プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

ポップコーン山桜に続きまして、エッグカッターで茹でタマゴを賽の目にした様な

またまた美味しそうなコチラの お花 ご存知の方も多いとは思いますが、

沈丁花科のミツマタという花で、戦国期以降は和紙の原料にされたそうです 

ミツマタは小惑星の名にもなってるとか ご興味ある方は調べてみて下さい

福岡県立求菩提資料館とミツマタ(3月の花)

ミツマタ小惑星群越しに見え隠れする幟の文字 “ 官兵衛 ” にもご注目

白い建物は、福岡県立 求菩提資料館です。






来年の放送が決まった大河ドラマ 『 軍師 官兵衛 』 に満を持して、黒田官兵衛

( 如水 )の足跡が残る場所には今、こうしたサイン幟が続々と立てられていて、

資料館とキャンプ場が在る福岡県豊前市の求菩提( くぼて )山も、その一か所

求菩提キャンプ場(豊前市商工会・豊前市観光文化協会の幟も)

豊前市商工会議所・豊前市観光文化協会制作の幟ですネ

大分県内で見かける黒田武士顕彰会の幟とはデザインが少し違ってます






文禄2( 1593 )年、豊前( 福岡県東部~大分県北部 )領主となって6年後、

名を如水円清と改めた官兵衛は、求菩提山の座主・北中坊豪貴に歓待されて

この地で家臣らと桜狩り愉しみ、和歌を詠んだそうです 求菩提資料館には

黒田如水公と家臣達、そして座主の詠んだ和歌13首が展示されています。

福岡県立求菩提資料館(豊前市)

建物の外に、写真撮影はご遠慮くださいとの案内板があったので

カメラをバッグにしまい 「 こんにちは~ 」。 スリッパに履き替えて入館すると、

ストーブが焚かれてるロビーの奥から学芸員の方( 70代ぐらいの女性でした )が

にっこり笑顔で顔を覗かせて、 「 良かったら、そこの台紙に名前書いとってね

なんて言って下さいます。 静かで快適で、アットホームな雰囲気の資料館です 







古より豊前の人々は “ 宇佐、羅漢、彦( 英彦 )、求菩提 ” と語呂良く呼び、

宇佐八幡、羅漢寺、英彦山、求菩提山を、必ず参詣すべき 四大聖地として

崇拝して来たんだそうです( 参考 : 求菩提資料館ジャーナル・修験道に学ぶ )。



そんな豊前の歴史的4大パワースポットのひとつ、ここ求菩提( くぼて )山は、

自然へ感謝し 神様も仏様も分けずに崇める山岳信仰( 修験道 )が盛んで、

その歴史は古墳時代( 5~6世紀 )にまで遡るのだとか 求菩提資料館では

おもに修験道に関する史料、古文書や出土品、神仏像、厳しい修行に日々励んだ

山伏達の生活用品に至るまで、貴重な品々を展示。 しかも入館は無料です






展示物撮影不可の為、求菩提資料館ホームページから拝借した画像ですが、

恐らくクボテンくんのモデルであろう山伏スタイルの “ 求菩提山八天狗像 ” 。

火伏の神として信仰を集めたカラス天狗像(求菩提資料館HPより)

解説によれば、求菩提山に棲む天狗は山伏の姿をしたカラス天狗で、その名を

次郎坊といい、「 火伏せの神 」 として、山中の天狗社に祀られたそうです。

火は水によって鎮められます。 つまり天狗は雨を降らせる水の神であり、

農業信仰とも結びついていたとのこと。 更に興味深いのは、天狗の姿はその

土地々々によって様々ですが、彼等のルーツはどうやら流星の様なんです





十余年前になるでしょうか、大分IC の裏山へ獅子座流星群を見に行った時、

蝉が羽化する様な格好で車から身を乗り出し空を見上げていたら、閃光と共に

バチッという大きな音がして星が流れ、その鮮烈さは今でも忘れられません。

昔の人が山奥で見れば、宙を飛び交い、大きな羽音と共に地上へ降りてくる

怪獣と錯覚しても不思議じゃないですよね。 それとも、昔は本当に居たのかも






さて、才尾の一本桜の記事で少し触れた求菩提産のお茶は、山伏達が生産し

領主への進物の他、檀家廻りの際に持ち歩き、宿代等に充てていたそうです。

資料館内には、新年の祈祷の為に茶を贈られた事に対する大友宗麟公からの

礼状も展示されていました。 礼状横の解説板によれば、お茶を “ 飲む ” という

行為は祈りにも通じ、魂を鎮めるための宗教的意味合いも含んでいた模様

大友宗麟公の時代は、デッドオアアライブの戦国まっ只中でしたしね( 切実 )。 









山ふかく 分け入る花の かつ散りて 春の名残も けふの夕暮れ

by 孝高入道円清   ( 求菩提資料館 展示史料より、官兵衛の和歌 )

求菩提史料館内より。山ふかく分け入る花のかつ散りて春の名残りもけふの夕暮れ(円清)黒田如水

豊前へ入国後、激動の5年を経て、48歳の官兵衛は如水円清と号します。

この和歌を詠む時、黒田如水公が見てたのはもしかして、こんな景色









本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます
関連記事

2013/03/29(金) 19:25 | コメント:12 | トラックバック:0 |
コメント

おこちゃんちゃん :

みつまたは 三に分かれているからと小学校で先生が言ってましたが、初めて見ました。

お花も咲くのですね。   フムフムi-220
大河ドラマの各地は 観光客ピーアール凄いですよね。
楽しみだなー。

まーりたん : おこちゃんちゃんさんへ

おこちゃんちゃんさん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

ミツマタv-350、ご存じだったんですねe-266
おこちゃんちゃんさんの仰るように、枝先が律儀なくらい
しっかり3本に分かれていて、ほんと不思議ですよねe-119e-317v-361

豊前市を訪れたこの日はまさに山登りの一日でv-540i-201
帰りに食べた唐揚げが、それはそれは美味しかったですe-160i-277

大河ドラマe-288、大分と福岡が登場するのは物語の最後の方で、
しかもちょっぴりだとは思いますが、私も楽しみですe-454e-343

そうだe-330 今朝、驚愕の?エ○ソシ○ト見ましたよ~v-411
身体が丸太みたいに硬い私には絶対無理です~i-282
おこちゃんちゃんさん、凄いv-218i-237

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大分ナシカ : こんばんは

いつも応援ありがとうございます(#^.^#)

来週もよろしくお願いします(*^^)v

全ポチ★

香奈子 : 山里にて・・・

こんにちは(^。^)
まーりたんさんの行く所、不思議あり!ですね。
流星のお話し、しっかり妄想してしまいました!

タマゴに似たミツマタ、うけました〜〜
もう、ほとんどこういう例えは、まーりたんさんの右に出るものなし!!

如水公の和歌と、最後の写真、とてもしっくりとしていて、
しみじみ感じさせて頂きました☆

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
こちらこそ、いつもご訪問、温かな応援を頂き
心より感謝していますe-446v-238

新年度のスタートですねv-352
楽しく、マイペースでまた頑張りましょうe-271e-454
今後ともどうぞ宜しくお願いしますv-421e-414

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

天狗のルーツは流星説e-75、楽しんで頂けたご様子で嬉しいですv-10e-343
流星は流星e-75でも、星空の遥か彼方にチラッと流れる流れ星e-69というより、
地球に接近したe-332びゅんびゅん流れる流星群を、昔の人は天狗と
思い込んだのではなかろーかv-361とゆーのが、まーりたん説でありますi-237

水木先生の“ のんのんばあとオレv-510 ” が愛読書だったおチビv-206
そのまんま中年になってしまったもので、不思議世界の住人さん方e-274
親近感を感じてe-3、コンスタントに導いて下さるのかもしれませんi-229

ミツマタ、可愛いお花ですよねv-350
多分、これにもアジシオをふったら美味しいはず・・・i-277

如水公の和歌を求菩提資料館で初めて目にし、読んだときi-84
なんて明解で優しく、しかも深い句なんだろうと思いましたe-451

難しい言葉や喩えを用いていないので、文字のままに受け取っても心が
癒されるしv-398、“ 花 ” を “ 幸福 ” という言葉に置き換えてみると、
今度は、筋の通った真理の様にも受け取れますi-230 

で、そんな物思いから現に戻れば、“ 今年もまた春が過ぎて行き、
今日も日が暮れていく ” といった自嘲的なユーモアも交えたりi-236
如水公を知れば知る程、その魅力に惹かれていきますe-272(←重症ニャv-286)。

ところで、昨日は香奈子さんもきっと大好きな古事記、神話の里v-253
宮崎県は高千穂を巡ってきましたv-410 大分県竹田市との県境で、
意外にも大分市内から二時間半で行けちゃいますe-2 八百万の神々が
アマテラスv-278の機嫌を直すための会議をした洞窟も見てきましたよe-119e-317 

ぼちぼちと写真を整理して、次々回あたりから連載レポ記事e-149
起していく予定です。宜しければ、楽しみにしていて下さいv-410e-343

Lily姫 :

まーりたんさん こんにちは

時々お邪魔しておりましたが、コメントは初めてです。
Lily姫と申します。
姫なんてくっつけてますけど、まーりたんさんよりお姉ちゃんです
どうぞよろしくお願いいたします

現在、佐伯市在住ですけど、上毛町で生まれ育ちました
求菩提山のふもとをずーっと下ったところにある高校を卒業しました。
大好きなふるさと、京築地方を紹介してくださってたので
もう、嬉しくて嬉しくて、何個もさかのぼって記事を読みました。

求菩提資料館、今度行ってみようっと!
アハ 実は入ったことないんです
山は何度も登ったのに・・・(笑)

まーりたん : Lily姫さんへ

Lily姫さん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをありがとうございますe-446v-238

Lily姫さんは何とe-2豊前・上毛ご出身の姫様でいらしたとはe-451
しかも現在は大分県の佐伯市にお住まいなんですねi-237e-266

私も父の転勤で小学校時代は豊前・中津で暮らしてたんですe-454
福岡県の吉富町には父の友人が居て、大分県と福岡県の境・山国川を
しょっちゅう行ったり来たりして育ちましたi-278

なんだか私も凄く嬉しいですv-10v-10v-10
素敵なご縁をありがとうございますv-421e-414
こちらこそ、どうぞ宜しくお願い致しますv-398

求菩提資料館、静かで癒されますよv-22 この日は貸切でしたi-179
昨年夏の北部九州豪雨v-279で、ここも一部被害を受けた様ですが
すっかり復旧してますv-426 麓には卜仙の湯e-224や、もみじ学舎v-34など
これまた、ほっこり気分に浸れるスポットが多いですねv-410

京築地方のレポ記事e-149、懐かしんで下さり光栄ですe-446
もうひとつ書いて次( 高千穂の記事 )へ移りたいと思ってますe-284e-343

大変嬉しく励みになるお言葉e-415を、本当にありがとうございますi-228i-176
宜しければ、どうぞいつでもお気軽にお立ち寄り下さいませe-287e-414
心よりお待ちしていますv-410e-266

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Snowbride : (*・д・)ノ*:゚★こんにちヮ☆・゚:*:゚

ミツマタの花って、完全に真っ黄色のイメージだったのですが、花弁の外側は白いんですねe-317
これは確かにゆで卵を切り刻んだみたいに見えますe-2
むか~し、和紙の原料で「コウゾ・ミツマタ」って習ったような記憶がよみがえってきましたw

来年の大河ドラマ「 軍師 官兵衛」なんですね~。
知らなかった・・・;
普段は大河ドラマ見てないのですが、まーりたんさんのブログにお邪魔するようになって黒田如水公ってどんな人だったんだろうなぁ…って興味がわいてきました。
私も来年は観てみようかなe-420

まーりたん : Snowbrideさんへ

Snowbrideさん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

ミツマタのお花e-418、飾り切りした茹で卵にソックリですよネi-237
私は今回初めてお花を見たんですけどe-317、感動ものでしたe-372e-451
自然って凄いなあ、世の中は不思議だらけだ~e-320e-266と(←子供v-411e-3

来年の大河、そうですよ~e-343 官兵衛は岡田准一さんが演じる
みたいですe-454 秀吉さんの軍師だった方ですが、私の育った
大分県中津市のお殿様e-496でもあったので、本当に嬉しいですv-398e-414

官兵衛は姫路生まれながら、そのルーツは岡山県なんですヨi-236
官兵衛の子・黒田長政が関ヶ原後に大名になった福岡の地名は、
岡山県瀬戸内市長船町の福岡から取って名付けたそうですi-228
そちらも、じわじわ来てるんじゃないですかi-278
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。