プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


主家・大友のため筑前で大活躍をした上から高橋紹運、宗麟と肉親以上の絆で

結ばれていた立花道雪( 戸次鑑連 )、そして紹運と宋雲尼の長男 立花宗茂。  

立花邸・御花の売店外壁に紹運&道雪&宗茂公

昨年、柳川の御花を訪れた時、売店外壁に掛けられていたタペストリーです。

勝手に名付けて筑前三銃士 イラストレーターの諏訪原寛幸さんが描かれると

もう圧倒されるというか、魂が籠ってるというか、素晴らしいの一言に尽きます




観る者に夢を与えてくれるのと同時に、諏訪原さんの作品からは、先人の方に

対する敬意が、ひしひしと伝わってくるんですよね イラストの紹運さんは、

島津の大軍と戦う最後のシーンのイメージかしら...。 それにしても、諏訪原さんに

描いて貰えた先人の方々は、きっとあちらの世界で鼻高々でしょうね~








個人的には、こういう感じも好きなんですけどネ

大分市歴史資料館マスコット・大友3人組(宗麟、道雪、紹運)

大分市歴史資料館のマスコット ootomo3にん組(ヒトじゃないから “ にん ” がひらがな?)

左から、デウスさまLOVEでも家臣への感状はマメに書きます大友宗麟公、

この人に育てられればもれなく名将にどんぐりまなこの雷オヤジ 立花道雪

切れ長の瞳に節義と仁愛を湛えた高橋紹運が それぞれモデルだと思われます

この3にん組が結成されたのは、名将・立花宗茂公の幼少期かな?たぶん





当時、豊後大友氏21代目宗麟は、既に北部九州6か国( 豊前、豊後、筑前、

筑後、肥前、肥後 )の守護で、九州の武家を統制する九州探題職にも就任

ところが、内々の事情あって、宗麟をいけすかなく思う筑前の守護代・高橋鑑種

がリーダーとなり中国の毛利元就と手を結び、秋月氏他反大友派を集めて蜂起





これは弥七郎鎮理( 紹運 )さんの長男・千熊丸( 後の立花宗茂 )が生まれてすぐ、

永禄10( 1567 )年の出来事で、大友宗麟( 義鎮 )は豊州三老をはじめ、

宋雲尼の兄・斎藤鎮実らに筑前討伐を命じます 弥七郎鎮理( 紹運 )さんも

実父で豊州三老の吉弘鑑理(あきただ)に従い、家族を豊後に残して筑前へ出陣。 





一方、毛利元就さんも負けじと、吉川元春や小早川隆景など、来年の大河にも

間違いなく登場するであろう錚々たるファミリーを九州へ送り込み、筑前国内は

毛利大友の戦火の海と化し・・・戦乱は永禄12( 1569 )年まで続きます。





毛利氏と大友氏の北九州覇権争いは、大内輝弘に宗麟が軍を与え、毛利氏の

本国へ攻めのぼらせた事で収束します。 ふたつの戦を良しとしない毛利氏は

大急ぎで撤収 この作戦は大友宗麟の参謀役 吉岡長増( 鶴崎城のゴッド

マザーとして名高い?吉岡妙林尼さんの義父 )の進言だったと云われてます 





因みに大内輝弘は、宗麟の母方の祖父でもある周防国守護30代目大内義興

( よしおき )追放計画がバレて、大友氏を頼り豊後へ亡命していた大内高弘の

子です 輝弘は豊後で生まれ、父と同様に当主奪取の野望を持っていました。 


01-15岩屋城本丸からの眺め

さて、こちらは岩屋城本丸からの眺望です 岩屋城は、大友氏に反旗を翻した

筑前守の高橋鑑種さんが築城、城主だったお城ですが、毛利氏の後ろ盾を失い、

命は助けられたものの、高橋鑑種さんは豊前の企救郡( 小倉 )へ追放されます。 

で、宗麟の命により吉弘弥七郎鎮理( 紹運 )さんが岩屋・宝満2城の城督へ


岩屋城址解説板

しかも弥七郎鎮理( 紹運 )さんは、謀反を起こした高橋鑑種( あきたね )さんの

旧臣たちの願いを聞き入れ、高橋姓を継ぎ、名前にも一族の間で平安時代より

受け継がれてきた“ ” の字を入れ、吉弘弥七郎鎮理( しげまさ )から

高橋主膳兵衛鎮種( しげたね )に改名 宗麟から貰った “ 鎮 ” の字しか残ってない・・・


岩屋城解説板パノラマ写真より

そんな紹運さんの懐の深さがきっと功を奏したんでしょうね、

筑前には平穏な日々が訪れます


岩屋城本丸より(杜の中の青い屋根は九州国立博物館)

元亀元( 1570 )年5月、高橋主膳兵衛鎮種( 紹運 )さんは、大分県は国東半島

豊後高田の筧の館から家族3人と家臣らで、筑前の太宰府( 岩屋城・宝満城 )へ

お引越し。 ときに長男の千熊丸( 後の立花宗茂 )は4歳、妻・宋雲尼は20歳、

23歳の高橋鎮種( 紹運 )さんは岩屋城を居城とし、民政を行っていくのです。


宝満城ではなく、手打ちそば・うどん宝満屋さん

こちらは、高橋鎮種( 紹運 )さんが詰城とした宝満城、ではなく

太宰府の手打ちそば・うどんの宝満屋さんですが、屋号の由来は言わずもがな







また、翌年には糟屋郡新宮町、大友氏6代貞宗の次男が築城した立花城へは、

高橋鑑種と共に毛利氏に通じた立花鑑載( あきとし )に代わって、豊州三老で

58歳の戸次鑑連( 立花道雪 )が、夫人と一人娘で3歳になる誾千代を連れて

着任。 主君・大友宗麟に見込まれて、道雪&紹運 ふたりの勇将は筑前の要に。

でもって、三人そろって剃髪 ootomo3にん組 ここに結成です






年齢差35歳の道雪さんと紹運さんは、筑前で良き父と息子のような関係を

築いていきます。 次回は、立花城と岩屋城を行き来して親交を深めて行く

ふたりの素敵なエピソードなどを、御紹介させて頂こうと思います





紹運と宋雲尼【】【番外編A】【3】【






●参考文献、サイト : 吉永正春著 『 九州戦国の女たち 』

秋月観光協会発行・筑前の小京都・秋月城下町 ~ 戦国時代の秋月氏

岩屋城[ 1586年 ] 玉砕覚悟の籠城戦 / ウィキペディア「 高橋鑑種 」







本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

関連記事

2013/09/25(水) 21:41 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

香奈子 : 凛々しい~

おはようございます(^J^)
爽やかに晴れた今朝、頭をすっきりとさせて読む記事に
あたかも、自分がその時代に居合わせた様に感じながら居ます(^_-)

なるほど・・・3にん組。。
イラストレーターさんのお描きになったものは、きっとそのままの
3人の方々を現しているように思えましたが、私は個人的には
アニメ風のほうが好きです!アニメチックでありながらも
3にんを上手く表現されていますね!
次回のエピソードが益々楽しみです!よろしくお願いしま~す☆

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238

香奈子さんe-414、非常にローカルで狭い記事にも関わらず、
いつもながら真摯にお付き合い下さり、また大変
励みになるお言葉を、本当にありがとうございますv-398

今回の連載では、紹運さんに絡む九州戦国史の勉強も兼ねてv-87
これまで訪ね歩いてきた史跡v-540などを復習&整理しながら
ゆっくりと紐解いてみたいなぁe-343、と思っていますので、
休み休みのちょっと長い連載になるかもしれませんe-330
どうぞ気楽にご観覧頂ければ幸いですv-410e-343

アニメ風の3にん組、ユニークですよねi-278
歴史資料館のパンフレット紙面に登場するだけの非常にマイナーな
キャラクターなんですがi-179、それだけに惹かれるものがあってi-237i-176

学校の教科書なんかに載ってる戦国武将さん達の肖像画って、
手が異様に小さかったりと、はっきり言ってイマイチだな~e-351
思ってたんですよねi-201 イラストレーターの諏訪原さんが描けば
みなさん凛々しくて、生き生きとしていてv-10、これは描いて貰った
先人さん達もさぞかし嬉しいんじゃないかな~とi-179

次回も楽しみにして下さり、ありがとうございますe-446
物騒な戦乱の世のお話ですがe-443、私も許される範囲で楽しみつつ
( 既にふざけすぎi-278e-3 )明るく綴っていけたら、と考えていますe-454
こちらこそ、どうぞ宜しくお願い致しますv-421e-266

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。