プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


戦国疾風伝・二人の軍師 』 待望の再々放送、かじりつきで観てマス

第一話は、九州を平定した秀吉さんが天正16年の春 超ゴージャスな政庁

兼邸宅・聚楽第に御伽衆を集め、 「 次の天下人は誰だと思うか? 」 なんて

半ば本気のお戯れで問いかける、有名な逸話シーンでの幕開けでしたね





黒田官兵衛はこの時43歳。 九州征伐の論功行賞という名目で秀吉さんから

拝領した豊前国( 福岡県東部~大分県北部 )に入り、中津城築城の最中 

同時に、以前は兄弟の様に力を合わせ、戦の無い国づくりを目指したはずの

秀吉さんに疎まれ始めた時期でもあり・・・ あまつさえ、九州内に於いては、

にわかに樹立した豊臣政権に反発する土豪らが肥後国で反乱を起こしており、

21歳の嫡男・黒田長政に豊前国の留守を任せて土豪の説得にも奔走する中、

黒田官兵衛が翌年隠居を願い出る理由となった事件が起きた年でもありました。 

 





それはさておき、初代中津城主として知られる黒田官兵衛( 如水 )ですが、

豊前へ入封して最初に居城としたのは、みやこ郡( 現・福岡県行橋市 )の山城

馬ヶ岳城なんだそうです。 下の写真は昨年夏の終わりに、豊前の地頭

宇都宮氏の城跡を訪ねた後、京都( みやこ )町の県道から撮影した馬ヶ岳。 

馬ケ岳

馬ヶ岳は上の画像中央部分 向かって左側の尖った東山と、

右側の平らな西山から成るラクダの背みたいな山で、標高は218m。 

山頂の馬ヶ岳城は、942年に源経基が大宰府へ下向した折り、

神馬に乗った愛宕神が現れ、そのお告げにより築城したといいます。 



仁平元年( 1151 )年には、岩扇山から角埋山の石を射ぬいた伝説を残す

源為朝がこの城を攻め、文治元( 1185 )年には、蛇神婚伝説で知られる

大神惟基の子孫・緒方三郎惟栄一族が平家に反旗を翻し、この城に籠城。 



その後も菊池氏、大内氏、大友氏、毛利氏など、馬ヶ岳城は古より神がかり的な

強者らによる争奪戦が繰り広げられてきた山城らしく、云われてみれば今にも

天から神馬に乗った神様が駆け下りて来そうなカンジに見えなくもない様な...




そんな荘厳なる馬ヶ岳の城も、典型的な山城のため城下町が築き難く、何かと

現実的に不便。 位置的にも豊前国の北寄り過ぎな事から、黒田官兵衛孝高は

宇佐市の時枝城を経て、最終的に中津の地に居城を構える事を選びます

中津市役所発行の中津市勢要覧2009によれば、 『 天正16( 1588 )年

黒田如水は、中津江太郎の丸山城を補修し、中津城築城を開始 』 とあります。






着工後、黒田官兵衛は京町 中の辻( 中津市立南部小学校辺り )の町屋

伊予屋弥右衛門方に滞在して工事を督励したそうです。 が、それよりも前に

官兵衛が仮寓としていた場所がコチラ 福岡県築上町の法然寺です。

黒田官兵衛仮宮の寺・法然寺(福岡県築上町)

法然寺のある築上町は、福岡県の行橋市と豊前市の中間に位置し、

先月上旬、北九州市の小倉へ向かう途中に訪ねてみました 

法然寺由緒記


法然寺由緒の後半に、黒田官兵衛孝高についての記述がありました。

法然寺と黒田官兵衛孝高について

天正15( 1587 )年7月から8月の1ヶ月間、黒田孝高は築上町の

法然寺を仮の館としていた
旨が記されてます 小和田哲男さんの

ミネルヴァ日本評伝選・黒田如水
によると、黒田官兵衛が秀吉さんから

豊前6郡を貰ったのが天正15( 1587 )年の7月3日
ですから、豊前へ

入封して直ぐの一ヶ月間を この法然寺で過ごした、という事でしょうか


法然寺の東南には徳光池、その向こうには中津街道

法然寺の東南には徳光池があり、池の向こうには小倉を起点とする

中津街道が奔っています。 敷地の西には築城中学校

西には築城中学校

昨年、大分市歴史資料館のテーマ展示 『 学校の下にねむる遺跡 』 を

見学した時、“ 学校は好立地を選んで建てられる事が多く、それは昔の人も

同じ。 学校の下には有力者の屋敷や公的機関、繁栄を極めた町や村など、

様々な時代の主要な遺構・遺跡が積み重なる様にして眠っている ” と教わり

ました。 秋月城や杵築城、大宰府など、城跡や政庁があった場所に学校が

建っているケースは確かに多いけど、この辺りもやはり只ならぬ土地




時間があれば、法然寺の住職さんにお話も伺ってみたかったんですが、

小倉探訪へ向かう途中で、大急ぎで写真だけ撮らせて貰いイヌりました







豊前12万石の大名に配された直後、42歳の官兵衛孝高( 黒田如水 )の

足跡が残る法然寺。 とても閑静な場所で、景観も昔とそう著しくは

変わってないんじゃないかなぁと思います 地図はコチラです 

黒田如水仮寓の寺・法然寺地図
( 築上町役場発行・見て来てふるさと築上町散策ガイドブックより )



周辺には、九州征伐の際、豊後戸次へ派遣された豊臣先発隊・長宗我部軍

同様に、先鋒隊として九州北部へ送り込まれた黒田如水と小早川隆景

攻め落とした香原岳( かわらだけ )城の支城・宇留津城址などもあります






いつもながら熱の入った長いご紹介になりましたが、郷土史探訪や

黒田官兵衛( 如水 )ゆかりの地めぐりの 参考にでもなれば幸いです










本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

関連記事

2013/02/01(金) 21:27 | コメント:10 | トラックバック:0 |
コメント

猛獣遣い : ありがとうございます。

お早うございます! いつもながら読んで為になる内容でした。
豊前地域や周辺には黒田官兵衛(如水)公の足跡が多く残されていますね。
これからも楽しみに拝見します!

まーりたん : 猛獣遣いさんへ

猛獣遣いさん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

法然寺のことは小和田哲男さんの本にも書かれてなくて、
昨年夏、宇都宮氏の城井ノ上城址ちかくのキャンプ場v-47
手に入れた築上町のパンフレットを見て知りましたe-56e-317e-266

猛獣遣いさんの仰る通りe-284、豊前には黒田如水の足跡が
沢山残されていますねe-349 城井ノ上城址ちかくには
官兵衛が桜狩りe-235を楽しんだという山もあり、麓の資料館には
官兵衛が詠んだ和歌の短冊も収蔵展示されているそうですv-410e-343

桜の季節に行けたらいいなあと思ってますv-398e-414

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

香奈子 : 思いを馳せて・・・

こんばんは(^^)
いつもながら、とても細かく、わかり易くレポをして下さり
自分がいない時代なのに、居た様にさえ思えます。
仮の館で過ごしながら、ここでどんなことを考えて
いらしたのでしょうね・・・。

知らない時代、見たこともない方々が確かにこの国の
歴史上に居たということを今更ながらに、感謝します。
そしてその史実を後世に残してきた方々に感嘆します。
更には、まーりたんさんにも、感謝です!
歴史を語る人と言うのは、そういう使命を持った人だと
ずっと以前から思っていました。大事なことですもんね!
ありがとうございます☆

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

自分の持てる能力をフルに発揮して、全力で支えてきた秀吉さんから突如
下心があるんじゃないかと疑われ始めv-403、遠い豊前の地へ配されて、
さすがの官兵衛とはいっても、どれほど心許なかっただろう・・・e-351
それでも黒田如水公のこと、きっとそんな思いをぐっと堪えて
これからの領国経営プランを立てe-496、打ち込んで行ったのかなあ・・・
そんなことを想いつつ、法然寺周辺を歩いてみましたv-540
香奈子さん、ご一緒に想いを馳せて下さって感謝ですv-398e-414

拙い記事しか書けず、ほんとお恥ずかしい限りなんですがe-443
香奈子さんの仰る通り、確かに 「 伝えなきゃe-330 」 みたいな
使命感?は感じてます・・・勝手にi-229 だから白熱気味になるのかなぁe-444
いつも真摯なお言葉e-420を下さる香奈子さんには感謝しきりですv-421

今日はこれから佐賀県唐津方面へ出かけてきますv-448v-355
黒田如水公が縄張りをして、秀吉さんの海外遠征v-232の拠点になった
城跡を見てくる予定ですe-343 ご当地B級グルメもしっかりと
食べてきますv-45i-277 珍道中のお土産話、楽しみにしていて下さいv-410e-343

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

直感馬券師 : 唐津城

こんばんは!
毎度、地域歴史の教本…
本当に興味深く拝見していますv-290

唐津城の入場券、
切手みたいで「保存版」になり、、
思い出になって良いですよねv-218v-17
さすが!!

まーりたん : 直感馬券師さんへ

直感馬券師さん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

ナンチャッテ古老v-509に扮してみたりの悪乗り?歴史探訪記事i-229
毎度お付き合い下さり、またお褒めの言葉まで頂き、恐縮ですv-421i-201
どーしても笑いi-179の方へ向かってしまうオツム構造なもので...i-201
愉しんで頂けてると良いのですがv-398

先週末は梅のほころぶポカポカ陽気でしたねv-278
いつになく早起きして唐津まで足を延ばしてきましたv-448v-355
今日は再び寒さが戻り、関東ではみぞれが降ってるそうですねe-95
どうぞ暖かくしてお過ごし下さいv-410e-414
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。