プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

国道325号線沿い 高千穂観光物産館トンネルの駅赤マル印 )に

続いて訪れたのは、アマテラスの孫にあたり、天孫降臨伝説で知られる

ニニギノミコトと その妻コノハナサクヤヒメを始めとする皇祖の神々を祀った

高千穂町観光協会・高千穂町企画観光課発行イラストマップより

高千穂神社( 高千穂観光協会発行イラストマップ番号 )です 

高千穂神社・ニニギノミコトを始め皇祖の神々を祀る高千穂18郷88社の総社

皆さまは 『 海幸彦・山幸彦 』 という神話をご存知でしょうか

兄の海幸彦( ホデリノミコト )の大切な釣り針を失くし、途方に暮れていた

弟の山幸彦( ホオリノミコト )は、潮の神シオツチの導きで海神の宮を訪れ、

無事、兄の釣り針を見つけます。 そして、山幸彦は海神の宮で出会った豊玉姫

( トヨタマヒメ )と結ばれ、子供も授かりますが、豊玉姫はサメの化身だった為に

ふたりは離れて暮らす道を選ぶ、という ちょっと悲しい恋物語です





ニニギノミコトの妻コノハナサクヤヒメは、この海幸彦と山幸彦の母にあたり、

山幸彦とトヨタマヒメが授かった子は、後に神武天皇の父となる鵜葦草葦不合命

( ウガヤフキアエズノミコト )。 彼は鵜戸の洞窟( 鵜戸神宮 )で生まれます

高千穂宮ご由緒1(宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037)

高千穂宮御由緒によれば、ここ高千穂神社に祀られている神様は、

ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメ 以下三代 』 とありますから、祭神は

神武天皇( カムヤマトイワレヒコノミコト )或いは、その父迄という事でしょうか。








高千穂神社は、宮崎県 西臼杵郡 高千穂町の三田井という地区にあります。

高千穂郷は、古より土豪の三田井氏が治めていたエリアだった様です。

高千穂寓ご由緒2(宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037)

が、天正年間の秀吉さんによる九州征伐の折り、筑前秋月から日向高鍋へ

転封を命じられた秋月氏16代種実( たねざね )の次男・高橋元種と、

三田井氏は、書類の手違いから高千穂郷の所有権をめぐって争う事となり

結果、代々高千穂郷を治めてきた三田井氏は、滅ぼされてしまったのだとか...。





因みに、高橋元種の養父は高橋鑑種( たかはしあきたね )。

大友氏家臣・一万田親泰の子で、高橋氏の養子となり高橋姓を名乗ります。

筑前の岩屋城および宝満城( 福岡県 太宰府市 )の城督を任されますが、後に

毛利氏と通じ、大友宗麟と敵対。 鑑種は反大友派である秋月種実の子元種

養子に迎え、大友氏に徹底抗戦します( 参考:ウィキペディア高橋鑑種 )。






良い機会なので、もう少しだけ知りたくなり、武家家伝・三田井氏というサイトで

調べてみたところ、三田井氏は、大分県竹田市にある岡城の築城主・緒方惟栄

( おがたこれよし )と同じく、祖母山の蛇神様と人間の娘との間に生まれた豊後

大神氏の祖・大神惟基( おおがこれもと )の末裔であるとの旨が記されてました。

同・緒方惟栄は、背中に蛇の尾と鱗の痣があったとも伝えられているんです






大神氏の蛇神婚伝説は、民衆を威服させる為の創作である事は承知の上だと

しても、実際 豊後大友氏の家臣は殆どが大神氏の庶流ですし、国宝 臼杵石仏

実は真名野長者の愛娘・般若姫の弔いのためではなく、平安時代に大分県の

南部を中心に、九州に勢力を奮っていた大神氏の権力誇示のために彫らせた、

という諸説もあったりで、どんなに凄い土豪一族だったかが窺い知れます 






蛇尾の形に由来する尾形から、緒方姓の発祥は祖母山( 冒頭のイラストマップ

左上の山 )だと言われていて、俳優の緒方拳さんが生前にルーツを辿る旅と

題し、原尻の滝など祖母山がまたがる豊後大野市や竹田市( 大分県南部 )を

巡られた番組も確か、過去に放送されたっけ






・・・とまぁ、個人的に興味の向くまま書き連ねましたが、どうかお構いなく

ただ、高橋氏VS三田井氏のお話については、ここ高千穂神社の後に訪れた

高千穂峡の史跡を見学する際、知ってるとちょっぴり役に立つかもしれません







お待たせしました。 こちらが高千穂神社の社殿( 拝殿 )です

高千穂18郷88社の総社・高千穂神社(国指定重要文化財)

社殿を包む木々のノッポなこと。 こずえから降り注ぐ陽の光が心地よいです

高千穂神社の秩父杉(源頼朝の代参・畠山重忠の手植え)樹齢800年

なかでも拝殿左手前にそびえる見事な杉の木。 

カメラを下方へ振ると、これまた興味深い解説が

高千穂神社・樹齢800年以上の秩父杉(鎌倉時代に源頼朝の代参でここを訪れた畠山重忠が植樹)

およそ八百年前の鎌倉時代、天下泰平を願う源頼朝の代参で

高千穂神社へ参詣した秩父の豪族・畠山重忠が手植えした秩父杉


とあります。 よって樹齢は800年以上

高千穂神社の秩父杉と鉄製の狛犬は国指定重要文化財

頼朝さんは高千穂神社へ鉄製の狛犬一対も寄進されてるご様子フムフム

国指定重要有形文化財で 社宝の狛犬くんが鎮座しているのは、拝殿の中。 

高窓のアイアン狛犬君おもいきり背伸び撮影で、これが精一杯 

高千穂神社・拝殿内の鉄造狛犬(国の重要文化財)

横顔、しかも枠があってよく見えませんけど、これもまた800年ものです








社宝の鉄造狛犬君が鎮座する拝殿の左には、根元が繋がった杉の木。

高千穂神社の夫婦杉由来記

風雪に堪え、長い間しっかりと寄り添う姿から夫婦杉と呼ばれ

この杉の周りを、一緒に訪れた家族、恋人、友人と手を繋ぎ

3周すれば、いっそう絆が深まるんだそうですヨ

高千穂神社の夫婦杉・柵の周りを手を繋ぎ3周して仲良し祈願

みなさん、ぐるぐる回って仲良し祈願 いつまでもお幸せに~








続いては、拝殿奥の本殿を脇( 東側 )から見学

安永7( 1778 )年に建て替えられて以降、国指定重要文化財になってます。

高千穂神社拝殿奥の本殿

繁み越しに解説板がチラリと見えてますが、本殿脇のスペースに、

ちょっぴり珍しい石が祀られているのを発見しちゃいましたムフフ

高千穂神社本殿横の鎮め石・由来記

高千穂神社が創建されたときに用いられたという 鎮石( しずめいし )です。

高千穂神社が伊勢神宮と同様に、第11代 垂仁天皇の勅命で創建された事を

初めて知り びっくり。 この鎮め石に祈ると人の悩みから世の乱れまで鎮めて

くれると知り、更に驚き 拝殿奥の隠れた場所にある鎮石に気づく参拝者は

少なくて、ほぼ貸切り状態 で、思う存分 手を合わせてきましたよ

高千穂神社の鎮め石

そこの中年女子よ、他力本願ではダメであるぞよ~ デステニー

・・・って、いま聴こえたような、聴こえなかった様な

高千穂神社本殿の彫刻は三毛入野命(神武天皇の三番目の兄)

高千穂神社本殿東側の回廊、脇障子に彫られたこの神様は 神武天皇

ご兄弟で三毛入野命( ミケイリノミコト )。 初代・神武天皇は四人兄弟らしく、

長男が彦五瀬命( イツセノミコト )、次男が稲飯命( イナヒコノミコト )、三男が

本殿彫刻の三毛入野命( ミケイリノミコト )で、高千穂神社の主祭神だそう。 

初代・神武天皇( カムヤマトイワレヒコノミコト )は末っ子の四男坊です 

高千穂神社本殿横の彫刻は荒振神を平定した産業の神・三毛入野命

神武天皇の3番目のお兄さん 三毛入野命は荒ぶる神さまたちを平定して、

農業や産業の道を開拓なさった方の様で、本殿東回廊の この彫刻は、

荒ぶる神さまのひとり 鬼八( きはち )荒神を退治する場面みたいですネ。




続いて探訪する高千穂峡( 冒頭のイラストマップ番 )には、

三毛入野命&鬼八荒神さん縁の巨大物体が残されてますので、

お名前だけでも憶えて帰って下さいね~って、漫才師




神話の里ひむか周遊記、次回は名勝・高千穂峡でーす









本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

関連記事

2013/04/08(月) 17:43 | コメント:8 | トラックバック:0 |
コメント

香奈子 : 素晴らしい!

おはようございます(^。^)
やはり、素晴らしい高千穂レポ!!
全てに神話と繋がっているようで、写真を何度も拝見させて頂きました。

杉の樹、側で見てみたいです〜どんな景色をこれまで見て来たのか
聞いてみたくなりました!
狛犬さん!強い守護を誇っているのでしょうね。。

やはり、すごいエネルギーが写り込んでいましたね・・・(^_-)
まーりたんさんも更にパワフルになったんじゃないですか〜?

猛獣遣い : お早うございます!

高千穂、やっぱり良い所ですね。 まーりたんさんのブログで、ますます行ってみたくなりました。

次回作も楽しみにしています! いつもありがとうございます!

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

香奈子さん、今回も高千穂探訪記にお付き合い下さり、
また大変嬉しいお言葉も頂き、心から感謝申し上げますv-421e-414

私も樹齢800年の秩父杉にインタビューしてみたい気分でしたe-454e-289
梢を見上げながら、今からおよそ八百年前に杉の苗や鉄造の狛犬を
寄進するため、源頼朝さんの名代行列が雅楽など演奏しつつ、
高千穂神社まで延々と続いたんだろうな~、なんて想像もしてみたりv-398

で、本殿東側のスペースは人気が無かったのを良い事に
「 心を込めて一所懸命記事を書きますので撮らせて下さいv-421i-201 」と
対象物にその都度手を合わせて、鎮石や三毛入野命の彫刻まで、
ちゃっかり撮らせて頂きました~e-94v-411 薄曇りのお天気がこの後
快晴v-278になったので、神様から撮影許可e-326がおりたものと勝手に解釈i-229

特に本殿周辺はカメラを向けたらご覧の通りでe-420
神様=自然の強いエネルギーで満ち溢れていた様な気がしますi-228
高千穂峡を最終地点までスイスイ歩けたのは、このお陰かなぁv-540e-266

将来、高千穂も一緒に探訪できたら良いですネ、香奈子さんi-237i-176

まーりたん : 猛獣遣いさんへ

猛獣遣いさん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

高千穂探訪レポ、楽しんで下さっているご様子で、
こちらこそ、心より感謝申し上げますv-421e-343 

高千穂峡、天岩戸神社、天安河原・・・とまだまだ( 休み休みe-3
続く予定ですi-278 嬉しく励みになるお言葉e-271を、本当にありがとうございますe-446

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。