プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

地方・郷土史カテゴリに ご参加の皆さま、はじめまして

郷土大分、九州の歴史・史跡探訪が大好きで、本日5月8日( 水 )より

こちらのカテゴリに参加させて頂きました、まーりたんと申します


大分県情報、九州史探訪記、そして日常の中で見つけた ちょっと素敵な

出来事などを 稚拙ながら綴らせて頂き、かれこれ4年になります


更新はスローペースですが毎回心を込め、楽しい記事を心がけてます

皆さま、どうぞ宜しくお願い致します


**********************************************************




きらめく初夏の陽射しに恵まれた文字通りのゴールデンウィーク後半、

皆さまそれぞれに、素敵な時間をお過ごしになられたことと思います



我が家は おいしい空気と水と歴史を求め、先週末は豊かな穀倉地帯が広がる

筑後の国( 福岡県南部 )を、のんびり巡って来ました その中で今回は、

筑後市に残る、ちょっとイレギュラーな戦国史跡のご紹介をさせて頂きます




九州自動車道 八女IC より国道442号線を大川、柳川市方面へ15分ほど

走った所に 羽犬塚( はいぬづか ) という 何やら不思議な名前の駅が

そこから国道209号線を北へ5分程走ると到着する宗岳寺には、天正期

九州征伐で筑後へ進軍した豊臣秀吉さん縁の 犬のお墓があるのです

福岡県筑後市・宗岳寺


史跡名は羽犬塚六地蔵尊

羽犬塚(福岡県筑後市)

羽犬塚とは、秀吉さんにゆかりのあるワンちゃんのお墓で、六地蔵尊とは

秀吉さんが寄進したとされる、仏教六道を護る六尊のお地蔵様です

筑後市・宗岳寺(羽犬塚と秀吉寄贈の六地蔵)

山門を潜った右手に解説板と、立派な堂宇( 羽犬塚 )がありました。

筑後市・宗岳寺(町名・羽犬塚の由来1)

この地区の名称にもなっている羽犬塚。 まつわる伝説は2通りあって、

1つは秀吉さんが九州筑後へ進軍した折りに連れていた、羽の生えた( 如く

俊敏な )犬が、この地で亡くなったため塚を建てて供養したという愛犬説

筑後市・宗岳寺(町名・羽犬塚の由来2)

もう一つは、この地区に棲み、人や家畜に悪さをしていた翼の生えた怪犬を

秀吉さんが筑後進軍の際に退治し、塚を建てて封じたという暴犬説


豊臣秀吉公寄進の六地蔵
 ( 左が秀吉さん寄進の六地蔵尊。 右が羽犬の塚です )
羽犬塚・格天井の立派な堂宇です

しかし、解説板にも書かれてる様に、悪さを働いたワンちゃんの塚にしては

あまりに立派な造りです どう見てもセレブ犬のお墓としか それに、

愛情も籠ってる気がするので、まーりたんは秀吉さんの愛犬説に一票 




お賽銭を入れ、ここまで無事に導いて下さった御礼も兼ねて手を合わせます




九州は筑後( ちくご )に残る、ちょっと異質で空想的な戦国史・羽犬伝説 

皆さまは、いかが想われますか 






羽犬は筑後市のマスコットキャラクターでもあるみたいなんですネ

その名も “ はね丸くん いつかお会いしてみたい

はね丸くん・羽犬は筑後市のマスコットキャラでもある様子
( 画像:ちっごマルシェ事務局発行・筑後のグルメ特産情報パンフレットChiggo-Marcheより )







羽犬塚にお参りを済ませ、宗岳寺を出た途端、「 ケチケチケチ

まーりたん一味の頭上から、けたたましい罵声が降り注いできました

やばい、お賽銭が10円だったことへの天からのクレームかも・・・






おそるおそる天の声?の方を仰ぐと、な~んとカチガラスが電線に2羽

カチガラス、もう一羽いた♪


頭と尾は黒、お腹が白いパンダみたいなカチガラス、ご存知でしょうか

羽犬塚で出会ったカチガラス(カササギ)

九州は佐賀と筑後平野でしか見られない大陸由来の野鳥なんですが、

七夕の夜、天の川に橋を架け、織姫と牽牛の仲を取り持ったカササギと言えば

お解りになりますよね そうです、夏の大三角の はくちょう座です

羽犬塚・宗岳寺前で出会ったカチガラス

コンデジのズームでは、これが限界か

国の天然記念物でもある希少種・カチガラス( カササギ )は、16世紀末に

朝鮮半島から持ち込まれたものが日本の環境に適応、野生化したそうです。



16世紀末と言えば、秀吉さんが名護屋城を築城し、朝鮮出兵した頃ですね 

カチガラスは、秀吉さんが天下に覇を唱え、彼の下で超有名な戦国武将らが

海を渡り活躍した時代が本当にあった事を、420年以上の時空を飛び越えて

リアルに体感させてくれる 戦国史の生き証人( 証鳥? )と言えるかも 








そういうコトで次なる探訪先は、福岡県筑後市 羽犬塚地区から少し南下した

場所にある、炭酸泉で有名な同市 尾島地区の船小屋温泉郷

楠木が群生し、源氏ボタルが生息する矢部川のほとりです。

写真は、はね丸くんのバックにも写っていた赤橋船小屋温泉大橋 )。

筑後市とみやま市を隔てる矢部川の船小屋大橋

福岡県みやま市と筑後市とを隔てる矢部川に架かる赤橋の袂では、

これまたびっくり  “ 猿田彦大神 ” と彫られた石碑を発見

猿田彦大神と彫られてます!

明治初期に処分された庚申塔を、ここへ移したものかしら、それとも・・・ 



3月末に高千穂を訪れて以来、猿田彦神古事記に目下、興味津々で

一目で道祖神・猿田彦だと判る庚申塔に、いつか出会えたらいいな

強く想っていたため、見つけた時は思いがけないサプライズに感激でした

毎度閃き任せで決める探訪箇所が、不思議と繋がっていく感じが嬉しい。





次回はレトロで素敵な船小屋温泉郷散策レポをお届けする予定です。

宜しければ、引き続きお付き合いくださいませ






本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます
関連記事

2013/05/06(月) 13:00 | コメント:10 | トラックバック:0 |
コメント

大分ナシカ : こんばんは

かちがらす知ってますよ~(#^.^#)

以前慰安旅行で佐賀に行ったときにたくさん見ましたよ~(*^^)v

九州に秀吉さん縁のお寺があるのは知りませんでした。

六地蔵は大分でも時々見かけますよ。

全ポチ★

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
温かいコメント、応援をいつもありがとうございますe-446v-238

筑後方面へのバスツアーv-104e-343では、ガイドさんが必ず
カチガラスの話をして、しかも車窓から探してくれますよネi-236 
鎮西の名護屋城へ出かけた時は一羽も見なかったので
今回、久しぶりに出会えて嬉しかったですi-237

六地蔵尊は珍しいお地蔵さんではありませんが、
秀吉さんが寄進したものなら、私的には興味津々e-119e-317
まじまじと拝見して、手を合わせてきましたv-425v-398

猛獣遣い : こんにちは。

今回は筑後方面の旅にお連れ頂き、ありがとうございます。
「カチガラス?」 初めて聴きました、そして初めて見ました。 貴重な体験、重ねて御礼です。

まーりたん : 猛獣遣いさんへ

猛獣遣いさん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

20代の頃だったでしょうかi-228、バスツアーで柳川へ行った時にv-104e-343
ガイドさんがカチガラスの話を熱心にして下さる方だったんですi-179
道中、「 あっ、あそこに居ますi-199 」なんて窓の外を指さして下さったりi-237

そうですよね、私が知る限り大分県では全く見かけませんからi-201
カチガラスをご存じない方は案外、少なくないのでは?と思いますv-410
隣県なのに不思議ですよねv-361
今回どうにかカメラにおさめe-94、ご紹介できて良かったですe-266

こちらこそ稚拙な探訪レポに毎回お付き合い下さり、
心より感謝申し上げますv-398e-414

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぱと :

カテゴリ移られたんですね♪うんうん、以前のカテゴリよりもピッタリきます(^^)/応援しています~

まーりたん : ぱとさんへ

ぱとさん、ようこそ♪
ご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございますe-446v-238

はいe-343、昨日の朝ふと思い立って鞍替えしましたv-410

ご存じの通り、毎度勇ましい地元探検e-3記事ばかりなのでi-229
時には現に戻り、本業の主婦らしい事でも書こうかしらv-398e-415
パソコンに向かったものの、まったくネタが思い浮かばず・・・i-282

ならばいっそのことi-203 で、何だか落ち着きましたi-179
心強く励みになるお言葉、感謝ですv-421e-414

福ちゃん :

まーりたん様。
相変わらず、まーりたん様の文章力に脱帽してしまいます。楽しいブログでございます。羽犬塚、懐かしい!!バスガイド時代に案内しておりましたー(*^^*)でも、バスガイド時代より勉強した気がします。
さぁー、福ちゃんもまーりたん様に負けじとブログ更新を頑張らねば、、、。しかし、数日間のお暇。はぁー名護屋城址へ行きとうございます。

まーりたん : 福ちゃんさんへ

福ちゃんさん、ようこそ♪
こちらこそ大変嬉しく励みになるお言葉e-420、そして
お忙しい中お立ち寄り下さり、心より感謝申し上げますe-446v-238

福ちゃんさんが以前バスガイドさんをなさっていたことv-104
毎日足しげく通わせて頂いている鎮西支所ブログe-337
すでに情報入手してますよ~e-266( 自慢げi-278 )。

羽犬塚のご案内をなさってたんですねi-176 ということはe-284
筑後も福ちゃんさんのお仕事エリアだったのですねi-237e-343

20代の頃、団体バスツアーで田主丸の紅乙女焼酎の見学と
柳川下りコースに参加したんですがe-216、その時のガイドさんは、
カチガラスを車窓から探して下さったりと、元気で明るくてe-68
とっても素敵な女性でしたe-415i-228 もしかして福ちゃんさんだったりi-237v-361

福ちゃんさんの名護屋城ガイドレポi-220、いつも楽しみに拝見させて
頂いてますよv-410 「 今日は何処何処から、何名いらっしゃって
二度ご案内しました~e-343 」なんて書かれてるとウキウキそわそわv-345

名護屋城の只ならぬ空気感e-420は、今思い出しても身震いする程ですv-398
早く再訪したいですe-330 尊敬する福ちゃんさんのガイドで、
名護屋城をくまなく再見学e-119e-317が私の目下の夢ですe-491e-343
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。