プロフィール

まーりたん

Author:まーりたん
大分県で暮らす四十路主婦
“ まーりたん ” の
ブログへようこそ(*^^*)♪

日々を彩る ちょっと素敵な
出来事を我が家の笑導犬?
マンジ君と楽しくお届けして
ます。目下、郷土史に夢中♪
心躍る探訪をご一緒に。

臼杵の富士甚醤油マスコット
キャラ・とっくりこだぬき君が
仲間入りしてからは、嬉しさ
余ってマンジ君の“ 悪がね ”
ぶりもますますエスカレート。

そんなふたり(2匹)の様子も
併せてお楽しみ下さい(*^^*)

ブログランキング参加中
↓下のランキングバナーを クリック応援して頂けると、 更新の励みになります。 いつもありがとうございます(*^^*)
ブログをお持ちの方は、訪問履歴 orコメント欄にURLを 残して頂ければ幸いです。 こちらからも応援に伺います♪
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
入力したキーワードを含むブログ記事を検索できます。
リンク
Page View Ranking
FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |


何だかんだバタついていて、ご紹介が一週間遅れになってしまいましたが

先週の日曜は、愛媛ナンバーの宇和島バスと並走しつつ別府へ馳せ参じ 

愛媛ナンバーの宇和島バス


慶長5( 1600 )年9月、秀吉さんの軍師として名高い黒田如水( 官兵衛孝高 )

率いる黒田軍と、豊後守護21代目・大友宗麟の嫡男である大友義統( よしむね )

率いる大友軍が、それぞれ東軍・西軍として別府で対峙 激闘を繰り広げた

九州関ヶ原 石垣原( いしがきばる )の戦い縁の地を訪ねて来ました

石垣原合戦激戦地・七つ石

先月半ばに、高橋紹運さんの甥で大友義統軍の勇将・吉弘統幸( むねゆき ) 

さんが祀られた石垣西の吉弘神社をご紹介しましたが( 地図はコチラ )、今回は

そこから少し山手に行った南立石( みなみたていし )地区の荘園町を探訪 

この辺りは、石垣原合戦の激戦地だったとの言い伝えが残っています 







赤い鳥居を潜ると、大きな石がごろごろ・・・というより、岩が鎮座していると

言ったほうが適当な気がするココは、通称 “ 七ツ石 ” と呼ばれる所
 
正位七ツ石稲荷大明神

巨石越しに屋根だけ見えている平屋の建物は、共同浴場 “ 七ツ石温泉


七ツ石温泉入口

大分に長年暮らしていながら、七ツ石は初めて来た場所であり

温泉なので、遠巻きに入り口の様子を窺っていたところ・・・

お風呂じゃないん? どうぞ入って行って 」と、

さっぱりした雰囲気の60代ぐらいの女性が笑顔で声を掛けて下さり、

受付の方かと思いきや、脇に小荷物を抱えるとスタスタと境内の外へ・・・。

 

常連さんだったみたいです で、稲荷神社にお参りを済ませた後、カメラ手に

境内をぶらぶらしていたら 「 ここは謂れのあるところやけんね、

この前は耶馬渓から観光バスが来たわ
」 瞬時に状況を把握、

笑顔を見せて適切な言葉のみ残すと、これまたスタスタ去っていくおばあちゃん。

七ツ石温泉に入浴に来ていた方が皆、話しかけてくれるんです

上の画像にそのお二人が写っております 

七ツ石温泉に通うと、彼女たちみたいに颯爽とクールに年を重ねられるのかも


七つ石稲荷神社境内には大きな岩がごろごろ

しかし、狭い境内に所構わず陣取る巨石たち。 

やはりこれらは、大昔の鶴見岳の噴火で飛んで来た岩なのかしら・・・  



赤い幟の正位七ツ石稲荷大明神は、石垣原合戦の後、巨石付近に白狐が

現れるとの噂が広まった事で、お稲荷さんとして祀られたようです 

七つ石稲荷神社の由来


神社であり、地域の方々に愛される共同浴場であり、屋外にテーブルと椅子も

完備の憩いの場であり、石垣原合戦縁の史跡でもある何ともマルチな 七ツ石。 

七つ石温泉はこの先です


七ツ石から西へ少し行くと、美しく緑化整備された南立石公園も。 

南立石公園入口


かつてこの一帯で、激戦が繰り広げられたとは思えない閑静な住宅街ながら、

公園向かいの薬局の名は何と、古戦場薬局 

古戦場薬局南立石公園・時間は午後四時

南立石公園の時計は、もうじき午後四時。 整然とした素晴らしい公園なので、

これより晩秋の夕暮れ散歩など愉しんでみたいと思います そうですね、

七ツ石の解説板に綴られていた石垣原合戦の話でも語らせて頂きながら...。 

宜しければ、お付き合いください

南立石公園東側入口


石垣原古戦場 激戦地 「 七ツ石 」 ( 以下、現地解説板より転載 )

この付近は古くから「七ツ石」と呼ばれ、石垣原合戦の時、戦場となった所である。

文禄元( 1592 )年4月、大友義統は朝鮮の役に出陣したが、成果なく

その為、秀吉は大友氏の領国37万石を没収し、義統を毛利氏に預かり幽閉した。



慶長3( 1598 )年、秀吉が死去すると、豊臣方と徳川方の争いは表面化して

慶長5( 1600 )年の関ヶ原合戦が近づいた。 この時、大友義統は豊後の

領国を回復するため、豊臣方に味方した。 吉弘統幸は、主君・義統に対し、

豊臣方につくことの不利を説いたが、聞き入れられなかった。


グラデーションが美しい楓


9月9日、大友義統は兵3千を率いて安芸の大畑を船出し、別府 浜脇に上陸。 

直ちに本陣を南立石本村古屋( こや )に置く。 この時、大友方の布陣は

鶴翼の陣で、本陣に主将・義統と田原紹忍( 大友宗麟正妻・奈多夫人の実兄 )

左翼に堀田( ほりた )上方、御堂ヶ原に宗像鎮続( むなかたしげつぐ )、

右翼を坂本( 観海寺 )に吉弘統幸を配した。 一方中津城に居た徳川方の

黒田如水孝高は、松井佐渡、竹中重利ら八千の兵を率い杵築、亀川を経て、

加来殿山( 角山 )実相寺( じっそうじ )山に陣を布した。


楓のグラデーション


慶長5年9月13日、両軍は山を降り、七度にわたり戦い、

七ツ石付近の原野は血に染まった、と語り継がれている。 

宗像鎮続は斃( たお )れ、傷ついた統幸は 「 今はこれまで 」と、

血刀を杖に家来共々を引き連れて、七ツ石をあとに石垣原付近まで登り、

遥か彼方、別府湾上を昇り来る月を眺め乍ら


明日は誰(た)が草むす屍や照らすらん 石垣原の今日の月影 


と、辞世の句を詠んで自刃した。 その時後を追って来た黒田方の将

小栗冶左衛門( こぐりじざえもん )は吉弘統幸の首を獲り、黒田の陣に引き揚げた

という。 この日の戦いで大友方は吉弘統幸、宗像鎮続、都甲( とこう )兵部など、

黒田方は久野冶左衛門、曽我部五右衛門など、多くの家来を亡くした。


かつての荒野・石垣原の名残を留める公園の一角


この戦いで黒田方は勝ち、大友義統は降伏した。

鎌倉時代以後22代 約4百年の長い間、豊後を支配した大友氏の時代は

ここに終わり、徳川幕府の支配するところとなった。




平成元年6月24日 別府市荘園自治会

史料提供者 手嶋利勝 安部巌 ( 解説板の転載はここまで ) 』


南立石公園(園内)


吉弘神社の由緒では、吉弘統幸さんは黒田二十四騎の井上九郎右衛門さんと

相討ちで両雄敗死。 しかし、七ツ石の解説板では、吉弘統幸さんの首を

挙げたのは小栗冶左衛門(こぐりじざえもん)さん。 同じ別府でも違うんですね。




また、ウィキペディアでは、主君・大友義統さんの改易後、吉弘統幸さんは

黒田家家臣・井上九郎右衛門さんのお世話になっていたらしく、その恩義から

自らの首を井上九郎右衛門さんに獲らせ、手柄を挙げさせたと記されてます 

吉弘統幸さん、もしかして中津城下の豊後町で暮らしていたのかな・・・。




来年の大河では、井上九郎右衛門は若手の高橋一生さんが演じられますが、

高橋克典さんが黒田官兵衛を演じたドラマ・戦国疾風伝では、井上九郎右衛門は

長政と関ヶ原本戦には行かず、中津城に残っていた黒田家老臣として描かれ、

左とん平さんが演じられていました。 いずれにしろ体力的に恵まれていなかった

武将ながら、石垣原合戦では大友義統を降伏へ追い込む一世一代の大手柄を

挙げる井上九郎右衛門さん。 どんな活躍を見せて下さるのが楽しみです


出でよ、ヤマタノオロチとか言ってるボクたちに遭遇

棒切れを手に、「 出でよ、ヤマタノオロチ 」とか言いながら

空池をつつく 愛すべき大分ンばかご いえいえ、僕たちに遭遇 

天下の名軍師・黒田官兵衛さんと、九州一の名将・高橋紹運さんの甥御さんが

誇り高く戦った素晴らしい歴史が息づく街で、大きく育ってね




次回は、観海寺方面の石垣原の戦い縁の史跡をご紹介させて頂きます





本文中の下線付き部分は、当ブログ内関連記事へのリンクです。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございます


関連記事

2013/12/09(月) 20:10 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

香奈子 : のどかな景色の向こう・・・

こんばんは(*^^*)
晴れた日の、のどかな景色・・・でも、その向こうを
今日は感じさせて貰えました。
“辞世の句”とは、どなたのものであっても、
先人方が、その時代に命を懸けて懸命に生きたことが、
迫って来て、胸が熱くなってしまいます。。
大切に生きなきゃなあと、思わせて貰いました。

私も年を重ねて、クールな女性になりたいものです(^_-)

まーりたん : 香奈子さんへ

香奈子さん、ようこそ♪
貴重なお時間を割いてのご訪問、温かいコメント
いつも心より感謝していますe-446v-238

ザ・古戦場めぐり、お付き合い頂き恐縮ですi-237、香奈子さんv-421e-414

昔、ここで血なまぐさい戦争があったとだけ聴かされるとe-447e-318
いろいろと先入観を持ちe-236i-230、ただ怖がってしまいがちですが、
どんな方がどんな理由で戦ったかe-363、更にはその人間模様などを
出来る限り知ることで、真逆の気持ちが生まれてきますねv-398
今はそれが郷土史を学ぶ楽しさや喜びにもなっていますv-410e-343

それにしても、吉弘統幸さんの辞世の句はキザというか
かっこよすぎですよね~e-330 さすが紹運さんの血縁という感じi-179

もしも自分だったら、あちこち切り傷がある上に、絶望に駆られ

『 痛い痛いよ、あー泣きてぇ~e-259 』 程度が精一杯かな~とi-229

昔の方々は潔い良い上に義に厚く、ちゃんとしてますね、ほんとe-278

七ツ石温泉で会った女性二人は、もしかして武士だったのかしらi-202
私も日々心を充実させて、クールに年を重ねて行きたいですi-228i-176

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


HOBBY
icon icon icon icon
BOOKS
旅行・アウトドア
大分県中津より聖地の味
元祖中津からあげ・もり山さん監修☆日本唐揚協会認定カラアゲニストも推奨します
大分県臼杵の有機緑茶
映画 『 種まく旅人~みのりの茶 』 のモデル・高橋製茶さんの有機農法自然栽培茶
大分県のお酒
大分県日田の活性水素水
日田盆地の深い地層より汲上げた天然活性水素水。体内の活性酸素を除去する抗酸化作用で注目されてます
大分県の銘菓
産直品・グルメ
食品・生活
Oisix(おいしっくす) 永谷園通販トップページ グリコネットショップ 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) 三越オンラインショッピング 日本直販のキッチン・家事・生活雑貨 リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>
ファッション
ベルメゾンネット ライトオンオンラインショップ TBS ishop
美容・健康
エコ&リサイクル
商品検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。