プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


福岡県 行橋市と豊前市の間を奔る椎田道路・築城( ついき )インターから

県道32号線を南西へ30分程走ると、京都( みやこ )町に隣接する築上町

寒田( さわだ )地区に到着します ここには宇都宮氏の城井ノ上城址

北九州エリアドライブガイドマップより♪
( 北九州地区観光協議会発行・北九州エリアドライブガイドマップより )



また天正期には、秀吉さんの九州征伐後 豊前6郡( 京都、仲津、築城、

上毛、下毛、宇佐 )を与えられた黒田官兵衛孝高( 如水 )が、領内で催した

桜狩りの際、和歌を詠んだという求菩提( くぼて )山もあります 

そんな寒田地区に伝わる ズレ漫才 民話をひとつ、ご紹介させて頂きます 

お時間のゆるす限り、ごゆっくりとお楽しみ下さい








寒田ばなし  “ フロをたてろ、茶の実を出せ ” 

( 築上町発行・さわだ滝マップより )
 



宇都宮の殿様が天正17( 1589 )年に滅びまして、

江戸時代、豊前の寒田は小倉藩主・小笠原公の支配になったわけなんです。

年貢の取り立ても厳しゅうなって、それで小倉藩のお役人が寒田へ調査に

行くから風呂をたてておけって・・・。 そこで、池永かえいの助という

庄屋さんが “ ふろ ” っちゅうて、鍬ぶろを道端にずらっと立てよったんです。

農作業に使う鍬( くわ )の柄部分は、 “ ふろ ” とも呼ぶんですな。



しますと役人が 「 おい、池永、風呂はどこにたっておるか? 」

「 ハハッ、寒田の牧ん原まで立ててございます 」

「 なんだこれは、鍬ぶろではないか、こんなフロに入れるか! 」

「 はぁ、わたしはふろっていいますから、鍬ぶろのことかと思いました 」



「 まぬけなやつめ! まぁ仕方がない。 では茶の実は あるか? 」

「 もちろんです。 茶の実は寒田の特産でございますんで 」

「 それでは今すぐ 茶の実を出せ



「 これが寒田きっての 茶飲みでございます 」

「 何? これが茶の実だと? こんなものから茶が生えるか! 」

「 へぇ、年はとってますが這えます



そう言って庄屋の池永さんは、お茶を注いだ湯呑みを持ちニッコリと微笑み

小倉藩のお役人を翻弄した挙句に、すっかり呆れさせたんですって

寒田ばなし(さわだ滝マップより)
( 築上町発行・さわだ滝マップに掲載 “ 寒田ばなし ” )



生かさず殺さずという名文句?さえ生んだ江戸時代の厳しい年貢の取り立て。

読んでお解りの通り、無知と惚けで自己防衛した民が役人を愚弄する話であり、

同時に、民側から見た豊前小倉藩を窺い知れる大変貴重な史料でもあります。

もちろん民話ですから、おおよそ創作であるかもしれませんが...。




ところで庄屋の池永さんたら、お役人さんに 「 茶飲み友達にならんで?

なんて言ってますね。 まるでイルカみたいなフレンドリーさ エレガントです 

お役人さんも、これじゃあ刀は抜けませんね。 池永さんはもしや名策謀家?   

ん?池永氏? そういえば豊前国人領主一揆について調べている時に

お名前を見かけたような憶えも・・・  






ユーモアでしか憤りを紛らす手立てが無かった当時の民衆の悲哀を感じさせる

一方、面従腹背の強かさと度胸、それに機知をも兼ね備えた、何とも頼もしく

痛快な寒田のお百姓さん( 民 )。 きっと心豊かな方々だったんだろうな





“ 寒田ばなし ” が掲載されていたパンフレット さわだ滝マップを入手したのは

昨年の初秋、牧の原キャンプ場管理棟・まこちの里です。

まこちの里キャンプ場

記事冒頭のイラストマップ・黄色いテントの場所です

まこちの里で頂いた築上町観光パンフレットには、ずっと知りたかった豊前の

地頭・宇都宮氏のルーツ、更に縁の地探訪コースまで紹介されていました





今回ご紹介させて頂いた民話にもその名が登場しましたが、宇都宮さんは

豊臣政権が樹立するまでの約四百年間、この地を拠点に豊前を治めていた

地頭一族で、領民からも大変慕われていた素晴らしい領主だったそうです 

秀吉さんの転封命令に背いたことで、黒田氏によって滅ぼされるという悲運を

辿るものの、黒田氏は豊前から筑前に移った後も代々宇都宮氏を手厚く祀り、

宇都宮氏家臣の末裔は、筑豊炭坑の経営者として名を残しています。

長くなりましたので、続きはまた次回にでも







本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

関連記事

2013/03/14(木) 13:24 | コメント:10 | トラックバック:0 |
コメント

猛獣遣い : こんにちは。

偶然にも今週末、仲間20人程度と「官兵衛ゆかりの地巡り 第1話」として、城井の上城跡や求菩提山、法然寺、天徳寺、西蓮寺等を回る日帰りツアーを行います。
まーりたんさんの過去のブログで勉強してから行って来ます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : 猛獣遣いさんへ

猛獣遣いさん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

なんとまぁe-2そうですかv-10 それは素晴らしいですe-420
先週末の黄砂騒動v-355も すっかり落ち着いて、しかも今週末は桜も
咲き始めるみたいですからe-235、絶好の散策日和だと思いますv-540e-266
宇都宮氏の菩提寺・天徳寺も訪ねられるんですねi-228i-176 
愉しんで来て下さいe-343 できたらレポ報告も...お願いしま...v-421i-201

私は城井ノ上城址と法然寺しか訪ねてないので、参考になるかどうかi-202
それに城井ノ上城址は余りに道が険しくて、蛇v-531でも出たらどうしようi-230
『保安林の標識&裏門まで40分の木標』のある登り口で断念しましたi-229

ご存じだとは思いますが、求菩提寺山には資料館があって、如水公の
直筆短冊が展示されているそうですから、どうぞお見逃しなくe-284v-392e-415

それと今回の記事でご紹介した “ まこちの里v-47 ” に 『 来て見てふるさと
築上町散策ガイドマップ 』 という無料パンフが置いてあります。
それに宇都宮氏ゆかりの地を網羅した『 宇都宮氏歴史散策コース 』が
紹介されてますe-266 是非見つけられて下さい、きっとお役に立つかとv-398e-343

あと、食べ物e-244と飲み物はしっかり持参された方が良いと思います。
城井谷周辺には、スーパーもコンビニも全く無かったような気が・・・v-393
私達は手ぶらだったので行橋まで出て、やっと昼食にありつけましたv-372i-183

この偶然が私も凄く嬉しくてe-349、色々お節介を書いてしまいましたe-330
すみませんi-229 どうぞお気をつけて、素敵な散策をv-410e-266
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Snowbride : ☆*。:゚*コンニヾ(*゚∀゚*)ノチワァ.゚。+*☆


池永さん、すごいですね!w
まさか本気で惚けてたわけではないでしょうし…
一休さんのとんち合戦みたいですe-420

そうかぁ・・・
確かに日本各地にこんな感じの機転ととんちみたいなので窮地を乗り切るお話があるように思いますが、そうするしか手立てがなかった当時の風潮を表していると思うと、ただ痛快だと感じるのはなんだか申し訳なかったかも…e-351なんてちょっとまじめに考えてしまいました;
(普段がお気楽な性格なもので…e-263
現在のありがたみをかみしめなくてはですね;

香奈子 : 機知に富んだ先人。

こんばんは(^。^)
素敵なお話しですね。
多少の創作はあったにしても、相手が力ではかなわないなら
違う手で・・・中々やりますね〜(^_-)
厳しい時代にあって、こういったこともあったと聞くと
何だか、とても嬉しい気持ちになります。
素敵なお話しを教えてくれて、ありがとうございました☆

まーりたん : Snowbrideさんへ

Snowbrideさん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

がっつりローカルv-281な記事にもお付き合い下さり、恐縮ですv-410e-343
お役人さんと池永さんとのやりとりは仰る通りe-284
一休さんのとんち合戦みたいですよねv-411

身分の高い人に立てつく事 = 命取りv-12i-202だった時代、
現実をまともに受け止めていたら身が持ちませんからv-393
こうして皮肉った話を創ってe-395、ストレス発散をしてたのかなe-3
なんて思いますv-398 軽薄さが心の打撃を軽くすることを
四角四面の役人さんよりも、良くご存じだったんでしょうねi-236

心の健康維持のためには、“ お気楽e-456e-291 ” がベストですv-218
まさに 『 くよくよしないで今日の風に吹かれましょうi-228
といった具合でしょうかe-68

比較的自由にもの申せる今の時代に生まれたことを、
私も感謝しようと思いますv-425v-410

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

年貢を絞り上げられながら細々と生きる民衆のイメージって
とかく悲壮感e-263を伴いがちですが、例え苦しい生活を強いられても
笑いを忘れずi-179、人生を愉しもうとされた方々、素敵ですねv-410e-343
賢さと心の余裕を感じますv-398

香奈子さんもご存じのとおりe-284、江戸時代の豊後には
とんち名人 “ 吉四六さん ” がいましたがi-278、同時期の豊前にも
こうした吉四六さんみたいな庄屋さんがいらっしゃった様ですe-454

散策先で、この類の民話を知ると凄く嬉しくなりますv-398e-414
香奈子さん、こちらこそ真摯なお言葉をありがとうございますv-421e-266

かのぼん : 痛快つ~かい!

まーりたんさ~ん、こんにちわ^^

寒田のお百姓さん、粋ですね~!
こういう権力を傘に偉そうにしてる役人を
ユーモアある行動で対処する
マッコト痛快でした。

こんな人、町内に一人、ほしいですね!?

だはははは~!

続きを楽しみにしてます。(*^^)v

まーりたん : かのぼんさんへ

かのぼんさん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

寒田ばなし、読んで下さり恐縮ですv-421
ユーモアは心の特効薬ですよねv-398e-343

質のいい笑いって、
こういうところから生まれるのかもしれませんねi-236

ほんと、池永の庄屋さんみたいな人が町内に居てくれたら、
入れ歯を飛ばして、杖を置き忘れるぐらいの 
元気なお年寄りも増えそうi-179

続きも楽しみにして下さり、ありがとうございますv-410e-343
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。