fc2ブログ

プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR


小さなハッピーをチョコチョコ届けてくれることで定評の( 個人的に? )ある

三毛猫兄弟太郎君&次郎君が鎮座する富来港 マネーき猫公園に続き

訪れたのは、国東半島の北東端・国東市 国見町 岐部( きべ )地区です

西へ少し走れば、大分県と山口県を結ぶ周防灘フェリーが寄港する竹田津港

国見ふるさと展示館・岐部地区案内板

岐部観光マップ( 現地解説板 )によれば、鎌倉期ここは 岐部荘( きべのしょう )と

呼ばれ、豪族・岐部氏が治めていた土地のモヨウ 戦国時代は、豊後守護の

大友氏に仕え、岐部氏は国東の浦辺水軍として海上輸送、交易、警護に活躍 

九州における関ヶ原 石垣原の戦いでは、宗麟の子・大友義統( よしむね )軍と

して戦いますが、黒田如水軍に敗れ岐部一族は離散。 江戸時代に入ると岐部

地区は杵築・松平氏の分領地を経て、幕府の直轄地・天領になったそうです






国東半島は、人々が太古の昔から信仰してきた神様と、6~7世紀に新しく日本へ

やってきた異教文化 “ 仏教文化 ” の両方を認め、大切に崇めましょうという考え

神仏習合文化 )が生まれた場所でもあるんです 後程ご紹介させて頂く

国見ふるさと展示館には、神仏習合文化発祥地とされる宇佐神宮祭神の化身

仁聞菩薩が国東半島に拓いた、山岳での仏教修行( 六郷満山文化 )の紹介や、

国見出身の偉人に関する貴重な史料、芸術家の作品を数多く展示しています







国見ふるさと展示館駐車場の一角には、僅かながら 岐部城の遺構も。

鎌倉時代に岐部成久(1281年の弘安の役で活躍)によって築かれた山城・岐部城址

岐部城は室町時代、岐部成久によって築かれた山城で、現在は城山公園に

なってます。 残されているのは石垣と曲輪、それに家臣さん達の供養塔

築城主の岐部成久は “ 元寇 ” で知られる2度めの蒙古襲来時・1281年の

弘安の役で活躍し、戦功をたてた水軍の将であったと伝えられています

( ※岐部城の築城時期については現地の木標を参考にさせて頂きましたが、

築城主との年代が合わないため、鎌倉時代後期ではないかと思います )
 








山城・岐部城址に建てられた十字架を背に、すっくと立つこの方は、過去記事

マンジ君の大分銘菓レポ 『 ペトロ岐部 』 で、不屈のバテレン( 司祭 )として

御紹介させて頂いた、国見町岐部地区出身のペトロ・岐部・カスイ神父さん。

十字架を背にローマを向くペトロ岐部神父の像

両親は、父・ロマーノ岐部と、母・マリア波多。 父・ロマーノ岐部は、大友氏

重臣・岐部一族で、主君のキリシタン大名・宗麟の影響で夫婦揃ってキリシタン

16世紀の大航海時代、海の向こうの神の国に憧れを抱きながらも果たせず

戦国乱世に翻弄され、志半ばでこの世を去った大友宗麟公の没年( 1587年 )に

奇しくも生まれたのがペトロ岐部カスイでした しかも宗麟が没した2か月後に、

秀吉さんがバテレン追放令を発令 これは大名領地単位で増えるキリシタンが

力を持ちすぎるのを恐れ、日本が西洋に植民地化される事を懸念しての決断。  







また秀吉さんは九州征伐の折り、有馬( 長崎 )の女性にアプローチしたところ、

私はキリシタンだからNOと、長崎女子全員に振られちゃった事も理由の一つ

らしいです 秀吉さんは豊後鶴崎の女傑・吉岡妙林尼さんと、立花道雪の娘で

立花城を守った女城主・立花ぎん千代さんにも迫ったという逸話も残り、これは

いかにも秀吉さんらしいオチャメさと、リップサービスを匂わせる理由ですよね








実際、南蛮貿易に於いては日本人を奴隷として売買することも横行していて

( なかには薩摩軍の捕虜となり、肥後へ送られた豊後の人々もいたとか )、

逆に、西洋からは黒人の奴隷が織田信長に送られ、家臣に迎えられたとも・・・。

当時の西洋では珍しい事ではなかったのかもしれませんが、日本でのキリスト教

布教の妨げになるのを理由に、イエズス会の宣教師たちは1560年代以降、

ポルトガル国王に奴隷貿易禁止の訴えも起こしており、後にこれは叶えられる

ものの、根絶には至らず・・・。( ●参考 : 日本史ブログ しばやんの日々 ) 

しばやんさん、ありがとうございました ニッケイ新聞の記事も読みました。








キリスト教徒への風当たりが次第に強くなる豊後( 大分 )、宗麟没年に生まれた

ペトロ岐部さん。 幸い、個人でのキリスト教信仰は禁止されていなかった為、

幼少期に洗礼を受け、一族の期待も背負い、ペトロ岐部さんは有馬( 長崎 )の

セミナリオ( 神学校 )へ進学。 19歳でイエズス会の同宿( 伝道師 )となります

ペトロ岐部カスイ神父について

しかし江戸時代になり、徳川家康さんが1612年に禁教令を発令

豊後でキリシタンの取り締まりが厳しくなったのは2年後の1614年からで、

この翌年、ペトロ岐部カスイ神父はマカオへ追放されます。 が、偏見、逆境にも

負けず、ついに日本人で初めて聖地エルサレムを巡礼、ローマへ至り司祭に






これには不遇な少年期を経てキリスト教に出会い、父に愛されようと必死になる

子の様にデウスさんを慕い続けた宗麟公の切望、加護もあったのでしょうか...。 

ペトロ岐部カスイ神父記念公園内

岐部山城の麓、ペトロ岐部カスイ記念公園内には、小さな教会がありました


ちょっと中を拝見

ペトロ岐部カスイ神父記念公園内に建つ教会

江戸時代、日本でエスカレートの一途を辿るキリシタン弾圧に心を痛め、

ペトロ岐部カスイ司祭は、帰国を決意します。 もちろん宣教師の日本入国は

禁止されていたため、東南アジア各地をまわり、マニラからようやく日本へ

向かう船に乗り込み鹿児島へ到着 16年ぶりに祖国の地を踏みしめます。

ペトロ岐部カスイ神父の歩んだ道

潜伏し、弾圧を逃れながら布教を続け、隠れキリシタン達を励ますペトロ岐部

カスイ司祭。 しかし、仙台藩( 岩手県 )水沢で捕まり、江戸へ送られます。 

ペトロ岐部カスイ司祭は拷問を受けても棄教せず、同じく拷問に苦しむ仲間を

庇い、励まし続けた罪で極刑に処され、殉教したといいます。







ところで、ペトロ岐部カスイ神父は、有馬のセミナリオで学んだ後は、福岡県の

秋月( 朝倉市 )に移り住んでいた様子。 これは秋月が福岡藩の支藩として

誕生する以前の出来事で、関ヶ原直後の当時は、秋月城督を黒田如水公の

18歳年下の異母弟で重臣 黒田図書( 黒田直之 )が務めており、彼もまた

キリシタン ペトロ岐部神父は黒田直之の庇護下、筑前・秋月のレジデンスで

暮らします。 マンション名は、もしかしてメゾン・デウスじゃ・・・







いつの時代も人の信仰心、純粋さを お金儲けや私欲のために利用する輩は

いるものですが、それとは別次元でキリスト教の愛の精神を心から崇敬する者

たちにとっては、一族を守る為にも棄教するか、或いは棄教したフリをするか。

はたまた全てを犠牲にしても信仰を貫き通すか、いずれにせよ、とても勇気の

要る事。 官兵衛の子・黒田長政が関ヶ原の功績で築城した福岡城にあったと

される天守閣は、実は南蛮風の造りだったため、長政は直ちに取り壊したという

諸説も 東西選ばされた関ヶ原然り、本当に大変な時代だったと思います

岐部地区の庄屋屋敷・旧有永邸跡

上の画像は明治初期に建てられた築140年の庄屋屋敷を史料館にした

国見ふるさと展示館。 次回はこちらをご紹介させて頂きます

一応、主婦業をやってる身の上ですので、多忙につき年をまたいでしまったら

すみません。 続編、どうか気長に待ってやって頂けたら幸いです








●本文中でご紹介した他、参考にさせて頂いたサイト

世界を歩いたパードレ ペトロ岐部カスイ神父

豊前中津國黒田武士顕彰会HPより 『 黒田図書 』

ウィキペディア バテレン追放令・日本人奴隷の貿易









本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

関連記事

2012/12/27(木) 15:54 | コメント:15 | トラックバック:0 |
コメント

大分ナシカ : こんばんは

大分は昔有力な水軍がけっこうあったみたいですよね。

ペトロ岐部はお菓子と神父さんと両方思い出しました。

全ポチ★

しばや : おはようございます

私のブログを紹介していただき、ありがとうございました。まーりたんさんのブログ、面白いのでリンクを貼らせていただきました。
仕事に余裕が出来たら、九州にも足を運びたいです。

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
お忙しい中いつも温かいコメント、応援をありがとうございますe-446v-238

お菓子のペトロ岐部、美味しいですよねi-277
私はご本人の史跡を訪ねるよりも先にお菓子を食べてしまってi-229
だから実は、ずーっとお会いしたかったんですv-398 ペトロ岐部神父にe-343

まーりたん : しばやんさんへ

しばやんさん、ようこそ♪
お越し下さり、また温かなコメントも頂き、感激していますe-349
先日は大変勉強になる記事、情報をありがとうございましたv-421i-201

リンクまで張って頂き光栄ですe-343
私もリンクのご承諾を頂きたいと思っていたところなんですi-237i-176
こちらからもリンクさせて頂いて構いませんでしょうかe-3
もし不都合な時はどうぞ遠慮なく仰って下さいませv-410

稚拙なブログですが、九州にお越しになる時は是非お役立て下さいe-287
今後ともどうか宜しくお願い致しますv-398

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

香奈子 : 素晴らしい。

こんばんは(^。^)
年末を前にして、力の入った記事を拝見できて
流石だなあと感動しました!
色んな情景が浮かんできて、当時の方々の心の内は
どうだっただろうかと、又もや妄想させて頂きました。

本当に熱心に調べて書いて下さって、毎回そうですよね!
頭が下がります。年内は主婦業も大変でしょうから
どうぞ無理をされませんように。
又、次回を楽しみにしています。
今回も読み応えがありました!ありがとうございました☆

しばやん : もちろん歓迎です

もちろんリンク大歓迎です。

これからも時々覗かせて頂きます。
こちらこそよろしくお願いいたします。

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
お忙しい中いつも温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

香奈子さん、私の方こそオーバーヒート気味e-269の郷土史探訪記事i-229
今年も一年お付き合い頂き、心より感謝申し上げますv-421e-414
貴重なお時間を割いて香奈子さんが毎回下さる真摯な言葉e-420
どれだけの嬉しさや、励ましe-271を頂いたか知れませんv-410e-343 
香奈子さん、本当にありがとうございますv-398

早いもので今年もあと2日ですねe-330
落ち着いてPCの前に座れる時間が、いよいよ早朝の数時間v-244のみに
なりそうでe-443、今回の記事の続きはやはり来年になりそうですe-476
それでもマンジ君v-286たちが年末のご挨拶をしたいのだニャe-291と、
何やら張り切っている様子なのでi-278、年内にあと一回ぐらい
軽めの更新ができればいいなと思っておりますe-454

大変な時代に生き、歴史を紡いで下さった方々の胸の内を
ご一緒に想像して下さり、ありがとうございますe-446
形の有無に関わらず、当時の方々が命がけで残したものe-420から
大切な何かを受け取り、活かしていかなきゃと思ってますe-68
次回も楽しみにして頂き嬉しいですe-266心よりお礼申し上げますi-228

大みそかはまたしても寒波らしいですねv-276
香奈子さんもお体にお気をつけて、ご無理なくお過ごし下さいv-22v-410

まーりたん : しばやんさんへ

しばやんさん、ようこそ♪
お忙しい中ご訪問、また温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

リンクの件、ご快諾頂き嬉しいですv-10 良かった~e-266
お気の向いた時には、どうぞいつでもお気軽にお越し下さいませe-287e-343
こちらこそ大歓迎ですe-349 このご縁に心から感謝しますv-421i-201

今朝も、しばやんさんのブログへお伺いさせて頂きましたv-410e-343
最新記事を拝見しe-317、またも素晴らしい内容に感服して戻ってきましたe-349

自身はまだ中世・戦国期から江戸初期の九州史をアップアップe-330しながら
勉強している最中で、幕末・近代史はもう少し先になりそうなんですがe-351
しばやんさんのブログへ足しげく、厚かましくi-278通わせて頂きv-355
少しずつ知識を拡げていきたいと思いますe-454 

未熟者ですが、今後ともどうか宜しくお願い致しますv-421e-414

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

へちま : ごあいさつ^^

こんばんは。
今年はいろいろありがとうございました。
来年もどうぞよろしく^^

年明け4日まで出かけます。
良いお年をお迎えください

まーりたん : 鍵コメを下さったHさまへ

お忙しい中いつも温かいコメントを頂き、心より感謝していますe-446v-238

リンクの件、もちろんOKですv-10
私もこれまでリンクのご承諾を頂きたいe-343と思いながら、
いつも足を運んで下さるHさまの足跡i-91からご訪問させて頂くのが
習慣みたいになってしまっていて、つい言いそびれたままに・・・v-393

ブログ、再開された時には是非教えてくださいv-410
私もHさまの古里の風景や歴史を、稚拙ながら来年も楽しくレポe-94
お届けして行きたいと張り切っておりますe-271e-454
お手の空いた時はどうぞお気軽にいつでも覗いて下さいませe-287e-266
心よりお待ちしていますv-398e-414

まーりたん : へちまさんへ

へちまさん、ようこそ♪
いつも温かいコメントを頂き、心より感謝していますe-446v-238
お忙しい中、年末のご挨拶にもいらして下さり恐縮ですv-421i-201
私の方こそ、今年はいろいろとお世話になりましたv-410

4日まで、お出掛けされるんですねe-343
どうぞ楽しい年末年始をお過ごし下さいe-287e-476e-420
こちらこそ、来年も何卒宜しくお願い致しますv-398e-414

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索