プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


NEW邪馬台国の匂いプンプンの亀塚古墳に続いて訪れたのは、大分んシなら

恐らく知らない方はいらっしゃらないでしょう 毎年5月半ばの夜も明けぬ早朝、

かえんかえ~ 」 の掛け声と共に、互いに持ち寄った品物を闇に紛れ、

より上等な物と交換する駆引きを楽しむ祭り萬弘寺の市(まんこうじのいち)の

舞台となる坂ノ市(さかのいち)地区の古刹、廣徳山 萬弘寺です

県下一の古刹へ♪太田亘説では卑弥呼の菩提寺です

そうです、このお寺が太田亘氏説に基づく女王・卑弥呼さんの菩提寺です




亀塚古墳が県下最大級の前方後円墳であるなら、萬弘寺は県下最古の古刹。

ちょっと見そう古そうには見えないので、よくある地域密着の普通のお寺かな~

程度にしか認識しておらず、その由緒については恥ずかしながら無頓着でした 

今回の探訪に出かけなければ、ずっと知らないままだったかもしれません




萬弘寺の市は知っていても、未明に起きて物々交換の品物を用意し、坂ノ市まで

来るなんてチキンなまーりたんには到底無理なので、参加した事がないんです

萬弘寺の市の由来1

萬弘寺の市の由来2

萬弘寺の創建は、なんと6世紀末の古墳時代 今から1417年前です

これほどまでに古いと、創建当時の建造物が現存している方が凄いです。




解説板によれば、萬弘寺を建立したのは聖徳太子とされていますが、

聖徳太子は天皇をサポートする頭脳集団の事だったとか、最近では実在したかが

怪しい流れになってきています それでも、聖徳太子の実父にあたる第31代

用明( ようめい )天皇( 540年~587年 ・ 在位期間585年~587年 )は、

豊後( 大分県 )に大変縁の深い方なんです 廣徳山 萬弘寺を建立したのは

言い伝えでは聖徳太子。 山門には “ 用明天皇御創建 ” と刻まれています。

用明天皇御創建・広徳山萬弘寺


真名野長者伝説が今も生々しいほどに息づく 豊後大野市そして 臼杵市には、

用明天皇ゆかりの史跡も多いです。 また、豊後大野市では、村人が用明天皇を

背負って川を渡った故事に因むお祭りが残ってますし、臼杵市の うすき竹宵

用明天皇が皇子だった頃、お忍びで豊後を訪れ恋に落ちた般若姫( 真名野長者

夫妻の愛娘 )の御霊を故郷・臼杵へ導くため竹雪洞の迎え火を焚くお祭りです

用明天皇の妹・推古天皇は、実は般若姫だったという諸説もあり、謎が深いです。

境内には用明天皇の腰掛け石がありました

萬弘寺境内に安置されている用明天皇の腰掛け石

豊後大野市三重町の内山観音( 般若姫像 )を見上げる淵の畔にもあります






2年前、真名野長者伝説ゆかりの地を訪ね歩き、記事も沢山書いたのですが、

その際に、周防灘で嵐に遭って従者が次々と命を落としていく様に耐えられず、

池辺の皇子( 用明天皇 )との結婚より、従者を憐れみ海に身を投げた般若姫や、

山王神に 「 娘を授けるが短命である、それでも望むか? 」 と忠告されながらも

覚悟を決めて般若姫を産み、夫( 炭焼き小五郎=真名野長者 )と共に大事に

育て、守り抜こうとした玉津姫にすっかり感情移入してしまい、可笑しいですけど

泣きながらキーボードを叩き続けた時のことを思い出してしまいました


萬弘寺縁起

用明天皇は、記録では47歳という若さで亡くなっています。

豊後から迎えるはずの般若姫が輿入れ中に海難事故で行方不明になったため、

穴穂部間人皇女と結婚。 聖徳太子を長男に5皇子と1皇女を授かりますが、

用明天皇は崩御するまでに、般若姫亡き後の豊後(大分県)へ訪れています 

般若姫を弔うため、縁の寺に聖徳太子の名で寄進をしたり、般若姫の遺体が

流れ着いたとされる周防( 山口県 )には菩提寺を建立しているようです。 山口は

平生町にあるという般若姫の菩提寺も、いずれ訪ねてみたいと思っています


用明天皇の病気回復祈願で彫像された薬師如来

萬弘寺のご本尊は、度重なる戦で何度も焼失し、現在安置されている本尊と

用明天皇・聖徳太子御霊碑は、豊後大友氏10代( 大友氏遺跡体験学習館

資料では11代 )大友親著( ちかつぐ )が再建の際に安置したものだそうです。



境内の史跡や御由緒は、第31代用明天皇に纏わるものがメインで、当然ながら

卑弥呼さんの菩提寺である事を匂わせるものや記述は見当たりませんでした。

ま、今となっては用明天皇だって伝説上の人ですけどね



萬弘寺に隣接する坂ノ市神社

萬弘寺に隣接する坂ノ市神社です


ここの境内にある大楠がまたびっくりで、なんと樹齢1200年だそうですヨ

隣の坂ノ市神社境内には樹齢1200年の楠

夕闇が迫り、まーりたんの愛機コンデジは撮影の限界を迎えておりますが

お金儲けで伐採されそうになった時、二匹の大蛇が現れこの大楠を守ったという

言い伝えが残っているようです 1200年間、豊後大分を見つめ続けてきた

大楠翁なら、卑弥呼さんについての情報も知っているに違いないけど・・・

坂ノ市神社境内の大楠の樹は樹齢1200年

樹木と会話するには、まだ100年は早い若輩者のまーりたんです









それでは、ホルトホール図書室から飛び出してのNEW邪馬台国探訪記

今回はこの辺でお開きにしたいと思います

邪馬台国は豊後国だった。今回の探訪はこれにてお開きです♪

続きは、あなたの目でご確認下さいませ、なんちゃって









丹生の庄邪馬台国の夕暮れ。 今度は慌てずに、ゆっくり歩いてみよう

幻の邪馬台国?丹生地区の夕暮れ


本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます


関連記事

2013/11/09(土) 18:51 | コメント:3 | トラックバック:0 |
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

香奈子 : 夢はるかに・・・

こんばんは(^^)
いつも、素敵で、引き込まれる記事に、何度も読ませて頂いています。
前記事と今記事を、今まで以上に読んでいる内に、
日が経っていました・・・まるでプチタイムスリップしていたみたい(≧∇≦)
邪馬台国、卑弥呼。この名を聞くだけで意識が遠くへ旅します。。

亀塚古墳、素晴らしいですね。何故かエジプトのピラミッドを
思い出し、造られた昔の方々の思いを巡らせたりしました。

萬弘寺の市、面白そうですね(^ ^)
邪馬台国がどこにあったのか・・・伝説になってしまったのは、
ハリーの様な魔法使いが杖を振って、パァ〜って、
分からないようにしたのかなぁ〜って、思ったり、
伝説は妄想の宝庫で、浪漫です☆

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238

NEW邪馬台国探訪レポv-253楽しんで下さり凄く嬉しいですv-398e-414

亀塚古墳公園には、これまで何度か訪れたことはあるんですがv-540
全国八幡の総本宮があるバリバリ聖域の宇佐市ならともかく、
大分市の臨海工業地帯に近いv-493、ごく普通の住宅街の外れに何故
こんなに巨大で、不自然なほど整った立派な古墳があるんだろうe-351e-3
って、頭の中は、ずーっとv-361マークだったんです。でも今回、
太田亘さんの著書を読んで、ビビビe-131と繋がった気がしますi-237i-178

航海術に長けていた豪族ならv-232、天文知識も当然あったでしょうし、
古墳を造る際にも星の位置e-75など正確に測ったのではないかと。
香奈子さんが仰るようにe-284、確かにピラミッドを連想しますねe-2

豊後は、星を神様として崇める妙見信仰v-425が盛んだった土地柄でも
あるんですけど、亀塚古墳、やっぱり見れば見るほど宇宙的...e-302i-179

萬弘寺も、地域の祭り会場e-225に使われる庶民的寺院というイメージが
定着しているんですが、よく考えてみれば、聖徳太子も用明天皇も
遥か古代の伝説の人ですi-230 結局は、誰が何の目的で建立したか
謎なんですよね~i-201 しかも創建は古墳時代、やはり怪しいi-237i-178

ハリーの魔法v-488、言われてみればそんな感じもしますネi-236 
あんまり偉い方々e-478に騒がれても困るし、恐縮しちゃうのでe-351
卑弥呼さんがエイヤっe-141e-267って隠してしまったのかもしれませんi-278

その代わりに私達へ沢山の夢e-491e-420を与えてくれてますよねv-410
邪馬台国、卑弥呼という単語だけで、誰もがワクワクしてv-10
心豊かになれるって、凄い事ですよねv-398 有難いですe-415
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。