プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


高千穂神社に続いて訪れたのは、高千穂渓谷をまたぐ高千穂大橋の

西側袂( 現在地 )。 高千穂峡観光センター無料駐車場に車を停め

これより 名勝・高千穂峡ウォークを楽しんでみたいと思います

高千穂峡マップ1


高千穂大橋をスタートして、まずは257段の石段を下ります

石段数は257段!

案内図には、ゴールのオノコロ池までの所要時間は25分と書かれてます。 

往復約1時間の峡谷歩き。 この石段、帰りは最後の難関になるんだろうな~

同じルートを通って、ここへ戻って来る宿命を今は考えずにおこう・・・

01-46高千穂峡遊歩道入口

ハンサムな神様も 「 歩いてこそ感動 」と仰っている事ですし







で、神橋と呼ばれる石橋まで降りてきました( 冒頭の案内図参照 )

およそ7分で最初の石橋・神橋に到着
 
残り三分の一程になった石段を下り終えたら、眼下に見えているV字型の懸崖

高千穂峡に沿って設けられた遊歩道を歩きます。 ココが遊歩道ですよー

01-52更に下って、右上の遊歩道へ

太古の昔、阿蘇山の噴火で溢れだした溶岩流がこの一帯を覆いつくし

それが五ヶ瀬川の流れに浸食されて、高千穂峡は誕生したのだそうです。

そしてここも日向細島の馬が背と同じく、溶岩流が急激に冷やされた事によって

柱が何本もそそり立っている様な不思議な形( 柱状節理 )に仕上がったとか。 






神様が大きなスプーンでくりぬいたポットホールも見られます

スプーンで抉ったようなポットホール

岩盤のくぼみに流れ込んだ水が渦を巻き、そこへ更に小石が入り込み

深く削られて出来た円筒状の穴のこと・甌穴( おうけつ )です。





こちらは芸術的な柱状節理上に掛かる石橋・槍飛橋

槍飛橋へ

神殿を造ろうとしたものの途中で飽きちゃったんでしょうかね、まるで

イオニア式の装飾柱を何本も運んできて、そのまま放ったらかしにしたり

岩盤でフルーツポンチを作ろうとしたり、自然は気紛れですね 

神々の遊び、ここにあり 


槍飛橋

さて、この槍飛橋ですが、とりあえずは解説板をご一読ください

槍飛橋の由来

天正15( 1587 )年、九州平定後の封地を定める宛行状のミスから

高橋氏と三田井氏は、高千穂の所有権をめぐって争う事になるのですが

4年後の天正19( 1591 )年、三田井氏の重臣を調略した高橋氏によって、

ついに三田井氏は滅ぼされてしまいます その際、落城する三田井城を

脱出した家臣らが、高千穂峡で最も狭く、今は槍飛橋が架かっているこの谷を

跳び越えて追っ手から逃れたと言われ、橋と谷の名はそれに因んでいるとか。

槍飛び橋の上から

歩いてきた遊歩道も入れて、槍飛橋の上から一枚

のっぴきならない理由でここを棒高跳びする際には、手前の崖に棒をつけば

無事に跳び越えられるそうですが、危険なので絶対にやめましょう







槍飛橋を過ぎて更に行くと、峡谷へ滑り込む崖の途中に、それはそれは

大きな岩がゴロン。 なんとも不自然な位置で留まってます( 画像中央 ) 

鬼八の力石が見えてきました

この岩の名前は 鬼八( きはち )の力石

前回の記事でもお話させて頂きましたが、鬼八( きはち )さんは

神武天皇の三番目のお兄さん三毛入野命が退治した荒振る神のひとり。 

鬼八さんは苦し紛れに、この岩を三毛入野命に投げつけたみたいですアラ...

鬼八が三毛入野命に投げつけて力自慢をした石


戦国期の槍飛橋を渡り、神話が歴史へ移り変わる頃の鬼八の力石を過ぎ、

その先に現れたのは高千穂峡最大の見所、落差17メートルの真名井の滝 

更に進んでいくと、真名井の滝が

貸ボートで、真名井の滝を水面からスリル満点に楽しむ人たちも居れば、

展望台には、真名井の滝をすらすらスケッチするアマチュア画伯さんたち

展望台で真名井の滝をスケッチする人

いや、まーりたんが疎いだけで、ひょっとして著名な画家さんかも・・・。 

お顔も、描かれている絵も、遠巻きにバッチリ拝見させて頂きました 


グリーンメノウの真名井の滝

それにしても、グリーンメノウの水に白蛇みたいな滝。

宮崎に神様の国( 南蛮のですけど )を創ろうとした大友宗麟公の気持ちが

解るような気が。 現実世界であることを疑ってしまいそうな神々しさです








神さまの秀作・真名井の滝を過ぎ、階段を昇ると

ようやくゴール地点・おのころ島( オノコロ池 )に到着です 

おのころ島に着きました

古事記や日本の神話などでご存知の通り、アマテラスオオミカミ

スサノオが誕生するもっと昔、宇宙がまだどろどろの沼地だったころ、

高天原の神々から国土を創るように命じられたイザナキイザナミが、

天の沼矛で銀河をくるくる掻き混ぜ、「 もうよかかね~ 」と引き揚げます。

その時に、天の沼矛の先からポトポトと滴り落ちた雫( 塩 )が、

積もって固まり、最初の国土・おのころ島が出来たと言われています

おのころ島とチョウザメの泳ぐ池

日之影町ご出身の漫画家・赤星たみこさんの本 ひむかの神話と伝説によれば、

おのころ島は、紀伊水道の沼島、紀淡海峡の友ヶ島の沖ノ島、播磨灘の西島、

能古島、小呂島、屋久島、奈良県吉野地方を中心とする紀伊半島山岳地帯など

様々な場所が候補地に挙がっていて、ここ高千穂から近い諸塚山もその一つ

おのころ島を地球そのものとする説もあるそうで、ロマンがありますよね






だとすれば、高千穂峡のオノコロ池も天の沼矛から滴り落ちた一雫の塩です

スサノオがアマテラスへのお詫びの印に彫った月形

シロチョウザメの泳ぐオノコロ池から少し上に目をやると、断崖に三日月の模様

これはまた面白い事に、スサノオノミコトの反省文みたいなものなんだそうです 

月形・日形について

イタズラが過ぎて、お姉さんのアマテラスを怒らせてしまったスサノオさん

アメノウズメのお色気ムンムンダンスや、力持ちの神様タヂカラオの協力で

どうにか天岩戸からお姉さんを引き戻し、事なきを得ますが、その後スサノオは

懺悔の気持ちで、おのころ池の断崖に月形を彫り出雲へ旅立った、との旨が

解説板に記されていました。 このお話は初耳だったので、なんだか得した気分






そんなオノコロ池のほとりでは、ツアー客の皆さんが記念撮影中

池のほとりで記念撮影中の御一行様を横目にお土産屋さんへ

この先に軒を連ねる物産ショップで、みやざき犬の根付けを買いました

名勝・高千穂峡

丁度まーりたんの背後には、初代・神武天皇の一番上のお兄さん

彦五瀬命( イツセノミコト )縁の水神様を祀る小さな祠と鳥居があって、

そこに架かる御橋から、真名井の滝をもう一度パチリ 

オノロコ池の水が真名井の滝になっていました

真名井の滝は、おのころ池から流れ落ちる水で出来ているのでした








30分ほどかけて歩いて来た道を戻り、高千穂峡観光センターへ

喉が渇いて駐車場の自販機に助けを求めたところ、うずめちゃんを発見

自販機にウズメちゃん見っけ♪

アメノウズメをモデルにした、高千穂のマスコットキャラクターの模様

ウッフンうずめちゃん じゃなくて普通に、うずめちゃんでした







神話の里ひむか周遊記、次回天岩戸神社、そして八百万の神々が集まり

岩戸に籠ったアマテラスを誘い出す会議をした天安河原を探訪します









本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます
関連記事

2013/04/10(水) 19:42 | コメント:15 | トラックバック:0 |
コメント

大分ナシカ : こんばんは

ナシカも高千穂は歩いて回りましたが夏の暑い日に行ったのでそれはもう汗だくになって大変でした(#^.^#)

それからは秋か春に行くようにしました(*^^)v

疲れたでしょう?

全ポチ★

なっつばー :

今度九州に行けたら、言ってみたい場所の一つが高千穂峡です。
ゆっくり時間をとって歩いた方が良さそうですね。
半日あれば足りるかな?
ポットホールは愛知県にもあって、見学に行きました。
ホントに不思議な造形ですね。

猛獣遣い : お早うございます!

高千穂の自然は、まっこと素晴らしいですね。
まるで高千穂に行ったかの様な、楽しい旅気分を満喫しました。

ありがとうございます。 感謝です。 

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

目下の趣味が歴史探訪のせいか、史跡が点在する高千穂峡歩きは
思っていたより平気で、幸い夫婦して喉が渇いた程度で済みましたv-410v-426
足腰の方は、城めぐりe-496で知らない間に鍛えられてたみたいですv-540i-201

それでも真夏は避けた方がよさそうですねi-230
貴重なアドバイス、肝に銘じますv-421 ホント向こう見ずなものでi-229

まーりたん : なっつばーさんへ

なっつばーさん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

高千穂、機会がありましたら是非めぐられてみて下さいv-410e-343
宮崎の自然v-281は、神様の里だけに荘厳な威圧感e-3があるというか、
自然たっぷりの大分e-224に暮らしている私でも、圧倒されますe-451i-201

そうですねぇ、観光バスe-216が立ち寄る定番スポットなら
半日あればどうにか巡れるかとv-426e-343 ただ、時間節約のためにも
早歩きe-282の練習を積んでおかれることをオススメしますi-179

愛知県にもポットホールが見られる渓谷があるんですねe-451
大都会のイメージがあるので、意外でしたe-330

まーりたん : 猛獣遣いさんへ

猛獣遣いさん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

こちらこそ高千穂探訪記事に今回もお付き合い頂き、感謝ですv-421i-175
臨場感も感じて頂けたご様子で、本当に嬉しくe-349励みになりますe-271e-266

ところで、上e-390にコメント下さっている方の御経験によれば、
高千穂峡へのお出掛けは、夏場は避けた方がよさそうですv-278e-327
滝や池e-360があったりで、避暑地のイメージなんですけどね~e-330
やっぱり南国宮崎ですもんねe-255i-237

香奈子 : 盛り沢山!

こんばんは(^^)
足は大丈夫でしたか?
写真を拝見するだけで私は根をあげてしまいそうです^^;

やはり、見所が多く、それぞれの場所にまつわるお話に
釘付けになりますね!
真名井の滝、素晴らし過ぎます〜とても神聖な気持ちになります!
盛り沢山のレポ、まーりたんさんの情熱を感じました!
やっぱり、まーりたんさんのレポは分かりやすくて
引き込まれます♪

次回も又、気になるお話しです!楽しみにしています(^。^)

ぱと :

ひゃあ~!!さっそくこんな階段!?とビックリしました!!しかし、皆さん歩いておられるご様子だし、是非とも歩きたい、見どころいっぱいの遊歩道ですね~!!これは体力をつけてチャンレジしないと!と、よく分かりました~ほんとに、こんな風になっているのだと、これまでまったく知りませんでしたので、有難いです~

うずめちゃん、カワイイ♡やはり九州の人は、御当地キャラづくりが上手だ~!!
って思いました(^^)/

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

お忙しい中、今回も高千穂記事にお付き合い下さり感謝ですv-421e-343

いろいろと肩の荷e-3がおりた明るい老後v-510は、香奈子さんと是非
大分e-224の他、高千穂の神話に纏わる史跡巡りもできたら良いな~i-228i-176
夢見ている私なんですが、いかがでしょうv-236香奈子さんi-278
さすがに高千穂峡だけは、ノーサンキューe-330でしょうかv-411e-3

でもご安心下さいe-284e-266、ゴール地点へ車で廻ってv-448、物産ショップ近くの
御橋の上から真名井の滝だけ見学するe-317e-343というテもございますi-179
私は遊歩道に添って点在する史跡をどうしても間近で見たかったのでe-119
片道25分の遊歩道を歩いてみましたがv-540i-201、今回限りかなi-229

足の方は、履き慣れたスニーカーだったので全く大丈夫でしたv-410v-426
それでも翌々日位に筋肉痛が来るんだろうな~e-444と思っていたら
相方共々、これも来ず仕舞いでe-451 もしや高千穂パワーe-420なのかしらi-230
御心配下さり、恐縮ですv-398

次回はまたも河原歩きですが、他とは異なる神聖な空気が漂う場所e-420
ご紹介する予定ですe-446 励みになるお言葉、本当にありがとうございますv-421e-414

まーりたん : ぱとさんへ

ぱとさん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

高千穂峡の全体を何とかお伝えできた様でこちらこそ嬉しく、感謝ですv-421e-266

最初の石段を見下ろした時は、私も正直かなり怯みましたがi-84i-202
ぱとさんの仰る通り、老若男女の皆さん歩いてるんです、これがe-451

今更ながら私も写真を見返してe-337e-317、切り立った崖の上を歩く豆粒みたいな
人の行列に改めて唖然i-230・・・つくづく良く歩けたな~とe-330

それでも点在する史跡を撮っては解説板を熟読し、そうだったのかi-237i-197
いちいち感動e-349していたら、あっと云う間にゴールに着いてた感じですv-411
向こう見ずな性格が幸いしたのかもしれません・・・i-229

そうそうe-343、上の方のコメントにも書いてますがe-390
遊歩道を歩かなくてもゴール地点に車で廻れますから、安心ですよv-410v-426

うずめちゃんi-175にもお気遣いを頂き、ありがとうございますv-398
ご当地キャラv-289を見つけると、つい近寄ってしまう習慣が・・・i-282

Snowbride : すごいですね~!


☆*。:゚*コンニヾ(*゚∀゚*)ノチワァ.゚。+*☆

前の方も書かれていますが、最初の階段の写真を見て、冷や汗たらぁ~り…・e-351
まーりたんさん健脚なのですねぇ…e-263
あの階段を下りるにはちょっと勇気が必要かも…
いつもの行動力、尊敬しますe-2

高千穂峡の雄大な自然、素晴らしいですねe-420
人の手が加えられていない自然ってどうしてこんなに感動するのでしょう…
特に真名井の滝の素晴らしさと言ったら、ぜひ滝の傍まで行って水しぶきを浴びてみたいですe-2

ブログのリンク有り難うございましたe-51
私の方もリンクさせて頂きますねe-44
これからもどうぞよろしくお願いしますe-257

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : Snowbrideさんへ

Snowbrideさん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

お忙しい中、今回も高千穂探訪レポにお付き合い下さり、感謝ですv-421e-414

高千穂峡へ降りる最初の石段は、私も思わず息をのみましたヨi-230
なにしろ実物ですから、クラリと目眩も・・・i-282
それでもまぁ、何というんでしょうかネi-229
人生の折り返し地点を過ぎてe-118、あらかた先が見えてくると
歩ける内にあちこち探訪しておきたいなあe-266、なんて
段々と欲張りオババv-510根性がでてくるみたいで・・・i-202

体の方は、若い頃はどちらかといえば丈夫ではなかったはずなんですがe-351
30歳を過ぎた辺りから、所謂ふっきれまして(諦めかe-3
恥ずかしながらこの有様です。 尊敬だなんてとんでもないですe-330
麗しき女子Snowbrideさんe-415は、こんな無鉄砲をやっちゃダメですよe-464
高千穂峡へお越しになった際は、30分もかけて渓谷を歩かずともv-540
クルマで真名井の滝が見える場所へ廻れますからネv-410v-426 

手つかずの自然v-281に心を揺さぶられるのは、どうしてでしょうねv-398
私はやっぱり神様と云うか、魂e-420が宿っているからかなe-3なんて思うんですがi-228

リンクの件、こちらこそご快諾いただき、ありがとうございますv-421e-266
あ~、これで管理画面がイマイチの時も安心して伺うことが出来ますi-237
マイペースの拙ブログv-286ですが、こちらこそ今後とも宜しくお願い致しますv-410

それとi-201、先日はお誕生日だったみたいですねv-384e-420
おめでとうございますv-314e-343 
Snowbrideさんv-254にとって、とびきり素敵な一年になりますようにe-287e-420

まーりたん : 鍵コメをくださったHさまへ

お忙しい中、高千穂レポにお付き合い頂き、心より感謝申し上げますv-421e-414
愉しんで下さっているご様子で、こちらこそ本当に嬉しいですi-228i-176

そうですi-278 今回の高千穂探訪は日帰りでーすi-179 
○○ボー暇なしe-3で、なかなか連休が取れないものでi-201
我が家は基本、日帰りですe-319v-411

お体の方、どうかしっかりと治療なさって、無理をせず
たっぷりと静養もされてv-22、一日も早くお元気になって下さいe-271e-454

高千穂探訪レポe-395、次回は天岩戸神社から近い場所に在る
最強のパワースポットe-420と噂される橋もご紹介しますv-410
Hさまに更なる大自然のパワーe-420を感じて頂ける様に
頑張りますねe-271e-266

こちらこそ、いつも嬉しいお言葉e-415を本当にありがとうございますv-398e-414

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。