プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

天正9( 1581 )年8月18日、立花道雪さんの寄り切り勝ち 高橋紹運さんと

宋雲尼さんの長男・統虎( むねとら )は、めでたく立花家の婿養子となります 




太宰府を後にした統虎一行の立花到着を、道雪さん以下家中総出で待ち構え、

熱烈歓迎 道雪さんの一人娘・誾千代( ぎんちよ )13歳と、統虎( 後の立花

宗茂 )15歳の結婚は、立花城下にも明るい話題となって駈け巡ります。 主家の

大友氏が衰退の一途を辿る中、この上ない慶事だった事は想像つきますネ




それから3か月後の天正9年11月には、反大友派の秋月氏・宗像氏との小金原

( こがねばる )の戦い
が起き、統虎はさっそく義父・立花道雪さんに従って出陣

するんですけど、今回はちょっとスピンオフ編で、こうした戦乱の最中、その生涯を

平和の架け橋としての役割に捧げた女性について、綴っておきたいと思います


立花家重臣の屋敷があった立花口付近

上の画像は当時、立花家重臣の屋敷が建ち並んでいた立花口付近の地図。

道雪さんのお墓がある梅岳寺を過ぎ、東の方向( 地図左下 )へ登って行くと、


立花山麓には由緒ありげな古民家が立ち並ぶ

行く手にはこんな風景が かつて筑前一の要城・立花城があった立花山頂へ

続く道の脇には由緒ありげな古民家が建ち並んでます。 辺りには屋号が立花の

商店や会社
も多くて、もしかして立花家御用人の末裔さんなのかな~などと勝手に

想像しつつ撮影したのは昨年の1月 冬空の下、楽しくも超寒い一日でした


松尾岳には道雪の室・松尾殿の御屋敷がありました
松尾岳について(案内図より)

道雪さんが出陣前に戦勝祈願していたという六所宮 大鳥居近くに設置

されていた立花山案内マップの解説に、 “ 松尾夫人 ” の名前を発見

松尾夫人は、立花道雪さんが生涯でただ一人迎えた側室・お色姫なんですね。

立花城北西に位置する松尾岳の館で暮らした事からそう呼ばれた様です。





永禄10( 1567 )年から2年間に亘る 大友氏と毛利氏の北九州覇権争いでは

毛利氏が本国での戦に備え、手を組んでいた反大友派を置き去りにして撤収

という結果に終わってしまい、反大友派は大友氏に降るほか無くなります・・・




で、毛利氏の後ろ盾のもと大友氏と争っていた反大友の筑前守護代・立花鑑載

( あきとし )を降参させて、新・立花城督に任命された戸次( 立花 )道雪さんへ、

同じく反大友派だった宗像氏より和睦目的で嫁がされたのが宗像氏貞の妹

お色( 菊花 )姫 = 松尾夫人。 ただ、半ば押しつけ的な輿入れだった事も

あってか、宗像氏からお色姫と同時に贈られた二つの土地、西郷と若宮を

道雪さんは宗像氏に突き返してしまい、これが宗像氏家臣らの不満を募らせ、

暴走させて多くの死傷者を出した小金原の戦いの火種となってしまいます




また、道雪さんは立花氏を継いだものの、自分から「 立花 」姓を名乗る事はなく

本名の 「 戸次( べっき ) 」で通したとか、やっぱり頑固オヤジですね~




そんな頑固一徹カミナリ親爺当時59歳の道雪さんに嫁いだお色姫は25歳。 

宗像氏は、元は周防の大内氏に仕えていた事から、お色姫は幼少期に大内家の

お家騒動( 1551年に起きた大内義隆が重臣の陶隆房に討たれるクーデターに

絡む )に、大友宗麟の実弟・晴英( はるふさ )同様巻き込まれてしまい、凄惨な

現場を目の当たりにした為に、美しい姫ながら心がやや不安定だったといいます。





それでもお色姫は、大友氏と宗像氏の平和の架け橋になろうと精一杯努めます。

その甲斐あって、宗像氏に限っては、耳川での敗戦以降の主家・大友氏弱体化と

共に筑前で次々と蜂起する諸氏には加わらず、警備のみ担当したそうです





立花家も、敵地に独り投げ込まれたも同然の彼女を家族皆で支えます。

側室というより養女的だったんでしょうかね、道雪さんとの間に子供は無く、

天正15年に39歳の若さで亡くなったあとは、統虎( 後の立花宗茂 )が、

お色姫の菩提寺・竹龍院に田地七町を寄進するなど、供養に務めています



高橋紹運公は三柱神社の配祀神でもあります

立花宗茂が初代藩主となった筑後柳川の 三柱( みはしら )神社には、

宗茂公と道雪さん、誾千代さんを御祭神に、歴代藩主そして宗茂公の実父・

高橋紹運さんが合祀されているんですが、その隣に青柳( 道雪室 )とあります。

多分これもお色姫( 松尾夫人 )の事じゃないかな~と勝手に推察してます




お色姫は、最初は立花山ふもとの青柳村石瓦( 古賀市青柳 )で暮らしていた

そうですが、大友氏衰退に伴う戦乱が激化し、立花城下にまで及びはじめた為

道雪さんは、お色姫を炊事場や貯蔵庫など籠城設備の整った安全な松尾丸

( 松尾岳の館 )へ、侍女らと共に避難させたとか。 優しいですね、道雪さん





女性が戦争の道具とされた哀しい時代にありながら、切なくも救われる話です。

そういうことで、今回は紹運と宋雲尼スピンオフ編でした 次回へ続きます。





紹運と宋雲尼【】【7】【番外編B】【





●参考:吉永正春著 『 九州戦国の女たち 』






本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます


関連記事

2013/10/04(金) 20:32 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

香奈子 : 頑固一徹・・・

こんにちは(^J^)
暑いのか涼しいのか分からない気候で、気合いを入れないと
これはダメだなあと感じる今日この頃です。。

頑固一徹の道雪さん!でも、その心根は海より深い優しさの
持ち主なんですね。
戦乱の世にありながら、人情があって、女性を大切になさった
そのお人柄を尊敬します!
あ~こんな方が私の近くに居ないかしら…(^_-)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238

昨日、こちらは台風の影響で一日中よく降りました~v-279i-201
半袖で外に出れば肌寒いしe-443、家の中では蒸し暑さも感じる
ほんと暑いのか涼しいのかe-351
 
この所はカラッと清々しい秋晴れv-278が続いてましたしね、
そっちに慣れてしまってたのかもしれませんねe-330
体調崩さないようお気を付けください、香奈子さんv-22v-410

香奈子さんが察して下さる通り、道雪さんは懐がとても深くv-398
責任感もあり、また同じぐらい頑固e-258で厳しい方でもあった様ですi-229
道雪さんみたいな人が傍に “ じいやv-509 ” として居てくれたら
心強いでしょうねi-228 でも宗麟みたいに?完全に頼り切っちゃうかもi-237

道雪さんは筑後へ出陣中e-248、紹運さんに看取られて病没するんですが、
その時は敵味方なく、道雪さんの死を悼んだと云われているんですv-425

今日、北部九州の西側はお天気が回復するみたいなのでv-278e-266
道雪さんの最後の陣跡へ出かけてこようかなと思っていますe-343
これからボチボチ支度をしながら、お空と相談ですi-236

いつも真摯にお付き合い下さり、本当にありがとうございますv-421e-414
香奈子さんもどうぞ、素敵な日曜日をお過ごし下さいe-287e-420

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。