プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

柳川市 鍛治屋町にある 臨済宗妙心寺派の寺院 天叟( てんそう )寺

天叟寺(てんそうじ)高橋紹運公記念塔

天叟寺境内には戦国時代、豊後国守護21代目・大友宗麟の命で筑前へ赴任、

大友家の重臣・立花( 戸次 )道雪と共に 粉骨の働きをした勇将 高橋紹運

( じょううん )と、その妻 宋雲尼( そううんに )の合祀墓が建てられてます





高橋紹運については、昨年夏の柳川探訪記で少し御紹介させて頂きましたが、

今回は、江戸時代の浮世草子作家にも影響を与えたと噂される逸話を遺した

素敵なご夫婦高橋紹運さんと宋雲尼さんの生涯を、時代背景その他交えつつ

数回に分け、お話してみたいなと思います。 宜しければお付き合い下さい






宋雲尼の実父は、豊後大友氏20代 義鑑(よしあき)に仕えていた斎藤長実

斎藤長実( ながざね )は、当主を支える重臣の中でも 政治の補佐や領国支配を

担当するトップチーム 加判衆( かばんしゅう )の一人で、丹生庄( 大分市 )領主を

任されていました。 が、天文19( 1550 )年2月、かねてより主君・義鑑から

実行を迫られていた嫡子・義鎮( よししげ=後の宗麟 )廃嫡に同意しなかった為

謀殺されてしまいます これに危機感を覚えた同・反対派の大友家重臣二名が

決起し、クーデター( 大友二階崩れの変 )が勃発。 実の父親を重臣に討たれる

という苦難を背負い 義鎮( 宗麟 )は家督を継承、豊後大友氏21代目当主へ






先哲史料館に鎮座する憂いを秘めた若き日の義鎮(宗麟)公。 ハンサムです

大分県立先哲史料館HPより・大友宗麟公

当時21歳だった義鎮(宗麟)は、自分の父によって謀殺された重臣・斎藤長実の

遺児・鎮実( しげざね )を不憫に思い、斎藤長実の跡を継がせ、丹生庄の領主を

任せたのでした。 後、天正6( 1578 )年 耳川の戦いで没するまで宗麟に仕え

数々の武功も挙げ、大活躍した侍大将 斎藤鎮実。 これが宋雲尼の実兄です 


斎藤鎮実の生年は不詳ですが、大友宗麟と年齢が近かったと云われています。

妹・宋雲尼の実名も定かでなく、呼び名は法名の宋雲院殿花獄紹春大姉から?








さ、続いては、柳川返り咲き王子・立花宗茂の実父としても知られる 高橋紹運。 

実家は、豊後( 大分県 )国東半島の吉弘氏で、紹運の実父の名は吉弘鑑理

( よしひろ あきただ )。 大友氏重臣トップチーム 加判衆の一人であり、さらに

その最高峰 豊州三老( 立花道雪、臼杵鑑速、吉弘鑑理 )の一人でした。






国東市武蔵町では毎年7月、南北朝時代から続く 戦勝と五穀豊穣を祈願する

大友氏一族・吉弘氏ゆかりのお祭り “ 吉弘楽 ” が開催されているんです

国東市武蔵町に伝わる吉弘氏ゆかりの吉弘楽(おおいたデジタル紀行より)

まだ足を運んだことがないのでローカル情報番組・おおいたデジタル紀行の

映像をお借りしてですけど  大友氏宗家を支えた豊後国東( くにさき )の

吉弘氏は、豊州三老の吉弘鑑理を始め、勇将を数多く輩出しているんですヨ


国東市武蔵町に伝わる吉弘氏ゆかりの吉弘楽・楽打ち(おおいたデジタル紀行より)

天正14( 1586 )年、筑前に侵攻した薩摩の島津軍と果敢に戦った高橋紹運は

吉弘鑑理( 豊州三老 )の次男
です。 そして、島津軍から立花城を妻・誾千代

共に守り抜いた立花宗茂( 初代柳川藩主 )は、高橋紹運と宋雲尼の長男。 





慶長5( 1600 )年、九州関ヶ原 石垣原の戦いの際、大友家の再興を願い

亡き主君・大友宗麟公の嫡男である 大友義統( よしむね )軍の侍大将として

黒田如水軍に立ち向かった吉弘統幸は、吉弘鑑理の孫紹運の甥です。 

国東市武蔵町に伝わる吉弘氏ゆかりの吉弘楽(おおいたデジタル紀行)


さて、お話を戻しまして・・・

高橋紹運さんの名前ですけど、まるで出世魚?めまぐるしすぎです 

( 自分が )混乱しない様、順を追って控えておきます

天文17( 1548 )年、豊州三老・吉弘鑑理の二男として生まれた高橋紹運の

幼名は 弥七郎。 元服後に主君・大友義鎮( 宗麟 )から一字を貰って

吉弘弥七郎鎮理( しげまさ )と名乗ります。 後に筑前の高橋氏を継いで

高橋鎮種( しげたね )。 剃髪して高橋紹運( じょううん )と号します、OK






高橋紹運さんの人となりは、次回以降ぼつぼつと綴らせて頂く予定の

宋雲尼さんとの婚儀や、師父と慕った戸次鑑連( べっき あきつら=立花道雪 )

そして主君である大友宗麟のために義烈を尽くす姿勢、その優れた働きから

おのずと伝わってくるのではないかなぁと思いますが、あえて書くならば

紹運は饒舌を好まず思慮深く、それでいて勇気もあり、ここぞという時には

怯むことなく自分の意見をはっきりと述べ、敵方さえうならせてしまう・・・

若年にして将としての資質は充分だった様です






永禄10( 1567 )年11月18日に長男・千熊丸( 後の立花宗茂 )が

誕生したことから、高橋紹運と宋雲尼の結婚は永禄8( 1565 )年頃、

弥七郎鎮理( 紹運 )19歳、夫人は16歳ぐらいだったと推算されています。

戦国期にありながら、たとえ短くとも心の通い合う幸せな結婚生活だった事は

間違いなさそう 資料を読んでいるこちらまで満たされた気持ちになります





長くなりました。  

この続きは次回にて





紹運と宋雲尼【1】【







●参考文献、サイト : 吉永正春著 『 九州戦国の女たち 』

 高山由紀子著 『 国東物語~ドン・フランシスコ 大友宗麟

 おおいた暮らし・国指定重要無形民俗文化財「吉弘楽」国東市

 武家家伝 『 斎藤氏 』 『 吉弘氏 』 / 宋雲尼~うたかたの夢







本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます 

 
関連記事

2013/09/19(木) 18:09 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

korekarada : こんばんは。

先日、宗茂さんと誾千代さんのビデオを見ました。NHK「歴史秘話ヒストリア」を録画したものですが、そのまま見ていなかったのです。若くして逝った女傑:誾千代と、その思いに応えるために不遇の時代を耐えて、カムバックした宗茂。。良かったです。これからも、九州の「戦国」を教えてください。

まーりたん : korekaradaさんへ

korekaradaさん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かなコメント、
いつも心より感謝していますe-446v-238 お返事が遅くなり申し訳ありませんv-421i-201

昨日は福岡県築上町の、豊前宇都宮氏ゆかりのお寺にお参りして
そのあと太宰府市まで足を延ばしv-448v-355、高橋紹運さんの岩屋城址と、
紹運さんが実際に埋葬されているお墓に手を合わせてきましたv-425v-398

ヒストリアで放送された宗茂さんと誾千代さんのお話を
御覧になられたんですねv-410 あの放送回には鶴崎の支城で島津軍を
やっつけた大友家臣の未亡人・吉岡妙林尼さんも出てましたねe-343

九州の戦国に関心をお寄せ下さり嬉しいですi-80
亡き妻の為に頑張って復帰を果たし、徳川秀忠さんの相談役にまで
昇りつめた立花宗茂公も、九州では名将i-221として知られてますが、
宗茂公の実父・高橋紹運さんは、これまた素晴しい方なんですe-420

自身の文章力ではe-149、それを余す所なく表現するのは到底無理かとは
思いますがe-330、心を込めて自分なりに精一杯書いてみたいと思ってますe-446 
昨日、紹運さんのお墓でも手を合わせ、そう申し上げてきましたi-236 

ですので、宜しければどうぞ引き続きお付き合い頂けたら幸いですi-228
いつも大変励みになるお言葉を、本当にありがとうございますv-421e-414
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。