プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


暑い日が続いてますね 大分市は梅雨明けした途端、連日35度越えの

猛暑日和です 昨日は外出先から戻って水風呂へ飛び込んで、浴槽の縁に

暫しの間ぐったりと( 貞子風に )折れ曲がり、そのまま20分間ほど気を失い・・・。

パソコンも夏バテ気味なのか時折り動きが鈍るんですが、団扇で一頻り煽ぐと

サクサクと元気を取り戻します、本当です 叩くと直る昭和のテレビみたいな

ウチのPC ユーザーが旧式なだけに、やはり段々と似て来るんでしょうか

 







先月30日、トラピスト修道院でクッキーを購入したあと訪れた日出城址より、

別府湾と高崎山 大分市方面を臨む。 この日は標高628mの高崎山まで

雲が降りてきて、夕刻には層雲と呼ばれる雲海に覆い尽くされ、幻想的でした

木下延俊が1601年に築城した日出の暘谷城より別府湾、高崎山を望む

日出城、またの名を暘谷( ようこく )城は、秀吉さんの妻おねさんの甥である

木下延俊公が慶長6( 1601 )年に別府湾を臨む大分県日出町に築きます


日出城址・暘谷城址解説

親兄弟共に秀吉さんに仕えていた木下延俊公。 文禄・慶長の役では名護屋城

最寄りの場所に陣を構えます。 が、関ヶ原では義兄・細川忠興さんに付いて

東軍として戦い、徳川家康公より豊後日出藩3万石を拝領、初代日出藩主に 






木下延俊公の奥さんは、細川忠興公の妹・加賀の方です。 

また、延俊公の四男 木下延次は、大阪夏の陣を逃れ瀬戸内海を渡り、九州は

豊後大分へ落ち延びた秀吉さんの孫 豊臣国松だと云われているんですヨ 


二の丸館(日出町暘谷小学校前)

日出城内に建つ暘谷小学校向かい側の二の丸館です

お土産や最新の現地情報を入手できる日出町の観光案内所なんですが、

ここでは初代日出藩主・木下延俊公の養子となり、豊後の山香で生き延びた

という秀吉さんの直系子孫・豊臣国松を主人公にした小説も販売してます。

これは史実なのか、歴史ファンタジーなのか、思わず夢中に・・・





あまりに面白く、ついには座り読みしていたところ、相方よりライト級ゲンコツが

楽しませて頂いた分、日出産の緑茶を一袋買って、次の目的地へ

霧雨の中、暘谷城址の散策もしましたが、登城記はまたの機会に



松屋寺(駐車場は広いです)

で、到着したのは国道10号線を挟んだ二の丸の向かい側、日出町佐尾地区の

松屋寺( しょうおくじ )。 日出藩主木下家の菩提寺で、境内には日本一の

大蘇鉄
( 国指定天然記念物 )があります 日出町を奔る国道10号線沿いに

大きな看板も出ているので、殆どの方がきっとご存知のはず でも、実際に

松屋寺へ大蘇鉄を観に行ったという方は、あまりいらっしゃらないのでは


01-20松屋寺・解説板

曹洞宗康徳山 松屋寺

慶長6( 1601 )年、元播州姫路城主・木下延俊( 木下右衛門大夫延俊 )が

日出城三万石に封じられる迄は天台宗の寺院で、その歴史一千年の古刹です。

延俊公は入封翌年に祖母・朝日局( 秀吉の妻おねの母 )の菩提を弔うために

禅宗に改め、康徳山 松屋寺に改号。 以後、日出藩主木下家の菩提寺に


曹洞宗康徳山・松屋寺

山門をくぐって右手の受付で見学料300円( 大人一名 )×2を払い

「 大名の廟所と大蘇鉄を観るのに二人で600円かあ~ 」 なんて内心

なんとなーく腑に落ちない思いを抱えたまま境内へ足を踏み入れ・・・ 


松屋寺の境内


豊後守護・大友氏を学び始めてから、ここの大蘇鉄が大友氏縁のものだと知り、

「 一度は観ておかないと 」 程度の目的で今回はやってきたんですけど、

この松屋寺、実はタダの由緒ある古刹では無かったのです、まーりたん的には

日出木下家菩提寺・松屋寺

あっ、アレですね きっとあの大きな蘇鉄が大友氏ゆかりのそれでしょう


松屋寺の大そてつ解説(松屋寺パンフレットより)

松屋寺の受付で頂いたパンフレットより、大ソテツの由来です。

南蛮貿易を開いた大友宗麟公が輸入し、もとは旧府内の大友館に植えられて

いたものが、大友氏改易後に府内城に移植され、のち日出藩主の木下氏が

貰い受けて、ここに再度植えたと伝わります 松屋寺住職さんのお話では、

府内から日出までの陸路、140人がかりで担ぎ、一晩で運んだんだとか

松屋寺の大そてつ(大友館より移植)

そう、小雨の中ソテツの前で傘を差し、あまりの大きさに中年夫婦ふたりして

ボケーっと眺めていたところ、まーりたん一味を認めた作務衣に草履スタイルの

住職さんが、足元の悪い境内を走ってきて、説明を始めて下さったんです





ちょっぴりダニエル・カールさん似の住職さんは、大友氏縁の大蘇鉄について

熱心に、怒涛の解説をして下さるものだから、まーりたんも釣られてテンションが

あがり、お話は秀吉さんの九州平定、さらには島津氏と大友氏の耳川の戦い

にまで遡り だって松屋寺の住職さん、戦国時代の九州について凄くお詳しくて、

「 あっ、それはですね、こういうわけなんですね 」 と、まーりたんのどんな質問、

素朴な疑問にも速やかに、丁寧簡潔に答えて下さるんです もー、びっくり






「 宝物殿もご覧になられますか? 珍しいものがたくさんありますよ

ダニエル・カールさん似の住職さんは、まーりたん一行を境内の秘宝美術殿へ

導いて下さり、そんなわけで大蘇鉄解説板の撮影は、気が付けば忘却の彼方







天台宗の寺院時代の神仏像から、シルクに描かれた色鮮やかな鎌倉時代の

涅槃図に、木下家代々の図帖や愛蔵品などなど、宝物殿のガラスケース内に

所狭しと並ぶ、レプリカではない現存秘宝の数々 

中でも、とびきりの珍品はコチラ

松屋寺には、清正公が朝鮮で退治した虎の骸骨が!

加藤清正公が朝鮮出兵の際に退治し、秀吉さんに献上した虎の骸骨です

それを親戚である木下延俊公が貰い受け、木下家の家宝としたものの様。

宝物殿のガラスケース内にはこの写真の通りに実物が展示されてあります





宝物殿内での写真撮影は出来ない決まりのため、松屋寺の住職さんは

「 パンフレットに写真を載せてますので、宜しければ、どうぞそちらを 」と

仰って下さいました 加藤清正公と木下延俊公は、共に秀吉さんの縁者で

連れだって参勤交代に赴くほど、仲が良かったのだそうです





ところで清正公の虎退治と言えば、あのトレードマークの片鎌槍の所以ですよね。

なので、住職さんにその旨をお訊きすると、「 伝説では槍ですが、銃です

とのこと。 虎の頭蓋骨に開く小さな穴は、銃弾の痕なんですって





ほかにも、清正公の死因はやっぱり毒殺なんでしょうか・・・と尋ねると

住職さんは 「 ええ、そうです 」 と、きっぱり 加藤清正公が食べたものや

経緯についても詳しくお話して下さったんですが、細かい内容は忘れました

また、朝鮮出兵の際に日本へ渡海した唐津焼職人など優秀な技術者の方々は、

「 新天地を夢見て日本へ来たのではなく、○○大名らによる拉致なんですね。

徳川時代に清算はしたものの、今問われている歴史認識はそこなんです 」 と。






他にも黒田長政公の将来を案じ、奔走した父・黒田如水公の話から、筑前と

豊前の間に設置された砦・六端城のこと、豊臣国松生存説まで、知りたい事の

98%は見て来たかの様に答えて下さった、ちょっぴりダニエル・カールさん似の

住職さん 大友氏遺跡体験学習館元館長・仲町さんにお会いした時

以来の驚嘆と感激で、気が付いたら松屋寺に2時間ほど居座ってました 

木下家廟所へ(松屋寺)

宝物殿を出た場所に造られた雪舟の庭( 文明二年に豊後の万寿寺を訪ねた

雪舟が、文明八年までの遊学中に手がけた日本庭園 )も見せて頂きました。  

その雪舟庭園に建立されている木下家の金色に輝く位牌堂、そして廟所へ

お参りさせて頂く頃には雨もすっかり上がって、もうじき夕暮れ


木下家関係系図(松屋寺)

住職さんの解説があまりにリアルなんで、魔法の絨毯か空飛ぶ何かに

3人で乗って、戦国絵巻の上を駈けぬけた気分でした あっ、だから

シャロームクッキーの呪文をすっかり忘れてしまったんだわ、納得 





山門をくぐる前は、見学料300円は腑に落ちないなんて思ってごめんなさい

というより申し訳ないぐらいです 松屋寺の住職さん、貴重なお話と有意義で

楽しいひとときを、本当にありがとうございました またいつか寄らせて下さい











本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

関連記事

2013/07/12(金) 17:25 | コメント:11 | トラックバック:0 |
コメント

猛獣遣い : こんにちは。

ご住職のお話を、自分も聴いてみたいです。
きっと時間が、あっと言う間に過ぎてしまうんでしょうね。

歴史は本当に奥が深いです。 今回も楽しませて頂きました。 次回も楽しみにしています!

ゆう :

まーりたんさん、はじめまして!
毎回、楽しくまーりたんさんのブログを拝見させていただいております、ゆうと申します。

私は別府在住で、今回ご紹介されている日出城の歴史を大変興味深く、知ることができました。自分の住んでいる近くにこんな歴史のドラマがあったとは、とても勉強になりました^^
ありがとうございます。

暑い日が続きますが、更新楽しみにしています。

まーりたん : 猛獣遣いさんへ

猛獣遣いさん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238

仰る通り、ここではあっという間に2時間が経っていてびっくりでしたi-237

日出の松屋寺、機会がありましたら是非、訪ねてみて下さいe-287e-266
そして大蘇鉄をしげしげと鑑賞しe-317、ちょっぴりダニエル・カールさん似の
住職さんが現れたら、どしどし質問をしてv-321、歴史好きを思いっきり
アピールなさって下さいi-278 耳よりで貴重なお話が聴ける事間違いなしですi-236

いつも大変励みになる嬉しいお言葉e-415を、本当にありがとうございますv-398
それにしても毎日暑いですねe-330 夏バテされませんようご自愛下さいv-22v-410

まーりたん : ゆうさんへ

ゆうさん、ようこそ♪はじめましてe-446
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
心より感謝申し上げますv-238

ゆうさんは別府にお住まいなんですねv-410
私の実父は、生まれは山口ですが、別府の亀川育ちなんですよe-343
昔ながらの温泉e-224はもちろん、旧くて貴重な建築物e-156も数多く
現存している別府は、街を歩くだけでも凄く楽しいですよネv-398i-176

日出城のご紹介、楽しんで頂けたご様子で嬉しいですe-349
私は、映画プリンセス・トヨトミを観るまでは、日出城v-490は九州に
数多く残る秀吉さん配下の武将が築いた城の一つ、という認識でしたe-284 

それが、映画のキーパーソン・豊臣国松について調べてみたところe-337e-317
何とe-451、国松は豊後の日出藩へ逃れたと書かれてるじゃないですかe-2
そして今回ご紹介させて頂いたe-149日出藩主の菩提寺を訪ねて、
これまた驚愕の嵐i-230 おそるべし日出城e-330 凄く興味深い史跡ですネi-228

歴史探究はロマンがあって面白いけれどi-233、深く知るほど身も蓋もない
空しさも同時に感じますe-263 だけど大変な時代を生きた先人さん達は
きっと、より良い後世e-420を夢見て亡くなって行ったと私は思うんですv-410

ですから史跡を訪ねて見聞きしたe-318色んな事から、教訓や救いを
見出して、心を元気にしたり生きる事に希望e-491を持てるような
建設的な記事を書いて行けたらいいなあv-398、なんて思っていますi-176 

自身は遅筆な上e-365、ごく普通の主婦の端くれなので、この程度の記事しか
書けませんがi-229、宜しければいつでもお気軽にお立ち寄り下さいe-446

しかし、今日もシンケン暑いですね~i-183
ゆうさんも、どうぞご自愛下さいませe-287v-22

大変嬉しく励みになるお言葉e-420、本当にありがとうございましたv-421e-414

Sunny-Side :

虎を退治したのは槍ではなく銃だったのですね…

物知り住職さんのおかげで貴重なお話が聞けて,素敵なタイムスリップができましたね!
しかもたった300円だなんて(笑)

それもこれもまーりたんさんご一行の日頃の行いがよいからに他ならないですねv-411
旅行先や訪問先でのこうした出会いってホントにいいですよね〜〜〜

いけ君 : ふることふみ。

はじめまして、いけ君と申します。
いつも楽しくブログを拝見しております。
また、いつも私のブログに
ご訪問頂き有難う御座います。

それと、まーりたんさんが紹介してくださった
古事記を購入しました。
前に古事記を読み始めて途中で
挫折していたので、今回の里中先生の
「ふることふみ」を読めて本当によかったです。
漫画ではありますが、念願だった古事記を
読み終えて今は大変に満足しております。
まーりたんさんのおかげです。
心より感謝申し上げます。
本当に本当に
有難う御座いました。


まーりたん : Sunny-Sideさんへ

Sunny-Sideさん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント、
いつも心より感謝していますe-446v-238

そうなんです、銃なんですってぇv-321、Sunny-Sideさんe-2
( ・・・ってオバチャンの井戸端会議風喋りになってますがi-229

まさか大分県内で、清正公の虎退治伝説e-345の答えに出会えるとは
夢にも思ってなかったもので、ほんとびっくりでしたi-230
一人300円でタイムマシンに乗せて貰い、恐縮しまくりですi-237 

日頃の行いですかe-451e-3 あー、そうですねぇ・・・

日頃からヌイグルミ犬v-286を悪役に仕立ててブログに登場させたり、
観光案内所では、売り物の本を厚かましく座り読みしたりv-87e-317e-266
悪しき行いe-277ならいくらでも思い当たるんですがi-202、あ、そうだe-77
そんな暴走孫悟空主婦v-14を管理している相方へのご褒美かも知れんi-179

仰る通り、旅先でのこうした出会いは良いですよねv-410e-343
全国をまたにかけv-233お仕事をされているSunny-Sideさんなら
きっと、素晴らしい出会いを沢山ご経験なさっている事と思いますv-398
一期一会、これからも大切にしたいと思いますe-491e-420

大分ナシカ : こんばんは

松屋寺の大ソテツの存在は知っていましたが勉強不足で大友宗麟公とのつながりは知りませんでした!(^^)!

貴重なレポートをありがとうございます。

パソコン動きが鈍いとイライラしますよね(笑)

ナシカは前のパソコンが悪くなったのでWindows8にしてフレッツ光隼に変えたら快適になりました(^^)v

今日も一日お疲れ様でした。

全ポチ★

まーりたん : いけ君さんへ

いけ君さん、ようこそ♪はじめましてe-446v-238
私のほうこそ、いつもお邪魔させて頂きながら、
ご挨拶が遅れてしまい、申し訳ありませんv-421i-201

貴重なお時間を割いてのご訪問、また、温かなコメントも
残して下さり、本当にありがとうございますv-398
後日、こちらからも改めてご挨拶に伺わせて頂きますv-410e-343

里中満智子先生の古事記をご購入されたとのことe-266
1600円とお値段は少々張りますがe-330、巻末には詳しい資料も
付いていて充実してますよねv-10 私も活字ばかりの古事記は
読破できなかったクチでi-229、たまたま本屋で目に入った里中先生の
古事記を購入した次第ですが、買って本当に良かったと思ってますe-454

古事記には、いろんなことの基礎が凝縮されてますし、
それを楽しく読んで学べるなら、こんなお得な事は無いですよネi-236
『 ふることふみ 』 さすが、いけ君さんv-218
『 やまとことば 』 も、ばっちりマスターされていらっしゃるi-237

こちらこそ、いけ君さんに喜んで頂けて本当に良かったですi-228
大変嬉しいお言葉、心より感謝申し上げますe-287e-414

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238

松屋寺の大蘇鉄、私も10号線を通るたびに何度も看板を
観ていながらe-317、宗麟公ゆかりと知ったのは最近ですe-330

外国船から降ろされたこの蘇鉄を、宗麟公がじっくり品定めして
気に入りe-284e-343、栄華を誇っていた頃の大友館に植えたんだと想うと、
時空をひとっ跳びした気分になりますi-228e-353

ナシカさんは、Windows8に替えられたんですねe-451
それはおめでとうございますv-314i-237
ウチのパソコン君は7ですけど、団扇で煽げば元気になるのでi-265
もう何年かは頑張って貰おうかしらと・・・i-229

今日の大分はにわか雨e-95が降りましたが、相変わらずの暑さですねe-443
お気遣い、いつも恐縮ですv-398 ナシカさんもお疲れ様ですe-287v-22

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。