高速4号線で帰りますが小倉から八幡方面への合流は一気に2車線変更なんでかなり難しいです。

福岡城はまだ行ったことがありませんキャナルにはしょっちゅう行きますが(笑)

全ポチ★

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
お忙しい中いつも温かいコメント、応援をありがとうございますe-446v-238

ウチのダンナさんに共感して下さり恐縮ですv-421
今夜その旨を話したら、涙を流して喜ぶことでしょうi-278
運転はどちらかというと得意な方みたいなんですが・・・e-351
なるほど、ナシカさんでも難しく感じるんですね。

キャナルシティは出来た頃に何度か行きましたけど
年のせいか、すっかりフォーカスが変わってしまってe-330
お恥ずかしい限りですv-410

香奈子 : ありがたや〜

こんばんは(*^^*)
寒さも何のその、掛け合い漫才の様な仲の良いご夫婦揃って
郷土探索は果てしなく続く〜ですね(^_-)
彩雲、素晴らしい吉相に私も手を合わさせて頂きました。
やはり、さすがは官兵衛様ですね!
きっと、まーりたんさんが心をこめて探索し、皆様へ届けることを
お喜びになられているに違いありません。
素晴らしいですね!こういうハプニングって☆
続きのレポ、楽しみにしています。

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
お忙しい中、いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

はいe-343 先週末は官兵衛くんご生誕ウィークな上、
久しぶりにまるっと連休がとれたので、毎度の事ながら
ウチのドリーを巻き込みi-278、迷わず福岡へ行ってきましたv-448v-355

彩雲e-420、やっぱりそうですよねe-349
ありがとうございます、香奈子さんv-421e-266
彩雲e-420を見つけた瞬間、釈迦如来→如来→如水公だわe-451v-21i-201
こうして香奈子さんにご覧頂く事も叶い、凄く幸せですv-398e-414

彩雲は太陽のすぐ右側にあってe-420、かなり眩しかったせいか
ウチのドリーは 「 わからん、どこに彩雲があるんかe-330 」 と
見つけきれない様子だったため、ズームで撮りe-94 「 ほれ見よe-2
これでもか、とばかりドリーの目の前に突き付けたところ、
ようやく 「 おおi-201ほんとや、すげえ七色の雲やe-451 」 とi-179
中年夫婦の会話とは到底思えない壮絶な光景が、夕暮れ近くのv-482
人気もまばらな福岡城址e-496三の丸で繰り広げられたのでした・・・i-229

続きも楽しみにして下さりありがとうございますv-410e-343
朝倉市、太宰府市での探訪風景e-119を順次ご紹介していく予定ですが
マンジ君v-286が、なかなかブログに登場出来ずスネている様ですのでi-236
次回は福岡土産e-165のご紹介かたがた、出演して貰おうと思ってますe-141v-286e-328

キックオフ :

如水公の居宅址は、ぜひ訪れたい場所です。

舞鶴公園は、何度もう行きましたが。

太宰府天満宮敷地内には、如水の井戸があります。

まーりたん : キックオフさんへ

キックオフさん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238

如水公の隠宅址、良かったですヨv-410
短い期間ですが、ここに建っていた屋敷に
博多の子供たちをあげてv-205、襖をやぶろうと笑顔で見守って
いたんですよね、如水公はi-228 
そんな情景が浮かんでくるような場所でしたi-176

太宰府天満宮の東神苑にある如水の井戸、
こちらのイラストマップe-391でチェックしていながら、
http://capricorn09928.blog84.fc2.com/blog-entry-516.html
見学しそびれてしまいまして、おばかさんですねv-393
次回太宰府に行った時は、真っ先に見に行こうと思いますe-266
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。