プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


天正14( 1586 )年7月。 

九州制覇を目指す5万の島津軍から主家・大友の筑前領を死守すべく、豊州三老

吉弘鑑理(あきただ)の子で大友氏家臣・高橋紹運さん以下 763名の城兵が、

太宰府で半月に亘る攻防を繰り広げた 岩屋城の戦い。 現地入手のパンフレット

岩屋城[1586年]玉砕覚悟の籠城戦 』 を参考にさせて頂きながら綴ってます 






島津軍と籠城大友軍は70対1の戦力差にも関わらず、7月14日の開戦から僅か

10日余り、島津軍は想定外の兵力を失ってしまいます 筑前一の要城であり

九州制覇の最終砦・立花城を落とすウォーミングアップ程度に考えていたために

こりゃエラいこっちゃと、島津軍は紹運さんのもとへ再び使者を送り、降伏勧告

岩屋城入口。防犯カメラ作動中?

高橋紹運さんは防犯カメラまで設置 半端ない守りの堅さです







島津軍の使者は、籠城軍に矢止めを請いながら 紹運さんへこう叫びます


「 キリスト教を盲信し、人心を惑わす非道の大友氏に貴方はなぜ、そこまで

尽くされるのか 貴殿の武功は十分に証明されました。 降伏されたし




これではダメですねおまえの父ちゃんデベソ 」にしか聴こえません。

自己顕示欲の為に戦ってるんじゃない紹運さんも多分、カチンと来たんでしょう。

敵味方が固唾を呑んで見守る中櫓の上から、ガツンとこう言い返します。

岩屋城本丸より(杜の中の青い屋根は九州国立博物館)

「 主家が隆盛している時は忠勤に励み、功名を競いあう。 しかし衰えた時には

助けようともせず、恩も義も忘れて主家を捨てる者など、鳥獣以下である





紹運さんの言葉には、敵味方に関係なく感嘆の声が上がったといいますオォ

主家・大友が気に入らないから毛利氏と手を結び、毛利氏に置き去りにされれば

龍造寺氏、龍造寺氏が島津氏に討たれれば島津氏と、権力への寝返りを繰り返す

豪族らへの憤りと、そうした時代風潮への嘆きが、大いに込められた台詞です。





紹運さんは常に相手の心情を推し量る事を忘れず、どちらかと言えば我慢をして

与え続けるタイプの人ですキッパリ。 それだけに奪うだけでは手に入らない

恒久的で掛け替えのないものを結果的に、数多く手に入れた方でもあります。 

円満な夫婦仲も、師父・道雪との固い信頼関係も、忠臣も、親思いの息子も、

名将と呼ばれる人徳も  自分のやりかたが絶対だとは言わない。 だけど、

人間に生まれたのなら、それに気づいても良いんじゃないか なぜ、いつまでも

姑息な烏合の衆であり続けるのか その不毛さが解らないのか、情けない。

批判しない主義の紹運さんも、最後に一発言ってやりたかったんでしょう、きっと


岩屋城二の丸曲輪へ続く道

紹運さんの抑制された心の叫びを 察したのか察してないのか、攻防の指令で

忙しい紹運さんのもとへ、島津軍から次なる降伏勧告の使者が派遣されます



「 今一度、降伏すれば我が大将は貴殿に領地を安堵すると言っている。

是非ともこの条件を呑んで頂きたい。 そして共に九州を統一し、さらには中国、

山陰、ゆくゆくは京都へまでも軍を進めようではないか、と・・・ 」 




紹運さんの器量をよっぽど惜しんで下さっての言葉でしょうけど、これもダメです

なんで島津さんから領地を安堵されないといけないんでしょう

紹運さんは最初の交渉で、「 主家の大友か、秀吉さん以外の命には応じない 」と

言ったでしょうに・・・ あまつさえ支配欲の塊みたいな言葉で、紹運さんの心が

動くわけがありません。 是が非でも降伏させて島津軍に加えたいのに、どういう

わけか、紹運さんの神経を逆なでする様な言葉ばかりチョイスする島津さん・・・ 




ある意味凄いですが、当然ながら敵を懐柔するためのリサーチ力の乏しさにより、

通算3度目の降伏勧告の使者も、紹運さんに一蹴にされます ザンネン

岩屋城本丸曲輪登り口

使者はこの石段を転がり落ちるようにして、島津軍の陣地へ帰って行ったとか

どうとか・・・。 意中の人を振り向かせたいなら、自分の強欲ぶりを男らしく?

語って聞かせるばかりではなく、振り向かせたい相手の胸中を先ず推し量る努力、

手間を惜しまない事が大切だったみたいですネ、忠長サン 






こうして通算3度にわたるプロポーズ大作戦はあえなく終了。

ついに運命の1586年7月27日を迎え、最後の戦いが開始されます。

秀吉さんが援軍として派遣した 黒田官兵衛さんを軍監とする島津征伐先発隊は、

二日前の25日に京都を発ったばかり。 九州まで陸路ひと月はかかるでしょう

秀吉軍の到着まで、なんとしても島津氏の九州制覇を阻止しなくてはなりません。

このときの九州の命運は岩屋城主で39歳の高橋紹運さんと、立花城主で18歳の

立花統虎( 後の柳川城主・立花宗茂 )さん親子の肩にかかっていたんです。 



長くなりましたので、続きは次回にて





紹運と宋雲尼【14】【15】【16






本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます




貴重なお時間を割いての温かいコメント、応援いつも心より感謝しています

コメントのお返事、少し遅くなります、ご了承ください


関連記事

2013/10/25(金) 19:38 | コメント:6 | トラックバック:0 |
コメント

ぺこ★ぺこ :

こんばんわ~!
いつもありがとうございます(*^_^*)

島津軍と籠城大友軍は70対1の戦力差にも関わらず、少数軍の頑張りに興奮しますね!
すごいですね(^_-)-☆

才覚や心意気に感服し、友情や尊敬の念が芽生えたりするのには、感動です(^O^)/



まーりたん : ぺこ★ぺこさんへ

ぺこ★ぺこさん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238 お返事が遅くなってスミマセンv-421i-201

拙い郷土史連載にお付き合い下さり恐縮ですv-398 凄く嬉しいですe-266
当時の戦争って、自分がどこのだれか判る様に旗印を掲げたり、
開戦の合図に法螺貝を拭いたりと、何だかちゃんとしてますよねi-278

だからこそ敵に対して友情や尊敬の念が芽生えたり・・・i-265e-420
ぺこ★ぺこさんの仰る様に感動というか、何だかじーんときますねi-176
それぞれが一所懸命でe-330、きっと人間味に溢れた未来へ繋がる戦
だったんでしょうね。 通るべき道だった、と信じられそうですv-410
島津の大将さんは、紹運さんと本当にお友達になりたかったみたいですヨi-236

ぺこ★ぺこさんi-80、ブログ二周年おめでとうございますv-314v-410
いつも美味しくて楽しくてホッとする記事に癒されていますv-22v-398
早朝のご訪問は時間との勝負でv-244v-12、毎度ドタバタなんですがv-355
また是非、ゆっくりとコメ欄へもお邪魔させて下さいませi-220i-175
こんな私ですが、これからもどうぞ宜しくお願い致しますi-228i-80

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。