プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |



「 2014年の大河ドラマは、初代中津城主・黒田如水( 官兵衛 )を主人公にした

軍師・官兵衛に決定しました 」  昨年( 2012年 )10月10日の夜、何となく

観ていたテレビのローカルニュースで、この鳥肌モノの朗報を聴いてから1年余り。

早いものでというべきか、待ちに待ったというべきか、後ひと月半もすれば放送が

開始されます 豊前中津城の在る大分県中津市は、同年( 2012年 )7月の

九州北部豪雨で大きな痛手を受けており、大河決定の報せが飛び込んできた

瞬間は、領民をとても大切にしていたという黒田如水公が、かつての領地、

豊前国中津へエールを送ってくれたのかもしれない、なんて思ったものです

 




黒田官兵衛孝高は天正15( 1587 )年、秀吉さんの九州平定後に豊前6郡

12万石を拝領して、馬ヶ岳城( 福岡県行橋市 )、時枝城( 大分県宇佐市 )を

経て翌年に中津城主となります。 程なく息子の長政に家督を譲って如水と号し、

関ヶ原の戦い後に、筑前福岡へ栄転するまでの13年間を豊前で過ごします。

まーりたんにとっての中津は、実母の郷里で、小学校時代を過ごした思い出深い

土地です。 郷土史探訪を始めてからは、懐かしい中津城に2011年5月、改めて

登城 以降、黒田如水公ゆかりの史跡を 豊前( 大分県北部~福岡県東部 )、

筑前( 福岡県北部 )を中心に訪ね歩いては、せっせとブログ記事を書き 

その最中での大河決定だった事もあり、嬉しさも一入でした






来年の大河では、中津時代の如水にどれだけ尺をとって貰えるかは全くの未知数

ながら、とりあえずは嬉しいです 更に今月は如水公の誕生月という事で 

先日、如水公ゆかりの史跡を訪ねてきました。 今回は豊前ではなく豊後です


紹運さんの甥・吉弘統幸さんを祀る吉弘神社(別府市)

大分県別府市 石垣西6-6-36番地に鎮座する吉弘神社。 

この神社には 慶長5( 1600 )年9月、豊後( 大分県 )の杵築~別府を舞台に

繰り広げられた 石垣原( いしがきばる )の戦いで、黒田軍と激戦の末に

亡くなった大友軍の勇将 吉弘統幸( むねゆき )さんが祀られています


通りに面した場所に吉弘統幸さんの幟

吉弘(嘉兵衛)統幸さんは、豊州三老の一人・吉弘鑑理( あきただ )さんの孫

( 長男の子 )で、筑前・岩屋城で戦い抜いた高橋紹運さんの甥にあたります。 







少し遡って天正14( 1586 )年7月、秀吉さんの島津征伐軍が九州へ乗り込む

前に筑前(福岡)岩屋城を落とした島津軍は、同年11月に豊後(大分)も侵攻 

秀吉さんが四国から派遣した先発隊・長宗我部&十河軍を、大分市南部の戸次

( へつぎ )川原
で破り、府内南砦・鶴賀城を守る大友家臣・利光宗魚さんを討ち、

島津軍はついに大友氏の本拠地である豊後府内( 大分市 )へ攻め込みます

その際、炎の海と化した府内から大友宗麟の嫡男で主君の大友義統さんを

安心院の龍王城へ逃れさせたのも、この方、吉弘統幸さんと言われています。

吉弘神社拝殿。自由に上がって見学できます♪


九州平定後、かろうじて豊後一国を安堵された豊後大友氏22代・義統さん。

しかし、秀吉さんの朝鮮出兵( 文禄・慶長の役 )での失態を理由に改易となり、

豊後を没収されます。 それでも大友義統さんは関ヶ原の戦いの時に奮い立ち

旧領・豊後を奪還すべく西軍旗を掲げ、別府浜脇へ乗り込んで来るんです 

そこへ大友氏遺臣団の一人として駆け付け、宗麟ジュニアをがっちり支えたのが

これまた吉弘統幸さんなんですね。 主家がどんなに衰えようとも、変わらずに

忠義を尽くそうとする吉弘家が輩出した勇将らの誠実さには、胸を打たれます。






・・・ですが、西軍が圧倒的な九州に於いて、悩んだ末に東軍旗を掲げた如水公

致し方なく、西軍・大友義統軍を迎え撃たなければならない運びとなり・・・ 

大友軍・吉弘統幸さんと黒田軍・井上九郎衛門さんの一騎打ちの画

石垣原の戦いで馬上一騎打ちする大友義統軍の将 吉弘統幸さん( 左 )と、

黒田如水軍の将 井上九郎右衛門元房さん( 右 )。 ふたりは相打ちだったとか。

背景に鶴見岳扇山が描かれているところにも、どうぞご注目を

この画は吉弘神社の拝殿に飾られてます。 拝殿は上がって自由見学可です


吉弘神社の由来(拡大)1

慶長5( 1600 )年9月9日より、石垣原において黒田如水軍8千と大友義統軍

3千が激突
 9月13日、名だたる武将を失った大友義統さんは2日後に降参

石垣原の戦いは終結。 義統さんは、黒田如水の計らいで命を助けられます。


吉弘神社の由来(拡大)2

吉弘神社境内の石碑にも刻まれている吉弘統幸さん辞世の句は、

明日は誰( た )が 草むす屍( かばね )照らすらん

石垣原の今日の月影
」 慶長5年9月12日 石垣原の陣にて。 享年38歳。


吉弘神社境内には統幸さんのお墓(胴塚)があります

吉弘神社本殿奥に在る吉弘統幸さんのお墓にもお参りしました

吉弘統幸さんの墓(解説板)

吉弘神社由緒には、実相寺山に陣を張っていた黒田如水公の命令により、

吉弘統幸さんの首は、郷里である豊後高田の屋山麓・筧の館( 武蔵町 )へと

返され、このお墓には吉弘統幸さんの胴体が、宝泉寺の僧侶や里人たちにより

埋葬された、と記されています。 哀しいほど紹運さんの甥らしい生涯だった様。

統幸さん、どうぞ安らかに 大河では何方が統幸さんを演じられるんでしょうネ。


大宰府が統括していた西海道が残る

吉弘神社と吉弘統幸さんの墳墓の間の道は、かつて大宰府が統括していた

西海道( さいかいどう )の名残だそうです。



吉弘神社由緒1
吉弘神社由緒2

吉弘神社の御神徳は、吉弘嘉兵衛統幸公の義烈さにあやかって、

病気を吹き飛ばし健やかでいられることを願い、病気平癒・心身健康・安産祈願、

家内安全・厄除け・除災招福・交通安全・商売繁昌・心願成就・良縁祈願など

記事2枚目の画像に幟がチラリと写ってますが、七五三の参詣神社としても

地域に根付いている様子。 これはもう、万能の神様ですね・・・

名将・高橋紹運さんに引けを取らない甥御さんの神社に参詣出来、幸せです








石垣原の戦い縁の史跡・吉弘神社の場所は、豊前國中津黒田武士顕彰会の

マスコットキャラ あ!官兵衛くんが指差してくれてます

別府周辺エンジィマップより、吉弘神社はココです
( 観光施設連絡協議会製作・べっぷ周辺エンジョイマップより トリミングさせて頂きました



観海寺温泉方面には、大友義統軍の布陣地南立石( みなみたていし )。

鉄輪温泉方面には、黒田如水軍の布陣地実相寺( じっそうじ )

九州横断道路南側一帯は、九州関ヶ原・石垣原合戦縁の地なのです








本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

関連記事

2013/11/15(金) 17:39 | コメント:11 | トラックバック:0 |
コメント

大分ナシカ : こんばんは

時枝城はこないだ通った時に見たのですが現在は公園になっていますよね!(^^)!

吉弘神社は実相寺のあたりなんですか?

とすれば激戦が繰り広げられたのは現在のルミエールの丘あたりですよね。

昔、ルミエールの丘に家が建たないのは古戦場のあとだから家が建たないと言ううわさがありました。

なんとなく納得しました今日の記事で(^^)v

全ポチ★

今日も一日お疲れ様でした。

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238

もしお時間がありましたら、以下の過去記事で
ナシカさんが下さったコメントと自身のレス、
読み返して頂けると助かりますv-410e-343

http://capricorn09928.blog84.fc2.com/blog-entry-459.html

いつもお気遣いをありがとうございますv-398
ナシカさんもお疲れ様ですe-287v-22

Sunny-Side :

おっ!この地図には見覚えが!
というか,持ってます(笑)
歴史の舞台となった場所の近くをウロウロしてたんですね…
地獄巡りととり天でアタマがいっぱいで,他には目もくれずでした。。
大河もいよいよですね〜
楽しみですね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : Sunny-Sideさんへ

Sunny-Sideさん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント、
いつも心より感謝していますe-446v-238

別府周辺エンジョイマップe-56、入手されてたんですねi-237
さすがSunny-Sideさんv-218

そうなんですよe-343 関ヶ原の戦いのとき、黒田如水は九州にいて
石垣原の戦いを皮切りに九州を席巻するんですe-248

ええ、Sunny-Sideさんは先日、まさしく
そのグランドゼロ?にいらしてたわけですe-284v-391ムフフ

別府e-224でのロケは期待薄ですが、如水の生涯でのクライマックス
シーンですから、話には必ず採り上げられると思いますv-410v-426
その時は、現地にいったぞーe-266と思い出し、楽しんで頂けたら幸いですi-179

地獄めぐりのレポi-220、引き続き楽しませて頂いてますよ~i-237i-178
白池も鬼山も多分、十年以上は行ってないので、凄く嬉しかったですe-414

お忙しい中、本当にありがとうございますv-421 続きも楽しみですv-345
山地獄の昭平くんの登場、実は密かに待ち望んでいたりしますi-278

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

香奈子 : もうすぐ!

こんばんは(*^^*)
又々、素晴らしい所へ行かれたのですね!
記事を書きながら、実際に関わりのある場所へも赴かれ、
不思議なことが起きたりしたのも、常に心をこめてきたからですね。
先人さん達が眠るお墓に手を合わせる、まーりたんさん、
素晴らしいです!

いよいよ、大河!まーりたんさんのブログを読まなければ
ここまで楽しみにはならなかったです〜
私もワクワクしています^o^

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238

香奈子さん、こちらこそ更科六兵衛さんi-278が登場しそうな記事にも
関わらず、真摯にお付き合い下さり、恐縮ですv-398e-414 

今回吉弘神社を訪れて、高橋紹運さんの甥御さんにあたる
吉弘統幸さんが、どれほど誠実な忠臣だったかを改めて知りましたe-263

如水公は、宗麟公の息子とは出来るなら戦いたくなかったでしょうしe-351
決着をつけるために主将の吉弘統幸さんを討った後の、心ある計らいから
如水公の胸中が汲み取れる気がします。

ほかに手だてがない時代だったんでしょうね。
そうした先人さん達のお陰で今があると思うと、ただただ感謝ですv-425e-414

大河、年明け5日スタートですからi-237香奈子さんe-266
秀吉さんはキャラ的にもベテランの竹中直人さん、
信長さんは江口洋介さんらしいですねi-236
どんな信長さんを演じて下さるんでしょうi-228
想像つかないだけに楽しみですe-343 超豪華キャストですねv-354
あ~そわそわして、突き指とかしないよう気を付けなきゃe-141e-329i-179

香奈子さん、今月は官兵衛さん絡みの記事が続くかもしれませんe-330
バースデーマンスなのでe-349 で、昨日は中津へ行ってきましたv-448i-175
延び延びになっている姫島七不思議e-274の記事、タイミングが来た時に
アップ致しますe-303 どうか気長にお待ちいただけたら幸いですv-22v-410

おこちゃんちゃん :

大河ドラマのお楽しみ、まーりたんさんの ワクワク感が凄く伝ってきます。

鋭いチェック、突っ込みが入りそうです。(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーりたん : おこちゃんちゃんさんへ

おこちゃんちゃんさん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238

はいe-343、おこちゃんちゃんさんのお察しの通りですe-320e-266
来年1月5日の午後六時はv-245、テレビの真っ正面で
相方を道連れに、正座にて鑑賞になろうかと思いますi-179 

ストーリーは脚本家さんのオリジナルらしいので
楽しみですi-228v-344 思わず突っ込みを入れそうになった時は、
歯を食いしばり、笑顔で我慢しますi-278
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。