プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


昨日は行きつけのガソリンスタンドで急きょ、愛車ミカン号のタイヤ交換を

する事になりまして、50分程待ち時間があったので、隣接スーパーの本屋へ。

そこで目につき 立ち読みしていたら きりがなくなり、諦めてレジへ持って

行ったのがコチラの本八幡和郎著・日本史が面白くなる「地名」の秘密

八幡和郎著・日本史が面白くなる地名の秘密

先月21日に初版発行されたばかりの新書です お値段は800円也。



珍しい地名の読み方や由来を紹介した従来の雑学的な地名の本とは違って、

地名と歴史との関連性を真偽にウエイトを置き、大槻教授を思わせる語り口で

曖昧さや文学的要素はご法度とばかり 身も蓋もなく 徹底して紐解き、評価 

はじめの内は目が回り 脳のシャッターが下りるかと思ったんですけど、まこと

しやかに囁かれる都市伝説や、土地の歴史とは無関係な地名、奇をてらった

だけの地名、難読な地名にわざとルビをふらない根底にある意識等についても

下らんものは下らんと、2行ほどのフォローの後でバッサリ斬り捨て でも

辛口ながら公平で、簡潔にリズミカルに書いて下さってるせいか、段々と面白く

なってきて アンダーラインを引きながら、昨日の内に読破してしまいました





豊前・豊後、大分県の地名については嬉しい事に、厚意的評価が多いです

幾つか挙げると、まずはかつての豊前国に当たり、戦国末期は黒田如水公の

御領地でもあった福岡県の京都(みやこ)郡。 外に小倉の山門(やまと)郡

京都(みやこ)町、築上町周辺
 
「 難読地名ながらも、邪馬台国や神功皇后の時代からの歴史が息づく地名で、

そこから邪馬台国東遷説が出ますが、“ 山に留まる ” “ 山の処 ” を意味すると

される “ ヤマト ” という地名が、複数の土地で発生する事に何の不思議もなく、

これだけではヤマト政権が大和に移った証拠には成らない 」 と記されています

・・・と、ゆーことは

京都(みやこ)町
 
豊前の みやこには、神功皇后の朝鮮出兵に関連が深い7世紀頃の大規模な

古代山城跡 御所ヶ谷神籠石( ごしょがだに こうごいし )があるんですよね 



著者の八幡和郎氏は、現代の例で “ 大津 ” という地名を挙げ 「 滋賀県の他、

熊本、大阪府の泉大津、山口県、韓国や台湾にも存在するが、どこか特定の

大津から移住した人々が建設した町ではない 」 と裏付けをされていました。




上記2枚のイラストマップはコチラからお借りしました

北九州エリアぐるりんドライブガイド


他には、「 大分県では中津や竹田が大きな藩であったが、改易されたとはいえ

鎌倉期からの名門 大友氏の城下町・大分市が県庁所在地には相応しく、異論も

出なかった。 この様に、大きな城下町が県庁所在地になれないケースもあり、

その理由を “ 戊辰戦争で負けた ” せいにするのは出まかせに過ぎない 」とか、

最近では、平成の大合併で生まれた “ 由布( ゆふ )市 ” ( 大分県 )について、

「 湯布院のブランドイメージを大切にして、しかも湯布院が由布市の中に在り、

上手く妥協が出来た良いケース 」 として、良い地名ベスト10に入っています。





一方で、消えて残念な歴史地名として、沖縄王国の首都だった “ 首里 ” を挙げ、

室町時代に貿易で発展し、その後はヤマト( 沖縄から見れば本土の人はみんな

ヤマトなんですよね、これも面白いです )に翻弄されていく琉球の歴史も解り易く

順序立てて記して下さっていて、今こそ真摯に向き合う時との釘も...。 遡り戦国、

秀吉さんの朝鮮出兵では沖縄の方は従軍どころか通報しちゃったそうですネ

また、始皇帝を騙して九州へ逃げた徐福伝説等、渡来人の検証も面白いです











「 この本には、加藤清正公と黒田官兵衛の築城センスの違いも載っているぞ... 」

加藤清正公と黒田官兵衛の築城センスの違いも載っている






「 清正公は優秀な建設業者、官兵衛は都市プランナーか、なるほど確かに

清正公は優秀な建設業者、官兵衛は都市プランナーか、なるほど確かにそうかも






「 経済発展しそうな場所に、城下町ごと囲い込むのが如水公の特徴だもんな... 」

あ!官兵衛くんとひごまるくんも登場するのだニャ!

「 地名の秘密には、ひごまるくんあ!官兵衛くんも登場するモヨウですニャ













「 ちょっと危ないから押さないでおくれ、マンジ君。 倒れちゃうじゃないか

僕は頭に重心があるんだよ

ご本の続きを早く読んでくれニャのだ、こだぬき君

「 ひごまるくんと官兵衛くんの続きを早く読んでくれニャのだ、こだぬき君









本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます

関連記事

2013/12/07(土) 16:46 | コメント:7 | トラックバック:0 |
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

香奈子 : 新たなる出会い。

こんばんは(*^^*)
愛車みかん号、大事に至らず、良かったですね!
これも、“どなたか”の、救いだと思います。
そうそう、今日のカードリーディングのこと、
アセンデッドマスターオラクルを使ったのですが、
何度出たカードが、“聖フランチェスコ”でした!ビックリ〜
もしかして、みかん号の件も・・・(≧∇≦)

まーりたんさんの、期待に応える、いえそれ以上の、
本との出会いだったのですね!
少し聞くだけでも、なるほど〜って感じです☆

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238

夕べのコメレスではご心配をお掛けしました、香奈子さんv-421e-330
ほんと昨日はドタバタで・・・i-183

亀裂を発見して下さったスタンドの方にも感謝なんですがv-425
香奈子さんが下さった今日のコメを読み、輪をかけてビックリe-330

あ~、やっぱりそうなのかもしれないな~i-201 切に思いますe-2
今日は思い当たる先人さん、ご先祖、亡きペットv-286の名を
心で片っ端から読み上げてi-179 お礼を言いましたe-466

なんか人様の役に立つ可能性があるのかもしれないので、
もう暫くこの世に居なさいってことですかね~e-351 それとも
楽になるのは早い、まだまだ修行を積むべしe-258i-197でしょうかi-237

地名の本e-102、これも何気に目につき手に取ったものなんですが
確かめたかったことがピンポイント的に載ってましたe-349
秀吉さん絡みも凄いですよe-266 これは当たり前ですけどネi-236
この本を手に、さんふらわあに乗ってi-246関西へ出かけてしまいたいe-379e-282
衝動に駆られました、 またもやv-411

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

korekarada : こんばんは。

お久しぶりです。「地名の探検」興味深く読ませてもらいました。地名の由来は1000年残ると言われていますよね。。以前、安本美典さんの、「九州と近畿の地名の多くが一致している」という説のコメントを差し上げましたが、「みやこ」もそのひとつでした。邪馬台国東遷説はともかくとして、「耳納=美濃」、「日田=飛騨」などの地名が似ていることは興味深いですね。「やまと」は、まあ、「山の処」としても、「みやこ」とか「みの」とか「ひだ(ひた)」とかは、九州から移ってきた人々が名付けた地名のような気がするのですが。。
寒くなりました。お体に気をつけてがんばってください。応援しています。

まーりたん : korekaradaさんへ

korekaradaさん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かなコメント、
いつも心より感謝していますe-446v-238 

自身は安本美典さんの本をまだ読んだことが無いので
なんともお返事し難いのですがe-330
korekaradaさんがそう思われるなら、きっとそうだと思いますv-410 
いろんな説や考え方が存在しても良いのではないでしょうかv-398e-3 

まあ、八幡和郎さんみたいにご自分の考え方に確信を持ち、
権威ある方々にとって多少都合がよろしくない事であろうと、
認めるべきものは認め、公平にハッキリもの申して下さると、
あらe-343こんなエライ方もいるのねe-266 と少しだけ希望が持てるv-354
その程度です。それで何か変わるわけでもないんですけどねi-236

念のため捕捉させて頂くと、八幡和郎氏は著書の中で

『 大和朝廷は大和の国で建国されたもので、大軍での神武東征
(九州の政権が畿内に移った)というのは中世以降の文学的な創作。
記紀にあるのは、崇神天皇の時に大和を統一し、仲哀天皇の時に
統一国家を成立させた天皇の祖先が日向出身だとしているだけ 』

と仰っていました。 ただ、九州からの東遷を完全否定している
わけではなく、実際にあったとすれば小規模なものだったろうと。
ですので、その時に旅立った方々が、故郷・九州に縁ありげな
美濃や飛騨の名前を考えたのかもしれないですねv-410

また東北についても、稲作農民に攻められて関東以西まで逃げた
アイヌ同系の蝦夷語に起源する地名など、興味深い事を書かれてます。
機会があれば、ご一読なさってみてください。面白いです。

お気遣い頂き恐縮ですv-421e-414 毎年のことながら、寒い上に
何かと気忙しい時期ですので、korekaradaさんもご自愛下さいe-287e-414
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。