プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


中世の山城や、極めてマイナーだけど何としても探し当てたい古城跡を訪ねる時、

毎回頼りにさせて頂いているサイト 城郭放浪記http://www.hb.pei.jp/shiro/

サイトの管理者は、てっきり城郭の専門家の方だと思っていたのですが、なんと

趣味の範囲で城巡りをなさっている方だと最近知り、驚愕している次第です



近頃では八女の猫尾城、そして昨日訪れた豊前宇佐の高森城へも、お陰様で

無事に辿りつく事が出来たので一言お礼をと思ったものの、サイトにコメ欄は無く

ご紹介欄には、「 リンクはご自由に、特に連絡は要りません。 お城に興味が

ある方の参考になれば幸いです。 ご不明な点があればメールを下さい


ならばこの場を借りて、有難うございます いつか覘いて下さるかも、な希望的観測ノ記 








さて、黒田如水公のバースデーマンス11月に因み、先日の吉弘神社に続き

今回も、軍師・官兵衛さん縁のスポットを、心して探訪&ご紹介させて頂きたいと

思います で、やってきたのは大分県宇佐市豊前エリアです。


大分方面に向かって宇佐市北宇佐の信号機を左折・宇佐風土記の丘方面へ

大分方面からだと、宇佐別府道路を院内IC で降りて、そこから国道387号線を

北上し、国道10号線に出たところで右折。 駅館川を渡って3つめの信号機

宇佐市北宇佐 』 を左に入り、県道215号を周防灘の方へ真っすぐ真っすぐ


大分歴史博物館(宇佐風土記の丘)

途中、左手に大分県立歴史博物館( 宇佐風土記の丘 )が在ります

高橋紹運さんの連載記事でご紹介した 屋山のジオラマがあるのはココです








如水公と愛妻光( てる or みつ )さんのお子さんは、まーりたんの知る範囲では、

後に福岡城初代城主となる松寿丸(長政さん)、そして秀吉さんの朝鮮出兵の時、

父・如水と兄・長政を追って渡海中に命を落とす熊之助くんの男子二人きりです




ところが如水の実父で、大河では柴田恭兵さんが演じられる黒田職隆(もとたか)

さんは子だくさんでいらしたんですね~ 孝高( 如水公 )を長男に、利高さん、

利則さん、秋月でペトロ岐部カスイ神父を庇護した直之さんと男子だけでも4人




いえいえ、中津城下に建つ西蓮( さいれん )寺は、黒田官兵衛さんの末の弟・

黒田 市右衛門さんが開基と伝わりますから、兄弟5人?プラス妹さんも・・・

戦国疾風伝では、官兵衛と実の兄弟同然に育ち、官兵衛を常に影の様に支えた

黒田職隆さんの養子・高嶋政伸さん扮する目薬屋の源蔵さんというキャラクターが

誕生するのも頷けます 利高、利則、直之さんの3名は、黒田二十四騎( 重臣 )

のメンバーですが、大河では官兵衛さんの弟達、何名様まで登場するんでしょう




高森城跡(標柱)この先は駅館川が流れてます

・・・という無駄なおしゃべりをしている間に到着しました、高森城址です

県道215号線を周防灘方面へ走って、県道629号線に出たところで左折。

駅館( やっかん )大橋手前の道路左側、ガードレールが途切れた農道入り口に、

うっかりしていると見落としてしまいそうな標柱のみが立っています。




高森城址(走ってきた県道629号線を振り返り一枚)
 
走ってきた県道629号線を振り返り一枚 勘の良いアナタ、もうお解りですね

そうです、ここは如水公の実弟で、柴田恭兵さんじゃなかった黒田職隆さんの

次男・黒田利高さんのお城 『 豊前・高森城 』 があった場所ですヨ

黒田如水公の実弟(黒田職隆の二男)のお城・高森城

黒田利高さんは天文23( 1554 )年、黒田職隆さんの次男として生まれます

職隆さんの長男・孝高( 如水公 )より8つ年下の実の弟で、黒田二十四騎から

さらに選び抜かれた重臣・黒田八虎の筆頭として実兄・官兵衛孝高に従って

秀吉さんの九州征伐にも参加 天正15( 1587 )年、実兄の官兵衛さんに

豊前6郡12万石が与えられると、内1万石を分与されて宇佐の高森城主

なります 利高さんは秀吉さんの朝鮮出兵にも参加されていますが、

文禄5( 1596 )年に42歳という若さで病没しています。 





高森城址は県道629号線によって南北に分断されています

高森城址は県道629号線により南北に分断されていて、この先の駅館大橋に

向かって道路右手( 北側 )の畑が、本丸跡だと考えられているようです。

県道629号線を挟んだ北側が本丸跡?

高森城址の標柱には 「 堀と土塁が良く保存されている 」と記載されてますが、

まーりたんには森なのか畦なのか土塁なのか、水路なのか堀跡なのか悲惨な程

判断がつきません 冒頭で紹介させて頂いた城郭放浪記豊前・高森城

詳しく紹介されていますので、ご興味ある方は、是非ご覧下さいませ








それでは駅館(やっかん)川に架かる駅館大橋を渡り、次の城跡へ向かいます

駅館川を渡って次の城跡へ

もちろん次も、黒田如水公にゆかりの深い城跡ですよ







そうだ、大切なことを書き忘れるところでした

高森城の築城主は、宇佐神宮の荘官であり、源義経を迎えるために竹田の

岡城
を築城したという緒方三郎惟栄( おおがさぶろうこれよし )さんです。



宇佐の高森城も、義経さんのために緒方三郎惟栄さんが元暦年間( 1184年~

1185年 )に築いたのが始まりの様。 緒方三郎惟栄さんは、平安時代に豊後の

南部を拠点に勢力を奮っていた豪族大神氏の祖( 祖母山の蛇神様と人間の娘

との間に生まれた蛇神婚伝説 )大神惟基( おおがこれもと )の子孫と云われ、

背中に蛇の鱗の痣をもつという強者だったとか また、豊後の大神氏は、

名優の故・緒形拳さんのルーツでもあるそうなんですね 緒形拳さんが大分の

原尻の滝などを探訪する旅番組も以前、放送されました 大神氏については

過去記事・自由すぎる研究?豊後ルーツの旅で詳しく書かせて頂いてます



周防灘に近い県道629号線沿いには源平合戦絡みの城址が点在

周防灘、そして宇佐神宮からも近い県道629号線沿いには、源氏に備える為に

築かれた森山城址もあり、源平合戦に絡む砦跡が多い場所なんだな~と

道路脇の畑の中に点在する古墳っぽい小丘が中世諸城の跡なのかしらん


厚い雲の隙間から、光が射してきました予報通り、お天気、回復の兆しです









本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

関連記事

2013/11/18(月) 18:49 | コメント:7 | トラックバック:0 |
コメント

香奈子 : 凄い!

おはようございます!(^^)!
まーりたんさんのレポは、時としてその時代に自分も居る様な
そんな気がするほど、活き活きと感じてきましたが、
来年は更にヒートアップすること間違いなしですね(^_-)
そして、そんなまーりたんさんのブログをご覧になっている
歴史などに詳しい方々・・・素晴らしいですね!!
今回の記事を、いつものように読み進みながら、タイムスリップもして、
さあ、終わりと思ったら・・・すごい雲^^;
“蛇”というより、これは“龍”ですね、そして獅子!
まーりたんさんの探究をバックアップしているようですね☆

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238

香奈子さんなら良くご存じの通りi-236、こうした歴史の陰に半ば
埋もれたような史跡に巡り合えると近ごろは特に嬉しくi-228i-176
ガソリン満タン入りまーすv-262e-266的な心地になるんですi-237

香奈子さんはもちろんe-415拙ブログを覗いて下さる方々からも
励みになるお言葉を頂いたりe-271、拙ない記事から冒険気分をご一緒に
感じて下さったりe-353、この幸せに感謝しないとバチが当たりますv-410
来年の大河e-288も、自身にとっては一つの大きなご褒美e-144の様な
気がしますので、感謝してv-425慎んでi-278享受しようと思ってますi-80

最後の画像の雲、香奈子さんに言われて気が付きましたe-451e-77
そういえば左側は首を垂れた竜に見えるような・・・e-317

実はこの日も、何かに助けられたような気がしたんですv-398
最後は中津城へ寄ったんですがv-490、宇都宮さんの神社前の広場に
どんぐりが沢山落ちていて、あまりに可愛いのでe-3495分ほど
相方も付き合わせて、夢中になって拾ったんですね。 
その後、帰りの高速道路で私達を追い越して事故処理車が
走って行ったんですe-282 案の定、数分走った先で中央分離帯に
車が接触する事故が起きていて・・・i-230 帰路に着くのを
5分程ずらした事で、結果巻き込まれずに済んだわけですv-22 

いつもながら香奈子さんのお陰で、ああそうだったのかもv-21
今回も気づき・・・e-330 心の中でお礼を言いましたi-228 
香奈子さん、いつもありがとうございますi-236

大分ナシカ : こんばんは

この辺りにはナシカは良く出没するのですが見落としてました!(^^)!

余談ではありますが中津を車で走行していると如水庵と言ううどん屋さんがあり気になってしょうがないので次はうどんを食べに行きます(笑)

緒方拳さんって緒方町出身の俳優さんなんですか~知りませんでした。

緒方町には緒方三郎さんの館跡がありましたよね?確か。

全ポチ★

今日も一日お疲れ様でした。

korekarada : こんばんは。

こんばんは。「城郭放浪記」・・私もいつも見させてもらっています。すばらしいですよね。まーりたんさん同様、 ほんとにお礼を言いたいところです。緒形拳さんのふるさと・・初めて知りました。名優ですよね。私は大河ドラマでは「黄金の日日」が一番好きで(古いですね)、高橋幸治さんと緒形拳さんの信長、秀吉は最高でした。今もよくDVDで見ています。次回の大河も楽しみですね。。
それから、記事の終わりの「晴れ間」の画像・・拍手です!

まーりたん : 大分ナシカさんへ

大分ナシカさん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238

如水庵、ええ分かりますよi-236、解りますともe-266
国道213号の唐揚げ大吉東中津店e-78を過ぎて左手の
うどん屋さんですよねv-373 屋号、気になりますよね~i-179

あの辺りは、如水が石垣原の戦い前に作戦会議をした場所
“ 如水原 ” らしいですv-410 実際、如水という名が付く
介護ホームやお店が沢山在りますよねv-398

如水庵は、なかつ唐揚げマップe-56にも紹介されているので
一度寄ろうと思いつつ、この日は、からあげ大吉の本店で
お昼ご飯を調達しましたi-277 でも次こそは寄ってみますe-454

緒方拳さんは大分出身じゃありませんけど、
ルーツは大神氏ゆかりの緒方町だそうですv-531v-392 

緒方三郎さんの館跡、よくご存知ですねe-330 さすがナシカさんv-218
私は今回ご紹介させて頂いたサイトe-337城郭放浪記で知りました。
大友氏家臣・一万田氏の館なども紹介して下さってますよe-287e-343

いつもお気遣い恐縮ですe-466 ナシカさんも御疲れ様ですv-22v-410

まーりたん : korekaradaさんへ

korekaradaさん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かなコメント、
いつも心より感謝していますe-446v-238 

城郭放浪記、korekaradaさんもご覧になられてるんですねi-237
まさかこの城跡や館跡は載ってないだろうな~e-330と思えるものまで
くまなく取材なさっていてe-451、驚きと言うか本当に有難かったですv-421
高森城は、城郭放浪記無しには絶対に見つけられなかったと思うのでi-201

緒方拳さんは東京のお生まれですが、緒方姓の元を辿ると大分県南部、
豊後の大神氏に辿りつくそうですv-531 何年前のテレビ番組だったかな~i-201
詳しくメモをとるか、録画しておけば良かったと少し後悔ですe-443

原尻の滝を背に、活き活きと素敵に笑う緒方拳さんのお顔e-420
いまも不思議と焼き付いていて、忘れられませんv-398

豊後に伝わる大神氏の蛇神婚伝説は、古事記で語られる三輪山の
大物主神と活玉依毘売の話にも良く似ていて、興味深いですe-119e-317

黄金の日日、すいません、観た記憶がないので調べてみたらe-337
1978年の大河ですねe-288 その頃は中津の田舎で、暗くなるまで
愛犬と畑を駆けまわりv-355、テレビと言えば銀河鉄道999に夢中でe-75
歴史モノ?は遠山の金さんを観る程度のワンパク小学生でしたi-229

勿論、緒方さんはその頃から存じていましたが、緒方さんの演技に
鳥肌が立つぐらいの衝撃を覚えたのは、中学生の時に観た楢山節考
だったと思いますv-410 唯一無二の俳優さんだと素直に思いましたv-352

晴れ間の画像、拍手を頂き恐縮ですe-466
こういう偶然は吉兆として有難く、おめでたく受け止めていますe-454
大河、もうすぐですねv-345 今は毎日が遠足前夜の小学生気分ですi-237

korekaradaさん、いつも真摯なお言葉を本当に有難うございますv-398

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。