プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


黒田官兵衛孝高( 黒田如水 )と共に、秀吉さんの天下獲りを支えた軍師

竹中半兵衛重治の従弟で 府内城三代目城主 竹中重利公の嫡男が

寛永10( 1633 )年、現在の大分市金池町に再興した万寿寺

金池町・万寿寺の山門

高崎山 に別院を持つ臨済宗妙心寺派の寺院 万寿寺MAP★ )は、 

もとは豊後守護 大友氏の菩提寺で、府内城址( MAP★ )の在る今の大分市

中心部より東南の古国府地区 東元町( MAP★ )に、大友氏5代貞親が建立。




ですが、天正14( 1586 )年、九州制覇に乗り出した島津軍の府内侵攻によって

焼失 府内城主竹中氏が江戸初期に再興する迄の47年間は廃寺だったそう。

中世府内マップ(豊の都市おおいた歴史散歩本より)
( MAPは、大分市商工農政部観光課発行・豊の都市おおいた歴史散歩ガイドブックより )




猛勢島津軍に脅威を感じ、傘下に入る事を条件としたSOSを、豊後守護・大友

宗麟
から受けていた秀吉さんは天正13( 1585 )年10月、停戦命令を下すも

島津軍は聞き入れません よって征伐のため、秀吉勢が九州へ下るまでの間、

豊後臼杵城では領民全員を城へ避難させ、宗麟自らフランキ砲で島津に応戦 

支城の鶴崎城では、留守居の吉岡妙林尼さんが智謀にて島津の大軍を撃破。

筑前立花城でも大友氏重臣・立花道雪の娘夫婦が、籠城&追撃で島津と奮戦。

 




しかし本拠地・豊後府内への砦、戸次地区で戦っていた大友家臣と、秀吉さんが

四国から派遣した先発隊長宗我部・十河軍が島津軍に討たれ、ついに島津軍は

府内を侵攻 秀吉勢が到着した時には、府内の町は復興もままならない程の

焦土と化していたのです そして秀吉さんの九州平定後、九州6か国を支配

していた大友氏は豊後一国のみの所領とされ、更に朝鮮出兵の際、敵前逃亡の

失態を理由に、大友氏は宗麟の子 22代義統( よしむね )の代で除国処分に






大友氏改易後の慶長2( 1597 )年、秀吉さんは豊後国を7つに分割し、府内は

石田三成さんの妹婿である福原直高さんの手へ。 福原さんは、府内城の築城に

着手、豊後の中心地は今と同じ府内( 大分 )城址公園の在る荷揚町へ移ります。

しかしながら秀吉さんの時代もまた、間もなく暮れようとしていたんですね・・・


大智寺は島津軍の府内侵攻で焼け残ったお寺

天正期の島津軍府内侵攻の際、奇跡的に戦火を免れた豊後大友氏11代親著

( ちかあき )創建の大智寺( MAP★ )。 今も当時と同じ場所に建っています。



また 『 国東物語 』では、ティーンエイジの宗麟が、実父である大友氏20代義鑑

( よしあき )
に進言し、初めて府内を訪れた南蛮人を宿泊させた寺として登場。

大友氏11代親著が創建・大智寺

周辺には、源頼朝から関東御分国( 直轄地 )のひとつに定められた豊後国

歴代守護屋敷、宗麟の生家でもある大友氏館跡や、 天文22( 1553 )年に

当時23歳の大友家当主・宗麟の庇護により建てられた府内教会 デウス堂跡

( MAP★ )等々、大分駅東の旧府内は 大友氏四百年史の宝庫

先日ご紹介した大友氏初代能直創建の若宮八幡も、このエリアにあります。

今は昔の旧府内。 でも古国府( ふるごう )という地名でちゃんと息づいてます






大分市中心部から、ザビエルさんの遊歩公園( MAP★ )を抜ければ、

そこは南蛮の香り漂う旧府内 中世大友氏時代への入り口です

大分川の堤防をなでて渡ってくる風は心地良く 

神社仏閣の境内や郊外型スーパーなど駐車場にも事欠かず

( 参拝や買物もちゃんとしてますから )、

中世大友氏時代へ遊びに行くのはお手軽便利で、そのうえ楽し







本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます
関連記事

2013/05/30(木) 20:37 | コメント:8 | トラックバック:0 |
コメント

伴 丈治 :

帰省したら立ち寄ってみますネ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : 伴丈治さんへ

伴丈治さん、ようこそ♪
昨年の磨崖クルスと金明孟宗竹の記事には、
大変嬉しく励みになるお言葉を頂き、ありがとうございましたv-398
貴重なお時間を割いての再訪、心よりお礼申し上げますv-421e-414
お元気でいらっしゃるご様子で、なによりですv-410

平成8年から始まった旧府内の大友遺跡発掘調査は更に進んでますe-266
昨年秋頃だったかなe-3 旧万寿寺跡前の道幅14mの大通り跡も
掘り起こされ、石を敷き詰めた舗装道路だった事が解った様ですi-237

大分へお帰りになられた折はどうぞ、ご覧になられてみて下さいe-287e-414
まだ調査途中で、礎石の穴も見えますe-317e-291 きっと感激なさいますヨi-236

トロロヅキ : おお、見どころ満載ですね!!

こんばんは~。ブログに来て下さりありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

大分はいつも湯布院など奥へ直行なので府内は寄ったことがないのですが、見どころがたくさんあるのですね。個人的に大友氏遺跡体験学習館が気になります。

妙林尼さんは本当に凄い方だと思います。自分で出来る事全てを賭けた方だなあと。
それと義統さん、確か関ヶ原合戦で大分上陸していた方ですよね。あのまま九州を攻めとっていれば歴史は大きく変わっていたのだろうなあと思います。

まーりたん : トロロヅキさんへ

トロロヅキさん、ようこそ♪
こちらこそ貴重なお時間を割いてのご訪問、そして
温かなコメント、心より感謝申し上げますe-446v-238

現在の府内、大分市中心部は、終戦直前の大分空襲でも焦土に
なってしまいe-269、宗麟時代の南蛮貿易都市e-340を偲ばせる遺構は勿論、
府内城址e-496は在るものの、臼杵市や杵築市の様に、江戸時代の
城下町を感じさせる武家屋敷や老舗商店等も残っておらず、
個性の薄い白い箱型ビルばかりで、正直寂しい限りなんですi-241

ですから旧府内地区の発掘が始まってe-356、大友氏遺跡体験学習館へ
お邪魔した時には、思ってた以上の豊後のスケールに夢心地でしたv-10
それから後は、戦国期の豊後を嗅ぎまわる事にハマッてしまい...i-229

大友氏の事を知る迄は、大分は温泉e-224と山と海ぐらいしか無いんじゃ
ないかv-361と思ってたんですが、九州に覇を唱えていた大友氏の歴史や
宗麟の功績e-420は長い禁教時代の中で、忌むべきものe-464として、
地元の人も知らない程に、伏せられてきたようなんですe-443

鶴崎城の母、妙林尼さんv-207は、大友氏重臣もびっくりの忠臣ですよねi-236
彼女は愛するダンナさんを島津軍との戦で失っていたこともありe-263
きっと、心が砕けても構わない程の気持ちで臨んだのではないかとi-228

それだけに運命の加護を受け、恐らく奇跡が起きたんでしょうねv-410
命からがら宮崎県まで逃げ帰った島津の武将はe-248i-201、妙林尼さんの
ダンナさんが戦死した場所で、絶命したそうですi-230

九州の関ヶ原では、もし西軍の大友義統さんが勝っていたら
どうなってただろうe-3と私も考える事がありますv-398 
義統さんは、歴史家さん達の間では凡庸だとか、評判は良くは
ありませんがe-351、宗麟然り、父との確執に苦しんで育った方で
いながら、最後は父の国を取り戻すために精一杯頑張りましたe-330

そうe-284e-343、義統さんは改易後は毛利家にお世話になってたそうですねv-392
トロロヅキさん、その節は御曹司義統様が大変お世話になりましたi-179

トロロヅキさんとこうしたお話が出来、凄く嬉しいですi-237i-176
トロロヅキさんの専門的な記事i-220に比べれば、子供騙しみたいな
稚拙な郷土史ブログですがi-201、宜しければどうぞ、いつでも
お気軽にお遊びにいらして下さいe-446 心よりお待ちしていますe-287e-266

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。