プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


天正13( 1585 )年9月、立花道雪さんの病没によって、豊後大友氏の筑後旧領

奪還戦
は幕を下ろします。 が、それとは逆に薩摩の島津氏は勢いを増すばかり

肥後の反島津軍を討払い、龍造寺氏配下の肥後勢さらに龍造寺家も味方につけ、

あとは豊前・豊後、筑前の一部を死守する大友氏を降ろせば、九州の王者です  




しかし、ここで待ったをかけるのが、道雪さんが亡くなる2か月前の

同年7月11日、四国平定中に関白へ就任した秀吉さん。

関白に就任した秀吉さんの大坂城

お百姓出身の秀吉さんは、人々がお腹いっぱいご飯を食べられる 戦の無い

平和な国づくりを夢見て、天下人を目指した方です それだけに、天皇の意志を

代行できる関白の地位を巧みに活かし、自分の一声で、争いを続ける大名らに

戦を止めさせ、従わなければ討伐できる 『 惣無事(そうぶじ)の論理 』 を提言。





天正13(1585)年10月2日、秀吉さんは 九州でドンパチやっている島津氏と

大友氏に停戦命令=惣無事令を出します 大友氏はこの命に従う事を表明。 

けれど島津氏は、れっきとした軍事行動で切りとった大友の領地は おいのもんで

ごわす的に、秀吉さんの命を黙殺。 打倒大友、九州制覇を目指します。






これに困り果てた大友宗麟は翌年の天正14( 1586 )年3月、病の体をおして

直接、秀吉さんの大坂城へ赴き 大友の領地保護と、援軍を懇願するのです

ドラマ・大友宗麟物語より、宗麟と仲屋宗悦

2012年のお正月に放送されたドラマ 『 大友宗麟物語~心の王国を求めて

より、大友宗麟役の松平健さんと、大鶴義丹さん演じる御用商人・仲屋宗悦。

大坂城で、千利休の取り次ぎを経て、秀吉さんに謁見中のシーンです

今回は久々に庫出しした このドラマの場面映像とともに、お話させて頂きます







片岡鶴太郎さん扮する関白秀吉さん ドラマでは少し意地悪く描かれますが、

実際ちゃっかりした方でもあった様で、史実を読んで成程な箇所も多いです。

ドラマ・大友宗麟物語より、関白秀吉さん

秀吉さんは宗麟の願いをふたつ返事で聞き容れます。 それもそのはず、四国の

次はターゲットを九州に定め、この年の1月より準備を始めていたといいますから。

そんな時、九州6か国を背負った守護が自ら降って来る事は、九州平定を半ば

終えたも同じ。 ドラマでは描かれませんが、秀吉さんは上機嫌で宗麟に城内を

案内した、と云われています 秀吉さんには時代の風が吹いてたんでしょうね









病の体で大役を終え、疲れも緊張もきっとピーク状態だったであろう大友宗麟公。

海原の先に大友の出城がある高崎山が見えたときは、ほっとした事でしょう

大阪南港直行便の関西汽船さんふらわあ・あいぼり(別府国際観光港)

宗麟が大阪南港発、豊後直行便の さんふらわあ・あいぼりで帰路に就いたか、

実際のお供は豊後商人の仲屋宗悦さんだったかは、定かでありませんが・・・。







一方、宗麟が去った大坂城では、秀吉さんと側近の千利休さんが、

次のような会話( 会議? )をなさってたみたいなんです






秀吉さん 「 南蛮かぶれの九州の坊主、すっかりやつれきって、悟りきれん僧侶の

様な顔をしていたな。 あれでは到底、島津腹には勝てまい・・・ 」





千利休 「 九州御平定の後、大友家の所領は如何様になさるおつもりですか?

豊前、豊後、筑前、筑後、肥前、肥後6か国の守護をゆるされた、九州きっての

名門でございます。 しかも、すすんで殿下の軍門へ降って参りました。

それを思えば2、3か国の安堵は・・・ 」






秀吉さん 「 豊後一国で良かろう 」

ドラマ・大友宗麟物語より、宗麟の所領について会議中の千利休と秀吉さん

千利休 「 殿下、いま何と・・・ 」








ヒデヨシサーン・・・

こうして大友家にかろうじて安堵された豊後一国も、いずれは秀吉さんによって

没収、大友氏は改易されてしまうんですけどね・・・。 キビシイ時代です





それはさておき、宗麟と秀吉さんの間で取り決めがなされた後は、九州の

諸勢力も、秀吉さんをバックに付けた大友に付くか、独走態勢の島津に付くか

決めなくてはなりません。 島津義久さんを盟主に、反秀吉連合を結成する

豪族らもいれば、長いこと反大友派だった筑紫氏は、大友氏と晴れて和睦






そんな中、秀吉さんの惣無事令( 停戦命令 )を黙殺した島津義久さんは、

本国薩摩で3万の兵を集めると天正14( 1586 )年6月、道雪さん亡きあと、

高橋紹運さんと実子の統虎( 立花宗茂 )が守る筑前大友領進撃を忠長に命じ

反秀吉(大友)派の求めで、島津軍は大友の本拠地豊後にも照準を合わせます

大友氏の筑前での領域(1580年頃)岩屋城パンフレットより


天正14( 1586 )年7月、筑前目指して進軍する島津軍が、大友氏に寝返った

筑紫広門の勝尾城( 佐賀県鳥栖市河内町 )を攻撃した報せを受け、秀吉さんも

ついに島津征伐( 九州平定 )戦に乗り出します 先鋒として同年7月25日、

黒田官兵衛が四千の兵率いて進発 翌年の天正15( 1587 )年3月1日、

秀吉さんも弟の秀長さんと共に大軍を従え出陣。 2隊に分かれ九州入りします。






天下人・秀吉さんの九州平定戦がスタートしたことを知ってか知らずか、

天正14(1586)年7月、島津軍は鳥栖の勝尾(かつのお)城を開城させた勢いで

次なる攻撃目標、筑前最初の砦・高橋紹運さんの岩屋城( 太宰府 )へ

反秀吉( 大友 )派も従えた島津軍は、5万近くに膨れ上がっていたといいます






いよいよ高橋紹運さんの岩屋城籠城戦が始まりますが、これについては詳細に

綴らせて頂く予定ですので、紹運さんには、まだまだお元気でいて貰いますヨ

紹運さんファンの皆様、どうぞご安心を それでは、続きはまた次回  





紹運と宋雲尼【10】【11】【12





●参考 : 遠藤周作原作 ドラマ 『 大友宗麟物語~心の王国を求めて

小和田哲男著 『 黒田如水~臣下百姓の罰恐るべし

岩屋城[1586年]玉砕覚悟の籠城戦







本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

関連記事

2013/10/16(水) 19:40 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

香奈子 : 戦の時代。

こんにちは(^^)
クーラーとストーブの間が見事にない今年の秋!
風邪でもないのに、急に体がだるくて、少々ダウン。
数日は大人しくしていました。でも、復活して来ました!
まーりたんさんは、体調はいかがですか?
どうぞ、お気を付け下さいね!

記事は、いよいよって所になって来ましたね。
つくづくと、先人方が、野心はあれど、
未来へ続く、この国の行く末を思っていたことを
有難く思います。もちろん、戦では自分たちの領地を守って戦っていますが。。
ただ、現代においても、戦争はまだあって、
戦をせずに明るい国を作ることはできないのかと、
やはり切なくなりますね・・・。
辛い乱世を越えて下さった、この国の先人方へ感謝☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238 お返事が遅くなってすみませんv-421

こちらも10日ほど前にクーラーをつけたのが
ありゃ夢だったかいなi-230v-361的に厳しい冷え込みが戻ってきてv-289
今度は年末近しe-489を震えながら痛感中の今日この頃ですi-229

香奈子さん、お加減はいかがでしょうかe-3
こう気温差が激しいとほんとダイレクトに堪えますねv-393
ウチはついに電気毛布を出してe-162、パソコン作業中はひざ掛けに
していますi-179 下半身を温めると半身浴効果e-224?で血行がよくなる
せいか、今のところはお陰様で風邪もひいていませんe-454
香奈子さんもお体を冷やさないよう、水分も充分に摂られてv-273
過労にもお気をつけて、どうぞお大事になさって下さいねv-22v-410

今回も連載に真摯にお付き合い下さり、恐縮ですe-466i-201
そうですね、香奈子さんの仰るようにe-284いくら時代とはいえ
戦をせずに明るい国づくり出来なかったのかな、と私も思いますe-351
古事記の世界でも、力の弱い者は強い者に滅ぼされ続けますしe-327
そうした食物連鎖e-3の延長線上に今があるのかもしれませんねi-202

現在も世界のあちらこちらではe-332、やっぱり戦争は起きていて、
日本で暮らしていると他人事みたいに感じてしまいますがe-214
かろうじて保たれている平和を実感してe-68、哀しい過ちを二度と
繰り返さない為にも、日本の過去を知る事って大切かなぁ、とe-414
そうして大変な時代を生きて下さった先人の方々には感謝ですねv-425v-410
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。