プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

八面山(はちめんざん)と聞くと、まーりたんは真っ先に大分県中津市のシンボル

マウンテン
を思い浮かべます 中津で暮らした小学校時代、校歌の歌い出しも

確か 「 や~やま( 八面山の別称 )の峰の~空遠く~ 」 だったし・・・ 懐かしい



ところが、立花宗茂公の実父・高橋紹運さんから遡り、豊後の吉弘氏について

調べていたところ、大分県豊後高田市に、もうひとつの八面山があった事を今更

ながら知る事に しかも別称も同じく ややま 漢字では屋山と書く様ですが。 



国東市役所商工観光課発行のパンフレット 『 KUNISAKI夢紀行 』 から拝借した

イラストマップより、大分県 国東( くにさき )半島のド真ん中をトリミング

左側の白地部分が豊後高田市、ラインを隔てた右側は空港がある国東市

国東半島(左は豊後高田市、右は国東市)吉弘氏筧の館は屋山麓にあった・屋山城

今回は中央のラインより左側、豊後高田市にご注目下さい

六郷満山の総寺 長安寺が中腹に建つ 標高543mの屋山( 八面山 )には

戦国期、豊後大友氏一族・吉弘氏の屋山城があり、麓には筧( かけい )の館

呼ばれる吉弘氏の屋敷( 平時の住まい )があったと云われています 






先日お邪魔してきた大分県立歴史博物館展示資料より中世の屋山寺の解説。

中世の屋山寺について・筧の館は屋山の麓にありました(大分県立歴史博物館)

六郷満山( ろくごうまんざん )文化とは、宇佐神宮の八幡信仰と古代の仏教に

天台宗が混ざり合い、国東半島6つの郷に花開いた山岳仏教文化の事です 

当時、国東には100近い寺院があったらしく、屋山の長安寺はその総寺(惣寺)。 

中世は吉弘氏が屋山を占有、六郷寺の僧侶達を統括していた様ですね






屋山( 八面山 )のジオラマも展示されてました

吉弘氏の筧の館は豊後高田の屋山にありました(大分県立歴史博物館)

四角いボタンを押すと、その場所がチカチカ光る仕組みになってますぽちっと♪


高橋紹運と宋雲尼の長男で、後に戸次鑑連( 立花道雪 の娘・誾千代と結婚し、

初代柳川藩主となる立花宗茂は、永禄10( 1567 )年11月18日、この屋山麓

筧の館で誕生し、3歳の時に父・高橋紹運の転勤で、豊後を出て筑前へ。

屋山城ボタンはあれど、筧の館の位置は特定できてないみたいです、残念







というわけで、前説?がずいぶんと長くなりましたが・・・

吉弘鑑理の次男 高橋紹運と、斎藤鎮実の妹 宋雲尼が許嫁になったのは、

紹運がまだ豊後高田の筧の館で暮らし、弥七郎と呼ばれていた少年時代

野花の様に可憐で、穏和な性格だったという宋雲尼。 

二人が惹かれあったのは言うまでもありません





しかし、結婚を前に大友氏と毛利氏との戦乱が起き、弥七郎鎮理( 高橋紹運 )は

各地を転戦、婚儀も延期に。 戦陣の合間をみてようやく義理の兄・斎藤鎮実への

面会が叶った弥七郎鎮理( 紹運 )は、宋雲尼との婚儀を約束通り行ってほしいと

申し出ますが、宋雲尼は弥七郎鎮理の出陣中に流行病の天然痘にかかり、顔に

醜い痘痕( あばた )が出来てしまい、とても嫁にはやれない、との返事でした





ですが、弥七郎鎮理は義兄・鎮実の目を見つめ、毅然とこう答えたと云います。

「 わたしが妹御を妻にと望んだのは、彼女の心の優しさに惹かれたからです。

例え不幸にして彼女の容姿が変わってしまったとしても、その資質は少しも

変わらないものと、わたしは信じています。 どうして違約などできましょうか 」





こうして、弥七郎鎮理( 紹運 )と宋雲尼はめでたく結婚

大分市の東部・丹生の庄から遥々国東半島の真ん中、豊後高田は筧の館へと

嫁いで行った宋雲尼は、翌々年ぐらいに千熊丸( 後の立花宗茂 )を授かります






顔じゃないよ、心だよ 」 「 あばたもえくぼ

見た目よりも本質、何事も心次第ですよって事は、この言葉にすっかり手垢感を

覚えるほどに普遍的。 だけど、宋雲尼は当時15歳前後の御年頃もよいところ。

ましてや気立てが良いだけに、心優しい紹運さんが大好きであればあるほど、

申し訳なさや引け目を感じ、頼みの心さえ卑屈にしおれさせてしまいかねない?

けれど、宋雲尼さんは嫁いだ後も変わらない心で、家臣らにも優しく接し、母と

慕われるほど慈愛に満ちた、野花の様に慎ましい女性で在り続けたと云います





これはやっぱり、紹運さんの深い愛情のなせるわざでしょうね

私の内面を好きだと言ってくれた弥七郎鎮理( 紹運 )さんのためにも、

くよくよ卑屈になってなんかいられない。 この心を大切に、素直に生きよう。

可憐な少女に自信を与え、そう決意させる力が恐らくあったんじゃないかと。





この時代には、はじめから思惑あって、いわゆる醜女( しこめ )を妻に選ぶ

武将も居たと聞きます 最初からそうしたのならともかく、若き紹運さんは

宋雲尼さんの心は勿論のこと、美しい容姿にも惹かれていたことでしょう。 

それが想定外に消えてしまっても、自分から破談にできる立場にあっても、

宋雲尼さんへの愛情が揺るがなかったのは、まぎれもなく外見以上に

彼女の内面にもしっかりと目を向け、その善き心を見抜き、

彼女の資質を認めた上で、惹かれていたからに違いありませんね 




点とはいわず、300点ぐらい差し上げたい武将さんです、紹運さんは

そういうおまえさんは何様でぃって言われちゃいそうですケド・・・・




屋山から県道29号線を高田港方面へ下ると、ボンネットバスの走る昭和の町

屋山城(筧の館)から高田港方面へ下れば昭和の町に着きます


紹運さんと宋雲尼さんが豊後高田・筧の館で平穏に暮らせたのは2年ほど。

大友宗麟公のお眼鏡に適った器量ある青年武将は、筑前の要( かなめ )を

命じられ、ついに一家で運命のお引越し・・・。  

脱線も楽しみつつ?またまた次回へ続きます





紹運と宋雲尼【】【2】【番外編A】【






●参考文献、サイト : 吉永正春著 『 九州戦国の女たち 』

六郷満山の地~吉弘統幸のふるさと / ウィキペディア 「 高橋紹運 」

 



本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

関連記事

2013/09/21(土) 18:50 | コメント:6 | トラックバック:0 |
コメント

大分ナシカ : こんばんは

ここのお寺さんすごく紅葉とか綺麗ですよ行ったことがあります!(^^)!

ここも大友宗麟公と関係があるんですね~。

このあたりのお寺さんはたいがい網羅していますよ(笑)

全ポチ★

来週もよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238 お返事が遅くなり申し訳ありませんv-421i-201

長安寺、足を運ばれた事がおありなんですねv-410e-343
国東のお寺は網羅されていらっしゃるとの事e-451、さすがナシカさんe-354v-352
宗麟の青年期を描いた国東物語には、千燈寺も登場するんですヨv-392

私もそのうちゆっくりと時間をとって、国東半島のお寺巡りを
してみたいなと思ってますv-398 これから良い季節になりますしねv-34i-176 

こちらこそ今週もどうぞ宜しくお願い致しますv-22v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。